時間=価値 ではない。 (リライト記事)

漆芸作品は一般的に高価です。
その価格の裏付けとはなんでしょうか。
工程がとても多く、時間と手間、そして材料費が膨大にかかっているのは確かです。
しかし、それが理由で高価ならば、いくら質が良いからと言っても、この先漆業界は滅びますよ。
なんせ高すぎる。
時間がかかっているというのは作り手の理屈で、実際は価格に見合ったものになっていないから売れない。

ひょっとして手間がかかっている事が=価値に結びついていた時代があったのかもしれません。
でも、僕はそんな時代知らないし、それが正しいとも思いません。
だから、もの作りに携わるなら、この作業時間が長い=価値という感覚を捨てないとなりません。

試しに、三分で描かれたピカソのドローイングと三ヶ月かけて作られた僕の作品が、
同じ100万円で市場に並んだら、間違いなくピカソの方が先に売れます。
(ピカソのドローイングは100万円どころではないですけどね笑)
なぜそうなるかと言えば、ピカソの作品の方が価値があるからです。
自分が挑戦している分野の価値が低いというのではなく、相対的にピカソの方が圧倒的に価値が高い。

つまり、価値とは時間軸とは別のところで計られることになります。
もちろん、長い年月受け継がれてきた古美術には価値があるし、
長い時間かけて作られた作品には価値があります。
ただ、それらの時間の要素は副次的な要素のようです。

では、価値とは何かと考える時、僕が出した結論は
「人の感情」です。
美術は人の感情です。多くの作家が失敗してしまうのはこの「人の感情」を「自分の感情」だと勘違いしてしまうからです。
自己表現の完成は絶対条件ですが、その先に人の感情の揺らぎがないと世界にインパクトを与える事ができません。
自分以外の人の感情に価値を与えられるか?と問われているのが美術です。

人の感情は複雑です。価値基準も様々です。
お金に対する欲求、性的な欲求、食欲、社会的な地位様々な価値観が合わさって1人の人間が出来上がっています。

ピカソの作品はあらゆる欲求を満たしてくれます。
価格がが高くて、知名度もすごいので投資の対象になります。
所有している人は必ず成功者なので、一目で社会的地位もわかります。
お金があり、知名度もある所有者は人気者で多くの人が集まるでしょう。

このように所有者の感情を満たしてくれる部分が多いのがピカソの作品です。
何時間で描かれたとか関係ありません。


手間をかけて作られたものは上手くいけば美しいですが、
逆にそこに囚われてしまうと良くないことも多いです。
時間と価値が無関係だという前提に立った時に「それでも漆で表現したいことは何か」
そんな問いから今の制作が生まれて来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA