カテゴリー別アーカイブ: 吉備高原

また不登校をすすめてみる その2

先日からの続き

小学校・中学校の学習期間は不要ではないか?
というところで締めくくりましたが、
当然、学校が好きな人は行けばいいし、そのことに対しては100パーセント肯定できるんです。
問題は、学校が嫌いな人が学校に行くということです。
特に、小学校と中学校は多くの場合
その地域に住んでるランダムな同学年が集まる仕組みなので、
学力の差や身体的特徴、性格などの個別の能力に全く最適化されていません。

実は「義務教育だから行かなければならない!!」と大人から叱られても
「それは何かおかしいのではないか?」と疑問を抱く子供もいます。
僕自身、確固たる信念を持っていたわけではないけど、
「この仕組みはなんだか違うな」というのを感じていたし
「もっと効率の良い学びはあるはずだ」と思っていました。
それに、周辺の大人ほど悲観的ではなかったのです。
学力に関しては追いつける気がしていたので。

そろそろお気づきかもしれませんが、
この記事は不登校の本人とその両親のために書いています。


不登校って両親が悲観することはないし、
本人が卑屈になる必要はありません。

むしろ、ある目的のために、必要なことをするために学校に行かないというのは良いことだと思います。
一般教養、特に中学校までの勉強なんて高校に入ってから半年くらいで追いつけるし、
苦手な時間や苦手な空間で長時間、最適化されてない勉強をするのってすごく非効率です。

それより、単に好きなことをしている方がいいのではないでしょうか。
例えば一日中ゲームしてても、それだけの集中力があると考えればいいでしょう。
そこからゲームクリエイターになるという進路もあるわけだし
漫画読んでいても、テレビばかり見てても、ネットばかりしていても
夢中になれるものがあるならそれはいいことだと思います。

そのような人を惹きつけるメディアというのは間違えなく、これから成長を続ける産業なので
まずは消費者としてとことんハマる経験というのは人生において必要な期間です。

僕にはまだ子供がいないから、説得力ないかもしれないけど、
人生の前半戦で不登校だって、全く!問題ないというのは言えます。
自分で選択できる高校から学びをスタートさせてもいいんじゃないでしょうか。
最近は色々特徴のある学びの場が出てきていますが、
オススメは僕の母校です。
スクリーンショット 2017-12-31 14.11.16

http://www.kibikogengakuen.ed.jp

また不登校を勧めてみる

何度か書いてきましたが、
僕は不登校でした。
小学校の1年から中学の3年まで、
9年間学校に行きませんでした。

よく「なんで卒業できたの?」とか
「え!?すごく普通に見えるけど?」とか聞かれますが、
今の僕を知っている人にはどう見えているのでしょうか。
現状ではそんなに悲惨な人生には仕上がっていません。。自分ではそう思っています。

ちなみに義務教育の9年間というのは保護者や社会が子供に学習期間を与える義務の期間なので
休んでいても卒業できます。
ようするに、義務といっても、子供本人の義務ではありません。
あと、
小学6年生の大人なんて見たことありませんし、いません。
日本の場合、留年とかもないですよ。たぶん。

では、小学校・中学校に行かなかったらどうなるのか
ちなみに僕は、短大だけど国立の大学を卒業できましたし、美術系の学位も持っています。
(学歴が武器になるわけでは全くないですが)
何が言いたいかというと、不登校って一般的に思われているより状況は悪くありません。
少なくとも小学校と中学校の学力や社会性なんて、ほんの数年で手に入ってしまうものだということです。
いや、もっと言ってしまえば、いらないことが多すぎます。

続く

続きはこちら

吉備高原学園の先生

僕は何度も吉備高原学園は日本一の高校だと書いてきました。
と言っても僕は吉備高原学園以外の高校のことを知らないから、
100パーセント主観的な意見です。

先日電話がかかってきました。
ちょうど個展前で忙しくて、タイミングを外して出ることができませんでした。
かけ直したら向こうが出ない。
ようやく繋がった受話器の相手は懐かしいキビの先生でした。
高校は当時携帯電話が禁止されていたので
先生の携帯番号は登録されていなかったのです。

野球部のコーチだった先生は
現在では監督になっていて、日々部活の指導に忙しいようでした。

僕は高校時代野球部に在籍していたことがありました。
しかし、漆に出会い、在学期間を漆に明け暮れる方が将来的に意味があると思って
途中で野球部を辞めました。

その時相談していた先生からの電話でした。
二人で話すのは何年振りでしょうか。
少なくとも10年は過ぎています。

だけど、先生の口から出てくる言葉に僕は驚かされました。
高校を卒業して10年以上経っているのに
「浅井が部活を辞めたいと言った時のことはよく覚えてるよ。場所は2年寮の舎監室だったよな」
「ちょうど、浅井が部活の成果が出てきて、長距離も短距離も早く走れるようになってきて、見違えてきた時だったなー」
10年以上前の一生徒のこと、それも時と場所、体力のことまで?

自分でも忘れているようなことを恩師は覚えていてくれました。
最後に
「浅井は、なんというか、ここまできたのに謙虚さみたいなのを忘れていなくて、良かった。このままの浅井でいてくれよ」
最近は特に立川談志の言葉
「謙虚さのかけらもない生き方」
みたいに美術界で戦ってきたように思います。
強がって、ある部分で強引に制作を続けてきました。


どんなことがあっても、自分がリセットされる場所があります。
それは家庭であったり、母校であったり、職場であるかもしれません。
何者でもない生身の自分を見つめてくれた人がいて
その人が自分のことを覚えていてくれる。
大人になると、自分に付加価値をつけたり
カッコつけてみたり。
でも、そのままの自分を覚えていてくれる人がいる。
それが吉備高原なのだと少し嬉しくなりました。

小さなエピソードで僕はたくさん勇気付けられて
自信を持って個展に向かうことができました。
あのタイミングで電話をくれる
やっぱり吉備高原学園の先生って日本一ですよ。

吉備高原学園のここがすごい!

僕のブログでよく紹介るする母校「吉備高原学園高等学校」通称「きび」
今までも何度かその面白さを紹介して来ました。
(きになる方、不登校で悩んでる親御さんや本人は僕のブログカテゴリーの吉備高原で過去記事が読めますのでよろしくお願いします。)

吉備高原の魅力の一つに多彩なコースがあります。
僕は工芸コースで漆を学びましたが、
人気は備前焼の本場でもあるので陶芸コースです。
開校当時は人間国宝の故藤原啓先生に特別講師をしてもらっていたとか。。いや、贅沢すぎでしょ。
さて、この陶芸コースですが、ちょっとした体験的なコースではありません。
超本格派です。

何かと言うと、窯があります。
電気とかガスじゃなく、薪で焼く窯ですよ。
通常の練習の時は電気窯とかガスを使いますが、
年に一度、薪窯に火を入れます。

どーん
14650500_1294776500554520_8338188883700017345_n

これの何がすごいかというと、約一週間ずっと火を焚き続けます。
備前焼はかなり高温で焼き締めるようなので、その間薪を投入し続けます。
もちろん夜間も。
二十四時間体制で焼き続けますが、作業をするのは生徒です。
陶芸コースの生徒が交代で火を入れ続けるんです。
全寮制なので寮から数人が夜中も作業部屋に出て来て作業します。
もちろん先生も付き添います。

実に楽しそうだし、人生の中で、こんな体験できるなんて
本当に素晴らしいと思いませんか。
いろんな人が差し入れを持って来てくれるようで、
頑張っていると食べ物が差し入れられます。
実はすごく山の中にあるので、マクドナルドのハンバーガーなんかが
差し入れされると嬉しかったりします。
大人になったら「差し入れだったら酒をくれっ!」ってなりますが、
さすが高校生、初々しくて良い。

ちょうど今、吉備高原では備前焼を焼いているところみたいで、
Facebookから情報が上がって来ました。
写真を何枚か拝借してアップします。

14720573_1292857250746445_5638066336518766557_n
一生懸命作業してます

14563410_1294776233887880_3539811826379540909_n
夜間もごうごうと焼き続けます。

14718612_1294776260554544_5835174601970210647_n
1000度を突破!

楽しそうですね。
寝不足になってしまいますが、頑張っていい作品を作ってもらいたいものです。
ちなみに学園祭で生徒作品が購入できます。
安い価格でかなり本格的な備前焼が入手できます。
我が家でも何点か買って使っています。

吉備高原学園高等学校のHPはこちら
http://www.kibikogengakuen.ed.jp

夏休みが終わったのに、子供が学校に行かないとき。 不登校のススメ

何度か書いてきましたが
僕は小学校、中学校と不登校でした。
それでも吉備高原学園高等学校に入学して
そこで漆と出会い、あれだけ学校嫌いだったのに、大学を卒業する事ができました。
(高岡短大の後に武蔵野美大に編入して卒業しました。)

そこで思うのが
「あれ?小学校と中学校って必要あったかな?」という疑問です。
不登校で勉強が遅れてしまう部分はありますが、それは高校で挽回できます。
僕の高校時代成績は悪くなかったので、はっきりと言えます。
小中の勉強の遅れは全く問題ないです!
短大だったけど現役で国立の大学に入れたので、進路が狭まったという事もありません。

社会性や生活習慣に関しても、不登校が不利になる事はありませんでした。
社会性や人間性に関して、他人や社会が僕をどのように評価しているかは、僕は知りませんが、
漆芸作家として社会活動をおこなっています。最低限の大人の責任は果たしているのではないでしょうか。
少なくとも、とんでもなく反社会的な存在ではないと思います。

生活習慣も一般的なフリーランスのイメージより規則正しいと思います。
朝は定時に仕事をスタートさせるので、夜型の生活にもなってないですからね。
労働時間が異様に長い事を除けば、健康的な生活だと思いますよ。


さて、今までブログで
「不登校で悩む必要は無い」「不登校で悩む親御さんも安心していい」と書いてきました。
最近は、不登校だった事にメリットすら感じるようになりました。

その理由1

みんな一緒を信じない力
学校教育って「みんな一緒」という感覚を教える場所であるというイメージです。
「みんな一緒」でいいんですよ。ただ、僕の職業で「みんな一緒」だとかなりヤバいです。
「なに面白くない物つくってんだよ」で一瞬で消えてゆきますからね。
それに、社会って平等にできていないから、実は「みんな一緒」は現代に合わなくなっているかもしれません。
年功序列の社会システムは僕が物心つくころから崩壊し始めて、今では過去の遺物になっていますよね。
これからはどんどん人の好みが細分化されてゆきます。ニッチな市場で生き残るのは特化した個人性です。

理由2

集中力が高い
学校に行かないと決めると、自分の得意な分野にかたよった生活をおくります。
学校の科目って楽しいものもあるけど、自分に合わない科目の方が多いですからね。
苦手な事に費やす時間を得意にあてれば、そこのところの能力は上がって当然です。
学校に行っていない後ろめたさもあるので、得意に集中して俄然がんばったりします。
学校に行かない時間を、積極的に考えるととんでもない能力が発揮されるかもしれませんよ!

ここで注意しなくてはならないのは、興味の分野を親が仕分けしない事だと思います。
例えば、ゲームに夢中になる、テレビばかり見てる、マンガばかり読んでる。
一日中学校に行かないでこれらの事をしてたら少々心配になりませんか?
でもこれらの関心も積極的に吸収させたらいいんです。
親の世代では考えられない事でも、趣味を突き詰めてゆけばビジネスチャンスに繋がりますからね。
今ではゲーム、マンガ、アニメーションなんて日本を代表するビックビジネスです。

ただし、興味の関心が危険なものにならないようにしっかり見守る必要もあるでしょう。
人を傷つける衝動に関心があるなら、ボクシングなどのスポーツに向ける事が必要ですからね。

理由3

親との時間がたくさん持てる
実は、不登校の時って、学校に行く事もすごいストレスなんですが、
休んでるときもやはりストレスがたまるんです。
世間の目も気になるし、劣等感を抱きやすいんです。
親も心配するだろうから、たくさん話し合いをしたりケンカします。
中学生とかだと大変でしょうね。体も大きくなりますし、反抗期になりますから。
お互い真剣に向かい合えば向かい合うほど消耗します。
どうでもいい事なんてひとつもないですからね、家族だから。

そんなとき、諦めずに向き合っていると、なんだかいい思い出になります。
ほったらかしにしないでくれた事、ケンカばかりだったけど向き合っていた事、お互い全部覚えてますからね。

親子のそういうエピソードは人生の勇気になると思います。
なかなか親孝行はできていませんが、かならず「もういいよ笑」ってほど親孝行をしようと考えてます。


夏休みや長期休暇明けは不登校のきっかけになります。
そんなときは休んでしまえばいいんですよ。
学ぶ機会はどこにでもあります。
たくさんある時間を自分の好きな事を研究するための未来への投資にあてましょう。
好きな事を一生懸命やってると道が開けますからね。
これは本当です。

勘違い

未来へ向かってゆくために、ちょっとした勘違いは大切です。
僕が漆芸作家という聞いた事もないような芸術分野へ挑戦しようと決意したのは、
まぎれもなく勘違いがあったからです。

僕は高校一年生15歳の時に漆に出会いました。
その時の恩師、小原貢先生の言葉から僕の壮大な勘違いがはじまりました。

2015-10-30 02.23.37

当時の僕は学級委員や寮長などをする一見優等生タイプでしたが、
いつも騒がしい、目立ちたがりで落ち着きのない生徒だったと思います。
特に寮生活では、もっとも騒がしい部屋に属しており、宿直の先生(学校の先生が交代で宿直を努めます)
の好き嫌いが激しかったと思います。


しかし、漆の授業はとても楽しくて、夢中になって制作していました。
あまりに一生懸命漆に取り組んでいるので、いつしか担当の小原先生は
「君は作家になりなさい」というようになっていました。
職人ではなく作家であるというのが、小原先生のこだわりで
とにかく、芸術表現だけでやってみよという事を何度も言われました。

極めつけは
「君は学校はじまって以来の逸材だ」という褒め言葉。
吉備高原は新しくて、僕は9期生。工芸コースは不人気コースだったため、学年で2〜3人しか選ばないので、
はじまって以来といっても20人くらいの卒業生しか輩出していないと思います。
だけど、僕は有頂天でした。
「ひょっとしたら道が開けるかもしれない」と勘違いをしました。
当時所属していた野球部を辞めて、放課後は無理矢理工芸室を開けてもらって作業に明け暮れました。


思い返してみたら、ほんの些細な勘違いから僕の夢はスタートしています。
絵が好きだったのも、小学校に入る前から近所の友達にドラゴンボールの絵を描いてみせていた事が自信になっていたんです。
はっきり言って勘違いです。
世界には僕より上手い人はたくさんいたかもしれません。きっといたはず。
ただ僕は他の人と二つだけ違う部分があったかもしれません。

まず、勘違いし続けた事。
そして、世界で一番蒔絵が好きな男であるという自信をもち続けている事。


勘違いでもいいんです。信じていたら諦める事はないですから。
どんな挫折も困難も、勘違いし続けているから全く感じていないのも同然です。

根拠のない勘違いだって、10年以上毎日休まずに続けていれば、
いつしか多くの人に助けられて、
愛情を持って植栽した漆の木は育っていて、
仕事を手伝ってくれる人が現れます。

高校時代にもった「世界的な芸術家になる!漆で!」という夢は、
現実との距離なんてものともせずに、勘違いだけで突っ走っているように思えます。

自分自身がこんなに幸せで、たくさんの人に幸せになってもらえるんだから、勘違いってのも悪くはない。

吉備高原学園のすごい伝説

我が母校全寮制普通科「吉備高原学園高等学校」通称「キビ」
今まで何度も書いてきましたが、今回もキビネタです。

キビはたくさん面白いところがあるのですが、
卒業してみて「すげーな」と思い返す事があります。

それは、、
修学旅行です。
修学旅行が海外です。しかもアジアとか近場ではありません。
アメリカです!
(ちなみに希望で海外組と国内組に分かれます。僕は迷わず海外へ)
細かな日程は覚えていませんが
滞在地を記してみます。

シカゴ
ニューヨーク
カナダ
カリフォルニア
ネバダ(ラスベガス)

このような日程でした。
アメリカの東西を横断して、さらにカナダでホームステイまでします。

各地ではいわゆる名所を回ります。
アメリカ的な主要な観光スポットは一応回っております。
すごい日程です。何日滞在していたかは覚えていませんが、二泊のホームステイ以外は常に移動していました。

13615113_1043171485770019_5056848403825582040_n

さて
大人になってみてツッコミたいところが一点。
それは。

なぜ高校生をラスベガスに連れて行った?

ラスベガスって、ホテルの一階がカジノなんですよ。全てのホテルにカジノがついていると思います。
とうぜん未成年はギャンブルできません。
ホテルに到着する前先生が熱心に
「カジノに行ってはいけません」と言ってるんですよ。「え、でもホテル自体がカジノですやん」とツッコミたくなる。
さらに
「凝視しているだけでも連行される可能性があるから、下を向いて一気にカジノフロア通り抜けろ」とのこと。
想像してみて下さい。うつむいて小走りにカジノを通り抜ける高校生の集団を。

しかし、
ラスベガスのエピソードはそれだけではありません。
旅行中は日程がかなり詰まっていたので自由行動がほぼなかったんです。
ユニバーサルスタジオ以外なかったように思います。
ところが、例外がありました。

そう。ラスベガスです。
日程にラスベガスの自由行動が含まれていたんです。

しかも。
夜!!!!

なぜラスベガスの夜に高校生を解き放った!!??

面白すぎます。


さて、そんな修学旅行ですが、何の事件事故もなく帰ってきました。
はっきり言って楽しい思い出しかありません。

そして、僕たちは3年生になって最後の1年の寮生活を過ごしていました。

その年の9月11日にニューヨークのビルに飛行機が突っ込みました。
遠い国の事件でしたが、僕たちの寮もテレビの前で騒然となりました。

僕は修学旅行以降アメリカに特別な感情があったので、その衝撃はとても大きかったです。
そして、自分たちが歴史の大きな動きの中にいる事を感じました。

いろいろな事が世界各地で起こっていたのだとおもいますが、その年の9月11日以前はもう少し世界は平和だったように思います。
時間をかけてでもいいから世界がもっと小さくて平和になる事を心から望んでいます。

(現在のキビは海外修学旅行はグアム旅行に変っています。)

また、高校生がラスベガスのネオンの下を闊歩できる時代が来たら良いな〜

吉備高原学園の新しいビデオができたよ

https://youtu.be/YWBUB2LQ7Ps
まずはご覧ください。

良いビデオですね。
なんと、全部在校生らしいですよ。
あ、もちろん先生も現役の先生たちです。

出演できた生徒の皆さんは良い思い出になりますね。

寮の感じとか
校舎の感じはそのままです。現在創立20年を超えていますが
まだまだきれいな印象ですね。

斜面に建った印象的な作りの校舎の階段がポイントです。
さて、ビデオ全編を通して光りあふれるようなイメージで作られています。
実は岡山って日本で一番晴れの日が多いのです。
なので、この晴れやかなイメージもおおかた「うん。こんな感じだな。」と思いました。

三年間の寮生活は大変なこともありますが、卒業式のその日まで頑張ったら必ず何か変わります。
僕は卒業生の1人として、おおいに頑張ってゆきたいと思えるのも、母校愛がそうさせてくれている部分もあります。

編入も大きなチャンスなので、1度学校がイヤになった人はホームページで情報収集してみて下さい。

吉備高原学園高等学校
ホームページ http://www.kibikogengakuen.ed.jp/

ps.どうやらビデオのフルバージョンも製作中らしいです。
攻めてるな吉備高原!

言葉を変えれば不登校に悲観はなくなりますよ

僕は小学校、中学校と不登校だったので
まわりの大人からたくさんしかられました。
しかられた内容はもっともで、全てが正しかったように思います。

でも、それらの言葉は言い換えてみると
まったく悪い言葉ではなかったのかもしれません。
逆に、いま作家をしていると、その時言われた言葉のまま成長してよかったとさえ思えるのです。
人の短所は、つきつめれば長所となる実例ではないでしょうか。

よく言われた言葉たちと
それを置き換えて、作家業にいかに役立っているかをちょっと紹介。

「康宏はわがままだ」
言い換えると
浅井康宏は自分の納得できる仕事しかしない。

「康宏は集団行動ができない」
言い換えると
浅井康宏は一人でもモクモクと仕事ができる

「康宏は好き嫌いがはげしい(食べ物ではないです)」
言い換えると
浅井康宏は好きな事をとことんやり遂げる

「康宏はがまんができない」
言い換えると
浅井康宏はほしいものを手に入れるために大量の行動をとる

このように、学校生活ではしかられるような事を
がんこに押し通した結果、作家として必要な資質とも言えるような
こだわりや集中力を養っていたとも言えるのです。

で、社会性ですが作家を続けていくために必要最小限の社会性も育ってきているように思えます。
これは自分で判断できないので、他の人が僕の事をどう思っているのかわかりませんが。

僕は学校に行かずに小中学校の9年間ほぼ家にいましたが、
大人になってみて、少しは社会に貢献できる人材になってきているように思います。
なので、不登校はそれほど悲観的なものでもないし
学校が全てではないと思います。

ただ、自分の可能性を広げる情報があった事を幸運に思います。
進路に関して吉備高原学園に入学した事
そこで漆に出会って、高岡短期大学に入った事
蒔絵の修業のために東京に来た事
そのすべてが、積極的な情報から起きた変化でした。

今、学校が嫌いな子や、その親御さんが
悶々とした日々を送っているかもしれませんが
自分の短所は少しのきっかけで長所にもなるし
学ぶ機会は自分が求める限りいつだってあるんだと知っていてほしいと思います。

つらい言葉が幸運に変わる場所や心持ちは必ずありますからね。

また声を大にしてお勧めしたい 吉備高原学園高等学校

僕のブログは漆が中心なんですが、
漆に出会うきっかけとなった母校「吉備高原学園高等学校」を何度か紹介しました。
そうしたら、わりと検索で来てくれる人が多かったのでまた書こうと思います。
今きっと受験シーズンで、今年どうしても入学したいって言う人にとって
あまり重要な情報にはならないと思いますが、学校が苦手な中学生とそのご家族に吉備高原学園高等学校略して「吉備」の事を知ってもらえればと思います。

以前紹介した記事
吉備高原学園高等学校のすすめ
に学校の紹介をしました。

今回は吉備の感動ポイントを二つ紹介します。

おそらくキビは日本で一番感動的な高校です。
他の高校に入学した事はありませんが、間違いありません。(たぶんね!!)

勉強やスポーツを第一に考える場合、吉備はお勧めできませんが
どうしても学校に行けなかった僕が無事高校卒業して
漆芸家として活動できているのは、吉備に行ったからです。

僕は吉備の9期生です。
創設時の教員陣がたくさんいて、昔話を楽しそうに語っていました。
今でもそういう先生はたくさんいます。
それに卒業生が先生になって母校に帰ってきています。
なので、アットホームな環境は続いている事でしょう。
実際僕の一期上の先輩が先生として学校に帰ってきているので
僕も気軽に母校訪問ができそうなのでありがたいです。


 

感動ポイント1
校歌が感動的
入学式の時、在校生が校歌を歌うのですがそれがとても良い歌なのです。
新しい学校という事もあり、わりとポップな感じで聞きやすい
なによりも在校生が大きな声で歌っていました。
中学までの感覚だったら、歌わされている感じが強かったので
声は小さく、覇気が無いのが普通だと思っていましたが、
いやあ、すごいですよ自信もって歌っている校歌って感動的でした。
「この高校に入れてよかったなー」とおもいました。


 

感動ポイント2
挨拶が感動的
吉備に入るとすごく挨拶ができる人になります
学校見学会とかで吉備に行った事がある人ならわかると思いますが、
すれ違う在校生が、挨拶してくれます。
これすごい事だと思います。
思春期の男の子や女の子が積極的に挨拶するってわりと衝撃的だとおもいます。

そして、それは先生に強要されているわけではないんです。
生徒が自主的にやっている事だと入学してから気がつきました。

では、なぜそうなってゆくかと言うと
自信を持って高校生活を送っているからだと思います。
学校も寮も一緒に生活していると強い連帯感が生まれます。
先生との距離も近いし、学校が大きな家のような感覚になってきます。
見学に来てくれるお客さんがいたら、挨拶したくなるんですよね。
お客さんだけではなく、先輩後輩間でも挨拶します。
挨拶って基本的ですが、なかなか自然にこなせない部分でもあります。
それが自然にできるようになりました。


 

多様なコースがありますが吉備は普通科の高校です。
卒業後は専門学校や大学進学してそれぞれの道を歩んでいます。
僕は漆と出会えたのでとても感謝しています。
もし、不登校に悩んでいたり、ただ単純に寮生活が面白そうだと思ったら
吉備高原学園高等学校ぜひチェックしてみて下さい。

吉備のホームページ
http://www.kibikogengakuen.ed.jp