2018年を振り返る 下半期

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


「2018年を振り返る 上半期」記事は こちら
底冷えの京都から
今年の下半期を振り返ってゆきます。

◆7月◆
本展の制作を頑張った月でした。
藤の花の花びらの加飾が思ったより時間がかかったんです。
1日8時間作業して、花びら3枚とかの進度で焦りました。

◆8月◆
そして、無事本展作品が完成しました。

◆9月◆
9月に次回の個展の詳細が決まりました。
詳細記事はこちら

◆10月◆
実は、10月に結婚しました。
ついに、結婚できました!

そして「アートエキスポ マレーシア」へ
ギャラリー花影抄さんのブースから酒器を出品させていただきました。

浅井康宏 蒔絵高坏 「光華」
浅井康宏 蒔絵高坏 「光華」

◆11月◆
長い時間かけて作っていた、中次が完成し、日本伝統漆芸展へ出品しました。
写真はまだないので、撮影したらアップしますね。

◆12月◆
月刊美術に作品を紹介していただけました。

浅井康宏 蒔絵酒器「夕刻の海」
浅井康宏 蒔絵酒器「夕刻の海」

今年の展示は池袋西武にて年末の「うるし・うつわ・おわん展」が最後になります。
充実の一年でしたが、来年はもっともっと質・量とも充実させてゆきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA