asai-urushi のすべての投稿

後の世界を予想して、物作りの明日を考える。

最近世の中の進歩の速度が速くなっていると感じませんか?
情報網の整備が完了して、世界は次のステップへ高速に転換しようとしている気がします。
何が起こっていて、どう変わって行くか。

例えば、ビットコインを代表する仮想通貨は今、急速に成長していますが、
実際にどのように使われて行くのか、今の所想像するのは難しく無いですか?
だけど、思ったより速く、僕たちの生活の中にこのデジタルの通貨が浸透するでしょう。
そうしたら何が起こるのか。
おそらく、現金がなくなってしまうくらい日本円の使用頻度が減ってしまうと思うのです。
よく考えたら、通貨に国境があるのってすごく不便なことです。
貿易はもちろん、海外旅行に行くだけで不便なのですから、共通の通貨が流通してしまえば変化は早いでしょう。

そして、流通の考え方も思ったより速く展開して行くように思います。
自動運転が主流になれば、おそらく高速道路での人間の運転が禁止されるのではないかと思います。
よく考えてみてください。
人間自身が時速100キロを超えるようなマシンを手動で運転しているなんて、
割と危険なことではないですか。
近い将来「平成って、車の運転を人がしてたらしいよ」って言われるようになります。
まず、物流面から変化が起こるだろうから、トラックは自動運転になるでしょう。

さらに大きなポイントとして
サービスの民主化があるような気がします。
最近「Airbnb」というサービスを知りました。
https://www.airbnb.jp/?logo=1
上記のリンクからサイトへ飛べます。簡単にいうと顧客同士が居住空間を共有できるサービスです。
例えば、ある期間自分の家を空けるから、その時旅行者に宿を提供する民泊というイメージでしょうか。
(実はまだ利用したことがないので、正確な記事にはできません。二月にこのサービスで海外に行こうと思うのでその時レポ書きます)
これ、何が起こっているかというと宿泊システムの民主化です。
つまり、顧客対顧客という構図が、サイトのシステムによって完成しているのです。
他にもヤフーオークションやメルカリなんかも顧客同士の取引がなされる場としてサイトがあり民主化された市場と言えます。

全体的に人と物とお金の流れは否応無しにスムーズな方向に流れていっています。
そしてそのスピードは加速している。
これにより何が起こるか、信じがたいですが、お金と時間があまり始めるのではないかと思うのです。
で、その時代の物作りはどのような形になるのか?

続く

仕事を断る

最近仕事が多くて
制作がものすごく忙しくなって来ました。
これ、以前書いた陥りやすいヤバいサイクルに見えるんですよね。

仕事が多い

作りまくる

疲れる

質が落ちる

この無限ループに陥る寸前なのでは無いか?
歯どめかけるために、これからは仕事を断ることにしました。
ただ、すごーくやりたい仕事だけはしてゆきます。

さて、この負のサイクルって日本全体が陥っているループなのかも?って思うんです。
よく日本の時間あたりの労働生産性は悪いと言われていますが、
みんな疲れているのでは無いか。
だから、どんどん生産性が落ちて仕事が溜まって、、、、
考えただけで気が滅入ります。

物心ついた頃にはバブルが終わっていたので、
日本がイケイケの時代を知らないし、この小さな国が
世界屈指の経済大国(データ上今もそうなんだけど、現状は厳しいですよね。)だった頃の空気感や
実際の経済活動を実感として感じることができないから「なんでこうなっちゃたの?」と思うんですが、
つまりは、疲れちゃってる。の一言で言い表せてしまうのでは無いでしょうか。

色々と難しいけど、断ることが上手くなれば
それだけ生産性も上がるのでは?
特に、学校教育からの流れで、「苦手なことを一生懸命やるのがよし!」
みたいな空気が全体に漂ってるけど、
生産性を上げようと思ったらこれをしていてはダメですからね。

けっきょくのところ、自分が好きで得意なことだけをするというのが
もっとも健康にもいいし、生産性も上がる。
仕事の見極め難しいけど、立場上難しかったりすることもあるだろうけど、
やっぱり生産性を上げるには
断るが鍵なのでしょう。

平行線

どんなにいいことをしたって、善人だって一定数そんな善人が嫌いな人はいる。
作品だって、そう。万人にウケる作品なんてない。

「まあ、そんなもんだよな」と思いつつも
やっぱり、無関心だとか、無理解や批判には
その度に疲れてしまいます。

でも、平行線をたどる思いと思いってのは
人の世の中では当たり前で、受け入れてゆかなければならないのでしょう。
というより、強烈な批判を受けるというのは
それだけ、活動にインパクトがあるということなのだから、
ある部分で批判も必要なのでしょう。

それでも明日はもう少し違う1日にするために
少しでも前に進むために
誰かとの平行線を歩み続けなけらばならないのでしょう。

理想と現実との距離

理想と現実
その間にある距離はどのくらいですか?
それは人によって違うと思うけど、
僕はその距離感を感じるのが下手なんです。

つまり、理想だと思う状態が現実だと思い込んでしまうんです。
もしくは、近い将来は理想の状態だと思い込んでいるんです。
「現実を見ろよ」と言われたら元も子もないし、
はっきり言って現実が見えていない馬鹿野郎かもしれませんが、
いつ頃からか、その妙な楽観的感覚は武器なのだと思うようになりました。

だって、生きていることって不安だらけです。
なんとなく、明日も今日みたいな日が続いてゆくと思っているけど、
現実はそうなっていなくて、
でも、どうにか明日が来ることを願っています。
安心したいと思うけど、理想を現実にしようとすると
安心な明日とは似ていない表情をした未来がやってきます。たぶん。

だけど、理想に向かって目をつぶって飛び出してしまえば
なんとかなることの方が多いように思うのです。
明日は、明後日は、来年は
違う自分になっていたいと思います。

ダメだったら、その時は、できるまで続ける自分がいて
現実が見えてない状態で走り続けていると思います。
年末だから、今年のこと、来年のことを考えたりします。

いつだって僕らは心の問題を解決できない

時代が変わって、技術が進歩しても
人間が持つ人間らしさは変わってなくて、
いつだって僕らは心の問題を解決できてないのだと思います。
100年も経つと、街の様子は様変わりするだろうけど、
きっとその時生きている人たちは、僕たちと同じことに悩み
苦しんでいるのだと思う。

だからきっと、美は人間にとって必要なもので
知識は必要だけど、過去の名作を理解することができる。
だって、美術とか芸術は人間らしい部分が多くて
時代をこえて理解できる部分も多いでしょう。

最近、僕の制作テーマは
「生きていることの称賛」というモワッとしたもので
それはつまり、個人的には問題の解決だと思ってます。

「なんだそりゃ?」
ってかんじだけど、朝日を見たとき、
夕日を見たとき、綺麗な三日月。
好きな人。
個人的な光を形にできるんじゃないか。
そして永遠に近い形で保存できるのではないか。
その光は、誰かと共有できるはずだ。
そんな仮説のもと作っています。

これから先もいつだって、心の中の問題は解決されないまま人類は歩んでゆくけど
ずっと先にでも
「ああ、あの時代にこんな光を作ったやつがいたんだな」と思ってくれる人がいたらいいと思うのです。
もちろん、僕自身もその光を浴び続けていたいし、
力づくでも共有したい美なんですよね。

忙し時にとる休みとはどんなものか

僕は自営業なので、仕事のメニューは全て決めることができます。
とは言っても、ブログを読んでくれている人はご存知だと思いますが、
わりと規則的な毎日を過ごしているし、週の休みも少なめです。
最近はすごく忙しくて、本当なら日曜日も働きたくてたまりません。

でも、そこで心を鬼にして日曜日に休みを取っています
当たり前のことに思えるかもしれませんが、工程が多い作品を作る時には1日に一工程でも進めておきたくなるのです。
だけど、日曜日には休んでみています。
というのも、際限なく作業を繰り返すより1日リフレッシュできる、
全く漆に関わらない日を作ってみて作業効率がどうなるか試してみたいんです。
それもこの忙しい時に。

結果はどうなるかわかりませんが、
オンとオフをしっかり切り替えることは長期的にみても短期的にも仕事効率の面で最善だと言われているので
試す価値はあると思います。

でもね、結局休みの日でも色々リサーチしたり
考え事したりしてるんですよね。
自分の一番やりたいことが仕事だと、全てが仕事であり、趣味?でもあるんですね。

オンもオフも楽しいですね。

大人になるとどんどん自由になる

子供の頃、大人になるってどういう感じだと思っていましたか?
僕は大人っていうのは自由なものだと思っていました。
周りに自由な大人がいたというわけではなく、ただ漠然と。

結果的に僕は自由な大人になりました。
ある意味で自由業とも言えるような「作家」という職業であるから、極端に言えば自分の好きな時に好きなだけ働けます。
ただ、僕の場合仕事開始時間が固定されているので、会社勤めをしている人と変わらないワークスタイルです。
ではなぜここまで自由を感じていられるのか。
それは、単純に好きなことを仕事にしているからだと思っています。
極端に言えば、好きなことしかしていません。

大人になるというイメージが自由であるか、そうでないかというので青春時代の過ごし方が変わるような気がしていて
よくいう「社会人になると遊べないから今しっかり遊ぶ」という大学生。
はっきり言って「大人になった方が遊べるから、今はしっかり学べ」と言いたいです。
大人になって自分でお金を稼げるようになる方が、遊べるのは当然です。
時間も働き方によっては、自由にもできるでしょう。

僕の場合、利益率の極端に低い仕事をしているので、現段階でそんなに自由なお金は持っていないけど
それでも学生時代よりはマシになりました。
そして、最も大切なことですが好きなことを仕事にしていると、
仕事が趣味のようなものなのです。
ライフワークバランスの大切さが謳われる昨今ですが、
時間を忘れて没頭できることに毎日たずさわれているから、苦しさはありません。

何より朝起きた時に「さあ、今日も仕事するぞ!!」と心から思えるし、
毎日ワクワクできます。
そして自由を感じます。
締め切りだらけだけし、ストレスも多い仕事だけど
生きている実感があります。

自由には色々な形があると思うけど
朝から働いて夢を形にしてゆくことにも自由さを見出せます。
明日はもっと自由だし、10年後にはもっともっと自由な自分がいると思います。

ブログが、、、

最近あまりブログを書けなくなりました。
単純に時間がないというのと、
生活スタイルに少し変化があって、ブログを書くルーティンに変化が生まれたからです。

で、今ブログを書く新しいルーティンとして、「スマホから移動時間に書く」に挑戦してるのですが、やってしまいました。
書いたのに消えてしまいました。
なので、失敗しちゃったことを書いてます。

これからはスマホからもちょくちょく短文をアップして行きます。

11.13は「うるしの日」「漆祭り」

11月13日といったら
「うるしの日」「漆祭り」です。
ん?知らない?

そうですよね。すごくマイナーな記念日ですから。
ただ、全国の漆コースのある美大・芸大では
「漆祭り」をしていたりします。
僕の母校では、祭壇を作り、お祓いをしてその後飲み会などをしていました。

で、その「うるしの日」の中心地、発祥の地が京都にあります。
法輪寺と言って「13参り」の有名なお寺ですが、
漆にゆかりのあるお寺でもあります。

うるしの日

日本漆工芸協会が1985(昭和60)年に制定。

平安時代のこの日に、文徳天皇の第一皇子・惟喬親王が京都・嵐山の法輪寺に参籠し、その満願の日のこの日に漆の製法を菩薩から伝授したとされる伝説から。

この日は、以前から漆関係者の祭日で、 親方が職人に酒や菓子などを配り労をねぎらう日であった。

(参照元 http://www.nnh.to/11/13.html

この日法輪寺では、
奉納と狂言が行われます
今年はそれに参加して参りました。

漆ゆかりのお寺のお膝元で毎日仕事ができることに感謝です。

マインドフルネス・瞑想・なんだかなあ。。

僕は知識から入る癖があって、気になったことは本を読んで知識を得てから行動することが多いです。
例えば、中学の頃からギターを弾いていたのですが、それもギター雑誌を読みまくってギターを選び
そしてとにかく本を読んで色々と知識をつけました。
「弾いて覚えろ」と思われるかもしれませんが、とにかく知識を先行させたいタイプなんです。

最近気になっているのが、休息方法です。
それこそ「休めよ!」って感じですが、
仕事がすごく好きなので、あまり休息をとれないのです。
なので、とにかく休息のヒントになるような本を読みまくっています。
すると、、、
出てくるキーワードが
マインドフルネス
瞑想
認識としてはほぼ同じものだと思ってますが、
言葉の響きが良いのか、最近はマインドフルネスというリラックス方法というか、まあ瞑想が流行りまくっています。
このマインドフルネス、著名人も実践していたというお墨付きで
スティーブ・ジョブズもやっていた!
とか
グーグルも取り入れている!
とか、とにかく海外で流行ってるよ!という見出しが多い。
何冊か読んだら、だいたい内容と方法はわかるので、他の休息方法の本を読んでみるのですが、
最近の本だとやはり現れてくるマインドフルネス
まあ、わからなくもないですよ。
瞑想ってのは歴史があって、ちょっと神秘的で。。
でもさ、ここまでごり押しするかね?

騙されたと思ってやってみたらいいんだろうけど
毎日美味しいもの食べて、よく寝てたら疲れなくなったよ。
とにかく、マインドフルネスは後回しとなりました。

それより、
作業中のゾーンに入ってるような状態や
無心で作ってる状態ってマインドフルネスなんじゃないかと思ったりもするんです。
祈ってる状態やお経唱えてる状態に近いと思うんだけど、どうかしら?