フィリピン留学は「精神と時の部屋」だった。 若手作家に全力でオススメしたい。

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
三ヶ月の語学留学を終えて今ホテルでブログを書いています。
留学の結果ですが、僕の語学力は伸びました。
フィリピンの語学留学は一言で言うと「精神と時の部屋」
(※精神と時の部屋とは、『ドラゴンボール』に登場する、神の神殿最下層にある修業部屋。
この空間では、外の世界に比べて時間の進み方が違っており、部屋の中の1年が外界の1日に相当する。ニコニコ大辞典より引用)
感覚的には一ヶ月が一年分くらいの意味を持っていたように思います。

ペラペラには程遠いけど、
臆さずに話して、いろいろな方法で気持ちや要件を伝えることができるようになりました。


フィリピン留学の利点は何と言っても個別授業にあります。
僕は一日6時間の個別授業と1時間グループレッスンを受けていました。
つまり、1日7時間は絶対に英語を聴き続け、話し続けているわけです。
日本にいたら絶対できないし、そもそも話す時間が全てグループレッスンだと
1時間をグループのメンバーと分け合うことになり、10分話せればいい方ですよね。


語学留学ならF2F(Face to Face English School)がオススメ
初めてのフィリピン留学だったので他の学校と比較することはできませんが、
僕の通ったF2Fという学校はとても良かったです。

Face to Face English School

F2Fの良いところ1
先生が真面目

フィリピン人のイメージが変わるほど真面目な先生達が在籍しています。
給料の安いバイトではなく、正社員として在籍しているため、本当に優秀な先生方でした。


F2Fの良いところ2
個別授業の内容が濃い

先にも書いたように個別の授業の質が高いです。
先生がそれぞれ僕に適した授業内容を組み立ててくれて、
さらに先生達が連携して、内容が被らないようにしてくれるので
毎日最適化された6時間を過ごすことができました。


F2Fの良いところ3
気候が最高

フィリピンのイメージは高温多湿な常夏のイメージだと思います。
しかし、F2Fのあるタガイタイ はフィリピンの中でも高級避暑地として知られていて涼しいです。
春です。常春なのです。
日本の夏より過ごしやすくて驚きました。


(湖沿いのレストランからはタール湖が一望できます。)


F2Fの良いところ4
宿舎が綺麗

高級避暑地のタガイタイ。留学中の宿舎は綺麗な住宅でした。
僕はシャワールームとトイレがついた個室で生活していました。
不便なのは湯船が無いこととくらいで、今までで住んだ家の中で最も美しい家に暮らしました。
見てください、この大理石の床を!


F2Fの良いところ5
先生と同じ宿舎でいつでも英語を話せる

留学生が生活している宿舎では先生も一緒に生活しています。
僕が課題についていけなくて困っていたら
「教えようか?」と先生がなんども宿舎でレッスンしてくれました。
普段の会話も含め、宿舎でも成長できました。


メリットをたくさん書きましたがデメリットもあります。

フィリピン留学のデメリット
その1
治安の問題

タガイタイはフィリピン国内でも治安がいい場所だったと思います。
住宅地のゲートには守衛が数名いて24時間警備されており安全ですが、
ゲートを出ると日本に比べると夜道は暗いので注意が必要です。


その2
アリが多い

虫が苦手な人は最初はきついかもしれません。
日本の都会より虫が多いです。ただ、不思議と蚊はあまりいません。
日本の夏より刺されませんでした。
一番遭遇率の高いのはアリです。常に行列をなして家の中のいます。
慣れましょう。

その3
交通事情は最悪

日本の整った道路を知っていると、フィリピンの交通事情は最悪です。
タガイタイには信号が1つもありません!
なので道の横断には慣れが必要です。
移動は現地の移動手段、ジプニー、トライシクル、バスを使います。
全て安いですが、ローカルな移動手段なので、こちらも慣れが必要です。


以上のようにオススメポイントと日本に比べるとちょっと不便なところもあります。

とくに将来世界で活躍したいと思っている若いアーティストは、自分の作品集を持ってぜひフィリピンへ英語を学びに行って欲しいです。
先生がカスタマイズしてくれた使える英語で世界に挑戦するスタート地点に立てると思います。
「精神と時の部屋」に少しの間こもることができたので、新しい一歩を踏み出そうと思います。

フィリピン留学ならF2F
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Face to Face English School


他の記事はこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください