京都漆芸研究室ってこんなところ

先日ブログにて情報をアップしました
「京都漆芸研究室」過去記事はこちら

現在、浅井康宏の制作工房と漆教室を運営しています。
外見はこんな感じです。

写真では下の部分が二台分のガレージになっていますが、一箇所を改築して
漆芸研究室を作ろうと思っています。
建物自体は昨年の3月に完成した新しい漆専門の建物になっていて
三部屋ある作業室にはそれぞれ乾燥風呂を備えています。

さて、実際の研究内容ですが
実践的な作業が主です。
専門の学習期間を終えた人が対象なので
この場でプロレベルになってもらうことが目的です。
そのためにできることは、プロのレベルで作業をすることしかありません。
なので、受け身で学びたい人と、曖昧な意識で漆に向き合ってる人は、今回の研究室募集には向きません。


僕は、京都の地で漆芸の産業としての可能性を感じています。
もっと言えば、日本全体、世界中で漆芸の需要規模の数パーセントも作り出せていないように思っています。
1年に二人でも確実な技術を持って漆芸に関われる人材を育てることができれば、
数年後には漆芸分野の視野は今と比べ物にならない場所を見つめることができます。
卒業後優秀な人には、工房に就職してもらいたいし、外注でどんどん仕事に参加してほしいです。

もし少しでも関心のある方がいらっしゃいましたらご連絡ください。
工房見学も受け付けております。

お問い合わせ
メール studio_zipangu.y@ksj.biglobe.ne.jp
電話 075-468-9487
(電話対応 平日10:00〜18:00 火曜日のみ14:00〜18:00)

616-8157
京都市右京区太秦御所ノ内町26-1

見学も随時受け付けます、お気軽にメールください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA