asai-urushi のすべての投稿

作品価格が上がって 得るものと失うもの

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


作家にとって、作品を作り続けるために、
キャリアを形成し、作品価格を上げてゆくのは命題です。
お金の話を作家から聞くことに抵抗がある人は多いのかもしれないけど、
プロの作家として次の作品を作るためのリアリティ、お金は切り離せません。

僕の作品価格の値段推移を酒器で説明すると。
最初に作った酒器は35000円でした。たぶん25歳くらいの時。
その次のシリーズが65000円。29歳くらい。
次が125000円 30歳。
ちなみに一点ものの特別な酒器は1200000円になりました。
現在は、一点140000円から150000円です。

もちろん、価格を上げるのは新作を作りクオリティが上がっているからです。
最初期の作品と、現在のモデルでは造形、デザインそして作品としての完成度が全く違います。日々の鍛錬の賜物です。


さて、これまで価格が上がってきたことをお伝えしました。
今回のブログタイトルは「作品価格が上がって 得るものと、失うもの」
これを聞くと「いやいや、価格が上がって失うものなんてないでしょ」とツッコミを入れたくなりませんか。
少し、僕の気持ちを話します。

まず、僕の初期作は35000円だったわけです。
買ってくれたのは、知り合いや知り合いの知り合いです。
親戚のおじさんが買ってくれたりしました。
20代の僕はとても嬉しかったです。

それから、どんどんと作品のクオリティを上げてゆくと
最初に買ってくれていた人が、買いにくい価格になってゆきます。

そうです。僕は最初に応援してくれていた人に作品をコレクションしてもらうことができなくなるのです。
そして、価格が上がるということは、まだ見たことのないお客様の世界観に突入することになります。
僕の父はサラリーマンだったから、
身の回りに社長とかお医者さんみたいな収入の多い人のイメージが全くありませんでした。
でも、価格が上がれば、当然お客様はこのような立場の人になってきます。


価格を上げるというのは、そういうことです。
見たこともない世界観に自分と作品を突入させて、
そして、今まで応援してくれた人と別れることになります。

ちなみに、低価格の作品を残しながらハイエンドモデルの価格を上げてゆく作家もいます。
このやり方で行くと、ベンツが軽自動車も作るような構図になり、
ブランドとしての作家性が築きにくいので僕はしません。
つまり、僕の作品はいつも、現在が一番安い状況になります。次作る作品は確実に価格が上がります。


作品価格が上がって、入ってくるお金は増えましたが
そのお金は全て、人と材料に使っているので、僕の生活は全く変化していません。
というか、制作が趣味だし、他に欲しいものがほとんどないので
作っている毎日が幸せなんです。僕にとってお金は、その毎日のためにあります。

酒器の作品を年代順に並べます
最初のシリーズはまだ模様が大きかったです。

下の作品が65000円の作品。模様の精度も高くなってきましたね。

下の作品が125000円で個展で発表した作品です。
このシリーズは先日月刊美術で紹介してもらった「夕刻の海」限定2点で最後です。

ちなみに
金工根付作家の万征さんとコラボした一点もの作品は高価です。

しっかり寝よう

美術活動において、仕事時間と作品量は重要とよく言っておりますが、
でも!睡眠不足はよくないです。絶対!

学生時代から、卒制徹夜をしませんでした。
作家活動を始めてから、締め切り前日の徹夜をしたことは何度かあります。
でも実際、いい作品に仕上がらないのです。
漆芸は特に、工程ごとにきっちり乾かして、きっちり仕上げる事が重要です。
いくら徹夜して長時間作業しても、乾かす時間を短縮することはできないし、
仕上げの時間を切り上げることもできません。
ギリギリ作業で仕上げて、賞をいただいたことは一度も無くて、
締め切りの数日前に仕上がっている作品のみがいい結果を得てきました。


休息をたくさん取ることと、作業量を増やすことは対極に感じられるかもしれません。
これは僕の持論ですが、作業のピークを作らない事が制作活動において重要だと考えます。
つまり、気分のムラを作らずに、毎日作業をする事が作業時間の最大化につながります。
フリーランスで作業をしていると、夜型になったり、締め切り前と平常時では作業時間に開きが出てしまいます。
それをできるだけなくせば、年間や数年スパンで見ると作業時間はトータルで多くなります。

ポイントは開始時間を決める事です。
どうしても終了時間がずれると、翌日の活動開始時間がずれてしまいますが、
固定していると、目が覚めて習慣的に高いパフォーマンスが得られます。


とは言っても、最近まで僕の睡眠時間は5時間代でした。
睡眠時間の少ない人だったら大丈夫なんだろうけど、僕には少し短くて
昼の15分睡眠で帳尻を合わせていました。それはそれで良かったけど、
今は6時間以上の睡眠にしています。
そうすると、作業途中で眠くなることもないし体に合っています。

アートは長期戦です。
体を壊してしまうと、元も子もないので、
休息と活動時間とその質を常に考えてゆきたいです。


時間管理の本はどれも面白くないけど
◯朝の活動の有効性
◯メール返信の効率化
◯適度な運動
◯睡眠時間をきっちりとる
上記の項目はどの時間管理に関する本でも一貫しているから採用しています。

ちなみに、最近よく聞くマインドフルネスとか瞑想は手付かずです。
漆の作業が瞑想に近いのでは?と思っています。いや、迷走か。w

「師弟制度」のアップデートが未来の工芸を開く

「ここまで対立構造をつくり出さなくても。。」と思われるかもしれないけど
師弟制度を含めた人を育てる仕組みは変革期にあります。
まず、伝統工芸において、後継者がたっぷりいる業界がない事。
美術系大学を含め、物作りにおける人材に男性が激減している事。
続けるのが難しい職業という印象が強く、夢を描きにくくなっているのは漆業界だけではないはずです。

教育のシステムとして現在は大学で学ぶことが主流ですが
工芸技術の場合四年間でプロの世界で活動するのは、難しいのが現状です。

「師弟制度」を否定するのは、現代において
その悪い部分だけを引き継いでいるからです。
師弟制度が成立していたのは
その分野がしっかりと産業として成立しており、
一人立ち後に自活できるある程度の保証があったからです。
そして、住み込みで技術を磨いていたので、衣食住の心配が無い環境がありました。

現在、伝統工芸の分野で数年の修行の後、独り立ちするにしても
食ってゆくのが難しい。それは、産業としてのパイが小さいからです。
それに、住み込みでなく、通い弟子の場合、衣食住の心配があり、
社会保障など入ってもらえなければ、たちまち苦しい立場になってしまいます。

では、現代の師弟制度をアップデートするにはどのような方法があるのか
僕は、企業化された師弟制度に活路があると考えて活動しています。
修行時代といえども、時間と賃金を最低限約束できる工房が必要です。
「好きなことに携わっているのだから、給料が少なくても仕方ない」という
考え方に真っ向から反対します。

正規の賃金を得て、社会保障が拡充された状況で修行した方が
作品のクオリティが上がり、長期的に業界の活性化に繋がると考えました。
理想を形に変えてゆくのは困難だけど、それでも未来に向けて活動してゆきたいのです。

主観を造形化するプロセス

日本の工業製品がいよいよ世界で戦えなくなってきているのは
主観でものを作っていないからです。
たぶん、顧客データを集め、事前にアンケートを集めて
会議室でものを作っているように感じます。
つまり客観を造形化していることになります。
客観的な目線というのは、製品を作ることにおいて良いことに感じるかもしれませんが、
実はそうやって作られたもので感動は作れないのです。

宮崎駿作品は会議室で長い時間話合われたストーリーではないように
アイフォンのコンセプトがマーケティング調査の結果で組み上がっていないように
僕たちが熱狂するのは、個人の主観で作られた作品である場合が多いのです。


嫌ですよね。
僕の作品が、「最近巷では、〇〇の色が流行っていて」
「造形は〇〇がきてます」
「ではみなさん多数決で、次の作品の方向性を決めてゆきましょう」
という具合に作られてたら。

◆主観を研ぎ澄ます

ただし、単に主観で物作りをすればいいという話ではありません。
美しいものを作るためには、
研ぎ澄まされた主観が必要です。

一体どうやって磨いてゆくのでしょうか。
僕のバイブルでもある松田権六の著書には
◯人から学ぶ
◯物から学ぶ
◯自然から学ぶ
という三つの方法が書かれています。
まず、技法的なことは人から学び、真似をして習得してゆきます。
そして、過去の名品を見ることにより、技法的な部分、素材、歴史背景を学んでゆきます。
最後の自然とは、定義が広くて、掴みどころがありませんが、水や光、それらが発する音
そこから生まれる僕たちの感情をどのように見つめ、造形化させてゆくのか。
ヒントは膨大です。

実のところ、同じ方法で学んでも、見ている部分が違います。
同じ景色を見ても、音を聞いても、味を楽しんでも
僕と同じ感情を持つ人は一人もいません。
勝手に好きな部分を切り取って、解釈しています。
例えば、クラスにたくさん女の子がいても、視界に入っているのは好きな〇〇さんだけだったりします。
つまり主観です。
その主観を形にする、反省点を元に改善してゆく繰り返しが研ぎ澄ます作業となります。

◆主観を造形化する

大雑把に言えば、主観の造形化とは好きな〇〇さんを描くことです。
でも、人生はもう少し複雑で、〇〇さんの二重が好きとか、声とか、
いやもっとマニアックな「くしゃみが出そうな半目になった時の二重がたまらん」みたいなこともあります。
そんな主観誰も共感しないと思われるかもしれませんが、
熱量が高ければ、必ず共感ないし、感情の同期は行われます。
言葉にならなかった「くしゃみが出そうな半目になった時の二重がたまらん」を形にしてみてください。

ちなみに僕の作品についての「たまらん」ポイントは
金地のアール部分とか、角のハイライト、黒と金のコントラストなどです。
(もう少しマニアックな性癖みたいな部分がないか自分の心理の底に潜って探しているところです。)

◆アートでなくても主観は大切

物作り以外でも、僕は主観はもっと大切にされるべきだと思っています。
学校とか社会って、どうしても客観とか調和が大切にされます。
僕はそれが苦手だったのと、正しいと思えなかったから学校が嫌いでした。
ある部分ではみんなが公平に幸せになるために調和は必要だけど
今、日本全体がちょっと息苦しくなっているように感じます。
もう少しだけでも、物や事に主観をプラスする事ができるはずです。

大好きなあの人に主観で選んだプレゼントをわたしてみてはいかがでしょうか!(笑)

制作時間が長くて作品が多い人が勝つ世界

これはいつも言ってることなのですが、
制作時間が多いことと、制作数が多いのは最強の武器です。

「制作においてノってる時とそうでない時がある」と反論が出そうだけど
ノってる状況に左右されないために毎日定時に仕事を開始することをおすすめしています。
作品の量については、作業量が増えれば自ずと増えてきます。
僕の制作の場合、少なくとも4ヶ月以上は制作に必要ですが、年間4回の公募展と
グループ展の作品を作って約10点
毎日淡々と作業していても、制作点数少ないのが悔しいです。
頭の中にあるアイデアの5パーセントくらいしか実現できていないのが現状です。

制作点数については、少ない部類に入りますが、
蒔絵の制作点数にしてはそこそこだと思っています。これでも
他のクリエイティブな分野にも言えることですが、制作数は強みです。

あなたがカメラマンなら写真を毎日撮りまくった方がいい
作曲家なら曲を毎日書いた方がいい
小説家なら毎日パソコンに向かった方がいい
イラストレーターなら仕事以外の絵を描き続ける必要があります。

なぜかというと、あなたが休んでいるその時間に
作業をしている人が必ずいるからです。
プロの世界ってそんなもので、夢の中でも作業をしているような人がいます。
そんな人たちと戦ってゆこうと思ったら、
うかうか休んでいられません。


僕は他の作家の作品をよく買います。
若手の作品を買うことが多いけど、
少し有名になったり結婚したりして、作業量と質が落ちたらイライラします。
作品数は顕著で、実験的なこととか、新たな投資が必要なことをしなくなってしまう。
環境の変化の中で制作のモチベーションを高く保ち続けるのは難しい事です。


クオリティを上げ続けながら作品数を保つか、増やすことはできないのだろうか。
制作活動とはそいうギリギリの戦いの連続です。
インターネットで情報を得る時代において
時間と量を味方につける事の有効性は、
クリエイティブな活動においても適用されます。
そして、今後それはさらに顕著になる未来が待っています。

urushiについて説明するよ

漆のことを知っていますか?
よく陶芸と間違われることがありますが、
同じ工芸分野ですが、陶芸と漆芸は異なります。

漆芸に用いられる漆とは、素材の名前です。
海外ではラッカーと訳されることが多いですが、
最近は無理に訳さずUrushiで伝えてゆこうという流れになって来ています。

◯漆とはどんな素材なのか
東南アジアに分布する漆科の樹木の樹液を漆と言い
その素材から作られたものを漆器と言います。


漆の木の林

◯どこの国で盛んなの
東南アジアの中でも、中国・韓国・日本が漆文化が盛んです。
その他ミャンマーやベトナムにも漆の文化があります。

◯どうやって採取するの
漆は木の樹液なので木の幹に傷をつけて滲み出たものを採取します。
各国それぞれ違った採取方がありますが、傷から採取するのは変わりません。

幹の傷から一滴ずつ集めてゆきます

◯一本の木からどれくらい採取できるの
日本の場合、約15年間育てた漆の木から200gの漆を採取します。
「殺し掻き」という方法でワンシーズンで樹液を採り切り、伐採する方法が主流です。

◯どんな表現があるの
漆を用いた表現は実に多様です。
僕の携わる蒔絵
塗りの美しさを見せる髹漆(きゅうしつ)
漆面を彫り込む蒟醤(きんま)彫漆(ちょうしつ)沈金(ちんきん)
貝を象眼する螺鈿(らでん)など
日本で現在伝わっている技法だけでもこれだけあります。

◯一つの作品にどれくらい時間がかかるの
僕の制作だと、1作品に塗りに半年、加飾におよそ半年ほどかけて制作しています。
産地や他の作家さんによってかかる時間は違うけど、
漆の作品を作るのは工程数が多く、乾燥時間(半日)が必要なので
時間がかかります。

◯japan=漆器は海外で通じるの
これはよくいただく質問です。
chaina=磁器
japan=漆器
という輸出商品に対する名称が海外で広がっており
現在でもそれが通じるのか。
という質問について、答えは
「通じません」
文献を遡っても、海外美術館の展示でもjapan=漆器という訳を見つける事は難しく、
japanを漆器として認識してもらう事は難しいです。
これからはUrushiという素材名、Maki-eという技法名を広めてゆきたいと思います。

その他、漆に関して質問がございましたらコメント欄でご質問ください。

「月刊美術」に作品掲載

月刊美術の12月号に作品一点紹介していただきました。
今回の特集は、今年一年を振り返る特集です。
6月号の工芸特集で紹介していただいた流れで掲載していただきました。

作品は酒器です。
「定番の」という風にご紹介していただいていますが、今回は貝の色を変えた新作です。
木地自体は僕の定番の形でしたが、今回作った2点で木地がなくなったので、最後の作品となります。
写真ではシンプルな色合いですが、実物は赤い貝の部分が、角度によって赤から緑に変化するので
写真の印象より派手です。

2点作ったうちの最後の1点は年末、西武池袋の「うるし・うつわ・お椀展」で発表しようと思います。
ご希望がございましたら、予約受け付けますので、ご連絡ください。
メールアドレス yasu69689@hotmail.com

この酒器、制作に加飾だけで3週間みっちりかかります。
だから、作家の利益はありません。
今まで、知り合いに優先的に紹介していました。

小物制作も、実は展覧会制作と同じ工程で作っているので、
今後、作るのが難しくなってゆきます。
変な話ですが、クオリティ追求しすぎて売れても赤字になってきました。
値段を上げないのは、工芸家としての「使えるもの」としての有りように対するこだわりみたいなものです。
実用的な酒器に20万円以上はつけたくないからです。
使ってこそ美しさの真価を発揮する酒器を作りました。


数年前から少しずつ雑誌に作品を掲載していただけるようになりました。
伝統工芸の漆芸という分野は少し前だと、何かに取り上げてもらえる機会は多くなかった。
少しずつだけど、漆芸の今が伝わり始めているような実感があります。
もちろん僕のブログも伝える気持ちから書いています。
いつも本当にありがとうございます。

よかったら「月刊美術」買ってみてください!

これから漆を植えてみようと思う人へ

僕は全国で「漆を植えよう!」という機運が高まるのには大賛成です。
でも、漆を植樹した林が放置されて、雑草に飲み込まれ、枯れた状態を目にするのを見たくありません。
文化的にも意義のある漆の植栽ですが、漆の植栽は林業とも農業とも違った性質があります。

何度も書いていることですが、
漆を栽培して、採取するまでには少なくとも10年以上の時間がかかります。
その間、下草刈りなど、夏場の仕事があります。
漆の木は里の木なので、勝手に自生して繁殖するというよりは
人間に寄り添って、世話をしてはじめて育ちます。
放置していたら高い確率で枯れます。

そして、10年後に採取できる漆の量は
一本から200gから500gくらいです。
その後伐採して、樹木を更新して行きます。

植えること、そして採取することは
難しいけど、できるかもしれません。
だけど、漆を植える目的は、漆を植えることではなく
最終的な目的があるはずです。
それは、使われること
大々的な漆の植樹において、わりと見過ごされる
使われるまでの仕組み。

不思議と漆は素材自体人を惹きつける魅力があります。
縄文時代から人間とともに歩んできた素材だけあって
携わると、前が見られなくなるくらい魅力的です。

でも、僕たちの世代は、漆との付き合い方をアップデートする必要があります。
縄文時代と同じように、木を傷つけて一滴ずつ集める方法はやめるべきです。
植樹に関しても、さらなる研究が必要です。
漆おことにあると、感情的になるけど、
現代を生きる僕たちは、漆の未来を考えるとき
技術の解決が必要だと思うのです。

植樹法のも採取法にもまだ改善の余地はあります。

11月13日は「漆の日」

11月13日は「漆の日」です。
由来は上記のツイートが詳しいです。
全国の大学や、教育機関はこの日の前後に
「漆祭り」とか「ろくろ祭り」を行い、日々の制作に感謝します。

起源である法輪寺は工房にとても近く車で約10分ほど
嵐山の渡月橋を渡ったすぐにあります。
こちらのお寺、ロケーションが素晴らしく、階段を上がって本尊にたどり着くと、
少し高い場所から京都を北から一望できます。紅葉シーズンにどうぞ!

法輪寺では11月の13日午前11時から
お経があげられ、その後、狂言が行われます。
漆関係者が全国から集まる日です。

昨年買ったお札と技芸上達お守りをお返しして
今年の新しいものを手に入れました。
漆の神様今年も一年よろしくお願いします!

作家とは何か

美大とか芸大の現役学生や卒業生の多くは
気持ちの差こそあれ、作家というものが気になっているはず。

僕は制作活動で生活をしていて
多分自分のことを「作家」と言っても間違えはないです。
で、この作家という職業の実態はどのようなものか
実はとても地味で地に足をつけた活動なのです。
わかりやすく例えるなら「社長」です。
スティーブ・ジョブズとかジェフベゾスみたいなカリスマ性のある社長業ではなく
個人的な事業の小さな、小さな「社長」です。

この社長業にはたくさんの、本当にたくさんのこまごまとした仕事があります。
営業や会計、仕入れ、納品。。。。
数えればきりがない社会と自社を繋げる為の仕事を大方一人でこなします。
でも、このようなクリエイティブではない仕事をこなしてでも作りたい強烈な動機
「自らのエゴを表現して、世界と繋がりたい」という言葉にしにくい気持ちに突き動かされています。

つまり、「作家業」とは「社長業」に似ていて
「作品・表現」は「商品・サービス」です。
今、僕が高校生の時に描いていた「作家」とは少し違う自分がいます。
早い段階で作家は社会との繋がりが重要であると気がついたので
そこから過去の作家の作品以外の側面を考えるようになりました。

世の中にはたくさんの会社があるように
作家としてのスタンスも多様です。
学校教育は一様ですが、そこを出ると無限の可能性
いや、広大な説明書のないリアルな人生が待っています。

今の僕に学校教育をはじめ、教育と美術における具体的な提案はありませんが
「作家」しか生まない教育なら、それは間違っています。
上記のように、作家はいわゆる社長業です。
社会に社長があふれていないように、世の中には社長気質とそうでない人がいます。
例えば、漆の業界でいうと
チームを指揮して数を作るプロデューサータイプの人がいれば
その素材に魅了されて、作業だけしたい人もいます。

それぞれの気質に合った働き方や、
素材との向き合い方があります。
全てのニーズに適した教育なんて存在しませんが、
弟子制度が崩壊している現在において、選べる進路が狭くなってきているように感じるのです。

役割分担を明確にし、作品のパフォーマンスを最大化にすることこそ漆の未来だと信じています。