カテゴリー別アーカイブ: 未分類

作家とは何か

美大とか芸大の現役学生や卒業生の多くは
気持ちの差こそあれ、作家というものが気になっているはず。

僕は制作活動で生活をしていて
多分自分のことを「作家」と言っても間違えはないです。
で、この作家という職業の実態はどのようなものか
実はとても地味で地に足をつけた活動なのです。
わかりやすく例えるなら「社長」です。
スティーブ・ジョブズとかジェフベゾスみたいなカリスマ性のある社長業ではなく
個人的な事業の小さな、小さな「社長」です。

この社長業にはたくさんの、本当にたくさんのこまごまとした仕事があります。
営業や会計、仕入れ、納品。。。。
数えればきりがない社会と自社を繋げる為の仕事を大方一人でこなします。
でも、このようなクリエイティブではない仕事をこなしてでも作りたい強烈な動機
「自らのエゴを表現して、世界と繋がりたい」という言葉にしにくい気持ちに突き動かされています。

つまり、「作家業」とは「社長業」に似ていて
「作品・表現」は「商品・サービス」です。
今、僕が高校生の時に描いていた「作家」とは少し違う自分がいます。
早い段階で作家は社会との繋がりが重要であると気がついたので
そこから過去の作家の作品以外の側面を考えるようになりました。

世の中にはたくさんの会社があるように
作家としてのスタンスも多様です。
学校教育は一様ですが、そこを出ると無限の可能性
いや、広大な説明書のないリアルな人生が待っています。

今の僕に学校教育をはじめ、教育と美術における具体的な提案はありませんが
「作家」しか生まない教育なら、それは間違っています。
上記のように、作家はいわゆる社長業です。
社会に社長があふれていないように、世の中には社長気質とそうでない人がいます。
例えば、漆の業界でいうと
チームを指揮して数を作るプロデューサータイプの人がいれば
その素材に魅了されて、作業だけしたい人もいます。

それぞれの気質に合った働き方や、
素材との向き合い方があります。
全てのニーズに適した教育なんて存在しませんが、
弟子制度が崩壊している現在において、選べる進路が狭くなってきているように感じるのです。

役割分担を明確にし、作品のパフォーマンスを最大化にすることこそ漆の未来だと信じています。

さっさと動く

ネットが社会に浸透してから
僕たちは空前のスピード化社会の渦に巻き込まれています。
そう、まだアイフォンが誕生してから10年くらいしかたたないのに
世界中どこでもスマートフォンは普及しています。
マレーシアではドライバーとお客がアプリで繋がり、
お互いストレスなくサービスが進行してゆきます。
Uberというサービスが世界的にメジャーですが
マレーシアはGrabという配車アプリが認可されています。

このアプリ、配車からナビゲーション、 ETCの計算まで優れているのです。
UberとかGrabが日本で普及してしまえばタクシー業界は瞬く間に縮小します。

このような新しいサービスの開発や上陸を食い止めているのは
大きな組織や、特定の企業でしょう。
古くて大きな体制は、例外なくスピード感にかけていて
新しいものを排除しようとします。

別にいいんです。
日本で暮らしているぶんには
ただ、一歩でも外を見てみると、現状維持が難しいのはわかります。
携帯電話が普及すれば、公衆電話は必要ないし
メールが普及したらFAXの存在価値は薄まります。デジカメが普及したらフィルムは生産終了となります。
このように新しい物の普及と同時に
今後はサービス自体の革新がネットを通じて普及してゆきます。
先ほど述べた、配車アプリのようにサービス自体がコンパクトに人と人をつないでゆきます。

この動きは、今までクリエイティブだったはずの領域にまで踏み込んで来ます。
デザインとかウェブ制作もクラウドで簡単に人と人が繋がり
価格競争になっています。

僕の仕事は極めてアナログですが、
活動方針自体は、スピード感を大切にしています。
走りながら考えて
飛び込んでから後悔する

馬鹿げて聞こえるかもしれませんが、
これが僕の勝算なんです。

つまり、成功も失敗もたくさんすることで
データが充実して、アナログな仕事しているからこそ精度が高められます。
実際に膨大な量のボツ案があり、そして完成しなかった作品も眠っています。
それに展覧会から帰って来た作品を何度も研ぎ落として新しい図案に修正して来ました。
時間とお金がかかったけど、休まず続けて来たことで
精度の高い作品を作ることができるようになりました。

でも、まだまだスピードが全然たりません。
はやく沢山作るというのではなくて、一秒でも早く、蒔絵の本質に近づいてできるだけ遠くに行きたいのです。

過去と現在における物と事に差が出てくるならば、必ず情報量とスピードが間に存在するはずです。
蒔絵はアナログな仕事だけど、それでもさっさと動き続ける事が自分の仕事のやり方です。

京都漆芸研究所「labo.kyoto(仮)」を立ち上げます

京都に来て1年と少しになります。
工房として「Studio Zipangu」を立ち上げましたが、
今秋、作業スペースを増やして「京都漆芸研究所 labo.kyoto(仮)」を立ち上げようかと思います。
ここで何をしようとしているかというと。

大学や専門学校を卒業した人限定の研究機関を作ろうと思います。
僕は以前から、「教育機関で生まれた人材を育てる場所がない」と思っていました。
以前なら弟子入りみたいな形で、実践的に人は育っていたのだけど、それが現在では難しい。
少しなら弟子入りっていう話を聞くけど、実態はかなりブラックだったりして、「これでは人は育たない」と思っていたのです。

実際にどのような取り組みを行うかというと
1、高度な漆芸技術の研修
2、工房の課題を制作指導する
3、そこで作られた成果物を適正な価格で買い上げる
4、その他、自己制作の技術的アドバイスを行い作家としてのデビューを支援する

期間や条件など細かなことはこれから詰めて行きますが、
とりあえず年内には増築を完了させて、仕組みを作って行きたいと思います。
来年の新卒さんなど進路の一つに考えてもらえると嬉しいです。

少しでも興味ある方はメールください。

yasu69689@hotmail.com

漆器の扱いで絶対やってはダメな事3つ リライト記事

漆器はあつかいが難しいというイメージをもたれます。
たしかに、陶器や磁器、ガラスの食器よりある面では弱いかもしれません。

ただ、作っている側からすると「思ったより丈夫だな」と感じる事が多いですよね。
良いものを長く使うために扱いの中で絶対やってはならない事をまとめてみます。


ダメ絶対その1

漆器にフォークやナイフはNGです!
少し考えてみたら解りますが、漆の塗膜にフォークやナイフでガリガリとやれば傷がつきます。
以前ある作家さんが、レストランとのコラボレーション企画で自作の漆器を貸したところ、傷だらけになって帰ってきたという話を聞きました。
その作家さんの気持ちになると、胸が締め付けられるような思いがしました。
おいしい料理を作る想像力があるなら、食器を扱う場合の想像力も働かせてもらいたいものです。

いちばん漆器×フォークをやってしまうパターンは和菓子のときだと思います。
漆の小皿にのせたようかんなんてとてもおいしそうでしょ?このときついついフォークを出してしまうのです。
あとは、漆器の小鉢に入れたアイスクリームです。考えただけでおいしそうです。朱の器に入ったバニラアイス。。いいね!
このときついつい金属のスプーンを使ってしまいがちです。
木製の菓子切りやスプーンの準備が必要となりますが、漆器を傷つけないで長く使うためには必要となってきます。


ダメ絶対その2

直射日光あてっぱなしはNG
漆はとても優秀な塗料です。どれくらい優秀かと言えば。1度固まった漆はどんなに強い酸をかけても溶けません。
地球上で1度固まった漆を溶かす事ができる物質はまだ存在していないと思います。
ただ、天然の樹液なので、自然に戻ろうともします、つまり紫外線によって分解してゆきます。
といっても数年単位数十年単位の分解なので、物がなくなるといった事はありません。
紫外線の影響で艶が無くなってしまった古い漆器をよく見かけますよね、
白っぽくなってしまうので、日差しが強い場所に置きっぱなしにするのは良くないです。

わかりやすい例でいうと、屋外にある寺社仏閣の朱塗りや黒い漆が白っぽくなって艶が無くなっているのをご覧になった事があると思います。そのような場合は塗り直しが前提となっており、定期的に塗り直しがおこなわれています。

食器は外に置きっぱなしという事は無いと思いますが、保管場所について気を使っていただけるといつまでもしっとりとした艶のある漆器を楽しめます。


ダメ絶対その3
 
冷蔵庫と電子レンジ

恥ずかしい話なのですが、以前木製の食器を冷蔵庫にいれて割ってしまった事があります。
冷蔵庫の中は温度が低い事はもちろんですが、湿度もとても低いようです。
漆器のボディーは多くの場合、木でできています。その木にストレスを与えてしまうと割れが生じてきます。
電子レンジも漆器の中に含まれている水分が反応して壊れてしまうでしょう。顔料の変色も考えられますので電子レンジはだめです。
食器洗浄機も良くないと言われています。たぶん乾燥の段階で熱風をあてられると思うので漆器には適さないでしょう。


以上3つのダメ絶対を守れば長い間漆器を使い続ける事ができます。
美しい漆器を大切に使って次の世代に、物を大切にできる日本の精神を器と一緒に手渡して下さい。

読書で気づけること

このブログでは何度も「読書は最高の投資だ!!」と書いてきました。
この実感はやはり今も変わらずあるので、また書こうと思います。

いくつか読書の優れた部分を書き出してみると
メリット1
ーエア失敗を体験できるー
まさにこれに尽きるような気がしますが、失敗を学べます。
多くの成功者の本を読むと、100パーセントなんらかの失敗をしています。
で、これを読むことで、自分で失敗することなく、失敗を体験できます。
失敗は必ず訪れますが、無用な失敗や、すでに誰かが体験したことのある失敗は回避することができるので
このエア失敗体験とはとても有意義なのです。

メリット2
ーエア成功体験ができるー
上記と反対の体験、成功の体験も文書によって得られることができます。
成功者の伝記やマインドを読むだけで何になるのかと言われそうですが、
ポジティブな人のそばにいればポジティブになれるように、成功してるストーリーにはそれなりの力があります。

メリット3
ー未来が少しだけわかるようになるー
信じることができるようになるという方が正しいのですが、
人間って本質的には変化してないので、過去を知れば、これからどうなるかって少し気づくことができるように思います。

続く

ブログが、、、

最近あまりブログを書けなくなりました。
単純に時間がないというのと、
生活スタイルに少し変化があって、ブログを書くルーティンに変化が生まれたからです。

で、今ブログを書く新しいルーティンとして、「スマホから移動時間に書く」に挑戦してるのですが、やってしまいました。
書いたのに消えてしまいました。
なので、失敗しちゃったことを書いてます。

これからはスマホからもちょくちょく短文をアップして行きます。

三十代の作家

ある種の天才を除いたら
美術の世界は長期戦なので、知名度が上がるのは
だいたい三十代くらいだと思っていて、その間当然無名時代があり
そこを全力で駆け抜ける必要があるわけです。

感覚的に僕が「同世代だな」と思える人って、一般的に考えられているより幅が広いかもしれないけど、
自分の年齢の上下5歳くらいで、その世代の人の作品や活動はとても気になるし、刺激もたくさんもらっています。

そして、自然に仲良くなったりするんだけど、
ある部分で共通点があると思うのです。
それは
「傷」です。

この年代になると、10年以上のキャリアがあるわけで
間違いなく、賞賛の何十倍や何百倍もの否定や無関心、心ない言葉を受け止めてきた人なのです。
それを二十代の間ずっと受け止めて、そして少しずつ作品と自分が社会に同期できてきたというか
距離感が取れるのが三十代前後なのです。

それが、ある種の人間的な迫力というか、
圧倒的な悲しみをくぐり抜けてきたから、魅力的なんです。

苦労したから良いみたいなことが言いたいのではなく
同じ傷があり、それでも諦めなかった強い気持ちが作品に現れている。
ちょっと抽象的な文章になっちゃったけど、
「ああ、この人はすごいな」と思える作家さんが多い年代にまで、美術の世界にいられたことに感謝しています。

ビットコインと美術作品は似ている その2

なんかすごく難しいこと書きはじめてしまったと思って、若干後悔しながら書いてます。
しかも二部構成にしてしまってさらに後悔。

さて、ビットコインと美術の類似点。僕の見解としては
価値がキーワードになります。
まず、日本における美術の位置付けは「美しいもの」としての概念だと思います。
しかし僕は最近、美術の核心とは美ではなく価値なのではないかと考えているのです。
この考え方だと、現代アートとかちょっととっつきにくいアートの世界も合点がいきます。
考えて見てください。
純粋にマルセル・デュシャンの「泉」を美しいと思える人はいるでしょうか。
実は、この作品ただの便器なのですが、現代美術史上かなーーり重要な作品なのです。
でも、これは美ではありません。
小学校から美術を習ってきて、中学、高校でも美術を選択していたなら美術歴の長い日本人でも
この「泉」を美しいと理解するのは難しいでしょう。いや、無理です。

まず、前提として「美術」という言葉と概念は明治時代に作られた造語で新しい概念だということ。
Artに「美術」という造語を作り認識しようとした段階から、価値と美意識に大きな溝ができたと言えるでしょう。
例えば現代アートを見るとき、そしてそれらが高値で取引される場合、多くの人は「なぜこれにこんな価格がつくのか。。。。」
という疑問符がつくと思います。慣れ親しんできた、美しいものが美術ならびにアートだとすると、
美しくもない難解な作品はルールを破っているように見えます。

確かに世の中には多様な美意識があって「自分が美しいと思わないものでも、そこに美を感じる人はいるかもしれない。」という考え方もあり得ます。でも、揃いも揃って現代アートは難解なものになってしまっているのはどうしてなのか。
それに、アート市場の取引額はとんでもなく大きいのはなぜでしょう、最近でもバスキアの作品が123億円で取引されたのが話題になりましたが、アート以外に物、物体に対してこれほどの価格がつくものがあるでしょうか。

続く

本展締め切り間近

今年も日本伝統工芸展の締め切りが近づいてきました。
29日に千葉まで出品しに行きますが、作品はまだ完成していません。

全国の漆芸家の皆さんも日々締め切りと戦っているのだと思います。
8月も近づいてきて夏本番です。どうぞ皆様ご自愛ください。

今回の出品が終わったら実家に帰って少し休もうと思います!