asai-urushi のすべての投稿

酒器を作る

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


実は僕、漆の作品を作っていますが、
食器類を作ることが少ないのです。
お椀とか、お皿は今までほとんど作ってこなかったし、
作っても身近な人に頼まれたものだったり、写真も残っていないものがほとんどです。

ただ、酒器は数種類作ってきました。
1点ものもあれば、15個くらいの数ものもあります。
酒器を作るのは好きで、アイデアはたくさんあります。
僕自身がお酒が好きなのも相まって「これにお酒を入れたら」と想像して
ニヤニヤしながら作っております。

ただ、酒器は特に使ってほしいものだけに
価格を上げにくかったです。
1点制作の場合は、作品としての要素全開で、美術作品としての位置付けなので高価ですが、
使ってほしいシリーズは20万円以下に抑えて作りたい。
そうすると、利益が出ないばかりか、売れても赤字になる事態が発生してきました。

こだわって、クオリティを上げて赤字になるなんて、
経営者として最悪です。
なので、昨年あたり酒器卒業宣言をブログ内でふんわり行なった気がします。
(よく覚えてませんが)
でも、それを前言撤回して
個展に向けて新しいシリーズを10作品くらい作ってみようという気になってきました。

なぜそう思うようになったかというと、
今まで酒器を作って表現のきっかけを得ることが多かったのです。

例えば、

浅井康宏 蒔絵高坏 「光華」
浅井康宏 蒔絵高坏 「光華」

浅井康宏 蒔絵螺鈿高坏 「菊華」
浅井康宏 蒔絵螺鈿高坏 「菊華」

この2つの作品
蒔絵螺鈿高坏 「光華」「菊華」
は根付作家の万征さんとのコラボ作品で、
作品として極限のバランスを追求できたと思います。
現代における最高の仕事で美を追求することに一定の自信を得ました。

そして、

2017年の個展で最後に作っていた作品
この酒器は撮影時に完成していない状態でした、
それでも作品集に載せてます。
個展の追い込みの中、色彩表現のきっかけをつかめた作品の1つでした。

ここから

この棗のような色彩表現に繋がってゆきました。


次の個展に向けて作る酒器が僕にどのような表現のきっかけを与えてくれるか、
それは、まだわかりませんが、小さな作品の中に今持っている技術と現代性をそそぎこみます。
そのさきにきっと見えてくるものがあるでしょう。

残念なのが、その作品を僕は使えないことです。
作り手は1番長くその作品を触れているけど、使い手にはなりません。
その寂しさを、他の作家さんの作品を買って癒します。

制作が動き始めたらアップしてゆきます!!

次の次の個展が決まりそうです。

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


昨年末に「次の個展は2021に決まりました!」とブログに書きましたが、
その次の個展も決まりそうです。
おそらく2023か2024年くらいです。
詳細についてはもう少し内容が詰まってきてからはなします。

さて、僕の制作ペースを考えると
毎年の個展というのは難しくて、早くても2年必要。
それに合わせてお話をいただけるのはとてもありがたいです。
条件面でも最大級のご配慮をいただけていると思い、恐縮するとともに、
「ぜったい成功させる!」という執念に燃えています。

2021年池袋西武の個展ですが、会場造作などの許可ももらっているので
最大限暴れてみようと思いますが、
当然ながら新しい試みの連続になると思います。
通常は1週間の会期ですが、僕の個展は二日間短い5日間にする予定です。

今の所準備している作品はあまりないけど、
頭の中で、会場の風景は想像できます。

色々楽しみです。

個性の作り方

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


個性というのは意識して作るものではなく、じわりと滲み出てくるものだから
「個性!個性!」と声だかに言うのは好きではありません。
美術では「個性」と言うか「違い」が少なからず武器になる部分もあるので書いてみます。

先に書いたように僕が「個性」と声だかに言うのが嫌いなのは
意識的に個性的であろうとする人が苦手だからと言うのもあります。
自然体で人と違う部分があるのは当然なので、
それならいいんだけど、作品や振る舞いや服装に狙って無理している感じが
見えてしまうと、距離を置きたくなります。

では自然体な個性とは何で、どう生み出すのでしょうか。

ここからは美術に関して僕が考えてきた個性の作り方について書きます。


基本を大切にする
実は違いを産むために大切なものは基本だったりします。
美術を学ぶ初期段階でおちいりやすいのは
「人と違うものを作ろう」とスタートしてしまうこと。

もしそのような焦りがあるとしたら、
大丈夫、同じ容姿や声の人がいないように、
盗作を考えていない限り、誰かと同じものは作れません。
たとえ誰かに憧れて、その要素を自分のものにしようとしても、
なんども繰り返し工夫しているうちに
自然と自分らしさが生まれます。

つまり最初のうちは基本をダイレクトに表現していても
必ず変わって自分らしくなってしまいます。

これを例えるならば、
野球のスイングに似ているように思います。
どんなに個性的な選手も、最初野球を習い始めた時には
基本的なバッティングフォームを習います。
でも、何万回、何十万回と素振りをしたり実践を重ねる中で、
自分の形が出来上がってきます。
たとえばイチロー選手のような個性的なフォームも
最初からあったわけではなく、自分の身体的特徴や
打者のスタイルを確立する中で完成したものです。


好きを言語化してみる
僕はよく、好きなことをなぜ好きなのか言語化してみます。
たとえば、
恩師の作品が好なポイントを挙げてみると

1、蒔絵の金と黒の対比が好き
2、ポイントで見える螺鈿が好き
3、造形的な緊張感が好き

このように、言語化してみると
自分の作品に応用した時に、
必ずしもかぶらない表現で好きを叶える方法がたくさんあることに気がつきます。

参照元 日本工芸会HP

上の作品は恩師の室瀬和美先生の作品で、僕が影響を受けた作品の1つです。
この作品の好きポイントを言語化して作ったのが「光の道」と言う作品です。

1、蒔絵の金と黒の対比が好き
2、ポイントで見える螺鈿が好き
3、造形的な緊張感が好き

好きなポイントを自分なりの解釈で表現しても同じ作品にはならないし、
僕らしさも出ているように思います。
他にもたくさんの好きを言語化してゆくと、
ぼんやりしていた自分の個性が、形作られてゆきます。


僕はこのようなことを心がけて日々制作しています。
何よりも、毎日の積み重ねが自分の作品を生かしてゆくように感じるので、
小さな基本と
好きを言葉に置き換える習慣オススメします。

工房体制、体育会系からの離脱

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


工房体制で制作を続けようと思った時、
美術系でも、熱狂やスピード感が必要だと思っていました。
イメージとして体育会系のノリです。

というのも、僕の仕事は締め切りの連発で
定時きっちりで活動するというより
締め切り前のスパートをかける日々、そしてそれを乗り切るための体力は
体育会系のノリがあっていると思っていたし、
自分もそのような意識で制作を続けていました。

つまり、チームスポーツのような統制のとれた組織
自分を追い込む気合いと熱狂。
昭和っぽい体育会系ですよね。

働く時間と給与体系は完全にホワイト企業を目指していたけど、
制作に向かう姿勢は体育会系を求めるというアンバランスな状態でした。


でもそれではうまくいかないことがたくさんありました。
別に現代特有の問題というわけではなく、
試行錯誤した結果「気合より習慣が勝る」と感じたからです。
僕は過去、過労によってウツ病になったことがあるので、
自分を含めたチーム全体を
「健康であり、成果を最大限にするためにはどうするか」というのが重要な課題でした。

結果からいうと
チームは定時に仕事を終わるようにして
作品の制作以外での人間関係をできるだけ平坦にしたいと思っています。
チームが大きくなるとまた改良が必要な部分は出てくるだろうけど、
いわゆる弟子制度みたいなのの真逆を歩もうと思っています。

当然、そこにはお互いの尊重と尊敬が必要で
今のところうまくいっています。
自分の制作のクオリティと業界の将来を考えたときに
クリーンな工房体制が技と文化をつなぐたった1つの可能性だと感じます。

焦り

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


僕の制作におけるモチベーションの1つに
焦りがあります。

実はいつも焦っていて、
「早く作らなくちゃ」
「もっとインパクトのあるものを」
という、恐怖に追いまくられています。
それはもう、起きているうちは常に頭の中は焦りでいっぱいです。

その焦りはどこからきているかというと、
単純に
「世界でどれだけ勝負できるのか」答えが欲しいという
すごく田舎者的発想ですが、常に夢を見ています。

1つ1つの作品に満足し、
個展やグループ展に意義を見いだせればいいんだけど
どのような結果であれ、
「もっと」という物足りなさと、
「遠くへ行かなくちゃ」という焦りにとらわれています。

それが、制作において良いのか悪いのか、今はわからないけど
いつまでも満足しないで走り続ける気はします。
苦しい時もあるけど
現段階での理想に近づく作品が完成した時の
幸福感は何物にも代え難くて、
次の日には「もっと」という焦りに変わるのでけど、
それでも作る動機の1つになってくれています。

