カテゴリー別アーカイブ: 作品紹介

伝統漆芸展に入選しました!

第35回日本伝統漆芸展に新作
青貝棗が入選しました!

内心不安だったんです。だって、小さい作品だったから「今回は落ちるかも」という気持ちも少しだけありました。
今回は入選ハガキが届く前にネットで確認することができたので、入落通知が届くまでのドキドキ期間も短くすみました。

さて、この青貝棗ですが、実は僕の作品の中で最も時間とお金がかかった作品であります。
なぜ?と思われるでしょうが、この作品は去年の年末から制作(加飾)をスタートさせていました。
では、なぜそれほど時間がかかってしまったかというと、ランダムな小さい貝のかけらを貼っていく作業が
とても非効率で単純作業なのだけど、技術的な熟練度に合わせた効率がはかれないのです。

指の爪くらいの大きさの面積の作業が8時間とか平気でかかって来ました。
で、それに作業をスタートした段階では気づかなかったのです。
数日作業してみて
「これは、、、、まずいな」と気がつきました。
そこで、個展に間に合わせるために夜勤スタッフをお願いして、完成を目指すかという危険な賭けに出ようかと考えたほどでした。
でもやめた。
さすがに体調を崩してしまいそうだから、長期的な取り組みとして、この作品に挑戦することにしたのです。

幸いなことに、蓋と身に分かれているので、同時に二人が作業できることが後々助かりました。
最終的に、実際に貼る作業を手伝ってくれたスタッフは3人、貝のパーツの加工の手伝いを含めるとさらに3人
そして僕。
多くの人の手伝いのおかげで完成した思い出深い作品となりました。
青い棗、全面に貝が貼ってある。というと黒田辰秋の耀貝の茶器をイメージされると思いますが、
僕の頭の中にも当然そのイメージがあります。で、そのイメージに近いものをなぜ今作らなければならないのか?
という葛藤もありました。でも蒔絵的なアプローチとしての青い立体を作りたいと考えたのです。

とにかく、この作品完成してよかったです。
このアプローチは次にも繋がるし、何より、愚直に漆に向き合うという宣言のようなものです。
棗

新作完成 写真撮影

久しぶりに作品の撮影をして来ました。
長い間(もう10年くらいになるだろう)作品の撮影をお願いしている
アローアートワークスの中嶋勇さんに撮影してもらうために東京へ。

なぜ東京?と思われるかもしれないけど、やっぱり漆芸作品の撮影は特殊で
信頼できる人に撮影してもらわなければ納得できないところがあります。
あとは「ここをこうしてみてはどうでしょう?」と気軽に言える信頼関係というか
お互いの感覚の共演みたいな部分で写真は随分と変わってくるので
こだわって東京へ来ました。

作品は未発表なので公開はできませんが、部分をチラ見していただきます。

A63Q1067

公募展出品作なので特に解説はしませんが、
部分的にアップしました。
今回は白バックでの撮影です。
貝の色が映えますね。

今月末は締め切りラッシュでとにかく忙しく制作していました。
もう少し忙しい日々は続きますが、納品と撮影を終えることができてホッとしています。
落ち着いたら新作アップします。

帯留作ってます

個展後の疲れがなかなか取れなくて
気持ちの切り替えもできない。
それでも仕事部屋に入るけど、やっぱりいつもの調子が出ない。

「そうだ!新作小物を作ろう!」と思い立ち
久しぶりに何の目的もなく制作し始めたのが帯留です。
以前作ったことのある作品


この作品の改良版と
六角形の作品を製作中。

「こういう小さな作品って次回作のテストピースのような役割もあって楽しいなー♪」
とリハビリ的な効果もあると思って作っていると、思いがけず〆切が出現する出来事がありました。
とても嬉しい理由なので、頑張ります。頑張るしかない。

こうして、僕のリハビリは突如終わり
公式戦フル稼働となりました。

蒔絵六角香合

昨日の記事で書きました受賞作品
(過去記事はこちら

実は初個展の制作ピークと重なっており
とても苦しい作品でもありました。
というのも、個展で一点でも多くの作品を発表したいので
それとは別に公募展のために制作するのがとてもきつかったのです。

ただ、ある一つの約束が僕を動かしてくれました。
「出し始めたら続けなさい」
この言葉
本当に多くの先生方に言ってもらいました。
恩師の室瀬先生、林先生、根本先生
そのほかにも多くの先生方が
「出し始めたら続けなさい」とおっしゃってくれました。

僕はそんなに守ることのできる約束は多くないけど
それでもこの「休まず出品し続ける」というのは
大切なことだと思い、その部分では真面目に制作してきたつもりです。


さて、表現ですが
近年僕の作風で定番化している金と黒の表現に
色の要素を入れることのできた作品です。
今までも貝を使った作品はあったのですが
貝の効果は作品に輝きをプラスするための要素で
色彩表現として用いることができていませんでした。
つまり輝きを色面にすることが出来たのです。

今回の作品では、星の輝きから放たれる青い光が色面となって表現できていると思います。
この表現ができたことによって、今後の作品で色彩表現ができるようになりました。
金と黒がメインのモノトーンな作風から一歩進み出すことができます。


技術的にも、ある部分の到達点を感じており
蒔絵、平文(ヒョウモン)、螺鈿(二種類)という複合素材、複合技法を用いた
作品として技術的に一定以上の完成度となりました。
また、造形と表現の収まりも良く全体で美しい作品になっています。

テーマは宇宙に対する畏敬の表現です。
物理学者や数学者の生き方が気になっていて
どうやら、彼らの重大問題は宇宙の謎を解明することのようなのです。
100年解けない数学の問題を作ったり、それを解くために精神を病んだり
彼らの挑戦ははたから見ていて
芸術家にしか見えません。

宇宙には人を掻き立てる
魅力と、一種の恐怖があります。
僕は漆という素材がとても人間に似ていて
そして宇宙に近いものだと思っています。

「すごく愛しいんだけど、なんだか少し怖い」
そんな宇宙みたいな箱を作りました。

17022118_1256618411091991_8671118086490945146_n


すごく納得がいく作品で
多くのブレイクスルーをもたらしてくれた作品ですが
これだけの小作品が賞をいただけると思っていませんでした。
東日本支部展は他の部会も出品する展覧会なので
他の部門の審査の先生方にも一定の評価をしていただけたことになります。

受賞の一報には正直驚きました。

今回の東日本伝統工芸展では非売にしておりますが
同じ作品を二作作ろうと考えておりましたので
兄弟作を個展に間に合えば出品しようと思います。

第34回日本伝統漆芸展 スタート

12月11日より
池袋西武本店 アートフォーラムにて
「第34回日本伝統漆芸展」がスタートします。
今回の僕の出品作は
「蒔絵花葉文飾箱」です
八角形の飾り箱で上面と側面に唐草模様が配されています。
「え、花葉文の花はどこにあるの?」
という疑問
答えは
箱の内側と脚にあります。

内側には江戸時代の絹を使っていますが
模様に宝相華模様があしらわれています。
さらに、脚には花尽くしの彫刻が施されており
作品名である「花葉」の「花」部分がしっかりと表現されています。

会場にいらっしゃった際はじっくりと脚も観察してください。
四季の花がふんだんに形作られています。

15994687_1209292525824580_3387877972818708051_o
15994671_1209292529157913_2625866269484531684_o
15972698_1209292532491246_5309545659422814137_o

■会期:2017年1月11日(水)〜24日(火)
■会場:6階(中央B7・8)=アート・ギャラリー、西武アート・フォーラム
※最終日1月24日(火)は、当会場のみ午後4時にて閉場いたします。


僕の会場当番は13日の14:00〜18時です。
いらっしゃってくれれば、作品の蓋を開けたり解説します!

作品紹介 蒔絵飾箱「青い光」

この作品を前に僕はすごく悩んでいました。
前年の漆芸展で最高賞である「文化庁長官賞」を受賞した事もあり、
自分なりに変化を求めていました。
安定するのが怖かったんです。

自分の中で「この表現だ!」という手応えが前年度の作品にはありました。
同時にこの先に行かなければならない焦りもありました。

今までの作風を1度なかった事にして、新しく出発するには何が必要なのか。
それを探すための一作が、この「青い光」でした。

まず、前年までの技法を全て封印したので、
はて、何をしよう?
と言った感じです。
今回は色から発想しようと思いました。
黒と金と青
この色のイメージから何が思いつくかずっと考えていたのですが、
なにも出てこなかったんです。

どんどん締め切りが近づいてきて、いても立ってもいられなくなって
家の片付けを始めました。
すると出てきたのがモチーフである「オオルリアゲハ」の標本でした。
ずっと前に買っていたのですが、特に飾るわけでもなくダンボールに入っていました。

デザインを色から発想するという挑戦作でした。
その後、蝶をモチーフにする作品を作りましたし、これからも作ると思います。

死んだ蝶を飾るのはイヤだったのですが、
作品にすると抵抗がありません。
「作品に生命をあたえる」なんて、芸術家っぽい事を言ってみたりして。