つなげたい道具① 漆刷毛

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/


漆芸で使う道具は美しく、また独特です。
現在、漆芸制作を取り巻く道具、素材の生産はどれも危機的な状況です。
後継者がいない、または少なくて
現在携わっている方の高齢化が問題です。

つなげたい道具という題名で
漆に関わる道具の魅力と
現状を紹介してゆこうと思います。

少しでも多くの方に漆芸道具の魅力を知ってもらい
近い将来後継者が現れてくれる事を願います。

人生がもう1つあれば
僕が従事しますが、いくつも人生はありません。
僕はその道具を使って
多くの人に漆の魅力を伝える仕事をします。


漆刷毛

漆の刷毛独特です。
何が独特かと言うと

刷毛のブラシ部分の毛が

人毛

です
女性の髪の毛でできています!

2015-11-19 23.20.30
2015-11-19 23.20.43

そして
毛が減ってきたり、乱れてきたら
切り出して使えます。

2015-11-19 23.22.10

最初は長かった刷毛が

2015-11-19 23.21.39

切り出してゆくと、だんだん短くなって

2015-11-19 23.21.11

こんなに短くなっても使えます。



こんな不思議な刷毛は世界中でも
日本しか無いのではないでしょうか。

嬉し事に
漆刷毛については後継者が
います!

東京には
「泉清吉」「田中刷毛店」という二つの漆刷毛店がありますが
両方とも若い後継者ができて
現在修行中です!

田中刷毛店で修行中の女性が
制作記ブログを公開しています
リンクを貼っておきます。

ブログ「狐の道具箱」
http://blog.goo.ne.jp/sabujii5555

ぜひブログを読んでいただき
刷毛の制作や
道具制作に対する情熱を感じ取っていただきたいです!


他の記事はこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください