鳥取漆精製完了!

鳥取漆の採取が今年から始まった記事は何度か書いてきました。
日本の漆は採取時期によって、名称がことなり
用途も分けて使います。

簡単に分けると

初漆(はつうるし)
六月から始まる採取の最初のうちに摂る漆
特徴は水分量が多く、乾きが早い
用途は仕上げのスリ漆などに使う

盛漆(さかりうるし)
夏場、漆の採取が最も多くなった時期にとれる漆
ウルシオールという成分が多く、
漆としては最上の質です。
主に、塗り漆に使う
木地呂色、黒呂色に生成して使用する。

末漆 (すえうるし)
夏場を過ぎ漆掻きシーズンが終わりに差し掛かる頃に採取する漆
木が弱っている時期に採取するため盛漆より評価が一段低い。
乾きが遅く、透けが悪いと言われる。
下地に使われる。


どの漆をいつ使うは使い手の自由ですが
一般的には上記のような特徴で使い分けられています。

我が家の漆ですが、
10本から約6キロの漆が採取されました。
採取時期に分けて保管していましたが
この度、精製して塗り用の漆を作ります。

といっても、量が多いのプロにお願いすることに。
京都の堤浅吉漆店さん

http://www.kourin-urushi.com

僕は毎回堤さんから塗り用の漆を買っているので
今回の精製は堤さんにお願いしました。

堤さんの漆は透けがよく、乾きが僕好みです。
特に木地呂と梨地漆を愛用していて
堤さんの漆は僕の蒔絵になくてはならない漆と言えます。

今回は約3キロの盛漆から
木地呂(透明度の高い漆)
黒呂色(黒い漆)の精製。

本日精製された漆が帰ってきたので、
早速試し付け(漆の乾きを確かめる作業)をしました。
明日どのような乾き方をしているか楽しみです。

とりあえず、漆の生産から作品制作を行うという夢がひとつ叶いました。

15589858_1194237063996793_1925967120500181414_n

15672974_1194237050663461_8734670568632656239_n


他の記事はこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください