カメラとレンズ沼問題

少し前から「作品撮りを研究する」と息巻いております。
その後、写真の師匠である中嶋さんからアドバイスもらったり、自分で調べたりしており、
とりあえず、カメラは買いました。

あまり迷いもなく
Sonyのa7R2

カメラのイメージ薄かったSONYだけど
最近とても評判がいい。
a7シリーズは3が最新ですが、画質以外は最新機能いらないので
一つ前のモデルを購入。

とりあえず、フィルムカメラ時代に使っていたニコンの50mm標準レンズをアダプタをつけて使ってみました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

オートフォーカスに対応していないアダプタなので、マニュアルでパシャパシャ撮ってみたけど、
まあすごい。最近のデジカメはすごいとは聞いてたけど、ここまでとは。
4000万画素の力もあるけど、色味が以前のデジカメのように飛んでないという感じ。

色々なサイトを見ていると、描写力とか解像度などの文言が並ぶけど、
まさに高い描写力とクリアな解像度という言葉が当てはまります。

さて、次に出て来る問題。
それがレンズの問題。レンズ沼という物欲の沼が広がっていて
男心をくすぐりまくるのです。
で、結果的にその沼にはまりそうになり、自分の時間の大半をレンズリサーチに当ててしまうようになりました。
これではいかん。と思い中嶋さんに助言をもらうと
「24mmから70mmの標準ズームを選ぶといいよ」という神の一声
あとで書きますが、プロのブツ撮りに関する情報ってネット上にほとんどありません。
あったとしても、「簡易セットでオークション商品撮影をしよう!」みたいな感じで
作品を撮るというテンションではありませんでした。。。

ここで標準ズームという選択肢に絞られたんだけど、
そこにもまた広大な沼が広がっているのです。
結論から言うと、暗い階調が得意そうなSigmaというメーカーのレンズを買いました。
(ただし、SONY用でも僕のカメラとマウントの形式が違うため、専用のアダプタも購入)
sigmaはレンズメーカーでSONY純正ではない、いわゆるサードパーティーという括りで
一段下に見られているようですが、作例を見る限り、漆の黒を撮影するにはベストだと感じました。
まあ、撮って見ないとわかりませんので楽しみです。

そして、漆撮影でこだわりたいと思っているのが、
接写とアオリです。
まず、僕の仕事は最近細かい表現が増えて来ているので、そこを描写したいのです。
もう一つ、縦長の作品は普通のレンズで撮影すると、パースがついて、下すぼみで写ってしまいます。
それを最小にするためにアオリ撮影をします。蛇腹付きのレンズをイメージしてもらえればと思います。

こんな感じで接写撮影とアオリ撮影を行なってゆこうと思います。
撮影環境をもう少し整える必要があるので、セットで行う撮影はもう少し先になりそうです。


しかし、ブツ撮りについての情報がここまでウェブ上にないことに驚きました。
レンズもいわゆるブツ撮り用のものはありません
カメラ業界における、ブツ撮りの用途が限定されていることを痛感しました。
20代の頃撮影のお手伝いしてなかったら、もっともっと遠回りした挙句、撮影できなかったような気がします。

もうしばらく作品撮影をめぐる挑戦は続いてゆきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA