浅井康宏漆芸展 情熱-Passion- を終えて

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/
CAMPFIREコミュニティはこちら


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
今日はおよそ5年ぶりの個展「浅井康宏漆芸展 情熱-Passion-」を終えた感謝と感想を綴ってゆこうと思います。
さて、これを書いているのは個展の翌日11/23日の夜です。
京都に帰ってきております。


たぶん、何日かしたら会期中のことやその前後の記憶がぼんやりしてしまうと思うので、
いつかの自分のためにも書き記します。
会期を終えて、今、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
とにかく会場に来てくれた全ての方に、
スタッフのみんな、手伝ってくださった方々、家族、西武池袋の皆様
SNSで情報を伝えてくれた皆様。思い返せばキリがないほどのお力で会期を終えることができました。


「個展を成功させる」という一心で、
あらゆる手立てを打ち、漆芸を中心とした美的体験の現在形を示したつもりです。
もちろん全てが完璧なわけでなく、改善の余地を多く残しております。
しかし、今回の個展タイトル「情熱」を感じていただける展示ができたのではないかと思っております。

結果として今思うことは個展を成功させることは
作品制作そのものに似ているという思いです。
それは作品の小さなパーツを丁寧に作るように
綺麗な一本の線を引くように、
一人ひとりに挨拶をし、作品集にサインをしてゆく。
それは作品を作るか
人間関係や感動を作り出すこととイコールなのだと思いました。


僕が見てきた、そして作り出す
漆、蒔絵の輝きが誰かの心に少しでも残ってくれて
本の一瞬でも心が動いてくれれば、
きっと明日も作って行けるし、
その感情は波紋のように広がる。

きっと誰かがそれを未来に伝えてくれるはずです。
今回の個展はたくさんの同世代や若い人が見にきてくれました。
「空前の蒔絵ブームを巻き起こす、それも世界で」という目標の
大きな節目になると確信しています。

今回は本当にありがとうございました。
またお会いできたら嬉しいです!!


他の記事はこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください