これから漆を植えてみようと思う人へ

僕は全国で「漆を植えよう!」という機運が高まるのには大賛成です。
でも、漆を植樹した林が放置されて、雑草に飲み込まれ、枯れた状態を目にするのを見たくありません。
文化的にも意義のある漆の植栽ですが、漆の植栽は林業とも農業とも違った性質があります。

何度も書いていることですが、
漆を栽培して、採取するまでには少なくとも10年以上の時間がかかります。
その間、下草刈りなど、夏場の仕事があります。
漆の木は里の木なので、勝手に自生して繁殖するというよりは
人間に寄り添って、世話をしてはじめて育ちます。
放置していたら高い確率で枯れます。

そして、10年後に採取できる漆の量は
一本から200gから500gくらいです。
その後伐採して、樹木を更新して行きます。

植えること、そして採取することは
難しいけど、できるかもしれません。
だけど、漆を植える目的は、漆を植えることではなく
最終的な目的があるはずです。
それは、使われること
大々的な漆の植樹において、わりと見過ごされる
使われるまでの仕組み。

不思議と漆は素材自体人を惹きつける魅力があります。
縄文時代から人間とともに歩んできた素材だけあって
携わると、前が見られなくなるくらい魅力的です。

でも、僕たちの世代は、漆との付き合い方をアップデートする必要があります。
縄文時代と同じように、木を傷つけて一滴ずつ集める方法はやめるべきです。
植樹に関しても、さらなる研究が必要です。
漆おことにあると、感情的になるけど、
現代を生きる僕たちは、漆の未来を考えるとき
技術の解決が必要だと思うのです。

植樹法のも採取法にもまだ改善の余地はあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA