世界一わかりやすい漆器の扱い方

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


先日、「漆器の扱いで絶対やってはダメな事3つ」という過去記事を紹介ました。
記事の中でやってはダメなことは書いたけど、
「このように扱うと長く使えますよ」という提案がなかったので、
世界一簡単な漆器の扱い方を紹介します。

言いますよ。

自分の肌と同じように扱う

これは大学時代の恩師に教えてもらいました。
「自分の肌のように扱う」とはどういうことでしょうか。


◯イメージしてみてください。
自分の肌を洗うとき金属のたわし使わないですよね。
使い終わったらスポンジと洗剤で洗ってください

◯濡らしたままだと、水垢がつくことがあるので拭くのがオススメ。
普段使いの漆器だと水切りかごで乾かしても大丈夫です。
僕がいつも使ってるお椀は特に拭くことはせず水をきるだけです。

◯紫外線が強いとこに置いておくと肌が日焼けするように
漆器にもダメージがあります。外に置きっ放しという状況は無いと思うけど、
直射日光を避けてもらえるといいですね。

扱いに迷ったら

自分の肌と同じように扱う

簡単なので自分の生活に合わせた使い方を見つけてもらえると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA