カテゴリー別アーカイブ: 未分類

工芸界の若返りをはかるには何をする必要があるか。

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/
クラウドファンディングはこちら


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
今日は「工芸界で若者が減ってるけど、どうすればいいんだろうか」というのを考えてゆきます。
あらかじめ言っておくと答えは出てませんし、明確な答えはないと思いますが、
考えてゆくことが大切だと思うので僕が今のところ思うこと、僕の周辺で変えられることを書きます。


最近工房内で、工芸制作者の年齢比率が高くて、それをどうしたらい良いかという話をしています。
発端は僕が所属している日本工芸会の会報誌に載っていた、作家の年齢比率表。
60代以上が大半を占めており、39歳までが非常に少ない比率でした。

この比率はかなりやばい感じがします。
このグラフをそのまま20年後に移したら、会の存続問題に関わるくらい厳しい状態になると思います。


若い作り手がいなくなる理由はわりと簡単で
○食えない
○夢がない

上記の二つでしょう。
「生活様式が変わった」とか「不景気だから」というのはよく聞くことだけど、
それは検討外れだと思っています。
生活様式が変わっても良いものは流通するし、不景気でも売れるものはあります。

しかし、若いうちは食べてゆくのが大変です。
工芸って作るのに時間がかかるものが多くて、
技術の習得もやはり時間がかります。

その時間のかかり方が相対的に工芸家を貧しい立場にしてしまうことが多い。
「真面目な物づくりがバカを見る」状況なのは否めません。

ほんの一握りの価格を上られる作家は食べて行けるけど
そうでなかったら状況はかなり厳しい。

このような状況を変える方法の答えはありません。
だけど、改善できる糸口はある気がします。



日本の美術支援は大きく二つ
1、国立大学による学生の教育機会
2、人間国宝の指定による最高峰の支援
があると思いますが、
この二つ、「卵」と「評価の定まった作家」の支援で間の支援がありません。
かと言って、中堅作家の支援となると選定が難しくなりすぎるので現実的ではありません。


そこでポイントになるのが
売れている中堅作家の支援という形が面白いと思います。
売れていると助手が必要になるので若手の雇用に繋がります。
その雇用へ援助があれば若手の生活を守りながら技術を学べる機会にもなります。
売れているので経済も回すこともできます。
(ちなみに僕は自分で売れてる作家だと思ってないので、これから頑張ります)


「僕に支援してもらえたら若手を育てるし
状況は変えられる」と思いますが、国に「助けてーーー」と言っても意味がないので
勝手に経済圏を作ってゆくしかありません。

売れているかそうでないかなんて下世話な話で美術や工芸にお金の話を持ち出すのを嫌う人がいるかもしれないけど。
「しっかりいいものを作っていたらいつか認められる」という考え方で進んだ未来が現在なのではないでしょうか。
今は綺麗な言葉より力ずくで経済をぶん回す腕力が必要です。

京都の小さな工房からなぜか若手が続々と輩出される未来を作ってゆかなければ。

稼げて夢がある工房に向かって走ります。

あせってきた

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/
クラウドファンディングはこちら


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
毎日締め切りに追われまくっておりますが元気です。
桜が満開の京都から。

5年ぶりの個展を控えてハイパーテンションだったのですが、
いよいよ近づいてくると焦りが出てきました。←いや早いだろう
個展は池袋西武本店で11月

何年も前から準備しているはずなのに、
なんらかの展示機会があって作品が点々と分散してゆき今に至っております。
制作に加えて図録制作や会場作りのプロジェクトを同時進行させていて
早くもテンパってきており
毎日まともな判断ができているのか不安です。

「早く工房の近くに住んで制作時間を最大にせねば!」と思っていても
リフォーム が遅れにおくれていて焦る。
制作が思うようにいかず焦る。


そういえば、「前回の個展の前も吐きながら作ってたな。」
と思い出しました。
でも、吐くにはまだ早い。

あと7ヶ月走リ続ける。

工房内で工芸のこれからを話し合うけど答えは出ない。だけど輪を広げるといいかもしれない。

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/
クラウドファンディングはこちら


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
今日は工芸のこれからというテーマを工房内で話し合っているけど、
答えは出ないということを書きます。


僕の工房では「工芸の現状」と「これからどうしたらいいだろう?」というのをよく話します。
これは工芸の世界観で現役で活動しているから色々と起こってくる問題を解決しながら発展させるための生の声です。
基本的に漆芸が基本になりますが、工芸全体の問題も多く含まれていると思います。

「作家性と工業」
僕の考えでは、「作り手は作家性を発表する方向性しか残されておらず、旧来の方法では産業としての工芸は20年でなくなる」という考え方があって、
作品や商品の先にいる人を打ち出す必要があると考えています。
つまり、職人性より作家性の時代だという主張。

一方、チームの会話の中では職人という立場に魅力を感じている声もあります。
確かに全ての物づくりが「作り手」を全面に押し出して発表することができるわけではありませんよね。
職人として工芸を続けてゆく場合、「売り手」や「プロデューサー」の存在が必要になってきます。
少し前は問屋さんがその役目を果たしていたのだと思うけど、
今、どれだけ機能しているのだろうか。


このように、たぶん答えの無い会話を工房内で繰り広げています。
今は小さな規模の会話ですが、こんな会話の輪が広がればアイデアが生まれたり
状況が少し変わるような繋がりができるかもしれません。

今日の工房の会話の中で、ふとこの会話の輪を広げる必要があるのかなと思いました。

公募展に少し距離を感じた。

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/
クラウドファンディングはこちら


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
今日は、ちょっと愚痴というか、
「活動をこのままの形で継続して良いのか?」という超個人的な、迷いとか思いみたいなのを日記のように書きます。
ほぼ自分用なので、
「多分興味ないな」と思う方はこの辺りでページを閉じてもらえればと思います。


昨日は漆芸展の初日だったので、
会場に行きました。(1月に書いた記事だけど、結局公開しようか、やめようか迷って3/21に公開)
Webページにも受賞作の情報などが出ていないので、
今回が初めて全体を見る機会だったわけです。

正直な印象、
「展覧会の価値観が美術の価値観や市場の価値観と乖離してる」と感じました。
公募展は出品者が減っていることに加えて、売り上げも下がっています。
はっきり言ってこのままでは先細りして継続が難しくなるような気がします。

公募展には、戦後の工芸文化を発展させ、存続させてきた側面があります。

僕自身、伝統工芸展には熱狂的に憧れて続けてきた漆芸活動です。
高校生のとき伝統工芸展を見ていなかったら、今の僕はいません。

だけど、ここにきて
少し「このままでいいのか?」という思いが芽生えてきました。
理由はいくつかあります。



○評価基準が市場と乖離しているのではないか
○制作ペースが漆芸に向かなくなってきている
○作品を動かすことのできない期間が長い
○価格帯の問題

まず、これを書いてしまうと、今後僕は公募展で賞をもらうことができなくなるかもしれないけど、書きます。

○評価基準が市場と乖離しているのではないか
受賞の基準を含めて価値観が独特になりすぎている気がします。
伝統工芸展という長い歴史の中で育まれた形式美とも言えますが、
市場と美術業界との価値観の違いが大きくなりすぎて
公募展の外で活躍できる作家が少なくなってきています。

○制作ペースが漆芸に向かなくなってきている
日本工芸会の公募展は
本展、支部展、部会展合わせると年間3回あります。
つまり4ヶ月に1作品を作るペースです。
これはかなり厳しくて、自分一人で制作していると

休みなく仕事して2ヶ月塗りをして1ヶ月加飾する

上記のようなペースになります。
このペースで歴史的な名作を作るのはかなりきついです。

○作品を動かすことのできない期間が長い
公募展に入選して作品が巡回は結構長くて
半年から一年くらい、巡回してゆきます。
これはとても嬉しいことなのですが、慢性的に作品が足りていないので活動にとって致命的なことが増えてきました。

○価格帯の問題
僕の作品価格は年齢やキャリアを考えるとかなり高額に見えてしまいます。
でも毎作品「売れなければゲームオーバー」みたいな危ない制作をしています。
実際にかなりの自転車操業です。

工芸作品の価格帯は現代アートの市場と比べると
かなり安めの価格ですが、(正確にいうとトッププロの価格が安くて、工数が多いぶん若手の価格が高い)日本を代表する表現として世界に挑戦するためには周りに合わせた価格帯では挑戦や制作の拡大が望めません。


以上のような問題にぶち当たっており、
「キャリアを積み上げて伝統工芸展全体をよくする立場になろう!」と思っていましたが、
作家としての活動スピードと公募展との相性が合わなくなっているように感じました。

じゃあやめればいいのかというと、
心のそこから憧れて挑戦してきた舞台なので、そこまで簡単に去ることができません。

挑戦の舞台を拡大させながら公募展にも挑戦し続ける方法を探してゆきます。

数年後この記事を読み返してどう思っているのでしょうか。
自分でもまだ答えは出ないです。

作品価値を高める3つの要素

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/
クラウドファンディングはこちら


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
久しぶりのブログですね。最近は動画のアップのことばかり考えていてブログを休んでいました。

今日は「作品の価値を高める要素とは何か」について僕が考えている基準を3つ書いて行こうと思います。


まず、僕はプロ作家の世界観の中で生きています。
つまり作品には価値がある、価値が高いと思ってもらって成り立つ職業です。

例えば僕は「箱の作品」をよく作りますが、
「箱という用途」で考えると100円ショップで売られている機能と同じものを作っていると言えます。
だけど、100円ショップの箱と僕の作品の価格は違っていて価値に差が生まれています。

その差である価値観について三つのことを意識しています。
1,人 (ブランド)
2,作品 (商品)
3,場所 (店舗)


まず人というのは美術の場合、誰が作ったかが重要になったりするので
人間的な成長は欠かせないと思っています。これはブランドの成長や認知に似ていると思っていて
同じキーホルダーでもラグジュアリーブランドの数万円の商品でも頷けるのは、そこにブランドの価値がのっかているからでしょう。
人にもその価値観が備わっていて、作者がピカソならただの円を描いたものでも僕の描く円より価値は高い。


次に作品、
どんなものでも作品や商品のクオリティが低いと購買につながらないし、
人気も永遠ではないので、大切な要素です。


最後に場所
価値観における場所の要素って見逃しがちだけど、重要で例えば
露店で売られているジュエリーより、銀座の本店で購入した場合価格は高くても、
信頼できるし価値の担保になります。

以上の三点が
「価値の基準値」になるよなーと考えていて
その要素を分解して活動しています。
例えば、作品の成長が見込めないオーダーは受けないし、
一緒に仕事したいと思えない人とは仕事をしない。
自分のキャリアにおいてプラスになると思えない場所での展示をやめる。など。

人、物、場所の掛け算においてシビアに勘定しないと
作品発表が滞ってしまいます。
具体的には「町内会の展示に作品を出してください」と言われても
場所の掛け算においてプラスにならなかったら出すことができません。




最後にこの価値観の三要素の中で一番大切にしなければならないのは
「作品」で
他の要素が強いと
「人脈が広いだけ(人)」とか「環境が良いだけ(場所)」など
作品の価値基準の邪魔になると思うので、
まず「作品」のクオリティを先行させて、その後残りの掛け算とか足し算を行なってゆこうと思い活動しています。

何者でもない自分がSNSで発信してもいいのか

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/
クラウドファンディングはこちら


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
今日は20代の後半に僕が思っていたことについて書きます。

僕は色々とSNS使ってるイメージがあるかもしれません。
だけど、20代の頃はアカウントは持っていてもほぼ放置していました。
作家としての発信の場所として意識したのは3年くらい前です。

なぜそれまで使っていなかったかと言えば
「恥ずかしい」という気持ち
「何者でもない自分がSNS発信して意味ある?」という感情があったからです。


それで、この気持ちって
若い作家さんにもあるんじゃないかな?と思ったので客観的にどう見えているかを伝えて
過去の自分の感情を成仏させたいと思います。

まず、大方の人が「何者でもない」存在でSNSを始めると思います。
最初はフォロワーとか友達がいませんよね。



そんな状態でも「発信した方が良い」と思います。
理由は三つあって

○メディアとして優秀だから
○リスクは実は無い
○興味がある人にしか届かない

以上三つのやった方がいい理由があります。
1,メディアのイメージって、新聞とか TVでしたが、今はWEBをメディアと考えていればいいし
自分がコントロールできるメディアなので変なミスリードが起きにくいと思ってます。

2,よく「炎上が怖い」と聞きますが、炎上しているのって極めて偏った発言とか、
炎上を狙ったネタ、そもそも有名な人の発言なので、普通にしてたら炎上はほぼしないです。
なのでリスクはあまり無いと思っていて、基本的に無料のSNSがほとんどなのでお金を失うこともありません。

3,これが一番のメリットで、SNSのフィードには関連する系統の情報が流れてくることが多いので
自分が発信する情報もわりと興味のある人に届きやすいです。


以上20代の僕の戸惑いに対して
「発信した方がいいよ」と語り掛けたい。
何より、同じ志を持った人と繋がることができるので
SNS楽しいと思っています。

自分にも向き不向きがあって、僕はInstagramがあまりよく分からなくて
自然とTwitterとYouTubeに発信が偏っています。
半分仕事みたいな感じだけど、楽しみでやっている部分の方が多いので
好きなことを続ければいいかなと、今後も発信場所は偏って行くと思いますが、
きっと意味はあるなと思っています。

何者でもない自分の発表の場としてSNSはやっぱり優秀です。

「00:00 Studio」作業配信のすすめ

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/
クラウドファンディングはこちら


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
今日は最近毎日やってる「作業配信」について書きます。

最近のツイートは締め切りに追われてることもあり、
00:00 Studioの配信のお知らせばかりになってました。

フォローしてくれている方々の中には「何してんだろ?」と思われた方もいらっしゃたのではないかと。

説明すると 「00:00 Studio(フォーゼロスタジオ)」https://0000.studio
というプラットフォームを利用して作業のライブ配信をしていたのです。


配信のきっかけは


このツイート

漆を濾すだけの動画なんだけど、1000いいねを超えてます。
「僕にとっての日常に価値があるのか!?」と驚きました。

また、毎週土曜日17時から配信しているYouTubeLive
締め切りに追われて、奥の手として「時間がないので作業配信しながら質問に答えます!!!」と言って配信したら
わりと「面白い」とか「ためになった」という声をいただき
「作業配信に価値があるのかも」と感じ始めました。

そこからできたばかりのサイト
「00:00 Studio(フォーゼロスタジオ)」を使って作業中継を開始しました。


最初は懐疑的

最初は配信に価値があるのか分かりませんでしたし、
誰がみてくれるのかわからなかったです。

しかし、回を重ねるうちに、
「昨日の作業はどうなりました?」みたいな会話が生まれるようになって、
なんとなく懐かしい感覚を覚えるようになりました。

それは
「ああ、これは学生時代の漆研究室だ」
という感覚

そして、いつも配信している方のページに挨拶してから配信を始めたり、
スマホの画面分割を利用して視界の片隅で配信を見たり

お互い試聴・配信にはそこそこに作業を続けている感じが懐かしかったです。


思っていたのと違う文化が作られてゆくかも?
配信を始める前は
「プロの仕事を公開」というイメージで続ければいいかと思っていたら
コミュニティとしての作業配信が思ったより面白くて
「図書館で勉強」「スタバで仕事」みたいに
人のいるところで仕事するのが好きな人には向いているなと思いました。

あとはコロナの影響で大学に行けない学生さんはスマホ一つで配信できるから
友人と作業してもいいかもしれません。

YouTubeがバラエティ一辺倒から幅と厚みを増したプラットフォームに展開しているように
ライブ配信もバラエティ以外の進化が進むと思っています。

僕たちの日常作業には思ったより、価値があり、それを共有することに物づくりの未来があるように感じてます。

よかったら見にきてください。
そして一緒に作業配信できたら嬉しいですね。

https://0000.studio/Asai/broadcasts/8e4ed340-b9fc-4c9c-94a5-fd39612e264a/archive

2021年もコロナとの戦いが続きそう

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/
クラウドファンディングはこちら


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
今日は2021年もコロナが僕たちの価値観を変え続け、美術作家はどのように立ち向かえば良いか考えてゆきます。

2020年は僕たちが想像していなかった事態に世界中が混乱しました。
「現代に疫病って嘘でしょ?」という驚きとともに、情報と現実の渦の中で
価値観が分断されてゆく日々を送っています。

美術業界では展覧会の延期中止が相次ぎ
「この期間に個展が予定されていた人は残念だろうな」と他人事に思えない気持ちでした。
しかし、現在第3波が猛威を奮っており、
2021年11月に開催される僕の個展も、どうやらコロナを無視することはできない気がします。


