カテゴリー別アーカイブ: 何でもないこと

ブラック企業の作り方がわからない

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


実は僕の作品制作は法人化して行なっています。
今期で5期目の株式会社です。

なぜ会社にしているかといえば、スタッフの待遇を良くしたいと思ったからです。
会社の設立というのは色々大変で、税金面や社会保障など学んだり
専門家の力を借りなければならない場面というのが多いです。
会社を運営するにあたっての、ルールはたくさんあり
そういうのを1つ1つ確認しながら進めていますが、
言われた通りにしていると、実にクリーンな会社が出来上がります。

ルールに従っているとあまりに融通がきかないから
正直、苦しい状況になることが多いです。
でも、それは社会とスタッフとの信頼関係のために厳守してるんですよ。
それが経営者の務めだと思っているから。
それに、嘘をついたり騙したりできない性格なので
ルールの中で最高の仕事ができるチーム作りを目指し、毎日努力しています。

そこで思うことが1つあります。
僕はブラック企業の作り方がわかりません。
ブラック企業って、自分やスタッフや社会に嘘をついているんですよね。
サービス残業ってどうやって強要できるのか
理不尽な独自ルールをどうやって作るのか。

それに、ブラック企業で働く気持ちがわかりません。
雇っている側と、雇われている側の認識に圧倒的な優劣みたいなのがあるのでしょうか。
「雇ってやっている」
「雇われている」
という間違った上下関係を僕は作ることはできません。
綺麗事ではなく、助け合ったり、お互いプラスになる関係性の中で
目的に向かうのが会社であり、組織だと思うのだけど、
一方が圧倒的に強い立場の状況で運営を続けることは不可能です。

厳しく聞こえるかもしれないけど、
「クビにされるかもしれない」
「次の働き口がない」
という不安があって、ブラック企業に勤めているのなら
実力が足りていないということです。
労働に対して利益が上回っているのなら会社もその人を手放せないし
待遇を良くしようと努めるはずです。

それでも待遇が悪いようであれば、やめればいいのです。
実力があれば間違いなく引く手数多です。


ルールを厳守し、嘘なく活動しようと思えば
ブラック企業を作ることは不可能でした。

逆に、ブラック企業が生まれるのは、そういう雰囲気を作っている
会社全体の責任なのかもしれません。
過度の依存関係がそれを許しているのです。

夢をもって働くことは良いことだけど
不利とわかっていても、何かに依存していたら
自分の心や体を消耗してしまいます。


ただし、経営者自身、スタートアップ時には必ず
長時間労働必用ですね。
会社はクリーンだけど、
個人としては超ブラックなのが制作のリアルです。

「芸大おじさん」「ギャラリーストーカー」迷惑なお客さん

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


美術系の人をフォローしてると流れてくる
「芸大おじさん」と「ギャラリーストーカー」
名称を目にしたらすぐ思い当たる人も多いのではないでしょうか。

ギャラリーとか百貨店には
それぞれ有名なお客さんが居ます(悪い意味で)

特に、若い女性作家は嫌な思いをされているようです。
「芸大おじさん」と言うのは、別に芸大、美大を出たおじさんではなく、
個展やグループ展に来て女性作家を食事に誘ったり
二人きりで話そうとする人。変な美術マウントを取ってくる人ですね。
「ギャラリーストーカー」とは字のごとく。

ツイッターでは悪質な内容も散見できます。

僕は男なので、コワイ目にあったことはありませんが、
それでも展覧会の会場にいると「!?」と思うお客さんもいます。
どのような人かと言うと

その1
説教をしてくる。
そこまで強烈な説教をされたわけではありませんが、
「手軽な安いものを作りなさい」とか
ギャラリートークの後に「〇〇の説明もちゃんとしなくちゃダメでしょ」
とわざわざ肩を叩いて言われたりします。
知らない人にいきなり注意されるのは、びっくりします。

その2
自分の話ばかりする
自分の話を延々とし続ける人がいます。
ほとんどの場合美術の話では無いので、聞いていて辛いです。

その3
作家がいることを知らずに作品の悪口を言う。
二人組で来ている人に多いのですが、
「うわ、高い」とか
「こんなのすぐ作れそう」など。
別に傷つくことはないけど、「後ろに作者がいますよー」と言いたくなります。

上記の3例、共通していることがあって
まず美術を楽しみに来てくれていません。
美術ファンを自称しているのかもしれませんが、作品を見ていない場合がほとんどです。

画廊としても実害はなくても、上記の人が来たら、
「浅井さん電話がかかってきましたので奥へ」とその人から引き離してもらったことも数回あります。
ギャラリーや画廊は美術を楽しむ場所です。
作家もお客様と話す機会を楽しみに在廊しています。
だから人間同士のマナーはしっかり意識して欲しい場面があります。

このブログを読んでくれている人に「芸大おじさん」がいる可能性は低いです。
理由は漆や僕の考えを知ろうとしてくれているからです。

人を惹きつけて、自分の意見を言いたくなると言うのも美術の魔法の1つなので
ある程度は仕方ないのかもしれません。

そうは言っても「芸大おじさん」は全体の1パーセントもいない。
少ないだけに目立ちます。


ここまでは嫌な話をしてきましたが
作品の話とか感想を聞かせていただけるのは嬉しいのです。
会場でお会いした際にはぜひお聞かせください。

過去と未来

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


未来がどうなっているかは誰もわからないことだけど、
自分がどのような未来を望むのか、
それなら自分のことだからわかります。
全て自分が思い描いたような未来が訪れることは無いけど、
そこに近づくための努力はできる。

最近、展覧会に出品していることもあり、
たくさんの方と話すことや
また、自分の活動の展望について考える機会が多くて
「未来をどうやったら作れるのか?」みたいな自問自答を繰り返しています。
そして、不安になりそうになる。

制作を続けるという事は新しい世界観の中に自分と作品を突入させるようなもので
新しいフィールドに飛び込んだ時の不安は耐え難いものがあります。
だけど、何かの拍子でそこを突破することができれば、
その不安は過去のものとなってゆきます。
それはもうあっとゆう間に。

結局のところ、僕たちは
過去と現在に縛られて、未来を割り出すことしかできません。
今が居心地がいいならば、
そこに留まっていたいし、
過去を見つめていた方が気が楽なこともあります。

一歩踏み出したら
違う世界が待っています。
痛みを伴う一歩でも、すぐ後ろで
過去の自分が支えてくれていて、
「もうここには戻ってこなくていいんだよ」と言ってくれます。

4月1日
新しい年度
新しい元号が発表されて、
新しい一歩を踏み出す人も多いと思います。

過去にとらわれない未来は明るいはず。

美術には美容効果があるのではなかろうか

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


昨日はアートフェア東京に行ってきました。
自分の展覧会(日本橋高島屋「美の予感」)
在廊しようと思っていた時間に遅刻しそうになる程楽しかったです。

アートフェア東京に行っていつも思うのが
「美しい人が多い」と言うこと。
お客さんも作り手も、ギャラリースタッフも
男も女も「美しい」のです。

でも、それは当然と言えます。
だって、その場にいる人は100パーセント美に関心があるのです。
美に触れ、美を感じることを大切にしている。
ではなぜ美に触れると自分まで美しくなるのでしょう

理由はきっと
○自分を知ることができる
美意識の高い人というのは、いい意味で自分のことを知っているように思います。
自分に似合う服装
自分に似合う髪型
そういうのをわかっていたり、意識することができる。
個性的な服装でも、「その人のために作られたのでは?」と感じることのできる
雰囲気を纏っていたり。

自分を省みて、
「ちゃんとした身だしなみしてるのか?」と言えば、少々心細いですが、
多少は気をつけようと思います!


肝心なアートフェアのことは何も書きませんでしたが、
今年は特に見応えがあり、心踊るようなアートフェアでした。
日本のアートシーンの今を体感できるアートフェア東京おすすめです。

https://artfairtokyo.com/2019/overview

人生と作品の重み

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


僕は人生より作品の方が重いと考えています。
現代においてこのように考えるのはちょっと非人道的かもしれないけど、
実際僕の人生は長くて100年くらいだし、作品を作れるのは80歳くらい。
目と手と技術のピークは40代から50代だと考えているから
そこまでにやっておきたい仕事に挑戦してゆきたい。

漆の作品は100年単位で美しさを保ち続けることができるから
当然、僕の人生より長い期間、存在し続けるわけです。
作っている本人の感覚としては、「美の敬虔な奴隷」のような気持ちです。
このような感覚は
正倉院御物から得ました。

当時の日本は本気で仏教立国を目指していて
あらゆる物事が仏教を中心に推し進められていました。
そして、大陸からたくさんの物を輸入し、それを保存し
自国の文化を形成しようとしました。
残されている御物からは、当時の工人の息吹を感じられますが、
自分を超えた何かの為に作っている感じというのが確かにあります。

生活レベルからいうとかなり高級な素材を扱って
美術品を制作することのプレッシャーは相当なものだったと思うし、
神仏のための制作となると一層です。

現代の生活の中で、それと近いような精神状態を作ることは難しいですが、
自分の感覚の先の作品を作り続けようといつも意識しています。
材料についても、最高の物しか使わないようにしています。
そうやって、少しでも現代の自分を超えたもの作りの核心に近づこうと日夜挑戦しています。


昨年の正倉院展では、当時の入出金簿のようなものも出品されていました。
そこには写経する職員の借り入れ記録などが記されていて、
彼らの人間らしい側面を見ることができました。

自分を超えていた超人のように見えた当時の工人もしっかり人間でした。
週末お酒を飲んでリラックスする自分だって愛していいんだなと思うエピソード。

助けてもらう力

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


作家って、ある意味で偶然起こる
小さな奇跡に助けられながら生きているように思います。

例えば
◯家がお金持ち
◯嫁さんがお金持ち
◯容姿が良い
◯代々の作家家系
◯話すのがやけにうまい
◯プロモーションがうまい
◯運命の画廊と一発で知り合う
など、など

上に書いたのは、わりとあり得る話です。
普通にしていたら起こらないことでも
無我夢中で何かに没頭していたら、どうにかなることは多い。

◆僕の場合
「助けてもらう力」みたいなものがたまに作用します。
実力ではない他力が僕を何度も救ってくれました。
具体的に言うと
・そもそも協力的な両親の元に生まれたこと。
・父の実家が梨農家だったため、そのあとに漆の植栽を始めたこと。
・予約作品が展示1週間前にキャンセルされたけど、初日に売れたこと。
・企業さんに助けてもらっとこと。
書ききれないこと、たくさんあります。

実のところ、自分でコントロール出来ない要素だらけで
恥ずかしい作家人生です。
その時々に助けてくれる人がいて、
それを本当にありがたく受け取って来ました。
「そんな大きな申し出厚かましくて受け入れられない」と思うようなことも
ありがたく受け取って来まし。

ご飯を奢ってもらうことから、
家業の梨農家を全て漆に変えること。
今、京都にいること。たくさんの恩人がいて
全てを「ありがとうございます」と言って受け取りました。


この厚かましさ。
ある意味才能かもしれません。
「助けてもらう力」みたいな甘えた能力は今までの日本には合わないかもしれません。
でも、
ひょっとしたら、その分、僕も誰かを助けているのかもしれません。
または、「こいつならいつか誰かの役に立つはずだ」と思って投資してくれているのかもしれません。
「ありがとうございます」と言って受け取ってきた物やことを何倍にもして返せるような気がします。

これからも誰かが手を差し伸べてくれた時
その手をしっかり掴んで、引き上げてもらいたいと思います。
そしていつでも誰かを引き上げられるような人間になりたい。


厚かましくても、甘えても
自分一人の努力でまわる世界を夢見るよりは、
少しだけ世界が優しく見えるように思えるのです。

しっかり寝よう

美術活動において、仕事時間と作品量は重要とよく言っておりますが、
でも!睡眠不足はよくないです。絶対!

学生時代から、卒制徹夜をしませんでした。
作家活動を始めてから、締め切り前日の徹夜をしたことは何度かあります。
でも実際、いい作品に仕上がらないのです。
漆芸は特に、工程ごとにきっちり乾かして、きっちり仕上げる事が重要です。
いくら徹夜して長時間作業しても、乾かす時間を短縮することはできないし、
仕上げの時間を切り上げることもできません。
ギリギリ作業で仕上げて、賞をいただいたことは一度も無くて、
締め切りの数日前に仕上がっている作品のみがいい結果を得てきました。


休息をたくさん取ることと、作業量を増やすことは対極に感じられるかもしれません。
これは僕の持論ですが、作業のピークを作らない事が制作活動において重要だと考えます。
つまり、気分のムラを作らずに、毎日作業をする事が作業時間の最大化につながります。
フリーランスで作業をしていると、夜型になったり、締め切り前と平常時では作業時間に開きが出てしまいます。
それをできるだけなくせば、年間や数年スパンで見ると作業時間はトータルで多くなります。

ポイントは開始時間を決める事です。
どうしても終了時間がずれると、翌日の活動開始時間がずれてしまいますが、
固定していると、目が覚めて習慣的に高いパフォーマンスが得られます。


とは言っても、最近まで僕の睡眠時間は5時間代でした。
睡眠時間の少ない人だったら大丈夫なんだろうけど、僕には少し短くて
昼の15分睡眠で帳尻を合わせていました。それはそれで良かったけど、
今は6時間以上の睡眠にしています。
そうすると、作業途中で眠くなることもないし体に合っています。

アートは長期戦です。
体を壊してしまうと、元も子もないので、
休息と活動時間とその質を常に考えてゆきたいです。


時間管理の本はどれも面白くないけど
◯朝の活動の有効性
◯メール返信の効率化
◯適度な運動
◯睡眠時間をきっちりとる
上記の項目はどの時間管理に関する本でも一貫しているから採用しています。

ちなみに、最近よく聞くマインドフルネスとか瞑想は手付かずです。
漆の作業が瞑想に近いのでは?と思っています。いや、迷走か。w

作家とは何か

美大とか芸大の現役学生や卒業生の多くは
気持ちの差こそあれ、作家というものが気になっているはず。

僕は制作活動で生活をしていて
多分自分のことを「作家」と言っても間違えはないです。
で、この作家という職業の実態はどのようなものか
実はとても地味で地に足をつけた活動なのです。
わかりやすく例えるなら「社長」です。
スティーブ・ジョブズとかジェフベゾスみたいなカリスマ性のある社長業ではなく
個人的な事業の小さな、小さな「社長」です。

この社長業にはたくさんの、本当にたくさんのこまごまとした仕事があります。
営業や会計、仕入れ、納品。。。。
数えればきりがない社会と自社を繋げる為の仕事を大方一人でこなします。
でも、このようなクリエイティブではない仕事をこなしてでも作りたい強烈な動機
「自らのエゴを表現して、世界と繋がりたい」という言葉にしにくい気持ちに突き動かされています。

つまり、「作家業」とは「社長業」に似ていて
「作品・表現」は「商品・サービス」です。
今、僕が高校生の時に描いていた「作家」とは少し違う自分がいます。
早い段階で作家は社会との繋がりが重要であると気がついたので
そこから過去の作家の作品以外の側面を考えるようになりました。

世の中にはたくさんの会社があるように
作家としてのスタンスも多様です。
学校教育は一様ですが、そこを出ると無限の可能性
いや、広大な説明書のないリアルな人生が待っています。

今の僕に学校教育をはじめ、教育と美術における具体的な提案はありませんが
「作家」しか生まない教育なら、それは間違っています。
上記のように、作家はいわゆる社長業です。
社会に社長があふれていないように、世の中には社長気質とそうでない人がいます。
例えば、漆の業界でいうと
チームを指揮して数を作るプロデューサータイプの人がいれば
その素材に魅了されて、作業だけしたい人もいます。

それぞれの気質に合った働き方や、
素材との向き合い方があります。
全てのニーズに適した教育なんて存在しませんが、
弟子制度が崩壊している現在において、選べる進路が狭くなってきているように感じるのです。

役割分担を明確にし、作品のパフォーマンスを最大化にすることこそ漆の未来だと信じています。

カメラ沼

最近は作品の撮影に色々と苦労しています。
今までは、全部お願いしていたのですが、
作品出来上がるごとに東京に持っていって撮影するのも現実的ではなく、
かと言って、簡易セットで撮るにはサイズ感が微妙で
写り込みがあるから、いい写真が仕上がらなかったんです。

なので、「自前で写真を用意するほかないか」という挑戦を開始しました。
ツイッターでつぶやいているように、スタジオセットを作るのは、
なかなかお金と時間が必要です。
だけど、東京では、撮影のお手伝いのバイトをさせてもらっていたこともあったし、
学生時代からカメラ好きだから、そこに突破口があるのではないかと思っています。

とりあえず
ソニーの高画質のカメラを買いました。
ハイスペックなモデルだけど、現行の一つ前の型だから発売当初よりかなり値引きされています。

レンズはまだ揃っていないけど、
アダプタでニコンのレンズをつけて、数枚撮って見ました。

いやあ、すごいですね。最近のデジカメは
以前もフジフィルムのデジカメ持っていましたが、入門機的なモデルでした。
フジのフィルムモデリングの精度が高くて満足していましたが、
本格的な一眼で数枚写してみると、「やっぱり違うな」という感じです。

で、ここからがと呼ばれる
独特な物欲世界が広がっていて、言われてもわからないような
小さな違いを求めて、機材を揃えたくなるのです。
例えば、レンズの明るさとか画角とか妙に重厚なメカの魅力にどっぷりハマりそうになる。
本来の撮影するという目的よりむしろ物欲としてのカメラが心の中に現れるのです。

まあ、今に限っては、目的がはっきりしているので
沼にはまらずに歩いて行けるような気がするのだけど、
どうでしょうか。。。

何れにしても、画像のクオリティは最高なので作品撮影できる状況になるのが楽しみです。

便利さに飛びつくこと

ネットやスマートフォンのおかげで色々なことが、スマートに、スピーディに動くようになりました。
一方で、その便利さに少し戸惑う気持ちもあります。いや、過去にはありました。

「これ、本当に信じていいのだろうか」っていう気持ちありますよね。
例えば、クレジットカードについて
「使いすぎが怖い」とか「落としたら怖い」とか
デメリットを考えると、危険な代物に見えて来ます。
ネットバンクだって、銀行に行かずに画面でお金動かすなんてATM以外、今までにない経験です。

これらのサービスは便利でコストも安いです。
使い慣れれば、スマートフォンから数分で送金や確認が行えるので、
銀行の営業時間を気にする生活から多少おさらばできます。
(窓口に行かなければならない業務も少しだけ残ってはいます)
クレジットカードもお得なので、ほぼ僕の場合現金を使わなくなりました。
会社によってサービスも違うと思うけど、買い物でポイントが貯まるので、現金よりお得です。
海外でも共通して使えるから、外貨を持たずに外国に行っても普通に活動できます。


だけど、僕が昔から新しいサービスに関心を持っていたかといえばそうでもなくて
スマートフォンデビューしたのもSNSデビューもそこまで早くありませんでした。
「新しいものに飛びつくなんてクールじゃないぜ」みたいなところがありましたね。

それが、スマートフォンに変えて見て、あらゆることが小さなデバイス一つでできることに衝撃を受けて
それからは、生活の色々な場面をスマート化してゆきました。

◯本はデジタルへ
◯スクラップブックはカメラで保存
◯キャッシュレス化
◯銀行をネットバンクへ
◯辞書はネット
◯レンタルショップはAmazon
◯工具や道具類は専門のネットショップで購入

このようにいくつかの行動を手元でできるようになった感想は
「便利」の一言
何かを失っていると言われるかもしれないけど、
膨大な時間がかかる仕事をしているから、それ以外の時間をスマートにして
仕事の時間に当てることができている、間違いなく仕事の質は上がっていて、それは僕にとって正義です。

今後も新しい技術が出て来たら、迷わず飛びつこうと思います。
どうせ生活における技術開発は誰にも止められないのだから、さっさと乗ってしまったほうがお得です。