asai-urushi のすべての投稿

確実に訪れる漆の未来

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/
CAMPFIREコミュニティはこちら


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
今日は必ず訪れる漆業界の未来について書こうと思います。

1,日本での作り手は減少する
まず作り手は減少します。これは日本の人口比率から見ても明らかで、
日本における高齢化は工芸の世界でも顕著です。

2,漆の価格は上がる
これも確実なことで、ここ数年国産、中国産の漆は価格変更され上がりはするけど、
下がることは今後ないと思います。

3,海外進出は限定的
残念ながら市場を海外に向けたとき、マーケットは限定的だと思っています。

この三つの「たぶん訪れる未来」について書きますが、
全てが僕自身は悲観すべきではないと考えているので、その理由とともに現在考えている
未来像を説明します。

1,作り手の減少
日本は人口自体が減っているので、作り手も減ります。
ただ、美術大学を含め漆が学べる教育機関は多く、実は後継者の育成は行われています。

問題は、
「続けるのが難しい」こと。
僕もそうだったんだけど、独立して10年くらいは年収が10万円いかないような生活でした。
(その頃のことはこちらの記事で
よっぽど華やかな活動やキャリアを積まないと売れないことの方が多い。

一方で「何がなんでも続けたい」と思う卒業生は多くて、
そんな人たちの就職先は限定的だったり、
「弟子入り」という名のブラック労働がまかり通っていて
夢を描ける仕事になっていません。

考えてみてください。
専門的に学んで、卒業しても就職がなくて、
弟子入りしても生活できないようなお小遣いしかもらえない。

この状況はあまり良くない。
なので
作り手が増える→制作のクオリティが上がる→市場が活気づく
という流れを作りたいと思って活動をしています。

具体的には活動を株式会社化して
スタッフの社会保障を完備し、完全ホワイト経営をしています。
今は数人のスタッフしかいないけど、今後、活動が拡大すれば
上記の理想のサイクルが回ると思っています。


2,漆の価格は上がる
現状日本の漆液使用の国産、外国産比率は 
日本産5%に対して外国産が95%と輸入頼みになっております。
僕が学生だった頃日本産比率は2%だったから、上向いています。
だけど、完全に輸入に頼っている状況、しかも輸入先が中国一箇所なので、
国際問題や中国の人件費問題など、状況が変われば、日本の漆産業は壊滅します。

冷静に考えて、中国の人件費がいつまでも安いとは考えられないので
これからも価格は上がってゆくでしょう。

そこで、日本の漆採取の機械化を急ぐ必要があります。
(このことに関して書いた過去記事はこちら
伝統技法と言っても、一滴一滴人が木から漆を採取することが
漆の未来だと思えないのです。

機械化して、もし漆の性質に差が出るならば、
戻る必要があるかもしれないけど、得られる漆が一緒なのに
苦労に美意識を感じ、衰退して良いわけがありません。

これは傍観者として言っているのではなく、
家族で漆を育てて、採取している立場からの発言です。

3,海外進出は限定的
インターネットが普及して世界と繋がれる時代に突入しました。
個人のレベルで、海外になんでも送れます。
では漆の海外進出は可能なのか。
ここについても夢のないことを言うと
「可能だが限定的」と思っています。
具体的に言うと、
漆器は難しい、美術品としての漆は可能性がある。
↑漆器を卑下しているわけではないので、最後もで読んでいただけると嬉しいです。

漆器の海外展開が難しい理由は
食文化の違いがあるからです。
僕たちは、箸を使い、お椀に直接口をつけて食事をしますが、
この文化はアジア限定だったりします。

漆器でナイフとフォークを使うと
傷だらけになるので、洋食全般使えません。

ここで食文化と共に食器もセットで売り込みたいとも考えていましたが、
僕らが日本的な食事に馴染んでいるように、それぞれの国の食文化にも
歴史があり、定着した習慣があるので
「こちらの文化に合わせて」と言うのは難しいような気がします。

残念ながら食洗機に木のお椀を入れると
木材が割れたりするので、日本でも食器としての漆は今後も減ってゆくと思います。


では無くならないために何をすればいいか。
僕が今考えている答えは
「美意識を先行させる」です。
先ほど述べたとおり、漆器は人を選びます。
だから、食器から漆に馴染んでもらうことがこれから難しくなると思うんです。

なので、美しい作品で漆を知ってもらう→その後生活に取り入れてもらう
と言う流れが今後の生き残り戦略なのではないかと思います。

松田権六という明治生まれの先生も
漆文化を守るにはお椀が大切だと言って
お椀の研究資料を作っていたけど、
松田先生はバリバリの作家で、食器を作る人ではありません。
つまり美意識を先行させた上で、裾野を広げる作戦を実践していたのではないかと思います。

生活に寄り添った漆器は大切ですが、
このままいくと50年くらいかけてゆっくりと滅びてゆくと思います。

今僕は
漆が衰退する未来をどうにかしたい。って思ってなくて。
こんなに素晴らしいんだから発展するとしか考えていません。

あらゆるビジネスと一緒で、間違った方向に走れば失敗するけど
雄大な漆芸史の中に生きて現代を見つめてゆけば、きっと答えは見つかると思っています。
衰退の一途を辿っているのなら、今を起点上昇できると信じています。

物事を習慣化させる独自ルール

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/
CAMPFIREコミュニティはこちら


あけましておめでとうございます。
2022年最初の投稿は「今年はこういう年にするぜ!」と良い習慣を目標にした人に向けて
僕なりにうまくいった、習慣を作りやすいルールについて書いてみます。
僕なりのルールなので全ての人に合うかわからないけど、部分的に試してみて良いかもしれません。

1、時間と場所を固定化する
僕は19年くらい日記のようなデザイン日誌(図案日誌)を付けています。
毎日アイデアスケッチを描いているだけなのですが、そのデザインを考える
一見クリエイティブな作業を習慣化してます。

だけど、ここ数年描けない日が増えていたんです。
理由は環境の微妙な変化だったことに気がつきました。

もともと日誌を書くタイミングは「寝る前」だったんですが、
結婚すると1人の時と違って、電気を切るタイミングも気を使いますよね。
その「眩しいから早く電気消さなきゃな」という、ちょっとした気遣いみたいなもので
習慣を維持するのが難しくなっていたのだとわかりました。

現在日誌を描くのは「朝の掃除の後」です。
朝起きて、掃除機をかけて、ヨーグルトを小皿に入れた後に描く
というのを習慣化していて、それがうまくいっています。
毎日同じ場所で
掃除→ヨーグルト→デザイン
という流れを作っています。掃除とヨーグルトを強調しているのも意味がありますので、
後半に補足します。

2、お金をかける
新年の目標に「ダイエット」と「教養」を掲げる人も多いのではないでしょうか
「今年は〇〇キロ痩せる!」「英語を勉強する」とか。←ちなみにこれは僕の自身の目標でもあります。

こういう時僕は、お金で習慣化を買います。
忙しい毎日、何かを習慣にするのって結構きついことだと思うんですよ。
そのために時間を作らないとならないので。

そこで、サービスを買ってしまいます。
例えば、SIXPAD HOME GYM
これはオンラインで行うジムみたいなサービスですが、
プログラムが一月4000円くらいします。割と高い。

この「割と高い」感じが
「もったいないから頑張ろう」という感情に連動させて
習慣化させています。
英語もオンライ英会話を続けているのは、
サービスを買っているからというのも大きいです。

習慣化スイッチを作る
最後に「習慣化スイッチ」です。
どうやら人間の脳は3週間くらい続けていることを習慣と認識して
自動的に続けやすくするようなのですが、
それを継続するためのスイッチがあると良いと思っています。

例えば、以前僕は自宅の工房で作業をしていたのですが、
「歯磨きをしてから作業する」という流れを作っていました。
朝起きて→ご飯を食べて→歯磨きをして→作業する

このように連続した流れがありました。
昼も作業前に歯磨きをしているのですが、
歯磨きしたら作業するという流れがあるので
「今日はだるいなー」という感覚になることもなく
「歯磨き」「作業」「歯磨き」「作業」が連動して習慣化されていました。

ここで最初の「時間と場所を固定化する」の
「掃除」「ヨーグルト」に意味が出てきます。
掃除→ヨーグルト→図案の流れです。


ちょっとしたことだけど、忙しい毎日に新しい習慣を作るのは案外難しい。
そんな時に僕が行っている習慣化のコツが合いそうだったら試してください。

2021年 今年を振り返る その2

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/
CAMPFIREコミュニティはこちら


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
今日は2021年12月31日 大晦日です。
このブログは今年最後の記事になりますので、前回のブログから引き続き振り返りを書いて行きます。

今回は下半期を振り返って行きます。

下半期は5年ぶりの個展が開催されました。
そのために活動の全てを注ぎ込みました。

個展に合わせて行った活動は
作品集制作
念願だったハードカバーの作品集を制作しました
この制作がとても大変だったんです。
過去作を含めて手持ちで東京へ運び撮影を進めて行きました。
手元にない作品は直接お預かりに行くため、全国を飛び回りました。

文章も書いていたのですが、執筆する時間が作るのが難しくて、
移動時間を使って書いてゆくのですが、
途切れ途切れの文章をどうにか繋いで、校正に出す→翻訳に出す。
さらに校正を何度も重ねて行きます。

デザイン・写真は世界のどこに出しても恥ずかしくないクオリティーの仕上がりとなっております。
もちろん作品も世界を目指して作っております。

会場造作
個展は会場の演出も頑張ろうご思いました。
映像の投影を軸にじっくりと作って行きました。
映像は新作をモチーフにしたCG作品
そして、「蒔絵螺鈿箱 軌跡」の制作を追ったドキュメンタリー映像を会場で増設した、巨大な壁面に投影しました。

映像のプロジェクトに関しても多くのプロフェッショナルと共同して制作できたのがとても楽しかったです。


今年は個展を軸に活動してきましたが、
自分にできることの限界を思い知る年でもありました。

来年は最高傑作を更新してゆけるように作り続けます。

今年は本当にありがとうございました!!
来年もよろしくお願いします。

2021 今年を振り返る その1

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/
CAMPFIREコミュニティはこちら


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
今日は2021年12月29日ということで、今年を振り返ってみようと思います。
別にためになることは無いと思うので、個人的な日記を読んでいるような感覚で眺めてもらえればと思います。

まず今年の前半1月から00:00Live(フォーゼロライブと読みます)という動画プラットフォームで制作のライブ配信を始めました。
https://0000.studio/Asai/contents/169ee9d3-f6b1-44ac-a901-0e140de9c8d1

こんな感じでひたすら作業を配信していたりします。

それで、楽しく配信していたら公式に取材してもらうことができました!

https://note.com/0000studio/n/n962cfc008d88

そして、個展前に再度取材していただけました。
https://note.com/0000studio/n/n245633ddd53b

さらに、個展の設営をライブ配信しようと考えていると、
00:00で繋がっている方から「公式に声かけてみる!」と言われ、
あれあれよと、公式ライブ配信となりました。
間を繋いでくれた方、そして運営さんには感謝です。
その時の配信がこちら
https://0000.studio/0000admin/broadcasts/ab9e7535-db42-4114-bc5b-91c206ba3337/archive

壁面が造作され、プロジェクターの調整が行われてゆくところが見られます。


クラウドファンディング

個展に向かうために2度クラウドファンディングを実施しました。
1度目は作品集を作るため

2度目は個展の会場設営のためです。
二つのキャンペーンは成功し、なんとか思った個展を行うことができました。
当然個展は始まってみないと結果がわからないけど、
出てゆく費用はわかるわけで、大変な危機感の中で企画を進めてゆくわけです。
個展前は回収できるかわからない莫大な借金のプレッシャーとの戦いでした。

普通だったら、耐えられなかったけど、クラウドファンディングで
資金面もそうだけど、精神的にも「応援してくれている人がいる」という気持ちの拠り所ができたようです。d


2021年下半期については
また明日書こうと思います。

作品集二冊が販売開始されました

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/
CAMPFIREコミュニティはこちら


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
11月の個展が終わってから、ずっと箱書や発送など、個展に関する仕事が終わり切らなかったのですが、
先日全ての発送を終えてまた新たに走り出せそうな、活きの良い状態です。

今日は最新の作品集に加え
2017年の作品集も公式販売が開始されたので、そのお知らせです。

こちらの二作品がAmazonでお求めいただけます。

Amazonでご購入いただいた場合でも、公募展の会場やグループ展へ作品集を持ってきていただければ
喜んでサインandドローイングします。
(僕の人生は今後常にカバンに金と銀の筆ペンを忍ばせておかなければならないのかもしれない)


この二冊の作品集は
それぞれ個展に合わせて制作しました。

「浅井康宏 蒔絵作品集-光をめぐる-」は2017年の個展
およそ20作品掲載されて制作風景も収録されております。
写真のクオリティも高く、楽しんでもらえると思います。


「情熱 -Passion-」は2021年の作品集です。
過去作も含め、撮影し直しも行った28作品が掲載されております。
そのほか、制作風景、漆採取風景、取材の空撮などを見ていただけます。

Passionはクオリティが高い分高価です。なので、どのような作品があるのか、
ちょっと見てみたいと思われる方は「光をめぐる」がおすすめです。
両方とも思い入れのある作品集なので、よかったら手にとってみてください。

Amazonのレビューもよろしければ投稿していただけると嬉しいです。

休み方がわからない。

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/
CAMPFIREコミュニティはこちら


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
今日は休暇がストレスになる僕の悪い思考について書きます。

仕事が基本的に好きなので、工房に行かないとなんだか落ち着きません。
変なのですが、気が重い作業から逃れるために現実逃避で好きな仕事をしたりします。

体力がもたなくなると意を決して「休もう!」と思うのですが、
それがなんとなく罪悪感に苛まれることがあります。

たぶんここ半年はコロナワクチンの服反応で二日休んだ以外で全休した日はなかったと思います。
で、今日は久しぶりに工房へ行かず、家でだらだらしていたのですが、それがなんとも気持ちが悪くて、
夕方に意味もなく工房へ行こうかと考えています。

休むことの恐怖や仕事をしたいと思う気持ちから工房へ向かうんですが、
体と同時に心を休める努力が必要だと思いました。

ちょっと日記みたいな記事

仕事におけるお金をかける部分とケチる部分

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/
CAMPFIREコミュニティはこちら


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
今日は仕事の場面でお金をかけていい部分と、ケチった方がいい部分。僕なりの基準を書いてゆきます。
僕の基準なので参考になるかわかりませんが、お金をかけた方がいい部分は結果的にプラスになりやすいと思っているので、
参考にしてもらっても後悔は少ないかと思います。

まず、お金をかけていい部分

1、道具
これは仕事道具なので、割と最初から最高のものを買って良いと思います。
僕の場合、筆、刷毛などです。
手技の道具っていい道具を使ったら80パーセントの技術が95パーセントに上がるというわけではなく、
平均的な道具と良い道具で現れる違いなんて数%くらいなんです。イメージとして98パーセントの技術を持っていて
道具のコンディションを整えることで99パーセントになるようなものです。
だけど、良い道具を使うと上達が早くなるのは確実です。

僕の場合漆芸ですが、他の分野にもある程度当てはまると思っています。

2、機械
意外に加工機会やpcなどを買うのが好きで
直線を切る帯鋸だったり、切断を行う丸鋸って手斬りより早くて正確だったりします。
この辺りでいいものを買っておくとびっくりするくらい長持ちするし、作業時間の短縮になる場合が多くてお勧めです。
PCやデバイスも古くなって動きが遅くなるとストレスなので、必要に応じて買ってゆきます。
ちなみに工房にはPCが5台あります。加工機械やカメラそれぞれに設置して専用機にしていたりします。

3、撮影機材
これは多少趣味も入っているような気がしますが、
僕は美術作家なので、日々の制作を記録するときや動画の配信はできるだけ綺麗な画像を作りたいと思っています。
なので、カメラはいわゆるフラッグシップモデルを使うようにしています。
だけど現行の一番新しいモデルは高いので、ひとつ前とか、その前の最高機種を使ったりしてます。
映像が本業なわけではないのでこの辺りで十分かなと。

3、人
人にもお金を払いたい部分だと考えていて、
ホワイトな体勢と社会保障もしっかり完備しています。
これは個人の作品水準はもちろん、業界全体の水準を上げるために、まずは製作者の人数を増やすことが必要だからと考えて行動している結果です。


ケチる部分は

1、固定費
電話とか電気代は必要だけど、見直せば安くなったりするので
ネットのプランを見直したり、電気をこまめに消したりしています。
小さなことだけどネット、固定電話、スマートフォンを含め使用状況を最適化したら安くなったりします。

2、消耗品
工房ではエタノールやティッシュを大量に使います。
アマゾンの定期便を使って安く買ったり
大量に買うことで少し安く大量に保管するようにしています。

実際、近くのドラッグストアなんかの方が安い場合もありますが、
ここでケチるべきは数十円ではなく買いに行く時間なので
安く大量購入してストックするのが今のところベストだと思っています。

3、宿泊費
出張に行った際、宿泊はできるだけ安いホテルを使うようにしています。
疲れが出ない最低限のホテルだったらいいかなと思っています。
カプセルホテルは眠りが浅くなるので、数回の利用でやめました。

20代の頃は夜行バスを多用していましたが、これも疲れが取れないので
最近は新幹線移動にしています。


上記のように
時間を得られるもの
成果が得られるものに対してお金をしっかり使う。
当たり前ですが、制作費もかなり多くのお金を使っています。
あと、作品集の出版も作品制作だと思っているので、無理をしてでも良いものを作ろうとしました。

消耗するもの。定期的に必要になるものに関してはしっかりケチるという方針で
活動を続けています。

作品集の販売がスタート

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/
CAMPFIREコミュニティはこちら


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
今日は「浅井康宏作品集 情熱-Passion-」の販売が開始されたので宣伝みたいなことを書こうと思います。

まずは

このようにAmazonで作品集の購入が可能になっております。
今回の作品集は事前のクラウドファンディングと会場販売、コミュニティーメンバーさんだけの販売にしようかと思っておりましたが、
高額な本ということもあり、会場で買うのを迷った方にじっくり考えて購入できる場所があったらと思って販売を開始しました。
なので、中身は少ししかみられませんが、じっくり検討していただければと思います。

2017年初版の「浅井康宏漆芸作品集 -光をめぐる-」という本も
しばらく絶版でしたが、第二版を発行しました。こちらはたまにヤフオクとかメルカリに出品されて
微妙に値上がりしていたので、公式に第二版を発行しようと思ったわけです。

「割高で売られて買いにくい状況なら、公式で作るわ」という気持ちで誤字の修正や少しクオリティを上げて再版
公式販売を行おうと思います。
購入は同じくAmazonから行います。
ご興味のある方はもうしばらくお待ちください。

もともと公式に販売できるように
出版社を立ち上げていたので、やっと思いがかなった形になります。

今後もクオリティの高い作品集を出版して、そして手に取りやすい経路を作って行こうと思います。
たぶんお手頃価格の本は作らないと思いますが、
世界に通用する美意識の本づくりを目指します。

Studio Zipanguの本を今後ともどうぞよろしくお願いします。

作品集の販売

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/
CAMPFIREコミュニティはこちら


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
先日Twitterのアンケートを取りました。

書籍の販売という事で、やはり強いAmazon

Amazonでの販売にむけて動き出そうと思っております。


2017年の作品集「-光をめぐる-」しばらく欠品しておりましたが、
ヤフオクやメルカリで定価以上で取引されるようになっていたので再版を行おうと思いました。
2021年の「情熱-Passion-」は前回の作品集よりたくさん発行しておりますが、
現在在庫が十分という感じでは無いような気がしてきました。

美術書としても高額な部類の本になっておりますが、クオリティは世界のどこに出しても恥ずかしく無いものになっています。
一般販売が始まりましたらどうぞよろしくお願いします。


そして、次回の個展と作品集のコンセプトが固まってきました。
次回も今回と同じ規模のの作品集を制作したいと思っています。130pくらいの本になる気がします。
詳しいことはもう少し先にお伝えすることになると思いますが、「情熱-Passion-」の流れを引き継いだ作品集を作り、
4年後くらいに大型本を作る計画をふんわり立てています。

物事がうまくいったときにやっていたこと

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/
CAMPFIREコミュニティはこちら


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
今日は何かをやろうとして、結果がよかった時と、悪かった時でどのような行動の違いがあったのか考えてみます。
全てに当てはまるわけではないけど、なんとなく「あの時はあの順番で行ったのが良かったんじゃないか」というのを書いてゆきます。

まず、行動するときの順番
1,調べる
2,考える
3,実行する

この三つのバランスが大切な気がします。
周りで、
「調べてばかりの人」「考えてばかりの人」「考えずに行動する人」いませんか?
それぞれ
調べてばかり、考えてばかりの人には「行動に移せば良いのに」と思うし
考えずに行動する人には「もうちょっと考えてから行動に移せば良いのに」と思ってしまいますが、
自分だってそれができている時とそうでない時があります。

僕の場合、ひとつの作品を制作するのに時間がかかるので自ずと
「準備して挑まねば、年間制作数が悲惨なことになる」というのを理解し
新しい作品を作るときには、あらかじめ書籍から技法を調べたり、そこから応用できる部分を抜き出して、制作をしてゆきます。

制作の中にも上記のプロセスがあり先人もその合理的な方法を教えてくれています。
近代漆芸の巨人、松田権六は三つの学び方について語っています。

「人から学ぶ」「ものから学ぶ」「自然から学ぶ」
これは最初は人から教えてもらい、見方がわかってきたら制作されたものから学ぶ、さらにその根源にある自然から学ぶことができれば制作の幅が広がるというもの。
これは1の「調べる」に近くて、とにかくたくさんのソースから調べることが偏りのない学びにつながると思っています。
例えば、ネットだけ、本だけ、テレビだけ、人づてだけだと情報が偏りがちなので、あらゆるソースを使う。

2でその情報をもとに自分で考えてゆきます。
制作に落とし込むとしたら、伝統技法はマスターしたので、
「螺鈿と蒔絵を組み合わせてみよう」とか「厚貝螺鈿の上に蒔絵してテンポをつけよう」など
このような思考のレベルを上げてゆきます。

3の実行で
調べて考えた技法を駆使してやってみます。
内容が複雑になる程、失敗も増えてきますが、
失敗しても作品は動き出すし、一見失敗に見える表現も表現を変えれば輝くこともあります。
何より、この世の中になかったものが一つ生まれるのです。


僕は漆歴がそこそこ長くなってきているので、
誰かの作品を見たとき「どのような思考で作ったか」というのが少しはわかるつもりです。
そのとき「調べてないな」「考えられてないな」というのはわかるので、未成熟に見えるものもあります。
もちろんそういう原石のような美しさもあるにはあるけど、それで何十年も走り続けることは難しいので
作品に向かう思想や姿勢がどこかで助けになるように思います。


今回は漆にあてはめて書きましたが、
人生においても何か物事を進める場合、このルールのもと実行することが
自分をより遠くに連れて行ってくれる鍵なのでは無いかと感じてます。