asai-urushi のすべての投稿

ブラック企業の作り方がわからない

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


実は僕の作品制作は法人化して行なっています。
今期で5期目の株式会社です。

なぜ会社にしているかといえば、スタッフの待遇を良くしたいと思ったからです。
会社の設立というのは色々大変で、税金面や社会保障など学んだり
専門家の力を借りなければならない場面というのが多いです。
会社を運営するにあたっての、ルールはたくさんあり
そういうのを1つ1つ確認しながら進めていますが、
言われた通りにしていると、実にクリーンな会社が出来上がります。

ルールに従っているとあまりに融通がきかないから
正直、苦しい状況になることが多いです。
でも、それは社会とスタッフとの信頼関係のために厳守してるんですよ。
それが経営者の務めだと思っているから。
それに、嘘をついたり騙したりできない性格なので
ルールの中で最高の仕事ができるチーム作りを目指し、毎日努力しています。

そこで思うことが1つあります。
僕はブラック企業の作り方がわかりません。
ブラック企業って、自分やスタッフや社会に嘘をついているんですよね。
サービス残業ってどうやって強要できるのか
理不尽な独自ルールをどうやって作るのか。

それに、ブラック企業で働く気持ちがわかりません。
雇っている側と、雇われている側の認識に圧倒的な優劣みたいなのがあるのでしょうか。
「雇ってやっている」
「雇われている」
という間違った上下関係を僕は作ることはできません。
綺麗事ではなく、助け合ったり、お互いプラスになる関係性の中で
目的に向かうのが会社であり、組織だと思うのだけど、
一方が圧倒的に強い立場の状況で運営を続けることは不可能です。

厳しく聞こえるかもしれないけど、
「クビにされるかもしれない」
「次の働き口がない」
という不安があって、ブラック企業に勤めているのなら
実力が足りていないということです。
労働に対して利益が上回っているのなら会社もその人を手放せないし
待遇を良くしようと努めるはずです。

それでも待遇が悪いようであれば、やめればいいのです。
実力があれば間違いなく引く手数多です。


ルールを厳守し、嘘なく活動しようと思えば
ブラック企業を作ることは不可能でした。

逆に、ブラック企業が生まれるのは、そういう雰囲気を作っている
会社全体の責任なのかもしれません。
過度の依存関係がそれを許しているのです。

夢をもって働くことは良いことだけど
不利とわかっていても、何かに依存していたら
自分の心や体を消耗してしまいます。


ただし、経営者自身、スタートアップ時には必ず
長時間労働必用ですね。
会社はクリーンだけど、
個人としては超ブラックなのが制作のリアルです。

SONYの青色

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


昨年からSONYのカメラa7R2というミラーレスカメラを使っています。

主に、作品の工程を撮影していますが、
たまに外に持ち出して風景を撮影したりもします。

学生時代にも1度カメラにはまった時期がありました。
その時はフィルムカメラを持って色々と撮影した思い出があります。

今はデジタルに移行して、驚くべき画質が手に入るようになりました。
学生時代に「こういう感じの写真が撮りたいな」と思っていた
イメージが撮影しながら確認できることもあり、
頭の中にある絵をカメラで作ることができるようになりました。

SONYのカメラは僕の主観で青い色が綺麗に撮れます。
カメラの設定で、屋内、屋外、曇り等状況に応じた設定が選べるので、
自然な色味から、少し印象的な色調まで調整できます。
「この青、きれいだな」と思った写真をいくつか貼ってゆきます。

続けてよかった習慣 「図案日誌」

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


みなさんオススメの習慣ってありますか。
僕にはオススメできる習慣があります。

それは

アイデアを残す習慣です
漆芸界のレジェンド松田権六があらゆる著書で書いている
「図案日誌」を続けることの大切さ。
図案日誌とは、字のごとく毎日の図案を考えることです。
松田権六は手帳の空いたスペースに図案を残していて、
それが書籍として出版されています。

僕も20歳の時から図案日誌をつけ続けているので、
かれこれ16年分の図案が溜まっています。
これはいい習慣なんですが、はっきり言って98%は駄作なんです。
年間いくつかは「これはいい!」というのが生まれますが、
それでもほぼ使わないデザインです。

だけど、オススメしたい理由は
○アウトプットの癖をつけられる
○単純に忘れない

上記の2点です。

ひらめきは、偶然生まれるものではなく、
適切なインプットとアウトプットの習慣から生まれます。
「何かヒントはないかな?」という目線で世の中を見渡す癖がつくので、
視野が広がります。

そして人間は忘れる生き物なので、
日頃考えたちょっとした情報でも描きとめておくと
後のヒントになったりもします。


ちなみに僕の図案日誌は
最初の頃は「マイブック」を使っていました。

これは日付が書いてあるので日記としても最適です。

ここ5年ほどはもう少し大きい画面が欲しくて
「白い本」を使っています。

こちらは紙質も良く
A5サイズ、ハードカバーなので絵を描くのにぴったりです。

僕の場合、図案を描くことが仕事につながりますが、
他の仕事でもアイデアや考えたこと書き残すことはとても良いと思うのです。
真っ白なページに毎日、何かを残す習慣オススメです。

カメラレンズ解像度をめぐる旅 Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


昨年から作品撮りのためカメラとレンズを色々と試しています。
現状の機材は
カメラ sony a7r2
レンズ Nikon 50mm標準
    SIGMA 24-105 Art
接写機材 Nikonベローズ レンズが5本(蛇腹撮影用)

上記の機材に加えて 
Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2

というレンズを新しく購入しました。
もう一本迷ったのが純正レンズの
Sony SEL90M28G

両方解像度に定評があるレンズですが、
性格が違っています。

○MACRO APO-LANTHAR 65mmは
・65mm
・ハーフマクロ
・マニュアル

○SEL90M28G
・90mm
・マクロ
・オートフォーカス

MACRO APO-LANTHARを選んだ理由は
※65mmの画角が作品撮影にちょうどいいこと。
※ブツ撮りならマニュアルでいいから。


肝心の画質ですが、
やはりズームレンズとは別物です。
段違いの解像度でした。

ただ、正直ベローズとフジノンで撮影する接写の解像度が飛び抜けて高かったので
定評のある解像度に関しては、想像の範囲内でした。
明るい上に「えげつない解像度」と言われているように
確かに独特の写真が撮れる感じはあります。
ベローズのように三脚にのせて、蛇腹伸ばして、リモコンで、、、
みたいな作業せず、ピント合わせてパシャと撮れば
高解像度の画像が手に入るので、とても便利です。

最近ツイッターにアップしている作業写真はそのように撮影しています。


作品撮影に関しては、腕利きのカメラマンに撮影していただける流れが作れそうなので
メインはプロにお任せしようかと思っています。
制作過程や動画を撮影するために、揃えた機材で撮影を続けてゆきます。

最近のルーティン

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


もうすぐ京都に来て2年になります。
制作環境を大きく変えて、工房制作へと大きく舵をきる挑戦の日々です。
四月から3人体制で制作を進めており、このペースで
2021年秋の池袋西武の個展へと向かおうと思っています。

最近、一日のタイムスケジュールが固定されてきました。

6:30 起床 ツイッター見ながらダラダラ過ごす。
7:00 犬の散歩
7:30 朝食
8:00 朝ドラ見る
9:00 仕事スタート
12:30 近くのジムへ 500m泳ぐ
13:15 昼食
13:30 午後の仕事スタート
18:00 工房仕事終了
19:00 事務仕事などを終える
20:30 海外ドラマや映画を見ながら食事
22:00 ブログ書いたりする
23:00 英語の勉強
24:00 就寝

このような日々を淡々と過ごしています。
結婚してからテレビを見る時間が増えました。
一人暮らしの時はテレビを持っていなかったけど、
朝ドラと海外ドラマは奥さんとゆったり過ごす時間にちょうどいいです。

作業時間は大幅に減りました。
埼玉で活動していた頃は
10:00作業開始
16:00食事
18:00作業開始
23:00作業終了
2:00就寝

上記のように、作業量を増やすことに特化したスケジュールでした。
1日2食で夜まで作業できて気に入っていたのですが、今と制作スタンスが違っていました。

埼玉時代は手を動かす時間を最大化させることを目的にしていたけど、
今はデザインや頭を使うことに時間を割いています。
チームで分担できる仕事を割振るので、
パーツを一人で作り続けなければならない頃と違って、
デザインを起こす作業や
僕にしかできない作業の時間を多く取れるようになりました。

このタイムスケジュールも
まだ改良の余地があるかもしれません。
作品の完成度は上がってきたので、
自分でできることはしっかりとコントロールしてゆこうと思います。

三年坂美術館の「調度を彩る 蒔絵の美」が最高だった

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


清水、三年坂の真ん中あたり、
今ではすっかり外国人観光客が多くなった風情のある場所に三年坂美術館はあります。
幕末、明治の工芸が集まったその美術館に最初に訪れたのは、
高校3年生の時でした。
当時京都の美術予備校に通っていたので、
チラシを頼りに自転車で見に行った記憶があります。
それからずっと好きな美術館。

現在の企画展は
「調度を彩る 蒔絵の美」
久しぶりに、感動する展覧会でした。
陳列作品は、文箱、文机、棚、香合とバリエーションに富んでいます。
王道の蒔絵から、螺鈿を基調とした「柴山細工」
青貝を用いた「杣田」の名品も陳列されていました。
僕が、高校生のとき感じた感動が蘇るような展覧会だったのですが、
当時とは違った目線で見えるポイントもたくさんありました。

具体的には、
金粉の仕立てが、作品ごとにバリエーションがあって
現代の教育現場では教えられていない仕立てが多い。
それで、どうやっているのかわからないんだけど、
仮説を立てて再現してみたいことがたくさんあるんです。
気になりすぎて、たくさんの宿題のメモを取って帰りました。

実は「調度を彩る 蒔絵の美」2度目の訪問です。
何日か前行ったけど、一度では確認したい技術がまとまらなくて、
おそらくあと二回くらいは行く気がします。
それくらい僕にとって良い展覧会でした。

勉強のためではなくても
蒔絵好きにはたまらない展覧会だと思います。

受付でミュージアムスコープ(有料 200円)を借りることができるので
ぜひ細部の技まで見てもらいたい展覧会でした。

三年坂美術館HP
http://www.sannenzaka-museum.co.jp/index.html

世界一わかりやすい漆器の扱い方

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


先日、「漆器の扱いで絶対やってはダメな事3つ」という過去記事を紹介ました。
記事の中でやってはダメなことは書いたけど、
「このように扱うと長く使えますよ」という提案がなかったので、
世界一簡単な漆器の扱い方を紹介します。

言いますよ。

自分の肌と同じように扱う

これは大学時代の恩師に教えてもらいました。
「自分の肌のように扱う」とはどういうことでしょうか。


◯イメージしてみてください。
自分の肌を洗うとき金属のたわし使わないですよね。
使い終わったらスポンジと洗剤で洗ってください

◯濡らしたままだと、水垢がつくことがあるので拭くのがオススメ。
普段使いの漆器だと水切りかごで乾かしても大丈夫です。
僕がいつも使ってるお椀は特に拭くことはせず水をきるだけです。

◯紫外線が強いとこに置いておくと肌が日焼けするように
漆器にもダメージがあります。外に置きっ放しという状況は無いと思うけど、
直射日光を避けてもらえるといいですね。

扱いに迷ったら

自分の肌と同じように扱う

簡単なので自分の生活に合わせた使い方を見つけてもらえると嬉しいです。

「芸大おじさん」「ギャラリーストーカー」迷惑なお客さん

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


美術系の人をフォローしてると流れてくる
「芸大おじさん」と「ギャラリーストーカー」
名称を目にしたらすぐ思い当たる人も多いのではないでしょうか。

ギャラリーとか百貨店には
それぞれ有名なお客さんが居ます(悪い意味で)

特に、若い女性作家は嫌な思いをされているようです。
「芸大おじさん」と言うのは、別に芸大、美大を出たおじさんではなく、
個展やグループ展に来て女性作家を食事に誘ったり
二人きりで話そうとする人。変な美術マウントを取ってくる人ですね。
「ギャラリーストーカー」とは字のごとく。

ツイッターでは悪質な内容も散見できます。

僕は男なので、コワイ目にあったことはありませんが、
それでも展覧会の会場にいると「!?」と思うお客さんもいます。
どのような人かと言うと

その1
説教をしてくる。
そこまで強烈な説教をされたわけではありませんが、
「手軽な安いものを作りなさい」とか
ギャラリートークの後に「〇〇の説明もちゃんとしなくちゃダメでしょ」
とわざわざ肩を叩いて言われたりします。
知らない人にいきなり注意されるのは、びっくりします。

その2
自分の話ばかりする
自分の話を延々とし続ける人がいます。
ほとんどの場合美術の話では無いので、聞いていて辛いです。

その3
作家がいることを知らずに作品の悪口を言う。
二人組で来ている人に多いのですが、
「うわ、高い」とか
「こんなのすぐ作れそう」など。
別に傷つくことはないけど、「後ろに作者がいますよー」と言いたくなります。

上記の3例、共通していることがあって
まず美術を楽しみに来てくれていません。
美術ファンを自称しているのかもしれませんが、作品を見ていない場合がほとんどです。

画廊としても実害はなくても、上記の人が来たら、
「浅井さん電話がかかってきましたので奥へ」とその人から引き離してもらったことも数回あります。
ギャラリーや画廊は美術を楽しむ場所です。
作家もお客様と話す機会を楽しみに在廊しています。
だから人間同士のマナーはしっかり意識して欲しい場面があります。

このブログを読んでくれている人に「芸大おじさん」がいる可能性は低いです。
理由は漆や僕の考えを知ろうとしてくれているからです。

人を惹きつけて、自分の意見を言いたくなると言うのも美術の魔法の1つなので
ある程度は仕方ないのかもしれません。

そうは言っても「芸大おじさん」は全体の1パーセントもいない。
少ないだけに目立ちます。


ここまでは嫌な話をしてきましたが
作品の話とか感想を聞かせていただけるのは嬉しいのです。
会場でお会いした際にはぜひお聞かせください。

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


将来の夢はありますか?
夢って、子供の頃に言う分にはいいけど、
大人になると、言う機会が少なくなりますね。

でも、夢を持つことは大人になってからの方が大切なのではないでしょうか。
社会性が少し備わって、自分と世界の距離感とか役目がわかってきたからこそ、
世の中をよりよくできる夢を持つことができますよね。

僕には夢があります。
まず、「世界的な漆ブームを巻き起こす」こと。
これからも漆と蒔絵を発信し続けます。
現状で漆の評価を上げる伸びシロは多いと思っていて、
過去に南蛮漆器と明治工芸で世界に漆芸ブームが起こったように
3度目の波を作れると思っています。

あとは作品価格を1作品1億円規模にしたいです。
僕の一生のうちで、漆芸の評価をどこまで上げることができるのか、
挑戦できる限り続けてゆきます。
お金はそれ自体が目的ではなく、
市場の活性化のために必要なものです。
美術は資本主義の尺図だと考えているので、
その中で漆芸作品の立ち位置を確立したいです。

最後に、漆芸を愛する人の中で生きていたい。
僕が漆芸によって人生の多くを得たように、
僕も誰かにそれを渡したいのです。
今は、作り手を育てることが一番良いことだと思っていて、
作り手が安心して制作ができる環境があれば、
そこからより良い作品が生まれ、
その作品が市場を作ることにより、
良好な循環が生まれるのです。

作り手、漆芸を支える道具を作る職人ともに苦しい時代だけど、
いつまでもそのような状況ではないと思います。
明確なイメージを持って、そこに向かえば夢は叶えてゆきます。

犬のいたずら

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


犬のいたずら動画とか面白いですよね。
人間に見つかったら自覚しているようで
反省の表情を見せます。
有名な動画

最近我が家の愛犬
ボーダーコリーのブー♀が
テーブルにお菓子を置きっぱなしにしたら
留守中に食べてしまうことがあり、
その時、動画のデンバーのように目を合わせなくなります。

普通ならドアを開けたら嬉しいそうに
尻尾を振って迎えに来るのに、
来ない時がある。
とても怪しい。一発でわかる反応です。
本当なら、会いたくてたまらないのに
こちらの表情をうかがってなかなか出てこない。
ボロボロになったビニール袋など
物証を確認すると
ベッドの下に隠れようとします。

本人も自覚あるんですね。
数分反省してもらって、
「もういいよ」の合図で元どおり。
わかってても止められない食欲、、
人間もテーブルの上に食べ物おき忘れないようにしないとな。