カテゴリー別アーカイブ: 個展に向かう日々

個展も残り二日

初個展も残り二日となりました。
たくさんの方に足を運んでいただきとても嬉しいです。
遠くは、
フランスから
福岡・京都・大阪・鳥取・岡山・長野・富山など。
久しぶりに会う友人や、「えーと、顔はわかるのですが、、、お名前はなんとおっしゃいましたっけ?」
と、大変失礼にもお名前を訪ねてしまう方。申し訳ありません。自分にもう少し記憶力が欲しい。

さて、後半の心境としては
個展後のことに少しずつ頭が向かっています。
ありがたいことに追加注文を頂いた酒器制作の段取りを考えたり
お礼状のことを考えたり。

実は京都での初仕事がかなり切迫していて、そのことに頭を悩ませたりと
次の試練に頭が向かっています。

個展を終えたら
「一週間くらい、携帯の電源を切って
パソコンも開けないで、誰にも合わない環境でゆったりしたい。」
などと、言っていられなくなりました。
個展終了の次の日
26日からいきなり関西出張を入れようとしています。

戦いはまだまだ続きそうです。

それでも、会期はあと二日残っております。
お時間がございましたらどうぞよろしくお願いします!

個展開催中の気持ち

ブログの更新が滞っておりました。
と言いますのも、個展が始まってからもやっぱり忙しくて。
会場にいらっしゃってくれたお客様に漆のことを説明させていただくと
帰った瞬間眠ってしまいます。
いつも仕事部屋にこもって座り仕事をしているものですから
会場に立って色々な方とお話ししていると、
ふくらはぎとほっぺたが筋肉痛みたいになります。
ほっぺた?と思われたかもしれませんが、普段以上に嬉しくて笑顔でいるからでしょうか。

初日は日本橋三越で行われている「東日本伝統工芸展」の授賞式もあり
各会場を行き来しておりました。
18052525_1279736268776926_556195414_n
受賞者スピーチで
「東日本伝統工芸展で賞をいただき嬉しいです。中略
しかし、京都へ引っ越すことが決まっており。云々」というと、
仲良くさせていただいている先輩方から愛情あふれるブーイングをいただきました。笑


とにかく個展を開催させていただき
たくさん皆様にお会いできてとても嬉しいです。
また、ブログを読んでくれている方とも話すことができたので
書いててよかったなーと思っています。

それでは25日まで会期がありますのでよろしくお願いします。

搬入完了!!いよいよ初個展スタート

搬入が終わりました!
家族と取り組んだ19年
仲間と歩んだ2年間

やっとここまで来ることができました。
会場には僕の作品と写真家の星野裕也さんが撮影してくれた作業風景写真が展示されています。
作業部屋の空気感とともに作品を見ていただければと思います。

初日は東日本伝統工芸展の授賞式があるため
午後から不在になります。
作家の目線を気にせずゆっくり見たい!という方は初日がオススメです。

全作品全力投球で作っております。
「蒔絵で世界の美術史に挑戦したい!」そんな気持ちのこもった第一歩
どうぞよろしくお願いします。

https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/kakutensublist/?article_seq=226431

初個展

いよいよ19日から初個展
「-光をめぐる- 浅井康宏 漆芸展」が
西武池袋本店で開催されます。

よく「え?初個展なのですか?」と言われますが、
正真正銘初個展です。
ですので、自作がまとまった数並ぶところを初めて見ることになります。

たくさんあるデパートの美術画廊で
年何度も企画される個展の一つ。
たったそれだけのことなのですが、個展をする
そして、作家になるという夢をずっと追いかけてきました。
たった一週間の個展期間ですが、一人でも多くの人に楽しんでいただければと思います。

僕にとって蒔絵の光とは
本当に人生の光でした。
小学校も中学校も馴染めなくて、
高校で蒔絵に出会ってから人生が輝き始めました。

僕がみた光景は
必ず誰かに勇気や夢や希望を与えられる作品になってくれていると思います。
漆という素材にはそれだけの力があり
蒔絵という伝統技法には魅力があります。

やっとここまで来ることができました。
今まで出会った人とこれから蒔絵を通して出会う人に感謝。
明日搬入してきます!

19日からよろしくお願いします!


https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/kakutensublist/?article_seq=226431

■会期:2017年4月19日(水)〜25日(火)
■会場:6階(中央B7)=アート・ギャラリー
※最終日4月25日(火)は、当会場のみ午後4時にて閉場いたします。

「にやけてますね」

図録の作業写真を撮ってくれた星野裕也さんに
「浅井さん、作業中にやけてますね」と言われました。
確かに、撮影してもらった写真にはどうみても笑っている写真がある。
作業中の自分の姿など、見ることはできないけど、
どうやら笑いながら(にやけながら)作業している時があるみたい。

「匠の世界」という人間国宝の製作工程を追ったDVDがありますが
そのDVDの中、塗りの人間国宝 増村益城先生も作業中なんだかニコニコしてるんです。
「楽しそうだなー」と思ったら、自分も楽しそうに作業しているみたいです。
(ただし、個展の追い込み期間中はその限りではないように思いますが。。)

さて、今日はたくさんの人に漆の説明をする機会をいただいたのですが、
話しているととても楽しい。
多分、にやけてる気がします。

漆については触れている時だけではなく、話している時まで
にやけている自分がいる気がします。

個展前の気持ち

いよいよ来週の19日(水)から初個展がスタートします!
今の気持ちは!
準備も着々と整って、箱書きもできて
皆様に感謝の気持ちでいっぱいです!!!。。。。。。

などと言ってみたいところですが、、
実際はギリギリの毎日を送っています。
図録や案内の発送業務など不十分なところがたくさんあるし
個展10日前に10年以上お付き合いがあった桐箱屋さんが突然のリタイア宣言
新しく寸法書いて別の桐箱屋さんに発注などがあってパニック状態!

風邪じゃないんだけど、朝晩咳き込んで、吐き気に襲われます。

個展準備に入る前に先輩作家に色々アドバイスをもらった時に
「毎日吐きそうだった」と聞いてて、
意味わかりました。

意外なのが、締め切りに近づくと連日スタッフと詰めて作業しているのかと思っていたら。
最終的な蒔絵の仕事は全部僕がしているので、会期が迫るにつれて一人の作業が増えてきました。

19年間ずっと憧れてきた、初個展。
あともう少し。

個展10日前

いよいよ個展10日前となりました!
期日が迫ってくると、不思議とたくさんの問題が発生してきます。
数ヶ月前に頼んでおいた桐箱「なかなか来ないなー」と思っていたら
桐箱屋さんが病気で作れなくなっていた。

それを個展10日前に知ったのです。
いつもお世話になっている桐箱屋さんだったのでショック。

他にもこれはやっておかなければならないことをリストにしているんだけど、
ほとんどできずにいます。
個展って想像していたよりもずっとハードで、
家族の協力を含めたくさんの友人知人が助けてくれて
本当にありがたく思っています。
これ、一人じゃ絶対無理でした。
あと10日。最善を尽くしてゆこう。

初個展の出品内容

いよいよ四月になって
個展まで二週間ほどになりました。
ここまでくると、ジタバタして数を作るより
一つ一つの作品の質を高めるために時間を使ってゆこうと思っています。

西武さんにも出品リストを提出したので
作品の数もだいたい見えて来ました。
結果的に、ここ2年間で作った新作のオーダーとなり
もっとも古い作品でも4年前ですが、蒔絵部分を全て研ぎ落として
今できる表現方法を取り入れたので、最新作となりました。

さて、出品内容ですが
箱物が6作品
小箱が1作品
茶入1作品
香合1作品
吊花器2作品
皿2種類
酒器3種類
帯留1作品(出品予定)

計17種類で20作品前後を予定しております。

2年間でよくこれだけ作ったな。とも思いますが
「もっと作りたかった。」というのが正直な気持ちです。
でも、どうしても質を落とした作品を作ることができなくて
全ての作品にとても強い思い入れがあります。
作品数に不満はあるけど現状のベストの作品が並びます。

会場には写真家の星野裕也さんが撮影してくれた
作業風景写真がパネル展示されますので、少し趣の異なった
展示会場になると思います。
作品だけでなく、美しい星野さんの写真もご覧いただきたいと思います。


4月14日まで僕の方で作品の予約を受け付けております。それ以降は西武の美術部で予約受付となります。
作品図録に価格表も付けてお送りしますので、ご購入をご検討の方はご連絡いただければと思います。

追記)前回のブログ記事で
図録の価格3000円(送料別)とご案内いたしておりましたが、予約いただいているお客様はこちらで送料を負担することにしました。どうぞよろしくお願いします!

ご連絡は
メール yasu69689@hotmail.com
fax 0492-65-8858

図録入稿完了!予約承ります。

ここのところ図録の編集と校正で大忙しでした。
その時の作業場風景がこれ。
連日深夜まで友人と頑張った。

17522690_1278373035583195_7872989828577632177_n

本来デジタルな作業なはずですが、
紙の図録というアナログな状態に変換するために
とにかく、アナログに徹しました。
作品の並び順とか実際に並べて見ないとわからないことが多くて
「よし!貼って確かめよう!」となって。
壁にプリントアウトしたページを並べていったのです。

内容としては、今度の初個展に出品する作品をしっかり網羅できたと思っております。
それに加えて、作品解説を入れてみました。

さて、今回の図録ですが
なんといっても写真が素晴らしいです!
作品撮影にアローアートワークスの中嶋勇さん
作業風景に星野裕也さん
圧倒されます。写真に。
この二人の作品に僕が混ぜてもらったような感覚。

とにかく、今回の図録が僕にとっての初の著作・作品集ということになります。
個展に先行してアマゾンでの販売を予定しています。
電子書籍版もKindleで発売予定。

さらに先行して、あらかじめご連絡いただければ
4月8日に発送できますので、直接ご連絡いただければと思います。
価格は58ページの図録で3000円(送料別)です。
振込先のご案内を同封して真っ先に送ります。

先行予約していただいて、ご希望があればサインと絵を描いて
8日発でお送りします。
「サインはいらないです。。」という方は、サイン無し!と付け加えてメッセージください。

個展当日の会場での販売も行いますので、どうぞよろしくお願いします。
圧倒的な写真で飾る初図録、まもなく完成です!

お問い合わせは
メール yasu69689@hotmail.com
図録希望 というタイトルでご連絡いただけると助かります。
冊数とご住所をお名前をお忘れなくお願いします。

図録が着々と

初個展に合わせて図録を作っています。
先週の金曜日に最後の撮影が終わり
今日無事にデータを入稿することができました。
さて、出来上がりが楽しみです。

連日、編集・校正を手伝ってくれた友人には感謝です。
人生初の著作が出来上がってくるのがすごーく楽しみ。

デジタルな作業ですが、
確認作業はアナログです。
壁一面にページを並べてひたすら校正

17522690_1278373035583195_7872989828577632177_n