3月6日から始まる日本橋高島屋「美の予感」展について説明するよ

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


ツイッターで情報を投稿している「美の予感」展
今回の展覧会は、SNSを通してあらかじめ情報を出していて
制作過程もどんどんアップしています。
一人でも多くの人に見てもらいたいと思う展覧会です。

「美の予感」は今回で4回目?の展覧会で隔年で若手の工芸作家の作品を発表する企画展です。
各地の高島屋を巡回する展覧会で、
日本橋展=2019年3月6日(水)→12日(火)6階美術画廊
大 阪展=2019年3月27日(水)→4月1日(火)6階美術画廊
京 都展=2019年5月8日(水)→14日(火)6階美術画廊
名古屋展=2019年5月29日(水)→6月4日(火)10階美術画廊

上記の日程で巡回します。
この展覧会は、過去に桑田拓郎さんや新里明士さんなど、
僕が尊敬している作家が参加しているので、俄然燃えます。
高島屋さんも図録の制作も行うし、巡回展であることから重要な展覧会と位置付けられています。

たぶん、この企画展は伝統工芸系の作家があまり参加してこなかったように思うんです。
どちらかというと、現代アート寄りの展覧会だったように思うから、ここに入れたことは自分の中でとても重要です。
伝統工芸展に出品している作家て、どこかで線引きされているように感じることが多くて、
「ああ、伝統工芸系の人ね」と、よく言われます。
別にいいんだけど、ただ、機会が少ないこと、展示場所が限られるのがストレスでした。
最近は活動の範囲が広がってきたけど、所属団体とか、出品場所で分けられたくないですからね。


出品数は5点の予定です。
全部渾身の作です。
今後、「美の予感」の情報をたくさんアップしてゆきます。
お近くに巡回してきたら、是非見にきてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA