カテゴリー別アーカイブ: 伝統工芸展

落選

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


第66回日本伝統工芸展の出品作が落選してしまいました。
僕の落選歴はこちら

27歳くらいから毎年出品している展覧会で、
年に一度、最も力を入れた作品を出品します。
この展覧会は、NHKの「日曜美術館」という番組に特集される他、
全国を巡回する工芸の中ではメジャーな展覧会です。


さて、伝統工芸展での落選は2度目、30代になって初めて落選してしまったわけです。
みなさんが気になるのは
「どんな作品出したの?」というところでしょう。

今回出品して作品は、
モチーフが女性像でした。
仕事の内容、技術的な部分では、レベルとしては入選ラインだったと思うけど、
女性像を描くことに関しては、
確かな技術、先進性と現代性を重んじる伝統工芸においても
「落選の可能性はあるな」という思いで出品しました。

ただし、今回の落選の責任は全て僕にあります。
仮に、モチーフ云々の問題があったとしても、
完成した作品が、モナリザや真珠の耳飾りの少女といった
人類史上重要な作品レベルに達していれば、問題ないわけです。

人物を描くというのは、工芸の枠にあって、
さらに人物画への挑戦に突入するという意味もあります。
落選作品が帰ってきたら、冷静になって自作を見つめてみようと思います。
それでも「やはり、自分にとっても重要な作品で、発表する必要がある」
と判断したら、どこかに出品しようと思います。
 


最後に
僕がリスクがあっても、人物の蒔絵をしたいのは、
卒業制作に「人物の蒔絵をしたい」と担当教授に相談したところ
「人物を器物に描くことを理解しきれていない、私を論破できるようになってからしなさい」
と言われたことへの回答が、そろそろできるのではないかと考えたから。
それと、何より女性像が好きなんです。

論破できるだけの、技能と画力。
そして何より、工芸文化と絵画への試作が成功した時、
きっと名作が完成するはず。

第64回日本伝統工芸展 入選発表

今朝日本工芸会のHPにて第64回日本伝統工芸展の入選発表がアップされました

http://fs.nihonkogeikai.or.jp/data/info/pdf/20170822165153103894/INFO-175-2.pdf

今年も僕の作品は入選しており、名前があってホッとしました。

スクリーンショット 2017-08-24 23.39.59

今回の本展制作は今までで最も苦戦した作品でもありました。
個展→引っ越し→京都での制作
というスケジュールの中作っていたので、
とても苦しかった。

でも、とにかく継続することが最大の武器だと思うので
「落ちてもいいから出そう、作ろう」と思って作りました。
今年も色々なドラマが生まれました。

作品から作り手の気持ちが伝わってきます。
「入選できてよかった」という思いと同時に
「来年こそは!圧倒的な作品を作る!」という怒りにも似た、強烈な感情が生まれました。
毎年のことながら、本展というのは自分を奮い立たせてくれます。

日本伝統工芸展 東京会場今日までです! 10月3日

日本橋三越での第63回日本伝統工芸展は本日最終日です。
まだお越しでない方はぜひおいで下さい。
最終日は18時までですのでお気をつけ下さいね。

その後各地を巡回します。
残念ながら他会場では会場の都合で、全作品を見る事ができません。
僕の作品も巡回するところとしないところがあります。

今後の巡回スケジュールはこちら

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-00-24-20%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-00-24-46%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-00-25-11(日本工芸会HPより)

画像が小さいのでこちらのリンクからお近くの会場をチェックしてみて下さい。

http://www.nihonkogeikai.or.jp/exhibition/honten/63

今年の本展 漆の受賞作の見どころ

今年も日本伝統工芸展が始まりました
昨日研究会と懇親会に出席して、じっくり今年の出品作を拝見できました。
さて、ホームページには受賞作が掲載されておりますが、
やはり実際の作品と画面とではずいぶんと違います。
工芸は立体作品なので、ぜひ会場に足を運んでいただき作品を見ていただきたいと思います。

今年は漆芸から4作品が受賞しました。
漆芸家の目線から、技法や見所等を紹介します。


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-23-23-22-08日本工芸会HPより引用

まずは沈黒の山岸一男先生の作品
沈黒(ちんこく)とは能登の伝統技法、沈金(ちんきん)の黒いパターンです。
沈金は漆の塗膜に刃物で彫り込みを入れて、そこに金粉や金箔を埋め込む技法で
漆黒に彫り込みに金が映える煌びやかな表現です。
今回の受賞作 
沈黒象嵌合子「能登残照」は沈金の煌びやかさをではなく、沈黒という彫り味を活かした熟練の技が見所です。
画像で見ると、シンプルな黒地に赤いラインの入った丸箱ですが、
近目で見ると、彫り込みのつやの無い質感がとても美しい作品です。
朱色の太陽が地平線に消える瞬間のさざ波を彫り込みで表現されており、小さい箱から
雄大な能登の海岸線を想像させてくれます。
山岸先生は能登出身でご自身が見てこられた風景を、熟練した技で表現したいと語っておられました。

今回の展覧会の作品の中で僕が1番好きな作品がこの作品です。


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-23-23-22-37日本工芸会HPより引用

こちらも輪島の作家さんです。
寺西先生が数年来テーマにしていたの夜の海シリーズ
とにかく海岸線に浮かぶ漁り火の表現が美しいです。
そこに集まるホタルイカが箱の長手方向に表現されていて
遠景の海の表情とそこに住むホタルイカという一体感のあるテーマが箱にすっきりと収まっています。
華やかな公募展の中で、しっとりとした漆黒が映える作品です。

ホタルイカの表現には蒔絵や螺鈿の複合技法が使われているので、その部分を注目してみていただきたい作品です。


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-23-23-23-06日本工芸会HPより引用

ゆったりとしたフォルム造形は
乾漆(かんしつ)という技法でつくられた作品です
上記2作品は模様で見せる作品でしたが、こちらは造形の美しさが評価された作品です。
乾漆とは、漆を染込ませた麻布を貼り重ねてボディをつくる漆芸の伝統技法で
布の柔らかさを生かした自由な造形表現を見る事ができます。
この作品は、乾漆の特性である柔らか漆の艶の魅力を最大限に引き出しています。
朱と黒の塗り分けは特に難しく、粘度の違う2種類の漆を一度にぼかしながら塗ってゆきます。
また、その0.03mmの漆塗膜を研ぎ炭を使って丹念に研ぎ込むという高い技術力を要する表現を見る事ができます。
これだけ難易度が高い作品にも関わらず、ゆったりと穏やかに作品を見る事ができるのは、熟練の力量が成せる技でしょう。


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-23-23-23-30日本工芸会HPより引用

新人賞の竹岡さんの作品
初出品初入賞というすばらしい成績を収めたこの作品の見所は
優しい造形と、塗の肌です
まずゆったりとした輪花の造形には、型の段階から彫刻的な仕事がほどこされていて
ふくらみの中にきりっとした緊張感が感じられます。
教科書的につくられた造形ではなく作者のこだわりが、1つの造形の中に見る事ができます。
また、塗肌は塗り立てという、漆本来のしっとりとした肌合いを見る事ができます。
これは上の乾漆蓋物「ふたひら」が艶上げを行なっている漆の表情に対して、漆が乾いたままの表情を生かした作品です。
塗り立ては、ホコリ1つも嫌う、集中力の必要な作業でこれだけの大きな作品を塗り立てるのはひじょうに難易度が高いです。
ゆったりとした造形に、塗り立ての肌が生かされた優しく美しい作品です。


この他にも重要無形文化財保持者(人間国宝)の作品も一堂に見る事ができる第63回日本伝統工芸展
芸術の秋にぜひ足をお運びください。

展覧会のご案内 第63回日本伝統工芸展

~第63回日本伝統工芸展~
 会場:日本橋三越本店本館7階
 会期:9月21日(水)~10月3日(月)10時30分~19時30分(最終日18時閉場)

https://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/event/dentoukougei/index.html;jsessionid=wfcsXg1YVcrpHgmG1hRRsXj7hTyGPzZXpNMmhtG4LrK0579PGftV!1201821538

本館6階美術画廊でも漆芸の展覧会開催中です

https://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/floor/main_6f/art/info01.html#16

「空と雲と
小椋範彦 漆芸展」

1958年岡山県生まれ。東京藝術大学教授。重要無形文化財「蒔絵」保持者(人間国宝)、故・田口善国氏に師事。情緒溢れる四季の移ろいを蒔絵や螺鈿表現した作品に定評があります。本展では空と雲の風景をテーマにしたパネルをはじめ飾箱、香合、椀など新作約50点を展覧いたします。
(三越HPより)

第63回日本伝統工芸展 スケジュール (東京会場)

第63回  日本伝統工芸展

日本橋三越本店
住所
: 東京都中央区日本橋室町1-4-1
開催期間
: 2016年9月21日~2016年10月3日
主催
: 文化庁
東京都教育委員会
NHK
朝日新聞社
(公社)日本工芸会


朝晩涼しくなり、秋の訪れをを少しだけ感じられるようになりました。
年に一度の日本伝統工芸展が三越本店からスタートします。

僕の会場当番は25日(日曜日)です。
一日中在廊しておりますので、よろしければぜひ来て下さい。
とても喜んで作品解説します!

第63回 日本伝統工芸展入選発表

本日朝日新聞朝刊および日本工芸会のホームページで第63回に本伝統工芸展の入選発表がありました。
検索ワードで 「日本伝統校工芸展」からたくさんの閲覧がありましたので、入選者ページのリンクを貼っておきます。

入選者
http://fs.nihonkogeikai.or.jp/data/info/pdf/20160829163619166397/INFO-122-4.pdf

受賞作品ページ
http://fs.nihonkogeikai.or.jp/data/info/pdf/20160829165321966463/INFO-123-1.pdf

ありがたい事に入選者ページに僕の名前もありました。
会期が近づきましたら会場および会期のご連絡をブログにのせようと思います。

泥中の蓮?

追い込みに入り仕事部屋がすごい事になってきました。
画像は、現在の作業机の図です。

金地の研ぎに入っているので、天井のライト+三方向デスクライトで照らしながら研ぎ進めます。

いつも思うのですが、この騒然とした空間から美しい輝きの漆芸作品が出来上がるなんて、その対比がすごいなと思うんです。

まさに「泥中の蓮」かな。

新作の発表は九月になりますが、どうぞお楽しみに!

追い込み中

今年も日本伝統工芸展の締め切りが近づいてきました。
通称「本展」は年に1度全国の工芸作家が出品する展覧会です。
今年は63回展となります。

この展覧会は応募総数1800点という、とてつもない規模の展覧会です。
入選は700点くらいだったかな?
ちなみに10年くらい前までは応募数は2000点を超えていました。
最近は出品数が下降傾向にあります。
少子高齢化が工芸界にも襲いかかってきていますね。

さて、この展覧会への出品ですが、僕にとってオリンピックに出るような気持ちで出してます。
一年に一度の全国展ということで、かなり気持ちを入れて作るんです。
締め切りは8月8日です。
なので、いつも7月は異常な精神状態になります。
精神状態も肉体もギリギリになってきます。

体重もさっき測ったら8キロ落ちてました。
毎年出品していても慣れないものです。

日本伝統工芸展の詳細はこちら
入選したらご報告します。

夏は高校野球と工芸家があつい!

日本工芸会総裁

数年間空席になっていた日本工芸会総裁が決まりました!
眞子内親王殿下が新しい総裁です。

日本工芸会は僕が出品している日本伝統工芸展を主催しています。
総裁に皇族から1名就任していただける事、文化庁主催であることなど、実はオフィシャルな展覧会なんです。
60回記念展のような節目の展覧会の時は、天皇皇后両陛下がいらっしゃいます。

僕は文化面で日本に貢献できるようになろうと心新たにしました。


以下FNNより

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160615-00000748-fnn-soci

秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまは、15日付で、公益社団法人日本工芸会の総裁に就任された。
日本工芸会は、文化財の保護や育成を目的とした団体で、これまで、故・高松宮さまと、故・桂宮さまの皇族2人が、総裁を務めている。
宮内庁によると、ICU(国際基督教大学)で、文化財研究を専攻した眞子さまに、総裁就任の願い出があったという。
眞子さまの常設団体の役職就任は、今回が2件目で、今後は、日本工芸会の総裁として、毎年9月に行われる、伝統工芸展の総裁賞の選定や、授賞式への出席などが予定されている。