だけど「コロナの影響で失敗してしまった」という事にはしたくないので
出来る限りのことはしてゆきたいと思います。

まず、情報とビジュアルを最大限ネット上で発信したい。
特に、SNSとブログ、YouTubeは長い間続けてきたので、
どんどん情報をアップしてゆきます。

リアルで動きにくい状況でもスマートフォンやpcの中に
作品を届けます。

その中で興味を持った人に会場に来ていただければ幸いです。




制作過程もオープンに
これは最近試行錯誤していることですが、
制作風景をアップすることも行っています。
今のところ
YouTube
17Live
00:00studio
以上のプラットフォームを試していて
今後自分に合うもの、使い方を見つけてゆこうかと思っています。

作り手が気づきにくい
「制作風景の面白さ」があるなら
この辺りもオープンにして開かれた工房作りも面白いかなと思っています。


とにかく、2021もコロナの影響が避けられなくなってきたので
「コロナ✖️美 術」の正解を探しながらの活動が続きそうです。

どんなことがあっても今世紀最強の漆の展覧会を目指して活動してゆきます。

美術で食って行く思考

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
今日は自分らしく生きて、そして食べてゆくことについて書こうと思います。

プロローグ

先日のツイート

このツイートに対して色々反響があったので、
もう少し詳しく書きます。


まず、反響は二つに別れました。

○賛成派
○反対派

リツイートやコメントで意見が別れたのですが、
両方とも「わかるわかる」と思いながら読ませてもらいました。

今回僕が最も重要だと思う主張は
「食えないを前提にしている人の周りにいると食えない」
「食えるを前提にしている人の周りにいよう」という内容です。


というのも学生時代から美術で生きてゆく難易度を高く見積もりすぎている人は
長く続けることができなかったように思います。
一方で「難しいけど可能だよね」という前提でいると、長期的に美術で食えるようになります。
「美術で食う」というのは別に作品だけで生計を立てると限定しなくてもいいし、
長期戦を走り続ける、マラソンみたいに捉えておけばいいのかなと。




さて「食えない前提〜」の人といると良くないのは
まず、現状をうまく把握できてない場合があって、そういう考え方に時間を使うべきではないからです。
できない理由を探す時間があれば、解決に向けて淡々と時間を使った方がいい。

自分の思想と知り合いの思想が相互に作用するなら
できるだけプラスになる思想を持った人と付き合いたいですよね。

たまに愚痴りたくなることもあるけれど、それはそこそこに
前を向いて歩んだ方がいいし、隣にそういう人がいる方が成功率が上がるように思います。

自分の売り物を解像すること

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
今日は自分が何を作っているのか、
そして何を売っているのかについて書こうと思います。

プロローグ

あなたの売っているものはなんでしょうか?
あなたの商売はなんですか?

僕は漆芸作家という職業で漆の箱なんかを作っています。
箱の役割はものをしまう蓋付きの容器ですが、
僕の作品の価格は高くて、用途に対して説明ができないように感じます。

今日のテーマでもある「用途の先のもの。物の先にある事」を解像することに触れたいと思います。


先にも述べたとおり僕の作品はいわゆる「漆器」ですが
どうやら用途はそこではないようです。
僕は長年「自分が何を作っているのかわからない」状態でしたが、
少し前に「用途の先にあるもの」に気がつきました。

それは「信念」でした。
僕は作品を通して「信念の具現化」を行っていたのです。

つまり僕の売り物は「物」ではなく「信念」だったのです。
物の価格には上限があります。だけどそこに信念が加わると価値観が変わります。
フェラーリが売っているのは
「早い車」ではなく「生き方」や「スタイル」「ステータス」です。



僕が作っている「信念」
本来形のない物ですが、誰もがそれぞれの「信念」を必ず持っています。

「世界平和を信じる」「平等を愛す」「美しい生き方をする」などなど
このように存在するけど形がないものに、形を与えることが僕たち作家の仕事だと感じるようになりました。

そして「信念」は誰かに同期され、拡張され伝わります。
「伝統」の本質と言ってもいいかもしれません。

上記のように自分の活動の意味合いが
物を作ることから「信念の具現化」へと変わったことによって、
随分と楽になったし、自由になりました。

一歩踏み込んで、自分の職業や商品を
もう一つのフィルターやレンズで解像してやると、
自分はどこまでも自由になれるような気がします。