自分の売り物を解像すること

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
今日は自分が何を作っているのか、
そして何を売っているのかについて書こうと思います。

プロローグ

あなたの売っているものはなんでしょうか?
あなたの商売はなんですか?

僕は漆芸作家という職業で漆の箱なんかを作っています。
箱の役割はものをしまう蓋付きの容器ですが、
僕の作品の価格は高くて、用途に対して説明ができないように感じます。

今日のテーマでもある「用途の先のもの。物の先にある事」を解像することに触れたいと思います。


先にも述べたとおり僕の作品はいわゆる「漆器」ですが
どうやら用途はそこではないようです。
僕は長年「自分が何を作っているのかわからない」状態でしたが、
少し前に「用途の先にあるもの」に気がつきました。

それは「信念」でした。
僕は作品を通して「信念の具現化」を行っていたのです。

つまり僕の売り物は「物」ではなく「信念」だったのです。
物の価格には上限があります。だけどそこに信念が加わると価値観が変わります。
フェラーリが売っているのは
「早い車」ではなく「生き方」や「スタイル」「ステータス」です。



僕が作っている「信念」
本来形のない物ですが、誰もがそれぞれの「信念」を必ず持っています。

「世界平和を信じる」「平等を愛す」「美しい生き方をする」などなど
このように存在するけど形がないものに、形を与えることが僕たち作家の仕事だと感じるようになりました。

そして「信念」は誰かに同期され、拡張され伝わります。
「伝統」の本質と言ってもいいかもしれません。

上記のように自分の活動の意味合いが
物を作ることから「信念の具現化」へと変わったことによって、
随分と楽になったし、自由になりました。

一歩踏み込んで、自分の職業や商品を
もう一つのフィルターやレンズで解像してやると、
自分はどこまでも自由になれるような気がします。


他の記事はこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください