カテゴリー別アーカイブ: 漆に生きる日々 京都編

自尊心を失わないために、あなたができること

僕が長期的に漆工芸の世界で活動することができた理由の一つに
自尊心を失わなかったことがあります。
自尊心とは

自尊心(じそんしん)とは、心理学的には自己に対して一般化された肯定的な態度である[注 1]。英語のままセルフ・エスティーム(英: self-esteem)とも呼ばれる。
ここでは社会心理学における自己の概念に関して、育み維持される自己評価や、あるいは「ありのままの自己を尊重し受け入れる」態度とする。

(引用:wikipedia)

簡単にいうと、自分を肯定する力だと思います。
よく言う「根拠のない自信」もすなわち自尊心でしょう。
美術に限らず、自尊心を持って生きてゆくことは、仕事においても、生活全般においても大切です。
ところが、保ち続けるのが難しいものなのかもしれません。
かもしれないと言うのは、僕自身が、過度に自尊心を失いにくい性格だからです。
漆において、自分が「この仕事をやっていくのは難しいかもしれない」と思ったことは一度もなくて、
「必ず成功する」と言う確信は高校生の時に抱いた感情と一切変化していません。
まさに根拠のない自信です。

しかし、フリーランスで活動している人や
これからフリーランスを目指している人には、将来への不安を抱えている人
なかなかスタートがきれない人が多いように思います。
確かに不安定な立場に身を置くのは勇気がいるかもしれません。
なぜかと言うと、自尊心は得ることより失うことの方が簡単だからです。
例えば、
貧困や失敗によって自尊心は失われます。
やたら貧乏で食べるものにも困っている状況で
「自分は必ずできる!」って言うのは難しいのかもしれない。
何度挑戦してそれが失敗している最中に
「俺って天才じゃん」て思いにくい。

周りの目を気にしたら、結構恥ずかしい状況において
ポジティブな自分でい続けるのは、ハードル高いですよね。
ただ、はっきり言って周りの人間は自分が思っているより、誰かのことを気にしたりしない。
ユニクロを着て安いご飯食べてることなんてどうでもいいことです。
貧乏でも頑張ってたら誰かがご飯食べさせてくれるし。色々助けてもらえます。そう、自尊心さえ失わなければ。

とは言っても、自尊心ってただ存在しているものでも、保たれるものでもなく
努力という栄養で育ち、保たれるものです。
「根拠のない」と言っていても、そこには根拠があります。
毎日の努力と、積み重ねてきた時間が自尊心における自分ができる唯一の再現性です。

成果を出せるまでには自尊心が必要で、自尊心は努力によって保たれ、育てられる。
うまくいかない時はあるけど、それでもまた明日、嬉々として休まず仕事するのが大切。これからもずっとそう。

初心は忘れてしまうもの

初心を忘れないでいたいものだけど、
それってとても難しい。
僕自身、高校生の時みたいな好奇心に満ちた毎日で漆に向き合うことはできません。
だから作品一つ一つに新しい挑戦を埋め込んで、チャレンジし続けているのだと思います。

僕は工房制作を加速させています。
つまり、数人で一つの作品を作っています。
工房制作については、いろいろな意見があって
「一人のアーティストが全て作らないなんて!」と思われるかもしれないけど、
どんな個人作家だって、キャンバスの布織りから始める人はいないわけで、
アナログな伝統工芸の世界で、作品のクオリティを上げるために多人数で取り組むというのは
今後さら必要になってくるように思います。

話が逸れたけど、工房制作をしていると
いろいろな悩みが生じてきます。
お金の悩み人間関係の悩みに終始しますが、
お金の悩みよりは人間関係の悩みの方が、後を引きます。
人間はどんな環境だって、慣れが生じ、初心を忘れ
その環境にどっぷりと浸かってゆきます。
それがいい場合もあるけど、大抵は怠惰になったり
いらないミスをしたりします。

僕がそうでした。
憧れ尽くして弟子入りしたけど、初心を保つことの難しさと戦い続けた修行期間でした。
結局、体調を悪くしてしまったのは、気持ちの整理をできないまま走り続けたからです。

先日、村上隆さんのトークイベントを聴きに行きました。
村上さんのキャリアの説明と、多人数制作の説明。それと、日本における現代美術市場への諦めという内容でした。
村上さんのスタジオは多くの部門があり総勢250人前後のスタッフを抱えています。
著書を読むと、初期は給料もなく、スタッフが突然いなくなったりするような厳しい環境だったようです。
今でもきっと新しい人が夢を持ってスタジオに入っては、いろいろな理由から去って行っていることでしょう。

どんなに強く思い描いても継続して努力をしてゆくことは難しいのです。
欲が出て、怠惰になり、現状に不満を感じます。
その中で努力し続けることができる、ほんの一握りの人だけしか生き残れません。
初心なんか忘れてもいいけど、努力を忘れてしまって、続けられる世界じゃない。
美術の世界は時に輝いて見えるけど、中の人は生身の人間で
毎日、地を這うような活動をしています。
京都の活動も一年が過ぎて、また新しい葛藤の中で作っています。

チームで作るという壁に毎日挑んでいる今日この頃。

友人5人の平均が自分である

本を読んでいるとたまに出てくる
「身近な五人の友人の年収の平均が自分の年収である」
これ、おおかた当てはまっているのではないでしょうか。
ここではお金のことをいっていますが、他にも考え方や、言葉遣いなど
細かなことも、自分の友人5人の平均のように思えます。

実のところ、この仮説は理にかなっていて
自分の居場所によって周辺の人間関係って変化してゆきます。
例えば、学生時代は毎日、牛丼を友達と食べに行ってたのに
今ではあまり食べなくなった。とか
趣味や嗜好なども、タバコ吸う人の周りは喫煙率高いし
お酒の趣味や音楽の趣味もふんわりと固まっていたりします。

なぜそういうことが起こるのかというと
単純に似た者同士が集まるという理由や、経済状況による趣味や
住んでいる場所などが関係しているのでしょう。

ということは、自分よりお金持ちの友達が周辺に5人いれば
自分の年収も上がってゆくはずです。
単純にその通りで、手の込んだ料理やエンターテイメントに触れる機会が増えれば
それだけ発想が豊かになるし、
何より自分の限界値が上昇してゆきます。

無理することはないけど、
環境を変えたいと思ったら自分の周りの人間関係を見直してみることは大切です。
実感として
愚痴の多い作家の飲み会に行かなくなったら随分と楽になったし、
そのうち夢に満ち溢れた作家としか話が合わなくなりました。
自分の周りの人間関係を含め
現在の状況は、ある意味自分が選び取ったいつかの未来だから、
環境を変えることも、自分が変わることもできるんですよね。

堤淺吉漆店さんに見学にいってきた

堤淺吉(つつみあさきち)漆店さんに見学&動画撮影にお邪魔してきました。
堤さんの漆を使い始めたのは、東京にいるとき。室瀬先生の工房で使っていたので、その時初めて使ったのが最初です。
使い心地がとても良く「ここの漆はなんか違うな」という印象で、自分の制作でも使い始めました。
具体的に何が違っていたかというと、

1、刷毛目が落ちやすい 
漆は粘性が高いので、刷毛塗りした場合、刷毛目という塗り跡が残って固まります。それがとても心地よく落ちてくれます。
つまり、綺麗な塗膜が作れました。

2、透けがいい
透明度が高く、蒔絵の塗り込みをした時の金粉の輝きが、とてもよかった。

3、安定している
漆は天然の素材なので、採取された年によって個性が表れます。
しかし堤さんの漆を長期的に使って見た感想として、安定して高いパフォーマンスを示してくれます。

上記の特徴がなぜ得られていたのか、、その時はよくわからないまま使っていましたが、
堤さんの作業を丸二日ほど見学させていただいたことで、理解できたような気がします。


まず、仕事場の画像を何枚か貼ります。


漆を漉している様子。
採取した生漆には木屑など、不要なゴミが含まれているので、漉してゆきます。


ナヤシとクロメ
成分を均一にし、余分な水分を飛ばして塗料にしてゆきます。
熱をかけて水分を飛ばし、鉄分を入れることにより科学反応により、漆黒の漆に変化してゆきます。

二枚の写真でさらりと説明しましたが、この作業で丸二日かかっています。


さて、僕は漆屋さんの仕事とは、漆掻きさんから買った漆を
精製して桶やチューブに詰めるだけの小売業というイメージでした。皆さんはどうでしょう?
しかし、実際に作業を見ていると、毎日漆を精製しており、原材料を塗料にする仕事がメインで
小売ではなく製造であると感じました。

さらに驚いたのは、
漆は注文したら在庫を「はい、どうぞ」って渡されるのではないのです。
実は、注文が入ってから、気候や地域など細かい条件の中から最適なものを
合わせてその都度作ってくれていたのです。

一度この漆桶をみてください。

これほんの一部ですが、これだけの漆の在庫から、注文が入ってから合わせて作ってくれています。

どういうことかというと
漆って、産地や季節によって特性が違います。
例えば、粘性だけとっても、漆自体が持っている粘性の特徴に加えて、精製でコントロールされた特性があります。
さらに経年で粘性は増してゆくので、膨大な在庫がストックされており、最適な調合で
「使いやすい」漆を個別に作ってくれていたのです。

上の写真でわかるように、今でも毎日漆のデータを取り続けて、より良い漆の調合へ日々努力されています。


僕が室瀬先生のところで初めて感じた堤さんの漆が持つ「何か」とは、
日々続けられた研究の賜物だったのです。

堤さんの漆を日々使えるだけでも、京都に来たかいがあるように思います。
ちなみに鳥取で採取された漆は堤さんに精製をお願いしています。
少量の精製に協力してくださり、さらに粘性など細かな注文に応えていただきとてもありがたいです。

今回は本当に勉強になった二日間。
そして、なんだか感動してしまいました。

堤淺吉漆店のHP↓
http://www.kourin-urushi.com

精製の工程が見られる動画もありますので、興味がある方はそちらもチェックして見てください。

"漆黒 / jet black" 堤淺吉漆店 from Naoki MIYASHITA/ Terminal81 Film on Vimeo.

京都漆芸研究所「labo.kyoto(仮)」を立ち上げます

京都に来て1年と少しになります。
工房として「Studio Zipangu」を立ち上げましたが、
今秋、作業スペースを増やして「京都漆芸研究所 labo.kyoto(仮)」を立ち上げようかと思います。
ここで何をしようとしているかというと。

大学や専門学校を卒業した人限定の研究機関を作ろうと思います。
僕は以前から、「教育機関で生まれた人材を育てる場所がない」と思っていました。
以前なら弟子入りみたいな形で、実践的に人は育っていたのだけど、それが現在では難しい。
少しなら弟子入りっていう話を聞くけど、実態はかなりブラックだったりして、「これでは人は育たない」と思っていたのです。

実際にどのような取り組みを行うかというと
1、高度な漆芸技術の研修
2、工房の課題を制作指導する
3、そこで作られた成果物を適正な価格で買い上げる
4、その他、自己制作の技術的アドバイスを行い作家としてのデビューを支援する

期間や条件など細かなことはこれから詰めて行きますが、
とりあえず年内には増築を完了させて、仕組みを作って行きたいと思います。
来年の新卒さんなど進路の一つに考えてもらえると嬉しいです。

少しでも興味ある方はメールください。

yasu69689@hotmail.com

このブログの読者層

このブログの読者層はどんな感じなのか
ぼんやりと見えて来ました。
どうやってわかるかというと、
読まれている記事の視聴数の偏りでどの記事が読まれているかわかるので、
その傾向から見てみると、
ズバリ「作り手」が読んでいるな、という感じ。

ブログをスタートした段階で
どのような人に読んでほしい!みたいなのは無くて
自己表現の一種、考えの整理、
文書上手くなりたい。そのくらいの気持ちで書いて来ました。

これからも、漆を中心に
僕が考えていることを、ポツリポツリと書いて行こうと思っているけど、
若い工芸作家やアーティストに読んでもらえるのは嬉しいと思いました。
僕が試行錯誤して来たことを書いて、なんらかのヒントがあれば
無駄な失敗なく作家の道を歩めたりするかも。
そんな要素が1パーセントでもあればいいなと思います。

同時に、読者を気にすると書きにくくなる感じってのもあります。
例えば、お父さんとかお母さんが読んでるのわかってて
エロいこととかブログに書き込めませんよね?例えが極端かw
空気に向かって散文を並べるのとは少し違って、
「知り合いの〇〇さんが読むかも」と思うと若干の引け腰になったりもして、
「かっこよく書かなきゃ」なんて思ったり。。。

とにかく、恥ずかしいような気もするけど、
自己表現として、そして自分の考えのまとめとして
書き続けようと思います。
それが、少しでも誰かの役にたったらいいな。

少しずつ作品が売れて変わってきたこと

ここ2年くらいで、制作における材料費の創出は随分と楽になりました。
依然として自転車操業なんだけど、前みたいに「材料が足りないかもしれない中で作る!」ということは無いんです。
少し前だったら、金を蒔いては、振り落としたのをまた蒔いてという具合に材料工面に苦労しながらだったけど、
今は少しだけ余分を買えるから、次の作品の構想が練りやすくなりました。それは格段に。

ただ、制作の規模は拡大しているので、前と比べ物にならないくらい制作費が膨れ上がっています。
リアルな話、1作品100万円を超える制作費というのも現実的に起こって来ました。
時間とお金をかけているから、失敗が許されない緊張感が一層増して来たのも実感しています。
(ただ、その緊張感が嫌いじゃ無いw)

そして、生活面ではさほど変化はないけど、
移動が高速バスではなくなりました。東京⇄京都は主に新幹線で移動しています。

少しだけ、体験的なことにお金を使えるようになったことも変化です。
手の込んだ料理を食べるとか
宿泊先のグレードを少し上げること。
こういった、体験的なサービスを受けることは、制作にもプラスです。

このようにお金の使い道を自己投資的に振り分けてみると
加速度が増してゆきます。

良い材料を使う⇄時間をかける
というのは制作においての相乗効果があります。
材料面での心配が減ったこと、移動やその他時間を取られることを省くことで制作への効果はてきめんです。
書籍をたくさん購入できることも、インプットが多くなり、アウトプットの質が高まることへ直結しました。


今の収入では幸せにできる人が全然少ないし
もっと自己投資の幅を増やしたいから、頑張って仕事したい。
ただ、
好きな本を何冊かまとめて買える日曜日のお昼を少しだけ「幸せだなー」と思えるのです。

漆業界を活性化させるためには

漆業界はお世辞にも好景気とは言い難くて。
廃業とか、生産量減など、ちょっとネガティブなワードが耳に入ってくる機会が多いです。
バブルの頃は良かったという話は聞くけど、その時代のことを知らない僕らの世代としては、
低空飛行の現状がまずスタート地点だったわけです。

しかし、伝統工芸が景気の影響を受けているのは
単に需要の創出ができていないということで、
「いい物は作っているけど、時代が悪くて売れない」というのは、完全に間違いです。

どうすれば良いのか?という問いは自分自身にもして来たし、
業界全体を見つめた時にどのような働きが漆業界を活性化させられるのか考えて来ました。
そして見つけた答えは

いかに人を育てられるかということ

一般的に販売側は顧客の創出を第一に考えてしまいます。

それはある部分で正しい。
だけど、本当に必要なのは作り手を育てることだったのです。


今でも漆業界は学校教育の中で年間何人もの人材を安定して排出して来ています。
だけど、人は生まれているけど、育てることができていません。
つまり、卵はあるけど、育たずに腐っている。
結果的に作り手が不足して、業界が提案できる製品のクオリティは下がり
売れないというサイクルの中にあるのが、現状の漆業界です。

業界発展の初期段階には必ず、育むサイクルが必要です。
現代において、昔みたいな師弟制度を作るのって難しくて、
いとも簡単にブラックな労働体系になってしまいます。
それを変えるために色々試行錯誤していますが、答えが出るのはきっと五年後くらいでしょう。

僕はいい作品を作りたい。同時にいいチームと、
夢のある業界を作りたいのです。
それが結果的に漆を後世に伝えることになると思うから。

鳥取漆 2018

今年も鳥取の漆掻きが始まって2ヶ月目順調に辺(漆を採取する傷のこと)が増えています。
夏の一番暑い時期は「盛り漆」と言って採取シーズン中もっとも上質な漆が取れる時期です。

具体的にいうと、漆の中に含まれる主成分であるウルシオールが豊富で
透けがが良い時期です。
用途として塗りに使うウルシに精製するのに最も適しています。
また、夏の盛りは漆の出が良く、まさに盛りなのです。

さて、今年の鳥取漆ですが、ちょっと出が悪いです。
おそらく日照りが続いていて、木全体が乾いているのでしょう。

しかし少ないと言っても盛りのシーズンは旺盛に漆が流れ出ます。
この乳白色の漆が、精製によって漆黒に変わるってゆくのが不思議ですね。

今回の帰郷では漆掻きの撮影を兼ねて
動画のシネマズギックス監督の馬杉雅喜 http://www.cinemasgix.com
写真撮影にカメラマンの星野裕也 https://www.yuyahoshino.com
両氏に同行していただき撮影をして来ました。

それぞれの作品は追って公開してゆきます。

漆の質はどうか、それは使ってみないとわからないから、来年が楽しみです。

アイデアとは

オリジナリティのジレンマは
発想やアイデアがどういうプロセスで生まれるかを紐解くと楽になります。

美大なんかで「自分の内側から出てくる表現」などと言われますが、
何もないところからは何も生まれないわけで、
物や事が生まれるためには、いくつかの異なった要素が必要です。
人間だって、男と女がいて初めて子供ができるし、植物にも雄しべと雌しべがあるように、
生まれるという現象にはほぼ違った二つ以上のものが必要なのは宇宙全体で説明されているようなものです。

工芸の場合、プロセスを学ぶ行為は
100パーセント真似から入ります。
大方の技術は伝統技法として、確立されたもので
ある部分で変更が難しいのです。
その中でも少しづつ改良を重ねる事で、
オリジナルな技法になってゆきますが、
基本は伝統的な素材と技。

伝統工芸の習得プロセスは、厳格なところがありますが、
他の分野の習得プロセスも変わらず
真似から入るはずです。

例えば絵画表現・立体表現他の表現領域も
なんとなく真似て学んで上達してゆきます。
その先に自己表現のようなものが、待っているのか、いないのか、それは誰にもわかりませんが、
まずは多くの優れたものに触れ、自分のフィルターを通過して流れて出たものを見つめるところから始まります。

アイデアとは既存のパターンの新しい組み合わせ
僕が影響を受けたアイデアの本は全てこう語っていました。