「月刊美術」 今月は工芸特集

月刊美術6月号に紹介していただきました。
今月の特集は、、
「「用の美」× 超・工芸」

現代の使える工芸ってどんなアプローチなのか?
というテーマで、若手作家の作品が紹介されています。
僕の作品は二点が紹介されています。

その1点が万征さんとのコラボ作品
蒔絵酒器「徳倶利伽羅龍」

脚部分の龍が万征作
上部の器が浅井作


この作品は、二人で打ち合わせで作り上げました
「何作りましょっか?」
「実際の使用より、美意識を優先した攻めの作品を作りましょう」
「攻めましょう!」

みたいなノリから
万征「人が酒器を持ってるみたいなのどうでしょう」
浅井「ほうほう、以前作ってた力士の作品みたいな」
万征「そうそう」
浅井「面白そうですね」

少し沈黙

万征「龍ってのもいいかもしれませんね」
浅井「あ、前作の倶利伽羅銃の作品みたいな?」


万征「倶利伽羅龍・・・あ、トックリカラ龍って面白くないですか?」
浅井「とっくりからりゅう??」
万征「倶利伽羅龍と徳利をかけて」
浅井「徳利から龍が出てくるってこと?」
万征「そうそう、ニョキっと龍が出てきて酒器を支えてる感じ」
浅井「なるほど、酒器のイメージとぴったり」


というわけでテーマが決まって行きました。

さて、万征さんと僕は東京と京都で活動しているので、
お互い作品を持ち合って、途中確認することができません。
僕の作品の接合部分を形どって送り、そこに合わせて脚を作ってもらう。
僕は僕で器部分を進めてゆく。

そんなある日、、、
届いた小包を開けてみると、
入っているんですよ、龍が。。。
「スゴすぎる」「完全に器が食われた。。。」
という絶望。

合わないんです。酒器と脚が。。
しばらく冷静になってお互いの長所を生かす対策を考えた後、
器の側面に雲形の模様を蒔絵することにしました。
そして完成した
万征×浅井
蒔絵酒器「徳利伽羅龍」!!

徳利から龍が生まれて、
雲を突き抜けて、宇宙に届き、漆黒の中のきらめきにお酒が満ちてゆく。
緊張感のあるコラボ作品でした。
いや、寿命が縮まる思いでした。

作品の発表は月刊美術6月号で

作品は誌上販売されています。
合わせて、もう一作品
蒔絵酒器「夜の海」も発表しています。
この作品は8点作ったうちの最後の一個です。
誌上でご覧いただけましたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA