あこがれの人

27歳のときに生徒として美術予備校に通った時期がありました。
クラスの同級生は高校生や浪人生なので
約10歳離れているクラスの中でデッサンしていました。


 

「誰か好きな作家さんいる?」
と聞いたところ
「誰か好きとか、安易じゃないですか?」
という返事が返ってきました。

なるほど。
僕も高校生の時は
誰が好きとかじゃなくて
「自分が一番になる!」
みたいな感覚で美術の世界に憧れていたような気がします。

今でも
「世界一になる!」
と思っています。
でも、世界一は
たくさんいる事がわかりました。

以前より多くの物や事を受け入れる事ができるようになったんだと思います。
そして、強烈なあこがれは自分が躍進するためのエネルギーにると思っています。

作品や人柄に憧れを抱ける人にたくさんで会ってきました。
美術に関係なくてもこの人はすごいな!
と思える人の良いところは自分も見習いたいです。

憧れた人や作品の良いところを取っていって
今の自分じゃなくなっても
選んだ自分の姿になってゆければ良いと思うのです。

1秒でも早く
かっこいい人のかっこいい所を取っていって
かっこいい人になりたいものです。


他の記事はこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください