カテゴリー別アーカイブ: 何でもないこと

助けてもらう力

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


作家って、ある意味で偶然起こる
小さな奇跡に助けられながら生きているように思います。

例えば
◯家がお金持ち
◯嫁さんがお金持ち
◯容姿が良い
◯代々の作家家系
◯話すのがやけにうまい
◯プロモーションがうまい
◯運命の画廊と一発で知り合う
など、など

上に書いたのは、わりとあり得る話です。
普通にしていたら起こらないことでも
無我夢中で何かに没頭していたら、どうにかなることは多い。

◆僕の場合
「助けてもらう力」みたいなものがたまに作用します。
実力ではない他力が僕を何度も救ってくれました。
具体的に言うと
・そもそも協力的な両親の元に生まれたこと。
・父の実家が梨農家だったため、そのあとに漆の植栽を始めたこと。
・予約作品が展示1週間前にキャンセルされたけど、初日に売れたこと。
・企業さんに助けてもらっとこと。
書ききれないこと、たくさんあります。

実のところ、自分でコントロール出来ない要素だらけで
恥ずかしい作家人生です。
その時々に助けてくれる人がいて、
それを本当にありがたく受け取って来ました。
「そんな大きな申し出厚かましくて受け入れられない」と思うようなことも
ありがたく受け取って来まし。

ご飯を奢ってもらうことから、
家業の梨農家を全て漆に変えること。
今、京都にいること。たくさんの恩人がいて
全てを「ありがとうございます」と言って受け取りました。


この厚かましさ。
ある意味才能かもしれません。
「助けてもらう力」みたいな甘えた能力は今までの日本には合わないかもしれません。
でも、
ひょっとしたら、その分、僕も誰かを助けているのかもしれません。
または、「こいつならいつか誰かの役に立つはずだ」と思って投資してくれているのかもしれません。
「ありがとうございます」と言って受け取ってきた物やことを何倍にもして返せるような気がします。

これからも誰かが手を差し伸べてくれた時
その手をしっかり掴んで、引き上げてもらいたいと思います。
そしていつでも誰かを引き上げられるような人間になりたい。


厚かましくても、甘えても
自分一人の努力でまわる世界を夢見るよりは、
少しだけ世界が優しく見えるように思えるのです。

しっかり寝よう

美術活動において、仕事時間と作品量は重要とよく言っておりますが、
でも!睡眠不足はよくないです。絶対!

学生時代から、卒制徹夜をしませんでした。
作家活動を始めてから、締め切り前日の徹夜をしたことは何度かあります。
でも実際、いい作品に仕上がらないのです。
漆芸は特に、工程ごとにきっちり乾かして、きっちり仕上げる事が重要です。
いくら徹夜して長時間作業しても、乾かす時間を短縮することはできないし、
仕上げの時間を切り上げることもできません。
ギリギリ作業で仕上げて、賞をいただいたことは一度も無くて、
締め切りの数日前に仕上がっている作品のみがいい結果を得てきました。


休息をたくさん取ることと、作業量を増やすことは対極に感じられるかもしれません。
これは僕の持論ですが、作業のピークを作らない事が制作活動において重要だと考えます。
つまり、気分のムラを作らずに、毎日作業をする事が作業時間の最大化につながります。
フリーランスで作業をしていると、夜型になったり、締め切り前と平常時では作業時間に開きが出てしまいます。
それをできるだけなくせば、年間や数年スパンで見ると作業時間はトータルで多くなります。

ポイントは開始時間を決める事です。
どうしても終了時間がずれると、翌日の活動開始時間がずれてしまいますが、
固定していると、目が覚めて習慣的に高いパフォーマンスが得られます。


とは言っても、最近まで僕の睡眠時間は5時間代でした。
睡眠時間の少ない人だったら大丈夫なんだろうけど、僕には少し短くて
昼の15分睡眠で帳尻を合わせていました。それはそれで良かったけど、
今は6時間以上の睡眠にしています。
そうすると、作業途中で眠くなることもないし体に合っています。

アートは長期戦です。
体を壊してしまうと、元も子もないので、
休息と活動時間とその質を常に考えてゆきたいです。


時間管理の本はどれも面白くないけど
◯朝の活動の有効性
◯メール返信の効率化
◯適度な運動
◯睡眠時間をきっちりとる
上記の項目はどの時間管理に関する本でも一貫しているから採用しています。

ちなみに、最近よく聞くマインドフルネスとか瞑想は手付かずです。
漆の作業が瞑想に近いのでは?と思っています。いや、迷走か。w

作家とは何か

美大とか芸大の現役学生や卒業生の多くは
気持ちの差こそあれ、作家というものが気になっているはず。

僕は制作活動で生活をしていて
多分自分のことを「作家」と言っても間違えはないです。
で、この作家という職業の実態はどのようなものか
実はとても地味で地に足をつけた活動なのです。
わかりやすく例えるなら「社長」です。
スティーブ・ジョブズとかジェフベゾスみたいなカリスマ性のある社長業ではなく
個人的な事業の小さな、小さな「社長」です。

この社長業にはたくさんの、本当にたくさんのこまごまとした仕事があります。
営業や会計、仕入れ、納品。。。。
数えればきりがない社会と自社を繋げる為の仕事を大方一人でこなします。
でも、このようなクリエイティブではない仕事をこなしてでも作りたい強烈な動機
「自らのエゴを表現して、世界と繋がりたい」という言葉にしにくい気持ちに突き動かされています。

つまり、「作家業」とは「社長業」に似ていて
「作品・表現」は「商品・サービス」です。
今、僕が高校生の時に描いていた「作家」とは少し違う自分がいます。
早い段階で作家は社会との繋がりが重要であると気がついたので
そこから過去の作家の作品以外の側面を考えるようになりました。

世の中にはたくさんの会社があるように
作家としてのスタンスも多様です。
学校教育は一様ですが、そこを出ると無限の可能性
いや、広大な説明書のないリアルな人生が待っています。

今の僕に学校教育をはじめ、教育と美術における具体的な提案はありませんが
「作家」しか生まない教育なら、それは間違っています。
上記のように、作家はいわゆる社長業です。
社会に社長があふれていないように、世の中には社長気質とそうでない人がいます。
例えば、漆の業界でいうと
チームを指揮して数を作るプロデューサータイプの人がいれば
その素材に魅了されて、作業だけしたい人もいます。

それぞれの気質に合った働き方や、
素材との向き合い方があります。
全てのニーズに適した教育なんて存在しませんが、
弟子制度が崩壊している現在において、選べる進路が狭くなってきているように感じるのです。

役割分担を明確にし、作品のパフォーマンスを最大化にすることこそ漆の未来だと信じています。

カメラ沼

最近は作品の撮影に色々と苦労しています。
今までは、全部お願いしていたのですが、
作品出来上がるごとに東京に持っていって撮影するのも現実的ではなく、
かと言って、簡易セットで撮るにはサイズ感が微妙で
写り込みがあるから、いい写真が仕上がらなかったんです。

なので、「自前で写真を用意するほかないか」という挑戦を開始しました。
ツイッターでつぶやいているように、スタジオセットを作るのは、
なかなかお金と時間が必要です。
だけど、東京では、撮影のお手伝いのバイトをさせてもらっていたこともあったし、
学生時代からカメラ好きだから、そこに突破口があるのではないかと思っています。

とりあえず
ソニーの高画質のカメラを買いました。
ハイスペックなモデルだけど、現行の一つ前の型だから発売当初よりかなり値引きされています。

レンズはまだ揃っていないけど、
アダプタでニコンのレンズをつけて、数枚撮って見ました。

いやあ、すごいですね。最近のデジカメは
以前もフジフィルムのデジカメ持っていましたが、入門機的なモデルでした。
フジのフィルムモデリングの精度が高くて満足していましたが、
本格的な一眼で数枚写してみると、「やっぱり違うな」という感じです。

で、ここからがと呼ばれる
独特な物欲世界が広がっていて、言われてもわからないような
小さな違いを求めて、機材を揃えたくなるのです。
例えば、レンズの明るさとか画角とか妙に重厚なメカの魅力にどっぷりハマりそうになる。
本来の撮影するという目的よりむしろ物欲としてのカメラが心の中に現れるのです。

まあ、今に限っては、目的がはっきりしているので
沼にはまらずに歩いて行けるような気がするのだけど、
どうでしょうか。。。

何れにしても、画像のクオリティは最高なので作品撮影できる状況になるのが楽しみです。

便利さに飛びつくこと

ネットやスマートフォンのおかげで色々なことが、スマートに、スピーディに動くようになりました。
一方で、その便利さに少し戸惑う気持ちもあります。いや、過去にはありました。

「これ、本当に信じていいのだろうか」っていう気持ちありますよね。
例えば、クレジットカードについて
「使いすぎが怖い」とか「落としたら怖い」とか
デメリットを考えると、危険な代物に見えて来ます。
ネットバンクだって、銀行に行かずに画面でお金動かすなんてATM以外、今までにない経験です。