ヤフオクに出品されているニセモノ漆芸作品の見分け方

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


ヤフオクに関しては、僕も以前
自作でない作品が僕の名前で出品され→違反対応を行い→無事出品取り消し
という出来事があり、少々警戒気味です。
詳しくは過去記事

改めてヤフオクの漆芸作家作品を見ていると
絵画などに比べ少ないけどニセモノが出品されています。
漆芸作家だから解説できる注意ポイントをお知らせします。

◇ポイント1◇
まず作風が全く違う
「人間国宝 〇〇作! 秀作棗」
などで出品されている場合、例えば塗りの人間国宝なのに
なぜか蒔絵の作品が出ていることがあります。
1分間ネットで調べてもらえば、どの分野の人間国宝かわかります
分野外のものだとしたら95パーセントニセモノです。

◇ポイント2◇
銘がおかしい
ツイッターにもアップしましたが
銘がそもそもおかしいです。

上の画像は実際に出品されていた棗の裏側の銘の画像です。
よく見ていただくと、もともとあった金の銘の上から別物の銘が彫り込まれているのがわかります。

漆の作品の場合、銘を書くときの頻度として
1、漆で書く(落款、花押のみの場合もあり)
2、蒔絵で書く
3、銘を入れない
4、針描きする
上記の頻度です。
つまり、彫り込んだ銘を入れるのは、沈金や彫漆など、彫をメインにした漆芸作家が多く、
蒔絵や塗りの作家ではあまり見られない銘の書き方です。

◇ポイント3◇
箱書きがおかしい
ニセモノは箱書きがおかしいです。
誰かの筆致を真似て書いているので、矛盾が出てきます。

わかりやすい注意点は2点

1、そもそも墨汁で書いていない
筆ペンで書いた抑揚のない線で、サラサラとしたインク特有の色の薄さがあります。

2、落款が雑
ニセモノは一応落款が押してあることが多いですが、
消しゴムハンコ的なものや手で書いたものが多いです。

上画像を見てもらえばわかりますが、
落款が明らかにペンで描いた手描きですね。
ニセモノです。


以上のように漆芸技術以外にも違和感が多数あるものがヤフオクにはあふれています。
僕としてはセカンダリー市場(作品の二次販売経路)としてのヤフオクは現在適切ではないと思っています。

とは言っても
ヤフオクにもびっくりするような本物の名品が出ることもあるので、
今後日本におけるセカンダリーの市場が成熟発展して美術作品の評価を定められるようになってほしいと願っています。

箱書きや桐箱の様式はそこまで多くありません。

桐箱の様式を調べるならこの一冊で十分です。

また、有名漆芸作家の銘を調べるなら

「漆芸辞典」という本の巻末索引に載っています。


最後に
ヤフオクで本物か偽物かわからないものを落札するより
若手の新作をリサーチしてギャラリーや画廊で購入することをお勧めしたいです。
卒業してすぐの作家の作品は質に対して価格も抑えられています。

大家のニセモノを持つより、将来の大家の初期作をリサーチしてみてください。
美術が100倍楽しくなります。

snsをやっていてよかったこと

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


色々なsnsをやっていてよかったと思うことがあります。
ちなみに僕がアカウント持ってるのは
◯FaceBook https://www.facebook.com/makie.yasuhiro.asai/
◯twitter https://twitter.com/YasuhiroAsai69
◯instagram https://www.instagram.com/yasuhiro_asai_jp/
◯YouTube https://youtu.be/PPigY5nX-9E

他にもPinterestとかmixiとかもありますが、
メインで使ってるのは上記のサービスです。

現在では、メールのやり取りから通話まで
snsの中で完結するような便利な時代なので、
本当に頼りにしています。

作家としてsnsをやっていてよかったと思えることがいくつかあるので
ご紹介します。

知り合いが増える
名刺交換しただけだと、疎遠になってしまう人でも
snsを通じて交流が続く人は多くて、情報交換に助かることは多いです。

告知がスムーズ
展覧会の告知はもちろんDMで出しますが、
住所を知らない人にも知ってもらえるのがいいですね。
「ツイッターで知りました」と言ってもらえると嬉しいです。

コレクターやギャラリストの意見を聞ける
これは本当にsnsに感謝していることですが、
コレクターさんの投稿は本当に楽しみです。
僕自身も作品を買うのが好きなので情報を得ることや 
どのようなソースから情報を得ているかなど勉強になることが多い。
ギャラリストも同様で「どのような考えで新しいアーティストを探しているのか」
そして「どのように育てているのか」など勉強になります。

作家と繋がれる
同世代の作家とたくさん繋がることができました。
実際に会ったことがある人やそうでない人もいるけど、
刺激をたくさんもらっています。


総じてSNSアカウントを持っていてマイナスになったことはありません。
「他人の幸福が辛い」と思うタイプの人には辛い世界かもしれないけど、
そうでないのならsnsに登録しない手はありません。

作家にオススメはフェイスブックとツイッターです。
上記の2つは双方向的なコミュニケーションの場に育っているように思います。

インスタグラムもアートとの相性がいいと思うので、
そちらもどんどん更新してゆきます。

ゴールデンウィーク

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


僕は限りなく自由業に近ので、ゴールデンウィークに関してあまり関係なく過ごしております。
というわけでいつも通り工房に行っています。
工房自体はゴールデンウィークに入っているので、久しぶりに僕一人の仕事場です。

さて、
この貴重な一人仕事の時間を利用して作りたいものがありました。

工芸系の作品制作では、よく道具も自分で作ります。
僕もいろいろ作ってきたけど、
はっきり言って得意じゃないんですよね。
「早く漆の仕事に戻らなきゃ」と言う焦りもあって、
精度の低いものもたくさん作ってきました。

(たまにうまくいく時もあります!)

今回は時間がかかったけど材料選びから
じっくりと挑戦したタガネ用治具です。

見た目は悪いけど、実使用は問題ないものができました。


ゴールデンウィーク初日からの風邪も治ったので、後半はしっかり漆の仕事をしてゆこうと思います。
では令和初のブログでした。

みなさま良いゴールデンウィークをお過ごしください。

英語チャレンジの1週間

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


先日インド人の女の子から「あなたに英語を教えます!」という心強い協力をいただき
ここ1週間くらいチャットで英語を教えてもらっています。
インドで英語?と思うかもしれないけど、
アジア圏でも色々な民族がいて、国内で言語が多様な場合
英語を公用語にしている場合が多く、
昨年出張で行ったマレーシアなんかも、皆さん英語を話していました。

実は僕、19歳の時に一ヶ月間夏休みを使ってニュージーランドへ語学留学した経験があります。
英語を学ぶことに関して、その重要性を感じていたんだけど、
英語の勉強が楽しくなくて、放置気味でした。

ここに来て海外への仕事や問い合わせもあり
「それなら頑張りたい」と思っていた矢先
協力してくれる人が現れたわけです。

さて、何度も挫折してきた英語だけど、今回は様子が違います。
なんだか楽しいのです。

なぜそう思えるのか考えてみると
○僕のことを知っている人と
○特化した授業を行ってくれる
以上のことが理由です。

まず、知り合ったきっかけがフェイスブックのアーティストページだったので
彼女が僕のことを知ってくれています。
そして、作品に対して高い評価をしてくれており、
協力をしてくれています。
その前提があるだけでもとてもありがたいのです。
普通英語の授業ってパーソナリティ関係なく授業が進むので
楽しくないんですよ。

お互い作品で出会えた縁だから
僕も「こう伝えたい」という思いも強いです。
だから今まで勉強してきたことをできるだけ使って伝えたいと思うし
相手を知りたいとも思います。

「漆に生きる日々ー英語チャレンジ」も定期的にアップしてゆきます。

仕事の値段を決める方法を教えてもらった話

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


以前のツイートで反響が大きかった

僕が東京の北区に暮らしている時
近所に金工の人間国宝 奥山峰石先生が工房を持っておられました。
ある時期から僕は奥山先生と知り合い
先生が主催している「北区の工芸展」に出品させていただくようになりました。

先生は職人気質な部分と、作家らしさも持っている人で、
何よりとても優しい方です。
よく「飲みに出ておいで」と誘ってくださり、お寿司やスッポンなど
元気の出そうなものを食べに連れて行ってくれました。

仕事の面でも「しっかりサポートします」と言ってくれて
たぶん差し迫った用途でもないと思うのに、僕に仕事を作ってくれるために
「この作品を水指にしたいので蓋を作ってください」と頼んでくれました。
20代の僕は、仕事の値段のつけ方もわからないし、
何より、人間国宝の先生の作品の蓋を作れるというのがとにかく光栄で嬉しかった。
納品に行った時に
「勉強になりました。1万5000円お願いします」と言うと、
強い口調で
「そんなのでは仕事になりません!」と言われ
最初に持って行った納品書を受け取ってくれず、
言った値段よりずっと多く手渡してくれました。
それとは別に、車代、そして「お昼に一緒にうなぎを食べにゆこう」とご馳走してもらいました。

そう言う仕事を何度もいただいて
常におっしゃっていたのが、
「必ず、次もやっていいと思える値段を言ってください」と言うこと。
活動を始めた当初というのは、
自分の仕事の値段を決めるのが難しく、安くなりすぎることがあります。
仕事で誰かのお金を奪ってしまっているような感覚になります。

だけど、奥山先生から実践的な教えをいただき、
何より自信をつけていただきました。


奥山先生は現在も力作を作られており、作品は日本伝統工芸展で見ることができます。
過去作はこちらからみられます。

https://www.nihonkogeikai.or.jp/works/848