カテゴリー別アーカイブ: 漆に生きる日々 京都編

なぜ若手作家は消えてゆくのか

高校生の時から美術の世界を眺め始めて
自分もその中の人になってみると、
色々なドラマを目撃して来ました。
その中で、美術のストーリーから脱落してゆく(脱落という言い方には語弊があるかもしれないけど)作家を幾人も見て来たわけです。
彼らは確かに、若手アーティストとして輝いていて
そして、心から憧れたけど、生き残ることができたのはほんの一握りで
いくつかの段階を経て、みんないなくなってしまいまして。

今話しているのは、大学なんかを卒業した後に作家として活躍していた人たちです。
彼らが目に見える場所からいなくなる段階とはどんなだったのか。
自分の長期活動を考えた時に、彼らが身をもって示してくれた教訓を生かす必要があると考えたのです。

一体何が起こっていたのか。

それは、、

作品が売れなくなってしまう

第一に表舞台からいなくなる理由は、売れなくなることです。
長期的な付き合いのあるギャラリーだって、売れない作家とそれ以上の付き合いを続けてゆくことはできません。


売れなくなる理由は複雑で、人の心の中にあるので一概に言うことができないのですが、
僕もいちコレクターの目線として、興味を失ってしまうタイミングがいつなのか考えてみると。

一作品で満足してしまう
不思議なことに、作品を購入して、さらに追加で買いたいと思える作家と
そうで無い作家がいます。

価格が見合わなくなる
ある一定の年齢になると、価格が上がったり
キャリアによって価格が上がると、ある段階で値ごろ感が失われる感じがあって、
それが購入の妨げになることは多いです。

作品がマンネリ化する
ここは難しいのですが、作風と展開の中でとめどなく揺れ続けるのが
作家でもあります。つまり、自分の作風を築いて、そして人気をはくすけど、
そこに一生閉じこもっていることはできません。
一貫した作品の印象が貫かれていても、変わり続けなければならないけど、
からを破ることができなくなってくる。

若くなくなる
これはどこの世界でも言えることだと思うのですが、
若さが武器になる部分はあります。
「若い人を応援したい」と言う、気持ちを持ったコレクターさんはたしかにいて、
作品が良いことは前提だけど、「若さ」に対する支援として購入してくれる人もいます。
だけど、若さは有限だから、ある段階でコレクターが自分より年下という状況に移行する必要があります。
その段階がうまくいかないと、生き残ることができません。


美術は人間のストーリーなので
割り切ることができない部分が多いけど、
一貫した信念が無く走り続けるには、作家人生は明らかに長いのです。
上に記した、作家が突破しなければならない壁を超えてゆく答えを自分なりに出してゆき、
同じ時代を生きる蒔絵の現在を強力に世界に向けて発信し続けること、
それが自分にはできると思えるんです。
1度目の答え合わせは僕が40代になった時でしょう。

漆の一般化は必要ない

漆業界における慢性的な問題点があるとすれば、
それは過度の一般化を目指すところです。

実は、日本において漆は十分に一般化した存在だと思っていて、
逆に一般化しすぎているのではないでしょうか。
考えてみてください。
漆という大量生産が難しく、高級な素材を使ったアイテムが、一般化している時代が過去どれくらいあったでしょう。
高度成長期を除いたら、過去、封建的な社会体制の中、一般の人が漆器を持つことは極めて難しかったのではと推測しています。(もう一度バブルが来たら漆器が飛ぶように売れる時代が来るかもしれませんが。)

大量生産品の陶器に対して漆器のコストがどれくらいの比率だったかわかりませんが、
日本という木材が豊富な国であっても、過去頻繁に一般的に漆器を使っていたとしても、
轆轤挽きの椀に数回の拭き漆がしてある簡素なものが限度です。

では現代では、あらゆるデパートに漆器売り場があります。安価なものから高級なものまでありますが、
一般的な暮らしをしていて、買えないほどではありません。
つまり、「一般にまで漆器が浸透していて、これ以上どこを目指すの?」という疑問に
「さらに安価なものを製作してより多くの一般人に広める」みたいな答えしか出てこない状況に陥っています。
この考え方の危険なところは
顧客のモデルが全く無いところです。
一般化って何でしょう?
一般人とは誰でしょう?。。。。。
一般人なんて、いませんよ。
僕とあなたがいるだけです。

だから、僕は常に誰かと対話するために作品を作ってきました。
多くの人に向かっては無いけど、本当に蒔絵の文化や美意識に関心を持ってくれている、
一人一人と話してきたつもりです。

どこにもいない誰かのために
「安ければ売れる」というマーケティング続けていたら、漆は無くなります。

一緒に仕事をしたいと思える人・したくない人

僕は自由業みたいなものなので、
会社勤めの人より、人付き合いについても自由な部分が多いと思います。
だから、はっきり言って、好きな人としか仕事しないし、嫌だと思えば断ることも多いです。
同時に、お客さんやギャラリーとの関係も「違うな」と思えばやめてしまえばいいと思っています。
誰かに合わせて、消耗して良いものが作れると思わないので。

さて、僕の小さな世界の中でも色々な業種の人と繋がって
物を作って、発表しています。
その中で、当然ながら
「この人、仕事しにくいな」と思う人
「この人のパフォーマンスすごいな」と思う人がいるわけです。
で、この違いとは何かと考えると。

最終的に、一つの究極の要素にまとめることができると思います。
それは、
「昨日のベストの少し先の仕事をしているか」
というのに尽きるのではないでしょうか。
完璧な仕事をできる人はいません。どんなプロフェッショナルだって、
ミスはしますし、ムラがあるのは当然です。
ただ、どの業界にも言えるのは、自分の限界を少しでも越えようと思う人は成長してるし、
結局のところ仕事がしやすいのはそういう人です。

当然、ベストの更新をし続けるのって、苦しいんですよ。
勉強もしなければならないし、失敗のリスクや、コスト計算したら赤字ってこともありますし、、、、
別に外注先に損してほしいとは思ってないけど、
一緒に仕事していて、楽しいのは、やっぱり成長し続けてる人だったり、業者さんなんです。
僕のいる業界は、いい意味でも悪い意味でもアーティスティックな人が多いので、
わがままな人が多いんです。で、平気で締め切り破ったり、パフォーマンス下がったりする人が多いんです。本当に。
僕もプロなので、仕事の内容でどれくらい力入れたか、すぐわかります。
それで、長期的に見たら、そういう人や業者は衰退してゆきます。
今はネット社会なので、口コミがとても重要な時代です。伝統工芸の世界ではまだネットが入り込んでない分野も多いから
口コミで人気になったり、反対に衰退することも少ないですが、淘汰の時代はすぐそこまで来ています。
今までのように、代々の知名度や地域的な優位性(有名な産地)で勝負できない時代になります。

そんな時、必ず「一緒に仕事をしたいと思える人」しか生き残って行けないんです。
今回、根付作家の上原万征さんと一緒に仕事させていただいて、
仕事からヒシヒシとプロ意識が伝わってきました。
「またこの人と仕事できたら幸せだな」そう思えました。

だって、この仕事見たら、俄然張り切っちゃいますよ。

漆芸の二つの基軸

特に漆の場合、作品の幅を持たせようとした時に、作品の性質がガラリと変わってしまうアプローチになってしまうことが多いんです。
これは、先にも書いたように、漆という材料が食器として優秀すぎるからなんです。
結果的に、全く違う基軸の作品を作ってしまう場合が多いんです。
でも、実はそれがとても危険で、現代漆芸苦境の原因だと思っています。

荒っぽくいうと、
ベンツと軽自動車は別の会場で売りましょう。
ベンツは軽自動車を作ってはダメです。
というわかりやすい話です。

なぜ今、作品の性質のことを書いているかというと
身近な人に「実用品を作っては?」と言われることがとても多いからなんです。
で、すごく作りたいんですよ。
身近な人に喜んでもらいたいですからね。

でも、割と早い段階で、実用的な漆器をやめたんです。
それは活動の一貫性が保てないからです。
その決断が正しかったかどうかの答えは10年後くらいに出ているでしょうか。

新作コラボ作品の出品情報「しゅきや」

出品情報
根付作家の万征さんとのコラボ酒器作品を出品しております。
作品を展示している「しゅきや」はチケット無しで入れるので、お酒が苦手な方でも気軽にお立ち寄りいただけると思います。
お時間がございましたらよろしくお願いします。

以下 公式プレスより
中田英寿が代表を務める株式会社ACCA は、2018 年4 月20 日(金)~30 日(月・祝)の11 日間、東京・六本木にて、日本全国から選りすぐりの酒蔵が出店し、日本酒の魅力をあじわい尽くせる“SAKE”イベント「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2018」内にて日本酒酒器専門店「しゅきや」を開店することを決定いたしました。
日本酒酒器専門店「しゅきや」では、国内や海外から様々な評価を得ている工芸作家を選定・開発し、現代の日本酒をより楽しく、美しく味わうことができる酒器を販売します。
今回「しゅきや」に参加するのは、美しい蒔絵のみならず、独自の世界観
が生み出す造形美が相まって、見る者を魅了する作品を数多く手掛ける浅井康宏氏や、梅花皮や石はぜといった陶芸の技法に基づきながら、ファッション、ダンス、自然の原理からもインスピレーションを得て生み出す、独自の表現が国内外で高く評価されている、桑田卓郎氏など、現代を代表する5 人の工芸作家による“しゅきやオリジナル”の酒器を販売します。
出品作家

■浅井康宏(あさい・やすひろ)|漆器(酒器)
浅井が制作する漆芸作品は、その美しい蒔絵のみならず、
独自の世界観が生み出す造形美が相まって、見る者を魅了します。
重要無形文化財「蒔絵」保持者である室瀬和美氏の元で、蒔絵の高い技術を学びました。
今回は8 ヶ月かけて制作された酒器で、浅井による漆芸制作に並行して根付作家、上原万征氏が浅井のデザインに基づいて脚部の金属部分を手がけました。

■桑田卓郎(くわた・たくろう)|陶磁器(クーラー、ぐい呑)
梅花皮(かいらぎ)や石はぜといった陶芸の技法に基づきながら、
ファッション、ダンス、自然の原理からもインスピレーションを得て、
生み出す独自の表現がアート、工芸といった垣根を越えて、高く国内外で評価されています。
クーラー、ぐい呑ともに新作で、多様性に富む現代の食卓に求められるであろう存在をお題として制作されました。昨年よりLOEWE が主催する工芸賞2018 年ファイナリスト。

■佐故龍平(さこ・りゅうへい)|金工(片口、お猪口)
杢目金は、江戸時代に秋田県で生まれた技法で、何層もの色金を加熱圧着し、
彫りや捻りなどを加え、木目状の模様に仕上げ、刀の鍔などの製作に用いられました。
今回は、「常温または冷酒を楽しむ酒器」をお題に佐故が初めて片口を手がけました。
昨年よりLOEWE が主催する工芸賞2018 年ファイナリスト。

■中川周士(なかがわ・しゅうじ)|木工(クーラー、菓子皿、箸)
檜、椹(さわら)といった木材を用い、桶や指物の高度な技術を用いて、
日常木工品から近年では家具も手がけます。また、ドンペリニョンの依頼で制作したシャンパンクーラーは、高く評価され、現在半年待ちの人気です。
今回は、古来日本酒が杉樽で醸造されていたことから着想を得た杉に竹をタガとして用いたオリジナルのクーラーを制作。LOEWE が主催する工芸賞2017 年ファイナリスト。

■新里明士(にいさと・あきお)|磁器(酒器)
「光器」と名付けた光を透す磁器で国内外から評価を受けている新里の作品は、
ロクロで成形した白磁の生地に穴を開けて、穴の部分に透明の釉薬をかけて焼成します。
グラフィカルな模様は独創的で、ひとつひとつ異なります。
まるで宇宙の風景画を眺めているように感じる美しい酒器シリーズをお題に制作された新作群です。

■「ミラノグラス」|磁器
2015 年ミラノ国際博覧会にて中田英寿プロデュースの日本酒バーをオープンした際に、
特別に制作された日本酒グラス。「曜変天目茶碗(ようへんてんもくちゃわん)」の再現に成功し、
海外で個展を開くなど、陶芸の可能性を追求し続ける林恭助氏と中田英寿がプロデュースしました。
見た目のスタイリッシュさに加え、日本酒の香りを最大限に楽しめるよう形にこだわったオリジナルの
グラス型磁器です。

日時: 2018 年4 月20 日(金)~30 日(月・祝) 11 日間
各日12:00~21:00 L.O. 20:30
場所: 六本木ヒルズアリーナ(東京都港区六本木6 丁目10-1)
参加蔵数: 各日10 蔵 計110 蔵
レストラン数: 延べ15 店
料金: CRAFT SAKE スターターセット 3,500 円(酒器グラス+飲食用コイン11 枚)
料金: 追加コイン 1,500 円セット(飲食用コイン10 枚)、3,000 円セット(飲食用コイン22 枚)
※2 回目以降の来場の際は、酒器グラスを持参いただくと、追加コインの購入のみで、お楽しみいただけます。
尚、販売ブース以外でも会場内で販売員が AirPAY(クレジットカード、電子マネー、Apple Pay 含む)を
使用して追加コインを販売しています。
主催: JAPAN CRAFT SAKE COMPANY
協 賛: ネスレ日本株式会社、BMW JAPAN、デサントジャパン株式会社、HUBLOT
協 力: 薩摩川内市(薩摩川内市竹バイオマス産業都市協議会)、Tropical Disco、株式会社 IDO、Air PAY、
株式会社アルテクナ、株式会社ハーベス
後 援: J-WAVE 81.3F、タクシーアプリ「全国タクシー」
会場構成: dot architects
特別協力: 六本木ヒルズ
後援: J-WAVE 81.3FM
チケット販売: PassMarket にて事前販売中 https://passmarket.yahoo.co.jp/…/s…/detail/01hcy0zdig1m.html
ウェブサイト: http://craftsakeweek.com/rh/index.html
公式アプリ : Sakenomy http://www.sakenomy.net/

エネルギア美術賞受賞しました!

中国地方在住または出身の若手芸術家を顕彰する
エネルギア文化・スポーツ財団の「エネルギア美術賞」を受賞しました。
この賞は、作品単位ではなく活動全体を顕彰する賞で、
今までの漆芸に関わる活動全体を評価していただくことができたこと、とても嬉しく思います。

これまで地元鳥取での活動となると
年に一度グループ展に出品させていただくくらいでした。
なので、中国地方の賞をいただけるというのは、難しいと思っていました。
ただ、鳥取での活動として、継続して漆の植栽を行なってきたこと、
現在200本を超える植林ができたこと、
そして昨年から自作は全て鳥取で自ら植栽した漆を使用して制作を開始できたことが評価を得られたように思い、とても光栄に思いました。

僕にとっては、父親とともに育ててきた漆の道への奨励のようで
作品単位での賞とはまた違った喜びがありました。

今後は、やはり地元密着というよりは、
全国や世界にしっかり蒔絵の美しさを伝えてゆく活動が
地元にとっても恩返しになると思うので、それをしっかり加速させてゆきたいと思っております。

今日は授賞式で広島まで行ってきました。
帰りは鳥取に寄って父親とお祝いのお酒を飲もうと思います。

エネルギア文化財団 顕彰者ページ
http://www.gr.energia.co.jp/bunspo/award/cat2.html

コラボ作品

最近、本当に尊敬できる他分野の作家さんに会うことが多くて
色々話をしていると、「一緒に何か作りませんか?」という流れになることがあります。
自分も30代の作家になってくると、同世代の作家がとても魅力的で、その人と新しい作品を作りたくて仕方なくなるのです。

実は以前はコラボ作品って嫌いだったし、自分は絶対にしないと思っていました。
それは、周りとのものづくりのテンションの違いというか、
ちょっと突っぱねた僕の考え方もあったのだろうけど、最近知り合う同世代の作家さんは
確実に荒波をくぐり抜けて活躍している人ばかりなので、心から尊敬できるんです。
作品がすごいのはもちろん、人としての魅力もあって、一緒に仕事がしたくなります。

直近だと、写真家の星野裕也さんに無理言って作った図録
根付作家の万征さんと一緒に作ってきた作品
陶芸家の素晴らしい作家さんともコラボ作品作る予定
あと、万華鏡作家さんとのコラボ。

いやあ、楽しみです。
作品数少ないからとにかく、スピード感なくて相手には迷惑かけてしまうけど、
自分が作品を作るのはお金のためではなく、純粋に美しいものを作りたいんだという原点に立ち返られるんですよ。
それは、やっぱり彼らが、同じく純粋で作品がそう語りかけてくれるから、僕も頑張ってすごいものを作ろうと思えるのです。

さて、根付作家の万征さんとのコラボレーション作品ですが、
直近で数点発表の場を得ることができました。
京都・東京で活動しているので、制作状況はメールが多いのですが、
実際に作品のやりとりをしていると、毎回驚かされます。
「おお!こうきたか!」
今回も面白いものができました。近いうちに告知いたしますので、どうぞ宜しくお願いします!!

今年はコラボ作品も頑張ります!!!!

作品価格の決め方

作品の価格って誰がどう決めているのか。
多くの人が疑問に思うこのテーマ。
そして作家にとって、むずかしい作品価格の決め方。

まず、工芸分野の場合、作品価格は作家本人が決めている場合が多いです。
絵画系の作家はギャラリーが決めるというのも聞いたことがありますが、今もそのルールがあるのかどうかは不明です。
工芸分野の場合、専属ギャラリーという概念が薄いので、
その辺りは自由で、そして、価格を考えなければならないという大きな課題がのしかかります。

では、価格は具体的にどうやって決めているのでしょうか。
多くの場合、原価計算をして、さらに発表場所との手取りを計算して。。。など、かかった経費に利益を足した金額になっているかと思います。

僕の場合、そのような計算方法を取っていません。
計算方法は、市場性を重視しようと思っています。
つまり、原価や利益を度外視してでも「この作品は今、いくらで取引されるべきか」という基準で、
もっとわかりやすくいうと、「その価格で売れた実績があるか」というのが大切だと考えています。
この考え方で行くと、
売れなければ、作品価格が横ばいになる
労力に対して利益が見込めない作品が出てくる
という二つの課題が現れます。

現実的に、売れても赤字という作品もあるし、
時間計算したら現状の僕の作品の市場価格にしては高すぎるため、売れない作品なども出てきます。
特に、酒器などの小さな作品は売れても赤字の作品になってきました。
あとは、棗などの市場性をしっかり固定している作品も時間あたりにすると、高価になりすぎるため
非売で発表することが多くなってきています。

僕が市場性を重視するのは
作品の価値とは、作り手の都合ではなく、みてくれる人の中にあると思っているからです。
「自分がどれだけ長時間働いた」とか
「高価な素材を用いた」などは、全て作り手の都合です。

現段階で赤字でも、市場性を確立できれば
伸び代は多いし、蒔絵というブランドで世界に挑戦するならば、経費より市場を見つめる考え方が長期的にプラスだと思うのです。

新しいテーマ

ここ数年は幾何学の細密表現を主とした表現をしていました。
「光を描きたい」という思いが、ダイレクトに表せて、そして、何より楽しく仕事をしてきました。
今までの表現は、これからも続けるし、発展させますが、少し王道の蒔絵に向かう気持ちも生まれてきました。

蒔絵の王道といえば、「研ぎ出し蒔絵・平蒔絵・高蒔絵で花鳥を描く」くらいのど真ん中の仕事をしたくなったのです。
ただし、現代作家なので、現代的な表現を圧倒的な技術で挑むというのが前提で、
とにかく中途半端な現代性と技術に陥らないように。

では具体的に何をしようとしているかというと、百花図を蒔絵でやってみようと思っています。
日本美術において四季の花を描くというのは王道中の王道ですが、蒔絵で100の花を描くことをテーマに挑戦しようと思います。
で、このテーマ王道だけに、結果、古典よりになりやすいんです。

さてこの挑戦うまくいくのでしょうか。
課題は二つあって、まず

取材量が膨大

花を扱うためには、スケッチがとにかく重要です。
花って、季節のものだから、咲いてる時に頑張ってスケッチしてゆかなければなりません。
昔からためていたスケッチも含めて、百花に挑むには少なくとも500くらいはスケッチの資料が必要になってきそうです。
長い戦いになりそうです。

複合的な技術の難しさ

先にも述べたように、花を蒔絵で描くというのは、王道中の王道で
やり尽くされた感というのがあります。
その中でどうやって現代性を出してゆくの?
そして、浅井康宏の作品らしさを出してゆくのか。
これはもう、やってみないとわからないことですが、
その先に何か重要な発見と
一皮向けた感じの自分がいる気がするんです。

二年後、または三年後にきっと現代の百花図をスタートさせていると思います。
ずーと休みがちだったスケッチの日々が始まりました。

これからの弟子制度を考える

技術の習得には時間がかかるわけですが、
人生において最も大切な時間という資源を若いうちにどのように、どのような形で振り分けるか、というのはとても重要です。
例えば「技術だけあればなんとかなる」と考えた場合、
伝統工芸の技術より、プログラミングの技術を習得した方が、収入を考えた時に有利なわけです。
ただ、お金ではなく、分野に対する愛情が深い場合は割り切る必要はないと思っていて、それが差別化に繋がり、
最終的に強みになります。そして、これからそのような人間らしい強みが仕事において必要になってきます。

でも、弟子体制が一般的にみてブラックな状態っていうのは、本当に長期的な活動が難しいので
師匠選び、環境選びは冷静になる必要があります。
ブラックな現場というのは総じて、人間関係もブラックなので、
さっさと見切りをつける必要があります。

僕が夢見る弟子制度っていうのは、弟子には最低限の社会保障をすべきだと思います。
逆に社会保障をつけることができないというのは、組織として際どい状況であるということなので、
やはり長期的な成長は難しいのです。

伝統工芸は夢のある世界なので、夢を見るだけの地盤を僕は作りたいんですよね。
そのために、一流の環境を作りたいと思います。
そこに一流の人と物が集まるのは当然なので。