これらのサービスは便利でコストも安いです。
使い慣れれば、スマートフォンから数分で送金や確認が行えるので、
銀行の営業時間を気にする生活から多少おさらばできます。
(窓口に行かなければならない業務も少しだけ残ってはいます)
クレジットカードもお得なので、ほぼ僕の場合現金を使わなくなりました。
会社によってサービスも違うと思うけど、買い物でポイントが貯まるので、現金よりお得です。
海外でも共通して使えるから、外貨を持たずに外国に行っても普通に活動できます。


だけど、僕が昔から新しいサービスに関心を持っていたかといえばそうでもなくて
スマートフォンデビューしたのもSNSデビューもそこまで早くありませんでした。
「新しいものに飛びつくなんてクールじゃないぜ」みたいなところがありましたね。

それが、スマートフォンに変えて見て、あらゆることが小さなデバイス一つでできることに衝撃を受けて
それからは、生活の色々な場面をスマート化してゆきました。

◯本はデジタルへ
◯スクラップブックはカメラで保存
◯キャッシュレス化
◯銀行をネットバンクへ
◯辞書はネット
◯レンタルショップはAmazon
◯工具や道具類は専門のネットショップで購入

このようにいくつかの行動を手元でできるようになった感想は
「便利」の一言
何かを失っていると言われるかもしれないけど、
膨大な時間がかかる仕事をしているから、それ以外の時間をスマートにして
仕事の時間に当てることができている、間違いなく仕事の質は上がっていて、それは僕にとって正義です。

今後も新しい技術が出て来たら、迷わず飛びつこうと思います。
どうせ生活における技術開発は誰にも止められないのだから、さっさと乗ってしまったほうがお得です。

理想と現実との距離

理想と現実
その間にある距離はどのくらいですか?
それは人によって違うと思うけど、
僕はその距離感を感じるのが下手なんです。

つまり、理想だと思う状態が現実だと思い込んでしまうんです。
もしくは、近い将来は理想の状態だと思い込んでいるんです。
「現実を見ろよ」と言われたら元も子もないし、
はっきり言って現実が見えていない馬鹿野郎かもしれませんが、
いつ頃からか、その妙な楽観的感覚は武器なのだと思うようになりました。

だって、生きていることって不安だらけです。
なんとなく、明日も今日みたいな日が続いてゆくと思っているけど、
現実はそうなっていなくて、
でも、どうにか明日が来ることを願っています。
安心したいと思うけど、理想を現実にしようとすると
安心な明日とは似ていない表情をした未来がやってきます。たぶん。

だけど、理想に向かって目をつぶって飛び出してしまえば
なんとかなることの方が多いように思うのです。
明日は、明後日は、来年は
違う自分になっていたいと思います。

ダメだったら、その時は、できるまで続ける自分がいて
現実が見えてない状態で走り続けていると思います。
年末だから、今年のこと、来年のことを考えたりします。

忙し時にとる休みとはどんなものか

僕は自営業なので、仕事のメニューは全て決めることができます。
とは言っても、ブログを読んでくれている人はご存知だと思いますが、
わりと規則的な毎日を過ごしているし、週の休みも少なめです。
最近はすごく忙しくて、本当なら日曜日も働きたくてたまりません。

でも、そこで心を鬼にして日曜日に休みを取っています
当たり前のことに思えるかもしれませんが、工程が多い作品を作る時には1日に一工程でも進めておきたくなるのです。
だけど、日曜日には休んでみています。
というのも、際限なく作業を繰り返すより1日リフレッシュできる、
全く漆に関わらない日を作ってみて作業効率がどうなるか試してみたいんです。
それもこの忙しい時に。

結果はどうなるかわかりませんが、
オンとオフをしっかり切り替えることは長期的にみても短期的にも仕事効率の面で最善だと言われているので
試す価値はあると思います。

でもね、結局休みの日でも色々リサーチしたり
考え事したりしてるんですよね。
自分の一番やりたいことが仕事だと、全てが仕事であり、趣味?でもあるんですね。

オンもオフも楽しいですね。

ジム通い三ヶ月目の変化

そろそろジムに通い始めて三ヶ月となります。
ジムに通い始めた時の目的としては、ちょっとランニングして体力の維持をする。
あとは、広いお風呂とサウナに入るってくらいの気持ちでした。
徒歩2分くらいの立地ということもあり、お風呂だけ入りに行く日も多くて、
忙しい日なんかはスリッパつっかけてお風呂に入りに行っています。

さて、と行ってもジム通いを毎日しているので
少しはウエイトトレーニングもしています。
なので、心身ともに少しの変化は現れて来ました。

まず、
その1
体重が増えた
え?増えたのかよ!って思われるかもしれませんが、3キロほど体重は増えました。
きっと脂肪が筋肉に変わったんだと思っているのですが、周りのみんなは懐疑的です。。

その2
なんだか体がツルツルになってる
特に背中がツルツルなんですよ。
え?これ誰の肌なん?って感じで、大人になってからだと、最も肌がツルツルしていると思います。
きっと、サウナで汗をかいているのが効いているのでしょう。

その3
汗がサラサラ
これも体ツルツルつながりですが、汗はサラサラになりました。
肌はツルツル、汗はサラサラいい感じです。

その4
息切れしない
毎日20分のランニングをしているので
息切れしません。
先日三千院というお寺に行きましたが、けっこうな山道を歩いたけど、
全く息切れしませんでした。

その5
ストレスが減った?
精神的な部分というのはわかりにくいけど、
毎日運動して、ゆったりお風呂に入っているのは
心にも良さそうです。
最近少しだけ心に余裕を持てるようになった一因はジム通いの影響かとも思っています。


まだまだ慣れない京都の暮らしですが、
すこーしずつ、自分なりの生活パターンを作れて来たような気がします。
その中にジムでの時間があって、毎日の楽しみになっているのは確かです。

話の面白い人

話の面白い人がいる。
プロフェッショナルの話は面白い。
あと独特な考えを持ってる人や、一般論じゃない意見。

逆に話がつまらない人は、
テレビで見たことの話ばかりする。
僕はテレビで見たことの話ばかりする人との話がとても嫌いで、
そもそもテレビを見ないから、その手の情報を全く必要としていないのです。

いっぽう、色々な分野のプロフェッショナルでも
話を聞きたいと思う人と、そうで無い人がいる。
まあ、80パーセントくらい話を面白いと思って聞いているんだけど、
面白い人とそうで無い人がいて、その違いはなんなのか。

たぶん
知識や会話の中に
少しでもオリジナルの部分があるかということだと思うのです。
要するに知識とは色々なところに転がっていて
会話のはそういう要素で成り立っているんだろうけど、
その中で、ちょっとした、アクのようなオリジナリティがあるかみたいな感じ。

最近飲み屋さんで
二十代の友人と話していたら
「僕は仏教が好きなんです」という
「どういうところが?」と聞くと
「他の宗教は、神に何かをお願いするようなところがあるけど、仏教は自分を強くしてくれる教えなんです」
僕は、それほど仏教に詳しいわけでは無いけど、
彼の考え方が、とても好きでした。

仏教という宗教の考え方がとても彼らしくて
彼はそれで強くなっているのだと思ったからです。
難しい概念としての知識ではなく、彼の生きた言葉として
正しいとか間違っているなんて関係なく、オリジナルな考え方をわかりやすく話してくれて
とても楽しかったんです。

僕は漆が好きだから、
わかりやすい言葉で僕が見ている漆の世界を、僕の言葉で話すことができたらいいなと思います。

「漆ってこんなにすごいんですよ!」
誰かに
作品と言葉で
「面白い!」と思ってもらえたらいいなー。

ジムって思っていたよりお手軽な施設だった

八月に入ってからジムに通っています。
スポーツジムってどんなイメージをお持ちですか。
僕は、
「高そう。。。」と思っていました。
スポーツジムにも色々なところがあるとは思いますが、
僕が通っているのは月の会費が一万円前後です。
プランによって金額が変わって来ますが
僕のナイト&ホリデーは平日夜間と休日の利用ができて
月額8000円代で利用できます。

これを安いと思うか高いと思うかは色々な価値観があると思いますが、
僕の決め手はお風呂でした。
実は、埼玉時代から温泉が好きでよく行っていました。
ところが、こちらに来てから温泉が高くて
日常的に行くことができなくなっていたのです。

家のシャワーもなんとなく味気ないし、諦めていたのですが
「ジムのお風呂とサウナに毎日入れるなら、この価格は安いな」と思ったわけです。

実際、施設は広々していて清潔だし
何と言ってもサービスが思っていたよりいいです。
サポート体制も手厚くて器具の使い方も丁寧に教えてくれるし、
色々なプログラムも自由に参加できます。

スポーツジムのお高いイメージが一気に身近に感じられました。
広いお風呂に入りに行くという、全くスポーティではない動機で入会したスポーツジムでしたが
今のところ毎日楽しく通っています。

しばらくしたら見違えるほど締まった体に変わって行くかもしれません!
乞うご期待 笑