カテゴリー別アーカイブ: 漆器

漆器の扱いで絶対やってはダメな事3つ リライト記事

漆器はあつかいが難しいというイメージをもたれます。
たしかに、陶器や磁器、ガラスの食器よりある面では弱いかもしれません。

ただ、作っている側からすると「思ったより丈夫だな」と感じる事が多いですよね。
良いものを長く使うために扱いの中で絶対やってはならない事をまとめてみます。


ダメ絶対その1

漆器にフォークやナイフはNGです!
少し考えてみたら解りますが、漆の塗膜にフォークやナイフでガリガリとやれば傷がつきます。
以前ある作家さんが、レストランとのコラボレーション企画で自作の漆器を貸したところ、傷だらけになって帰ってきたという話を聞きました。
その作家さんの気持ちになると、胸が締め付けられるような思いがしました。
おいしい料理を作る想像力があるなら、食器を扱う場合の想像力も働かせてもらいたいものです。

いちばん漆器×フォークをやってしまうパターンは和菓子のときだと思います。
漆の小皿にのせたようかんなんてとてもおいしそうでしょ?このときついついフォークを出してしまうのです。
あとは、漆器の小鉢に入れたアイスクリームです。考えただけでおいしそうです。朱の器に入ったバニラアイス。。いいね!
このときついつい金属のスプーンを使ってしまいがちです。
木製の菓子切りやスプーンの準備が必要となりますが、漆器を傷つけないで長く使うためには必要となってきます。


ダメ絶対その2

直射日光あてっぱなしはNG
漆はとても優秀な塗料です。どれくらい優秀かと言えば。1度固まった漆はどんなに強い酸をかけても溶けません。
地球上で1度固まった漆を溶かす事ができる物質はまだ存在していないと思います。
ただ、天然の樹液なので、自然に戻ろうともします、つまり紫外線によって分解してゆきます。
といっても数年単位数十年単位の分解なので、物がなくなるといった事はありません。
紫外線の影響で艶が無くなってしまった古い漆器をよく見かけますよね、
白っぽくなってしまうので、日差しが強い場所に置きっぱなしにするのは良くないです。

わかりやすい例でいうと、屋外にある寺社仏閣の朱塗りや黒い漆が白っぽくなって艶が無くなっているのをご覧になった事があると思います。そのような場合は塗り直しが前提となっており、定期的に塗り直しがおこなわれています。

食器は外に置きっぱなしという事は無いと思いますが、保管場所について気を使っていただけるといつまでもしっとりとした艶のある漆器を楽しめます。


ダメ絶対その3
 
冷蔵庫と電子レンジ

恥ずかしい話なのですが、以前木製の食器を冷蔵庫にいれて割ってしまった事があります。
冷蔵庫の中は温度が低い事はもちろんですが、湿度もとても低いようです。
漆器のボディーは多くの場合、木でできています。その木にストレスを与えてしまうと割れが生じてきます。
電子レンジも漆器の中に含まれている水分が反応して壊れてしまうでしょう。顔料の変色も考えられますので電子レンジはだめです。
食器洗浄機も良くないと言われています。たぶん乾燥の段階で熱風をあてられると思うので漆器には適さないでしょう。


以上3つのダメ絶対を守れば長い間漆器を使い続ける事ができます。
美しい漆器を大切に使って次の世代に、物を大切にできる日本の精神を器と一緒に手渡して下さい。

良質な京漆器の骨董を買うならココ

先日紹介した京漆器の特徴
では一体どういうものなのか?
実際に見てみたい方にオススメの骨董品店を二軒紹介します。

まずは
「てっさい堂」
14650574_1119926924761141_4759290020502087625_n

http://www.kobijutsu-kyoto.jp/memberslist/tessai_2.html

こちらのお店は小さな焼物中心のお店ですが、とにかく品数が豊富です。
全体的に蕎麦猪口やぐい呑といった小物中心で見ていて全く飽きが来ません。
店内にうず高く積み上げられた商品の数々はまさに宝の山といった感じです。
あまりに品数が多いので、店内に入ると、事故防止のためにカバンを預けます。
振り向きざまに、カバンが当たってガッシャーンとなるのを防ぐためですね。

さて、てっさい堂で見つけることのできる京漆器は、酒器とお碗です。
特に朱塗りの酒器(盃)の品数は素晴らしいです!レジ横の棚にズラ〜と並んでいるのですが、
選ぶのに何時間もかかってしまいそうです。
しかも、全て状態が良いです。
状態が良いのと、数物が揃っているので、価格帯は高めの印象です。
人気の朱の酒器だと15000円から20000円くらいでしょうか。
飾り気のないシンプルなものですが、洗練された造形の塗り物が多く、一生ものが見つかると思いますよ。

僕は数年前てっさい堂で緻密な蒔絵の酒杯を購入しました。
逆に蒔絵付きは人気がないのか、数が揃っていなかったためか10000円くらいで入手したように記憶しています。
明治、大正、昭和初期の掘り出し物を見つけるのには絶対オススメのてっさい堂です。


次に京都御所の前にある
アンティーク漆器
「うるわし屋」
14708238_1119925794761254_6728694276457157719_n

http://www.trip.kyoto.jp/spot/db/uruwashiya/

この店は漆専門店です、大正と昭和前期の商品が中心だと思いますが「おお!」と思うような古い名品も置いてます。
例えば「これは江戸後期だな」と思うような蒔絵の香合があったり、昭和初期の作家の一点物があったりします。
店内の商品数はてっさい堂の方が多いのですが、扱っているアイテムのバリエーションが豊富なので、
漆器に興味があるけど、まだどんなものを買ってみようかわからない人にぜひオススメなのがうるわし屋です。
価格帯は僕からしたら安く感じるものが多いです。お得感があります。
とにかくバリエーションが豊富なので、自分の趣味にバッチリハマるものがあるかもしれません。


番外編
古い裂を探すなら
「ちんぎれや」
14681612_1119926771427823_3206854492333471360_n

http://www.kobijutsu-kyoto.jp/memberslist/chingireya.html

じつはこの店をあまり紹介したくない。
というのは、仕覆(漆器を包む布)の布を探すのにこの店によく訪れるからです。
ちんぎれやは江戸から明治の貴重な古布を扱う店で、品質がとんでもなく良いのです。
特にお寺から出て来た古い金蘭などは、それだけで美術作品のようなオーラがあります。
確実に一度しか出会えない布なので、無理してでも入手する必要があるのです。
気になっている布を誰かに買われてしまったら。。。。
夜も眠れなくなりそうです。

じゃあ、書くなよと言われそうですが、僕のブログは超本音しか書かないので
オススメの情報は泣く泣く出してゆきます。


京都に行ったら京漆器探訪を楽しんで見てはいかがでしょうか?

京漆器はハレの器

しばらく出張で京都に行ってました。
せっかく京都に来たので、漆器(お椀)を見てみようと思って何件か骨董を扱う店をまわりました。

さて、京漆器ってどんな特徴があるのでしょうか。

作家目線でいくつか、特徴をご案内します。

特徴1
薄造り
京漆器の特徴はまずその洗練された造形です。
造形の要とも言える口の作りがとても繊細で華奢ですね。
輪島塗の口作りに比べると、印象が繊細です。
下地のほどこし方の違いによる、この印象ですが、何を目指して京漆器と輪島塗が進化したのかがうかがえます。
輪島塗の日常の壊れにくいお椀に対して
京漆器は「ハレの器」を目指していたのではないかと感じます。

特徴2
季節感
京漆器の加飾のメインは蒔絵です。
簡単な蒔絵から、手の込んだものまで、様々ですが
煌びやかな印象をより引き立てています。
蒔絵の題材は草花が多くて、それも季節を限定するものが多い。
例えば
ワラビ
桔梗
萩などなど

作り手からすると
ここまで季節を限定すると、使えるシーズンが限られてくるのでもう少し
通年使えるデザインを考えてしまうんです。
たとえば。

花模様(オリジナルデザイン)
椿(シーズンが長くわりと長く使える)など
僕の感覚だと、毎日1年を通して使える漆器(お椀)を意識してしまって
京漆器はかなり、使用者を限定するハイレベルな漆器という印象です。
つまり、年間を通して漆器を使おうとなれば、4種類(春夏秋冬用)必要になります。
冬でもワラビのお椀を使っても良いんですが、料理の季節感にあわせて食器を選んでみたいものです。

特徴3
数もの
最近ではお椀のセットの単位が少なくなっています。
デパートで購入する場合も単体か、夫婦椀
そろい10組とかは珍しいですよね。
京漆器は少し古いもの(昭和、大正期)でもしっかり数そろう事が多いです。
そして状態が良い。


このように京漆器にはいくつかの特徴がありました。
強く感じるのは、器に人間があわせなければならないという事です。
薄作りなので、洗い物のときは気を使います。
季節も細かく別けて使わなければなりません。
このような発達をしたのはやはり京都の土地柄の影響で
季節感を繊細に感じ取り、そのための器を必要としたからでしょう。

文化とか物を大切にしようとすれば
自分が物にあわせる必要があります。
今回の場合、お椀に自分をあわせ無ければなりません。
便利な現代において、どう考えても合理的ではありませんが、
季節とともに美しいお椀で食事を楽しむ美学が感じられます。

絶好の季節になってきた秋の京都でお気に入りの漆器を探してみるのも良い物です。

明日はオススメの骨董店をご紹介します。

漆器の扱いで絶対やってはダメな事3つ

漆器はあつかいが難しいというイメージをもたれます。
たしかに、陶器や磁器、ガラスの食器よりある面では弱いかもしれません。

ただ、作っている側からすると「思ったより丈夫だな」と感じる事が多いです。
正しい使い方をすれば何世代も使える良さがあります。
良いものを長く使うために扱いの中で絶対やってはならない事をまとめてみます。


ダメ絶対その1

漆器にフォークやナイフはNGです!
少し考えてみたら解りますが、漆の塗膜にフォークやナイフでガリガリとやれば傷がつきます。
以前ある作家さんが、レストランとのコラボレーション企画で自作の漆器を貸したところ、傷だらけになって帰ってきたという話を聞きました。
その作家さんの気持ちになると、胸が締め付けられるような思いがしました。
おいしい料理を作る想像力があるなら、食器を扱う場合の想像力も働かせてもらいたいものです。

いちばん漆器×フォークをやってしまうパターンは和菓子のときだと思います。
漆の小皿にのせたようかんなんてとてもおいしそうでしょ?このときついついフォークを出してしまうのです。
あとは、漆器の小鉢に入れたアイスクリームです。考えただけでおいしそうです。朱の器に入ったバニラアイス。。いいね!
このときついつい金属のスプーンを使ってしまいがちです。
木製の菓子切りやスプーンの準備が必要となりますが、漆器を傷つけないで長く使うためには必要となってきます。


ダメ絶対その2

直射日光あてっぱなしはNG
漆はとても優秀な塗料です。どれくらい優秀かと言えば。1度固まった漆はどんなに強い酸をかけても溶けません。
地球上で1度固まった漆を溶かす事ができる物質はまだ存在していないと思います。
ただ、天然の樹液なので、自然に戻ろうともします。紫外線によって分解してゆきます。
といっても数年単位数十年単位の分解なので、物がなくなるといった事はありません。
紫外線の影響で艶が無くなってしまった古い漆器をよく見かけます。
白っぽくなってしまうので、日差しが強い場所に置きっぱなしにするのは良くないです。

屋外にある寺社仏閣の朱塗りや黒い漆が白っぽくなって艶が無くなっているのをご覧になった事があると思います。
そのような場合は塗り直しが前提となっており、定期的に塗り直しがおこなわれています。

食器は外に置きっぱなしという事は無いと思いますが、保管場所について気を使っていただけるといつまでもしっとりとした艶のある漆器を楽しめます。


ダメ絶対その3
 
冷蔵庫と電子レンジ

恥ずかしい話なのですが、以前木製の食器を冷蔵庫にいれて割ってしまった事があります。
冷蔵庫の中は温度が低い事はもちろんですが、湿度もとても低いようです。
漆器のボディーは多くの場合、木でできています。その木にストレスを与えてしまうと割れが生じてきます。
電子レンジも漆器の中に含まれている水分が反応して壊れてしまうでしょう。顔料の変色も考えられますので電子レンジはだめです。
食器洗浄機も良くないと言われています。たぶん乾燥の段階で熱風をあてられると思うので漆器には適さないでしょう。


以上3つのダメ絶対を守れば長い間漆器を使い続ける事ができます。
美しい漆器を大切に使って次の世代に、物を大切にできる日本の精神を器と一緒に手渡して下さい。

ガッシャーン!!「あ、お皿を割っちゃった」

食器を割ったらショックですか?
僕は「まあいいか」とすぐ切り替えます。というか、ちょっとラッキーとも思うのです。
なぜかと言うと漆芸家は「金継ぎ」(きんつぎ)ができるからです。

金継ぎとは、割れた陶器を漆で接着し、そこへ蒔絵をほどこす技法です。
日本にはポピュラーな修理方法で、古い茶陶の名品にも見られます。
この金継ぎはたんなる修復痕としては見られることはなく、新しい景色として楽しまれます。
このあたり日本人的なものを慈しむ精神と、柔軟さを感じます。


 

手順としては、生漆に小麦粉を混ぜ込んだ麦漆という接着力の強い漆で割れた器物を接着します。
破片が足りない場合は、ペースト状の刻苧漆やサビ漆で欠損箇所を修復してゆきます。
さらに漆を塗った後、金や銀で蒔絵をします。


 

ただ単に目立たず直すより、蒔絵してヒビや割れを強調する修理方法というのが面白いところですが
見慣れてゆくと、何とも味わい深いのが金継ぎでなおされた陶器の良いところでしょう。

自分でなおしてしまうので我が家には次第にまともな状態の器物が無くなって。
学生時代からつかわれているような古参の食器だらけになってきました。
自分でなおすと愛情もことさら強まり、傷すら可愛くなってきます。

強度の面でいうと、実使用に全く影響がないです。
大振りの皿がまっ二つに割れたものに、山盛りおかずを盛って、片一方をもっても修理箇所はびくともしません。
乾いた後の漆の強度に驚かされます。


 

この金継ぎですが、習い事としても人気があって各地で教室が開催されています。
漆の入門にはぴったりかもしれません。漆材料店には「金継セット」が用意されています。割れてしまった思い出の器の修理をご自分でおこなってみるのも楽しいですよ。

箕輪漆工 金継ぎセット

金継ぎ教室は幡与漆工

目白漆學舎も金継ぎ教室あります

作品のボディーあれこれ

今年最初の買い物は
木です
入谷にある檜専門の材木店に買い出しにいきました。
本日宅急便で到着した木がトップ画像です。

漆芸作品を作るときにそれほどまとまったサイズの材が必要になる事はありませんですので、用途に合わせた小さくて質の高い板材や角材を探してゆきます。

材木屋の写真も撮っておけば良かったのですが
ついつい材料探しに夢中になって、撮り忘れました。
さて、材木屋で木を購入する場合
値札が付いておりません。
なので、目星を付けた材料を並べて見積もりを出してもらいます。
材料の価格は縦×横×厚みで計算されます。
しかし、その計算方法はわからないので
びっくりするような価格の材もあります。
慣れてくれば、目検討でおおよその価格が想像できるようになりますが
たまに、木目のいい角材を見積もりをだしてもらうと、びっくりする事もあります。
節があるのもマイナスポイントなので、そういった要素を加味しながら
価格が出されてゆきます。

ずらーっと檜ばかりが並べられているのですが、木目の詰まった最良の材を見つけると、ほんとうに嬉しいです。
派手ではない檜の材木も僕にとっては大トロです。
木工関係の人もそのような体験をしているのではないでしょうか。

さて、漆芸作品に使われるボディーの材料はとても幅広いです。
少しご紹介します。


木製

お椀のような挽き物木地や
箱もののような指物木地は主に木材で制作されます。
僕の場合、挽き物はケヤキ、指物の場合檜を使います。
木の特性を生かしながら適材を使って作品を作ります。


乾漆

乾漆(かんしつ)展覧会の会場当番の時「乾漆とはなにか」という質問を良く受けます。
乾漆とは漆を接着剤にして布を貼り重ねた漆芸作品のボディーの事を言います。
木材の加工と違って、柔軟な布を使うので、自由な造形が可能です。
古くからある伝統技法で仏像なども乾漆技法で制作されているものがあります。


金胎

金属に漆を塗ったものを金胎と言います。
金属に漆を塗る場合「焼き付け」という方法で漆を強制乾燥させます。
焼き付けにより、非常に強固な塗膜を形成します。


藍胎

これもよくいただく質問です。
藍胎とは竹のヒゴで作ったボディーをいいます。
竹はモノサシになるくらいなので、とても繊維が安定しています。
香川県の漆器で見る事ができる技法です。


陶胎

陶器をボディーにした漆芸作品です。
金継など、漆で陶器を直すくらいなので相性も良いです。
僕はまだ挑戦した事がありません。


縄胎

縄で胎をつくります。乾漆のように型を作っておいて
そこに縄をぐるぐる回してゆきボディーを作ります。


 

以上紹介したように漆はたくさんの素材と相性がよく
特性に応じて多様な制作方法があります。
しかし、1つだけ苦手なものがあります。
それはガラスです。
ガラスに漆を塗ると、食いつきが悪いため
はがれてきます。
現在では、中間で食いつきを良くする素材もあるようですが、
漆とガラスの相性は良いとは言えません。

展覧会に行くと作品タイトルに乾漆や藍胎なども見られますので
ぜひ、その作品がどういう素材でできているのか注目してみてもらえればと思います。

新作酒器

新作酒器ができました!

トップ画像の酒器です。
この酒器なかなか難しくて。。。

2015-12-10 10.52.37
↑(試作して失敗した酒器たち)
これだけの数失敗してしまいました。
何がそんなに難しかったかと言うと
金の板金を多数貼付けて模様を作るのですが、
局面部分に貼付けるのがとても難しくて
試作をくり返す事になったのです。

年末のグループ展になんとか1つ間に合いそうです。
グループ展のご案内はまた後日
2015-12-10 10.50.50

斜めから見るとこんな感じです。
板金と貝のコンビなのですごく光ります。
局面に貼っているので、光の表情がとても豊かです。

オススメ! 漆器の買い方

漆器を買うのは難しいです。
100円の物から数万円の物まで
お椀1つ選ぶにも膨大な選択肢があって
どれも漆器と書いてあります。

おすすめの漆器の買い方があります。
それは
作家さんの個展で
作者と話しながら購入する方法です。

実は僕たち作家が作る
漆器って
実はすごいんです。
展覧会に出品する作品と同じ工程で制作しています。

行程を簡単に説明すると


○木製木地に漆を吸い込ませる(木地固め)
○布を漆で貼付けて補強する(布着せ)
○下地をつける (地付け2〜3回)
○さらに細かい下地をつける(さび付け1〜2回)
○下塗りをする
○中塗りをする
○上塗りをする


大まかに説明すると上記のような行程となります。

丁寧に制作された漆器はとても丈夫です。
もしトラブルがあっても
修理に出してもらえればいつでも塗り直します。
一生物です!

価格ですが、安くは作る事ができません。
加飾の無い物で19000円〜くらいの価格となってきます。

僕の実家では10年以上前に僕が制作したお椀を使っています。
今まで特に塗り直す事もなく
毎日豊かな食事をする事ができています。

個展会場でお気に入りのお椀を見つけたら
生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ps
僕はあまりお椀を作らないのでご連絡頂ければ
おすすめの作家さんをご紹介します!

漆って扱いにくい?残念、違います。わかりやすい漆の扱い方教えます

漆のわかりやすい扱い方を教えます。

ずばり

身体と同じような感覚で扱う

です

これは高岡短期大学の恩師におそわった
わかりやすい扱いの基準です。

僕がグループ展で「漆は丈夫でして、酸やアルカリにも強く、
手入れは簡単で、昔から言われているような絹で拭いたりしなくても、、、、」
こんな具合で扱いについて話していたら
恩師が一言
「身体と同じように扱えばいい」

これはシンプルです、しかもわかりやすい
正しい扱いの基準を与えてくれる言葉です

◎洗剤を使って洗っても全然OK!
 身体を洗うときのように洗剤とスポンジで普通に洗います。 

◎洗ったら布巾やタオルで拭き取る!
 身体を洗った後のように水分を拭き取ります

2014-10-17 10.16.54

もし家に漆器があったら使ってみてください。
お手入れ基準は
「身体と同じように扱え」です。

陶器やガラスのように落としても割れません。
欠けたり傷ついたら塗り直せます。
塗り直せば長期間つかえます。

塗り直しができる人をいつでも紹介できるので、
漆器のトラブルがありましたらご相談ください。
(僕の作品は僕が責任を持って直します!)

眠ってる漆器を呼び覚しましょう!