asai-urushi のすべての投稿

蒔絵螺鈿高坏「菊華」「光華」はこうして生まれました。

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


先日twitterにアップした作品
蒔絵螺鈿高坏(まきえらでんたかつき)「菊華」「光華」
多くの方に見てもらえて嬉しいです!

今回の記事では、この作品を作った経緯について書こうと思います。


プロローグ
この作品は
元サッカー日本代表の中田英寿さんが主催している
日本酒のイベント「Craft Sake week」のために制作しました。
http://craftsakeweek.com/rh/
僕が参加させてもらったのは2018年。

日本中の酒蔵から中田さんが選んだお酒と料理を楽しめるイベントで
六本木ヒルズで毎年開催されています。
併設イベントとして「しゅきや」という工芸作家が酒器を作り展示します。
2018年は
桑田卓郎さん
佐故龍平さん
中川周士さん
新里明士さん
上記の皆さんと一緒に参加させていただきました。

浅井康宏 蒔絵高坏 「光華」
浅井康宏 蒔絵高坏 「光華」

経緯
このイベントの10ヶ月ほど前に
キュレーターの方にお話をいただきました。
でも、
最初ちょっと戸惑ったんです。
「六本木の野外イベントに何を作ろうか、そもそも蒔絵が合うのか?」と
キュレーターさんから
中田さんがこのイベントへかける情熱と
「ライフスタイルを変えるような酒器があってもいいのではないか」
という提案をもらって
「よし!作ろう」と決めました。


日本酒で僕が提案したい新しいイメージって
「圧倒的な美」としての器でした。
具体的に言うと、正倉院御物のような
幾年も伝わる祭器のような、
日本酒のイメージをどこまでも高めてくれる物を作りたかったんです。

そこから8ヶ月間かけて2つの酒器を作りました。

それまで僕が作ってきた酒器の価格は最高13万円代で、
「この作品を作ったら100万円を超えてしまう」という覚悟が必要でした。
何しろ最高の素材を使って8ヶ月間かけての制作だったから、
「売れなくてもいい!!とにかく最高の作品を作るんだ!!」と思い切って
制作に飛び込みました。


結果的に根付作家の万征さんとの共同制作も成功し、
自分の制作を前進させてくれるような作品が完成しました。
あの時、思い切って飛び込まなければこの作品はありませんでした。

人生において成長の機会はたくさんあるけど、
迷った時に「えいや!!」と歩み出す勇気が自分を成長させてくれることがある。
そんな大切な作品になりました。

ちなみに、この作品は無事、所有者が決まり
今は手元にありません。

中田さんからは
「技術力ありすぎですよ!今度は浅井さんのもうちょっと日常使いの作品やドロドロした側面が見たいですね」という感想をもらいました。
それ以外に話したことは機会があれば書きますね。

これからもいい意味で期待を裏切るような作品を作って行こうと思います。

30代半ばの僕が気づいた「人生を少しだけ自分らしく生きる方法」

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


誰かに何かをさとすわけでは無いけど、
36年生きてきた中で見つけた、少しだけ自分らしく生きられるコツがあってそれを書こうと思います。


プロローグ
僕の記事をいくつか読んでくれていたり、
SNSで僕のことを知ってくれた人は知っていると思いますが、
僕は漆芸作家という職業で生きています。
詳しいプロフィールは上の方にあるリンクをクリックしてみてください。

僕は若い頃不登校だったり、
うつ病になったり20代まではとにかく
「生きにくさ」を感じ続けていました。
それが30代になると少しづつ
自分らしく、そして、少しだけラクに生きられるようになりました。


ここからは、なぜ僕が抱えていた問題がなくなっていったか説明してゆきます。

結局のところ人生を困難にしているの勝手な思い込みだったと気がつきました。
20代の頃の僕はとにかく、
「〇〇をしたら誰かにどう見られるかわからない。」
「〇〇をしたら恥をかく。」
という観念に囚われて、
いつもどこにもいない誰かに気を使って生きていたような気がします。

だけど、はっきり言って、僕の事なんて誰も気にしていません
自分が思っているほど、人は僕の事なんて気にしてないし、
僕も他の何人、何十人の事なんて自分の時間の中で考えていませんでした。

例えば付き合ったばかりの彼女がいるなら、その子のことばかり考えてしまうかもしれないけど、
一日のうちに考えている時間なんて知れているし、他人や、ちょっとした知り合いなら
それこそ、気にもとめません。

「ああ、他の人にどう思われるかなんか気にしすぎなくてもいいのか」
「だって、自分も思ったより人の事気にしてなかったしな」
という気づきが人生を自分の元に近づけてくれました。


◇そしてもう1つ。
他人の中に自分を作らない事。
僕はとにかく「あの人にどう思われているのだろうか」
という他人の中の自分像を気にしすぎていたように思います。
前述した通り、誰かにとっての自分なんて絶対的な他人なのだから、
自分が思っているほど他の人の中に自分像など存在していませんでした。

そして、大切なのが
「その人にどう思われようが自分に責任は無い」という事実です。
例えば、どんな善人がいても善人が嫌いな人がいます。
どこか被災地に多額の寄付をしても叩かれる人がいるように
善行を嫌う人もいるのです。

でも善行を行なって嫌われても、当然「自分が行なった善行で嫌われてしまった。僕は悪い。。。」
などと悩む必要はありませんよね。

つまり、自分らしく生きようとした時に、
誰かが後ろ指を指すかも知れないし、それを否定し笑う人がいるかも知れない。
でもそれは自分の責任ではありません。
否定的な人の中にある僕の姿に、僕は責任を取る必要がないと気がついた時、
ずいぶん楽になりました。

他人の中の自分像が自分が思い描いているものと違っても、
その自分像の責任は宿主にある。
という感じです。

「なんだ、さっさと自分が思ったことを軽快にこなせばこんなに楽しかったのか」
というのが、30代の僕が気がついたことです。

肩の力を抜いて自分を見つめると、
少しだけ楽しい明日が見つかるかも知れません。

展覧会のご案内 金沢市立安江金箔工芸館「現代工芸の展開 2019」

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


出品展覧会情報です。

金沢市立安江金箔工芸館
「現代工芸の展開 2019」

令和元年10月5日(土)~令和元年11月24日(日)

上記の展覧会に作品を作品を4作出品いたします。
(新作はありません。申し訳ございません。)

以下
金沢市立安江金箔工芸館HPより

 日本の工芸は、時代とともに大きく変化してきました。近代以降の美術工芸の表現方法の変化にともない、伝統工芸の分野でも、あたらしい素材や技術を探求し、斬新で挑戦的な作品が数多く生み出されています。
今回は「金工」、「漆芸」、「截金」の3つのジャンルを取り上げます。
いずれも、古くから日本に伝わる高度な伝統技術が必要とされるもので、複雑な工程のくりかえしと熟練した高度な技術が求められます。
この展覧会は、19人の先端的な作家が送り出している力作を展示し、今後の日本の工芸の発展を見据えようとするものです。

お時間がございましたらよろしくお願いします。

https://www.kanazawa-museum.jp/kinpaku/exhibit/index.htm

ほしお さなえ 著「金継ぎの家 あたたかなしずくたち」を予約したよ。

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


Twitterでたまたま情報が入った小説
「金継ぎの家 あたたかなしずくたち」と言うタイトルに、目が止まりました。
「金継ぎ?って漆の?」
さらに見てゆくと、著者ご本人のツイートから
漆が関係する小説なのが確認できました。

漆を題材にした小説は、過去に無いと思うので、今から楽しみです。


漆の世界って、実はドラマチックだと思います。
これだけ不器用な天然素材はないし、一度人の心に入り込むと、
離れがたく、愛さずにはいられない素材なんですよね。
そして、何より、その魅力には感染力がある。

この小説はどのように僕らの心の中に入って来てくれるのでしょうか。


最近は小説をめっきり読まなくなったけど、
久しぶりに楽しみが増えました。

10月9日発売のこの小説。
まだカバーデザインも発表されてないけど、
とにかくアマゾンで予約しました。

秋の夜長にこの本はいかがですか。
「金継ぎの家 あたたかなしずくたち」
ほしお さなえ 著
(幻冬舎文庫)

工芸の機械化はどこまで許されるか

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


工芸=手作業のイメージは強い。
しかし、工芸の機械化が進んでいるのも確かで、
そのことについて尋ねられることも増えて来ました。

プロローグ
僕は漆に関して専門的に習った二人の恩師がいます。
一人は大学時代に習った林暁(はやしさとる)先生 
https://www.nihonkogeikai.or.jp/works/786/

もう一人は蒔絵技術を習った室瀬和美(むろせかずみ)先生https://www.nihonkogeikai.or.jp/works/810/?kokuhou_flag=1

先生方には技術と漆に対する姿勢を習いました。
共通している部分と、全く違う考え方を持っていることもあり、
僕が対極的だなと思っていたのは、
工芸の機械化への考え方です。

林先生は割と、機械化肯定派で
「手の先にある機械ならなんでも使っていい」と言う雰囲気があって、
実際に3Dでデザインした造形を機械で切削していました。

一方で、室瀬先生の工房は手工具がメインで、
「手で作るものの緊張感を第一に作る」雰囲気がありました。
まっすぐな線も定規を使わず描くので毎日勉強になりました。


僕のスタンス
僕が考える工芸と機械の考え方は
「完成したものが、工芸の伝統に即しており、
なおかつ、自分の頭と指先の延長線上にある技術なら大いに使う」
と言う感じです。

つまり、まっすぐに木材を加工するのに、
手鋸を使っても、電動帯鋸を使っても良いと言う考え方です。
仕上がってくるものは、まっすぐに加工された木なので
過程は問わないです。

そういった考え方から
木地づくりには3DとCNC加工機を使って造形することもあります。


ただ、加飾に関しては
一貫して「手作業」を愛している部分もあって、
何万パーツも必要な作品制作においても、
必要な部品は全て手作業で作っています。

これは、きっと室瀬先生から教わった、
「手で作るものの緊張感を第一に作る」感覚が自分に合っているからです。
それと、現代最高の技術を保持したいと言う思いから手技にこだわっています。


今後、技術は発達して、人間がものを作らなくても良くなってゆく時に、
僕たちが持っていた技術の代替が急速に進むかもしれません。
それに技術自体がなくなってゆくことが起こるでしょう。

守るものと展開すべきものをしっかりと見つめて、
活動の全てを通して美を届けることができるのなら、
きっと、大切なものは残ってゆくはずです。

スランプから脱出する方法

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


どの分野でも、スランプにハマることはありますよね。
スポーツでも、アートでも、
日々同じような鍛錬を積んでいても、
好不調は避けられない時があります。

今日の記事は僕なりのスランプ脱出法を書こうと思います。


プロローグ
僕は、そもそもスランプに陥らないような活動を続けてきました。
具体的にいうと、
○生活を整えて、ルーティンに従って活動する。
○毎日デザインを考えて、制作リストを常にいっぱいにしておく。

上記の2つを続けていると、
制作上のムラは最小限になります。
何より、作りたいものが何年も先までずっと埋まっている状態なので、
意匠面で「次作に悩む」ことは、少ないです。


僕が感じるスランプとは
精神的なことに起因する部分が大きいです。
今年は、特に展覧会での落選が続いており、
社会的な評価が得られにくい年になっています。

「チャレンジの年」と銘打って活動しているから、
ある程度、落選は予期していましたが、実際に落選を続けるのは、
精神的に苦しいものがあります。

活動自体は力強く前進していても、
ふと「このままで大丈夫なのだろうか?」と
弱気になることもあります。

そういう時期は決まって、企画展の依頼がパタリと止んだり、
海外からのコンタクトがなくなったり、不安なことが重なったりします。


そういう時の対処法
そういう時、僕はとにかく、もがくようにしています。
出来るだけ多くの活動を行うようにするのです。
例えば展覧会をたくさん見たり、全く違った方向の制作に手を出したり、
メールをたくさん送ったり、製図をたくさんしたり。

理由は簡単で、自分が動いていないと、もっと不安になるからです。

結果から言うと、
この時期のがむしゃらな活動は、のちに何らかの影響をもたらすことは少ないです。
スランプを抜けるときは、意外なところから糸口がもたらされます。
(つまり、もがいている時に蒔いた種が発芽するイメージではありません)
1つの展覧会かもしれないし、1つのアイデアかもしれない。
または、一通のメールかもしれない。


けっきょくのところ
スランプの時期にもっとも良くない影響は、
自尊心を失うことだと思っています。
僕の場合、蒔絵に対する愛情と、そこにかける自分自身への自尊心を失いたくない。
だから、スランプの時に活動を加速させたいのです。

人によっては、一度対象から離れることが良い場合もあるでしょう。
スランプの時にやってくる
「自分はダメだ」と言う思いが和らぐなら、どのような方法でも、
スランプを脱する方法になるでしょう。

自分なりのスランプ脱出法を見出すのも長期的に活動するポイントのように思います。

前例が無くなってからが本番

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


実は僕、いろいろビビってて、何をするにも前例にしがみついていました。
それが20代の頃です。

ブログで発信したり、ツイッターしたり「有名人でもない僕の発信になんの価値があるんだ?」
「いつか有名になってから発信した方がいいはずだ!」と、いろいろなことを先延ばしにしていたんです。
そして、多くお先人たちの略歴を研究していました。
なぜかというと
「明治生まれの〇〇先生はこの年に〇〇をしたのか」とか
「先生の先生は僕と同じ歳のときに〇〇を作ったのね」みたいに、
あたかも前例を勝手に仮定して、そこを追いかけるような活動を、
心の拠り所にしていたところがあります。
そして、それは楽なのです。
憧れている人のキャリアを目指して追いかけるのだから
充実感もあって、達成した時の喜びも大きい。

でも、仮に前例を100年前に生まれた人に設定してみても、
今と全然状況が違うし、彼らのやって来たことは、新たな道を1から開拓したようなものなのです。
後から見てみると、それがきちんとした道になっているから、いとも悠然と活動しているように見えて、
その瞬間、瞬間は壮絶だったはずです。

それに、キャリアをコピーすることはできません。
最初は過去とか、周辺を観察しながら恐る恐る歩んでいても、
気がつけば、すぐに前例の無い状態になります。

僕はそれに気づくのが遅くて、29歳のときにやっと、
前例がない状態に自分があると焦りました(正確に言えば、どのような活動においても前例なんてないです。)
それに気がついてから、前を向いて走り始めたのです。


実のところ大人になるということは
前例の無い道に足を踏み入れることのように思えます。
学生時代までは、あらかじめ問題と答えが用意されているけど、
社会に出たら、突然、自分の生きている周囲の問題を見つけることを要求されます。


そう言えば、以前、恩師から
「俺の先生が俺に言ってくれた言葉がある」と話してもらったことがあります。
「まず立て、後ろに壁を作れ、左右に壁を作れ、そして一歩踏み出せって」


その時はあまり意味がわからなかったけど、
頭の中でイメージするとすごく勇気がもらえる言葉だったように思います。
前例がない真っ暗な道に差し掛かった時、そこからが勝負なのです。

「まず立て、後ろに壁を作れ、左右に壁を作れ、そして一歩踏み出せ」

海外で風邪をひく

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


フィリピンへ来て2週間目先日から三日間ほど、風邪をひいてダウンしていました。
奥さんが荷造りの時「風邪薬入れとこうか?」と言ってくれていたのに、
「大丈夫、大丈夫」と断って、薬類は何も持たずに来たことをひたすら後悔していました。

海外で風邪をひくと、日本にいる時と違う不安感があります。
すぐに病院に行けない。
療養食が日本と違う。
病院へ行ったところで症状を伝える自信がない。

など、日本にいたら感じない不安があります。
今回は身近な友人に救われました。
風邪をひいたと聞いた友人が、薬と飲み物をたくさん買ってきてくれて、
本当に助かりました。

今のフィリピンは雨季のため、出かければいつ大雨にあうかわからなくて、
ただでさえ辛い中、出かけることができなかったんです。

とにかく、水分をとって、薬を飲んで寝ようということで、
金曜日から日曜にかけて、しっかりと休養をとりました。
今は割と体調が良いので、明日には復活できるかな。

今回の風邪で友人とAmazonプライムビデオにはずいぶんお世話になりました。
ありがとう。

制作時間を最大にする方法

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


漆の制作は長い時間を要します。
少なくとも半年以上1作品にかけるので、
その中で、気分の浮き沈みや、生活リズムのつくりか方など、
長期にわたる制作スタイルを作ってきた僕の方法を書こうと思います。


プロローグ
作家をしているとよく
「気分が乗ってる時に一気に作るんですか?」と聞かれることがあります。
だけど、最初に書いたように漆の仕事は一日に12時間作業しても、
工程的には一工程なので、進み具合からしたら4時間を3日に分けて進める方がかえって効率がよいです。

一番がいいのは、
1日の作業内容を決めて、その日の最後に漆を乾かす段階まで進めることです。

具体的に言うと、
漆には湿度を加えてやることで乾く性質があります。
なので、漆風呂という湿度の高い箪笥のような場所を用意して、
作業後にそこへ入れて乾かします。

1日の作業を全て終えて、漆風呂へ作品を入れてやっと一工程となります。
1工程に時間がかかる作業がある一方で、それほど時間がかからない工程もあります。


ルーティンが制作時間を最大化させてくれる

僕の仕事にはルーティンがもっとも効果的に制作時間を確保させてくれます。
つまり、ムラなく毎日、定時に仕事をスタートさせることによって、
体のピークと頭の回転を朝の仕事に持ってくることができます。

だけど、一人でこれをやろうとすると、
割と難しいです。
だって、夜は遅くまで作業しているわけだし、
誰にも起こされないし、寝坊しても怒られないとなると、
時間がずれて行きますよね。

僕も20代の時はやたらと眠かったです。

そこで起きるためのアプリを使いました。
sleep cycle
(リンクはAppleストアなので、アンドロイドの人はググってください。)
このアプリは睡眠中のレム睡眠と、ノンレム睡眠を記録して、
あらかじめ設定しておいた時間の周辺の目覚めやすいタイミングを見つけて起こしてくれます。

睡眠データを記録してくれるので、
自分の睡眠の状況も把握できていいアプリです。
無料のアプリもあるのかもしれないけど、精度が高いので、sleepcycleの有料版は課金の価値があると思います。
ちなみに最近は朝になると自然に起きられるようになったので、目覚ましなしで生活してます。


もう1つのルーティンは作業スイッチの設定です。
作業スイッチとは、自動的にこの行動をとると、作業モードになるスイッチを自分の中で作ることです。
僕の場合は歯磨きです。
朝仕事に出る前と、昼ご飯の後に歯磨きをします。
すると仕事モードになるようなルーティンになってます。
他にも、決まった音楽でスタートさせる。
ラジオ体操をする。
など、なんでもいいと思います。

この行動をとると作業モードになるスイッチを作れると、
モチベーションを一定に保てます。


以上が僕の作業時間を最大化させる方法でした。

アーティストの一番の障壁は孤独かもしれない

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


自分の好きなことをして生きてゆきたい。
独立したい。
そう思った時、思いとどまらせる理由はなんでしょうか。

お金の問題。
家族の問題。

他にもいろいろあるけど
実は孤独になるというのが身近で大きな問題ではないでしょうか。

会社に所属していれば、
生活が安定する収入と同時に、
誰かの役に立っているという安心感や
所属意識があって精神的に安定します。

何よりも、毎日誰かに会うことができる。
嫌いな人に毎日合わないとならないのも辛いけど、
誰にも会わないで何日も過ごすことも辛いものがあります。


僕は独立して長い間売れない作家時代を過ごしました。
お金がないけど、東京にしがみ付いていたので、
親のスネをかじり続ける、どうしようもない作家でした。
そのころの話はこちら(30代になっても親のすねをかじり続けた日々のこと。)

いつも部屋にこもって作業しているし、
食事は自炊だと、1日に誰かと交わす会話が
スーパーのレジの人に言う「ありがとうございます」だけの日が何日も続きます。
誰にも必要とされないし、
自分で生きてゆくことさえできずにいました。
誰とも話さないので、たまに人に会って話すと、
話すときの口の周りの筋肉が衰えていて、うまく口がうごかせなかったりします。


そんなの、とても健康的とは言えません。
規則正しい生活をして、食事もきちんととっていても、
孤独感は消せなくて、
それが何よりも大きな、壁のようでした。

物作りの毎日を送ると言うのは、
やはり孤独なものです。
孤独と向き合い、その中でいつまでも消えない
希望の芽を育て続けられるか、
それがアーティストが超えなければならない障壁なのかもしれません。