読書感

1ヶ月にどれくらい本を読みますか?
1年に何冊くらい本を読みますか?
本は好きですか?

子供の頃
祖父母や両親に
「本を読め」と何度も言われた記憶があります。(母親以外あまり読書しない人たちでしたが。。)
でも
子供の頃は本を読むのが好きではありませんでした。
学校の教科書のイメージや
読書感想文のための苦痛な読書がすごく嫌いでした。

少しずつ本が好きになったのは
中学生の時です。
反抗期になって、少しでも父親より知識をつけたいと思ったのがきっかけです。

あまり覚えていませんが
斎藤一人とか
川端康成とか三島由紀夫とか
ジャンル、年代を全く考えない乱読でした。
よくわからないけど、田舎の本屋にいってはタイトルや表紙を見て
いろいろ読もうと思いました。

信じられませんが20年くらい前は
インターネットの普及率や用途が限定的で
今みたいにレビューを調べて、失敗しないように選ぶなんてことが、全くありませんでした。

だから、父親を超えたいという事が第一で
半分やけくそで読書していました。

今は

実践的な読書をしています。
漆の本を読んで、技法を学ぶ事もそうですし、
有名な芸術家の本を読んでその人の考え方に触れます。
肯定できる部分が少なくても、
どこかで自分の思考に影響を与えてくれていると思うのです。

亡くなった人の知識を得る事ができます。
著書を執筆してまで何かを伝えたい人たちが
集団で僕に影響を与えようとしている状態です。

大きな本屋に行けば、
必ず自分の興味のある本があるはずです。
多くの人の知恵や技や思想を
たぐり寄せて、自分も何かを残してゆければ最高です。

最近は月に4冊くらい読む事ができます
オーディオブックの普及で作業中に聞く事ができます。
純粋な読書と言えないかもしれないけど
おすすめです。


他の記事はこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください