2021年もコロナとの戦いが続きそう

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/
クラウドファンディングはこちら


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
今日は2021年もコロナが僕たちの価値観を変え続け、美術作家はどのように立ち向かえば良いか考えてゆきます。

2020年は僕たちが想像していなかった事態に世界中が混乱しました。
「現代に疫病って嘘でしょ?」という驚きとともに、情報と現実の渦の中で
価値観が分断されてゆく日々を送っています。

美術業界では展覧会の延期中止が相次ぎ
「この期間に個展が予定されていた人は残念だろうな」と他人事に思えない気持ちでした。
しかし、現在第3波が猛威を奮っており、
2021年11月に開催される僕の個展も、どうやらコロナを無視することはできない気がします。


だけど「コロナの影響で失敗してしまった」という事にはしたくないので
出来る限りのことはしてゆきたいと思います。

まず、情報とビジュアルを最大限ネット上で発信したい。
特に、SNSとブログ、YouTubeは長い間続けてきたので、
どんどん情報をアップしてゆきます。

リアルで動きにくい状況でもスマートフォンやpcの中に
作品を届けます。

その中で興味を持った人に会場に来ていただければ幸いです。




制作過程もオープンに
これは最近試行錯誤していることですが、
制作風景をアップすることも行っています。
今のところ
YouTube
17Live
00:00studio
以上のプラットフォームを試していて
今後自分に合うもの、使い方を見つけてゆこうかと思っています。

作り手が気づきにくい
「制作風景の面白さ」があるなら
この辺りもオープンにして開かれた工房作りも面白いかなと思っています。


とにかく、2021もコロナの影響が避けられなくなってきたので
「コロナ✖️美 術」の正解を探しながらの活動が続きそうです。

どんなことがあっても今世紀最強の漆の展覧会を目指して活動してゆきます。


他の記事はこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください