Yasuhiro Asai 浅井康宏

蒔絵螺鈿舟形箱「海路」

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


作家という生き方は、時に孤独なもので、
それは夜の海に小さな舟を浮かべ、
見えない目的地を目指すようなものです。

真っ暗闇だけど、心にはぼんやりと光が灯っていて
それが進路を照らしてくれているように思います。
暗闇に灯る美という小さな光を手がかりに
見たこともないような景色を見たい。

Yasuhiro Asai 浅井康宏
Photo by Tadayuki Minamoto

箱の蓋を開けた時、心の中を満たしている光があふれ出すような作品ができました。

美術が好きだ。
漆が好きだ。
蒔絵が好きだ。

1日でも長く、僕は作品を作っていたい、
そして一人でも多くの人に作品を見てもらいたい。

いい作品ができました。


他の記事はこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください