カテゴリー別アーカイブ: 未分類

漆器の扱いで絶対やってはダメな事3つ リライト記事

漆器はあつかいが難しいというイメージをもたれます。
たしかに、陶器や磁器、ガラスの食器よりある面では弱いかもしれません。

ただ、作っている側からすると「思ったより丈夫だな」と感じる事が多いですよね。
良いものを長く使うために扱いの中で絶対やってはならない事をまとめてみます。


ダメ絶対その1

漆器にフォークやナイフはNGです!
少し考えてみたら解りますが、漆の塗膜にフォークやナイフでガリガリとやれば傷がつきます。
以前ある作家さんが、レストランとのコラボレーション企画で自作の漆器を貸したところ、傷だらけになって帰ってきたという話を聞きました。
その作家さんの気持ちになると、胸が締め付けられるような思いがしました。
おいしい料理を作る想像力があるなら、食器を扱う場合の想像力も働かせてもらいたいものです。

いちばん漆器×フォークをやってしまうパターンは和菓子のときだと思います。
漆の小皿にのせたようかんなんてとてもおいしそうでしょ?このときついついフォークを出してしまうのです。
あとは、漆器の小鉢に入れたアイスクリームです。考えただけでおいしそうです。朱の器に入ったバニラアイス。。いいね!
このときついつい金属のスプーンを使ってしまいがちです。
木製の菓子切りやスプーンの準備が必要となりますが、漆器を傷つけないで長く使うためには必要となってきます。


ダメ絶対その2

直射日光あてっぱなしはNG
漆はとても優秀な塗料です。どれくらい優秀かと言えば。1度固まった漆はどんなに強い酸をかけても溶けません。
地球上で1度固まった漆を溶かす事ができる物質はまだ存在していないと思います。
ただ、天然の樹液なので、自然に戻ろうともします、つまり紫外線によって分解してゆきます。
といっても数年単位数十年単位の分解なので、物がなくなるといった事はありません。
紫外線の影響で艶が無くなってしまった古い漆器をよく見かけますよね、
白っぽくなってしまうので、日差しが強い場所に置きっぱなしにするのは良くないです。

わかりやすい例でいうと、屋外にある寺社仏閣の朱塗りや黒い漆が白っぽくなって艶が無くなっているのをご覧になった事があると思います。そのような場合は塗り直しが前提となっており、定期的に塗り直しがおこなわれています。

食器は外に置きっぱなしという事は無いと思いますが、保管場所について気を使っていただけるといつまでもしっとりとした艶のある漆器を楽しめます。


ダメ絶対その3
 
冷蔵庫と電子レンジ

恥ずかしい話なのですが、以前木製の食器を冷蔵庫にいれて割ってしまった事があります。
冷蔵庫の中は温度が低い事はもちろんですが、湿度もとても低いようです。
漆器のボディーは多くの場合、木でできています。その木にストレスを与えてしまうと割れが生じてきます。
電子レンジも漆器の中に含まれている水分が反応して壊れてしまうでしょう。顔料の変色も考えられますので電子レンジはだめです。
食器洗浄機も良くないと言われています。たぶん乾燥の段階で熱風をあてられると思うので漆器には適さないでしょう。


以上3つのダメ絶対を守れば長い間漆器を使い続ける事ができます。
美しい漆器を大切に使って次の世代に、物を大切にできる日本の精神を器と一緒に手渡して下さい。

読書で気づけること

このブログでは何度も「読書は最高の投資だ!!」と書いてきました。
この実感はやはり今も変わらずあるので、また書こうと思います。

いくつか読書の優れた部分を書き出してみると
メリット1
ーエア失敗を体験できるー
まさにこれに尽きるような気がしますが、失敗を学べます。
多くの成功者の本を読むと、100パーセントなんらかの失敗をしています。
で、これを読むことで、自分で失敗することなく、失敗を体験できます。
失敗は必ず訪れますが、無用な失敗や、すでに誰かが体験したことのある失敗は回避することができるので
このエア失敗体験とはとても有意義なのです。

メリット2
ーエア成功体験ができるー
上記と反対の体験、成功の体験も文書によって得られることができます。
成功者の伝記やマインドを読むだけで何になるのかと言われそうですが、
ポジティブな人のそばにいればポジティブになれるように、成功してるストーリーにはそれなりの力があります。

メリット3
ー未来が少しだけわかるようになるー
信じることができるようになるという方が正しいのですが、
人間って本質的には変化してないので、過去を知れば、これからどうなるかって少し気づくことができるように思います。

続く

ブログが、、、

最近あまりブログを書けなくなりました。
単純に時間がないというのと、
生活スタイルに少し変化があって、ブログを書くルーティンに変化が生まれたからです。

で、今ブログを書く新しいルーティンとして、「スマホから移動時間に書く」に挑戦してるのですが、やってしまいました。
書いたのに消えてしまいました。
なので、失敗しちゃったことを書いてます。

これからはスマホからもちょくちょく短文をアップして行きます。

三十代の作家

ある種の天才を除いたら
美術の世界は長期戦なので、知名度が上がるのは
だいたい三十代くらいだと思っていて、その間当然無名時代があり
そこを全力で駆け抜ける必要があるわけです。

感覚的に僕が「同世代だな」と思える人って、一般的に考えられているより幅が広いかもしれないけど、
自分の年齢の上下5歳くらいで、その世代の人の作品や活動はとても気になるし、刺激もたくさんもらっています。

そして、自然に仲良くなったりするんだけど、
ある部分で共通点があると思うのです。
それは
「傷」です。

この年代になると、10年以上のキャリアがあるわけで
間違いなく、賞賛の何十倍や何百倍もの否定や無関心、心ない言葉を受け止めてきた人なのです。
それを二十代の間ずっと受け止めて、そして少しずつ作品と自分が社会に同期できてきたというか
距離感が取れるのが三十代前後なのです。

それが、ある種の人間的な迫力というか、
圧倒的な悲しみをくぐり抜けてきたから、魅力的なんです。

苦労したから良いみたいなことが言いたいのではなく
同じ傷があり、それでも諦めなかった強い気持ちが作品に現れている。
ちょっと抽象的な文章になっちゃったけど、
「ああ、この人はすごいな」と思える作家さんが多い年代にまで、美術の世界にいられたことに感謝しています。

ビットコインと美術作品は似ている その2

なんかすごく難しいこと書きはじめてしまったと思って、若干後悔しながら書いてます。
しかも二部構成にしてしまってさらに後悔。

さて、ビットコインと美術の類似点。僕の見解としては
価値がキーワードになります。
まず、日本における美術の位置付けは「美しいもの」としての概念だと思います。
しかし僕は最近、美術の核心とは美ではなく価値なのではないかと考えているのです。
この考え方だと、現代アートとかちょっととっつきにくいアートの世界も合点がいきます。
考えて見てください。
純粋にマルセル・デュシャンの「泉」を美しいと思える人はいるでしょうか。
実は、この作品ただの便器なのですが、現代美術史上かなーーり重要な作品なのです。
でも、これは美ではありません。
小学校から美術を習ってきて、中学、高校でも美術を選択していたなら美術歴の長い日本人でも
この「泉」を美しいと理解するのは難しいでしょう。いや、無理です。

まず、前提として「美術」という言葉と概念は明治時代に作られた造語で新しい概念だということ。
Artに「美術」という造語を作り認識しようとした段階から、価値と美意識に大きな溝ができたと言えるでしょう。
例えば現代アートを見るとき、そしてそれらが高値で取引される場合、多くの人は「なぜこれにこんな価格がつくのか。。。。」
という疑問符がつくと思います。慣れ親しんできた、美しいものが美術ならびにアートだとすると、
美しくもない難解な作品はルールを破っているように見えます。

確かに世の中には多様な美意識があって「自分が美しいと思わないものでも、そこに美を感じる人はいるかもしれない。」という考え方もあり得ます。でも、揃いも揃って現代アートは難解なものになってしまっているのはどうしてなのか。
それに、アート市場の取引額はとんでもなく大きいのはなぜでしょう、最近でもバスキアの作品が123億円で取引されたのが話題になりましたが、アート以外に物、物体に対してこれほどの価格がつくものがあるでしょうか。

続く

本展締め切り間近

今年も日本伝統工芸展の締め切りが近づいてきました。
29日に千葉まで出品しに行きますが、作品はまだ完成していません。

全国の漆芸家の皆さんも日々締め切りと戦っているのだと思います。
8月も近づいてきて夏本番です。どうぞ皆様ご自愛ください。

今回の出品が終わったら実家に帰って少し休もうと思います!

美大生が卒業までにやっておかなければならないこと

たぶん80パーセントくらいの美大生が卒業後に美術をやめてしまうのだろうけど、
高いお金と、何より大切な時間をかけて学んだのだから
少しくらいは自分や他人の人生に役立つようにしてもらいたいと思います。
よく考えてみてください。
美術を学べるなんて、豊かな国の特権のようなもので
たまたま日本に生まれたから学べる分野なのです
だから本来、中途半端に学んでいい分野では無いのですよ。
少なくとも、自分を含めて誰かを幸せにする必要はあります。

さて、一応美術教育を受けた身としては
在学中の学生さんに最低限やってもらいたいことがあります。
一人でもこのブログを読んでくれている学生さんに届けばと思って書きます。

まず、材料購入リストを入手するか、リストを制作すること。
卒業後に美術から遠ざかる原因の一つに材料入手と制作場所の確保の難しさがあります。
学校では当たり前のように使えていた備品とスペースが卒業したら無くなりますからね。
卒業後も制作したいのなら在学中から道具を集めないといけません。
一番悪いのは自分が今使っている道具がどこから買ったものか知らないことです。
特に工芸系は道具が多いのですが、最初に学校から一括購入するので
その後の買い足しの際に、困ることが多いのです。

せめて、今使ってるものの購入先を知っておく必要があります。
学校から支給されたのならその購入先リストが必ずあるので在学中にそれを必ず入手してもらいたい。
また、教授もそれぞれ独自の道具や材料購入先を持っていると思うので
それをしっかり教えてもらうことです。
技術開発や表現の開発は卒業後でも継続的に続けますが、
材料リストを1から作るのは難しいし、無駄な時間を使うことになるので
学生時代にやっておきましょう。

そしてもう一つ大切なのが
経済感覚を身につけておくことです。
美大って本気で「売れない芸術こそ純粋だ」みたいなことを
教えて、なおかつそれを地で行ってるおかしな先生がいます。
これは間違っています。
「あなたから大学教授の立場を奪ったら、明日の絵の具も買えないよ。どうするの?」
と言ってやりましょう。
工芸系は技術前提の世界なので
「感性」だとか「純粋」などと言ってくる先生が少なくていいと思います。

さて、経済感覚ですが、実際は卒業後にしか身につかないものです。
ですが、意識していることは大切です。
やってはならないことが一つだけあります。
それが学祭などで自分の作品をものすごく安く売ることです。
学生品質だからと安く売りたくなりますし、
安いと売れてしまう可能性がありますが、
中途半端な売れる喜びを手にしてはなりません。
1作3000円で何かを売ってしまった作家が300万円の作家にはなれませんからね。

適正価格で所蔵してもらえないなら自分の努力不足なので
価格に見合う自分になるまで耐えて自分を向上させなければなりません。

でもその先にはたぶん素晴らしい世界が待ってます。

諦めずに頑張ってください。
卒業制作はいつか企画される大規模なあなたの回顧展の最初の部屋に飾られる作品です。
失敗だらけかもしれないけど、思いっきり作ってほしいです。

京漆器はハレの器

しばらく出張で京都に行ってました。
せっかく京都に来たので、漆器(お椀)を見てみようと思って何件か骨董を扱う店をまわりました。

さて、京漆器ってどんな特徴があるのでしょうか。

作家目線でいくつか、特徴をご案内します。

特徴1
薄造り
京漆器の特徴はまずその洗練された造形です。
造形の要とも言える口の作りがとても繊細で華奢ですね。
輪島塗の口作りに比べると、印象が繊細です。
下地のほどこし方の違いによる、この印象ですが、何を目指して京漆器と輪島塗が進化したのかがうかがえます。
輪島塗の日常の壊れにくいお椀に対して
京漆器は「ハレの器」を目指していたのではないかと感じます。

特徴2
季節感
京漆器の加飾のメインは蒔絵です。
簡単な蒔絵から、手の込んだものまで、様々ですが
煌びやかな印象をより引き立てています。
蒔絵の題材は草花が多くて、それも季節を限定するものが多い。
例えば
ワラビ
桔梗
萩などなど

作り手からすると
ここまで季節を限定すると、使えるシーズンが限られてくるのでもう少し
通年使えるデザインを考えてしまうんです。
たとえば。

花模様(オリジナルデザイン)
椿(シーズンが長くわりと長く使える)など
僕の感覚だと、毎日1年を通して使える漆器(お椀)を意識してしまって
京漆器はかなり、使用者を限定するハイレベルな漆器という印象です。
つまり、年間を通して漆器を使おうとなれば、4種類(春夏秋冬用)必要になります。
冬でもワラビのお椀を使っても良いんですが、料理の季節感にあわせて食器を選んでみたいものです。

特徴3
数もの
最近ではお椀のセットの単位が少なくなっています。
デパートで購入する場合も単体か、夫婦椀
そろい10組とかは珍しいですよね。
京漆器は少し古いもの(昭和、大正期)でもしっかり数そろう事が多いです。
そして状態が良い。


このように京漆器にはいくつかの特徴がありました。
強く感じるのは、器に人間があわせなければならないという事です。
薄作りなので、洗い物のときは気を使います。
季節も細かく別けて使わなければなりません。
このような発達をしたのはやはり京都の土地柄の影響で
季節感を繊細に感じ取り、そのための器を必要としたからでしょう。

文化とか物を大切にしようとすれば
自分が物にあわせる必要があります。
今回の場合、お椀に自分をあわせ無ければなりません。
便利な現代において、どう考えても合理的ではありませんが、
季節とともに美しいお椀で食事を楽しむ美学が感じられます。

絶好の季節になってきた秋の京都でお気に入りの漆器を探してみるのも良い物です。

明日はオススメの骨董店をご紹介します。