カテゴリー別アーカイブ: 漆に生きる日々 フィリピン編

「二ヶ月フィリピンで英語漬けになってみて、どれくらい話せるようになったのよ?」と聞かれらたら、僕はこう答えます。

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
訳あって、現在三ヶ月のフィリピン留学中で、いま二ヶ月が経過したところです。
「留学ってどうなの?」
「そもそもフィリピン留学って意味あるの?」出発前は色々と言われました。
発音の問題とか、治安とか。
36歳になって英語力はどのくらい成長するのか、現在の僕が考えていることを書きます。


プロローグ

9月の上旬に僕は初めてフィリピンに降り立ちました。
空港から出た時の「モワッ」とした空気と、そこら中にいる警備員がショットガンを持っているのを見て
「ああ、海外に来たな」と思いました。

しかし、僕が留学しているのは首都マニラから車で2時間ほどのタガイタイという
避暑地です。実はここがとても過ごしやすいのです。
マニラが常夏ならば、タガイタイ は常秋
こちらでの生活については、またいずれ書こうと思います。


(タガイタイは標高が高くて、近くに湖があるとても過ごしやすい場所です)

本題の英語力は?
二ヶ月こちらで過ごした実感として、
英語力は伸びています
言い切ることができるのは、新しく入ってきた人の英語を聞いてると
「一ヶ月前の自分もあんな感じだったな」と感じる事が多く、
特に英語を聞くことに慣れてきました。
最初の頃って、基本的な質問も何度も聞き返してしまっていました。
例えば「何歳?」「どこからきたの?」って英語でいきなり聞かれると、
少しパニックになって、数回聞き直して答える感じだったんです。

今は、英語で話しかけられるのが当たり前なので、
以前よりはすんなり聞き取れます。


ちょっとした変化
最近ちょっとした変化を感じています。
それは、道で会った近所の人と立ち話をしている自分がいて、
日本でも近所の人とあまり立ち話なんかしないのに、
ふと「ん?俺、近所の人と立ち話してるじゃん、英語で!?」って驚きました。
言っておきますが、ペラペラの英語ではないですよ。
文法とか、所々間違っているかもしれないけど、会話してるのです。

日本にいたら「英語で話しかけられたくないな」とか道を聞かれたらパニックになっていたけど、
色々な人と話しています。


というわけで「英語を話す」ことの精神的な障壁が取り払われてきて、
自分の持ってきた英語力を使って実際に話すことができるようになってきました。
来る前の英語力は多分中学2年生程度の英語力だったので、
その範囲内で会話はできます。

残りの一ヶ月は文法や単語を充実させてゆく期間になってゆくと思います。
さて、あとどのくらい伸びるのか。


現在僕が学んでいる学校のご紹介
ここの学校についてオススメしたいポイントがたくさんあって、
書きまくりたいのですが、ひとまず僕の留学の成果と合わせて帰国後に詳しくご紹介したいともいます。
とりあえず、フィリピン留学ならF2Fのサイトを見てみてください。

https://f2fenglish.jp


海外で個展したい僕の活動と、結果を出せない毎日。

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


こんにちは、漆芸作家の浅井康宏です。
今日は僕が海外での活動を目指す上での、目標と現在どのようなことをしているかを書こうと思います。


プロローグ
Twitterをご覧の方なら、ご存知かと思いますが、現在僕はフィリピンに語学留学中です。
「なぜ英語を?」と思われるかもしれませんが、最近英語が必要になることが増えてきました。
海外からくるメールは95パーセントくらいは英語です。残りは、信じられないかもしれませんが、
自国語で来ます。(イタリア語とか、ちょっと覚えていませんが北欧の自国語など)
その都度、グーグル翻訳に頑張ってもらって、メッセージのやり取りをしています。


実は、メッセージのやり取りだと、グーグル翻訳で十分なことが多いです。
内容が決まっていれば、それで話が進められますし。
ある程度の精度で、翻訳してくれていると思っています。
(決して十分ではありません)


ただ、実際に会う機会がある場合、
話す必要があるので、英語力が必要になってきました。
で、ここから僕が考えていることなのですが、
「実は、高度な美術の話をする必要はないのではないか」
という仮説を立てました。
もちろん会話は高度な方がいいですが、
海外で活動をしている作家さんは、高い確率で英語を話しています。
だけど、一緒に行動させてもらったり、
映像で見ていると僕も聞き取れる会話をしていたのです。
なので、当面の僕の英語力での着地地点は
「この人とは気が合うな」と思えるくらいの英語力です。


さて、英語を用いての活動を広げてゆきたいのですが、
世界にとって僕は、
「知らない素材を使う」
「知らない作家」です。

つまり、ゼロの状態ですね。
そう、数年前までの個展もしたこともないような、実績ゼロの状態です。
この期間は長くて、厳しいのを知っています。
企画する立場からしても、
買う立場からしても、
「商売の伸びしろがわからない商品」といった感じ。

だけど、こういう苦しい時期だからこそたくさん行動したいと思っています。
直接話が進まないことが多いからこそ、恥をたくさんかこうと思います。
個展がしたくてたまらなかった20代の頃のように、
大声で

「個展させてください!必ずや成果を上げてみせます」と

今は世界に向かって叫んでいます。

制作時間を最大にする方法

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


漆の制作は長い時間を要します。
少なくとも半年以上1作品にかけるので、
その中で、気分の浮き沈みや、生活リズムのつくりか方など、
長期にわたる制作スタイルを作ってきた僕の方法を書こうと思います。


プロローグ
作家をしているとよく
「気分が乗ってる時に一気に作るんですか?」と聞かれることがあります。
だけど、最初に書いたように漆の仕事は一日に12時間作業しても、
工程的には一工程なので、進み具合からしたら4時間を3日に分けて進める方がかえって効率がよいです。

一番がいいのは、
1日の作業内容を決めて、その日の最後に漆を乾かす段階まで進めることです。

具体的に言うと、
漆には湿度を加えてやることで乾く性質があります。
なので、漆風呂という湿度の高い箪笥のような場所を用意して、
作業後にそこへ入れて乾かします。

1日の作業を全て終えて、漆風呂へ作品を入れてやっと一工程となります。
1工程に時間がかかる作業がある一方で、それほど時間がかからない工程もあります。


ルーティンが制作時間を最大化させてくれる

僕の仕事にはルーティンがもっとも効果的に制作時間を確保させてくれます。
つまり、ムラなく毎日、定時に仕事をスタートさせることによって、
体のピークと頭の回転を朝の仕事に持ってくることができます。

だけど、一人でこれをやろうとすると、
割と難しいです。
だって、夜は遅くまで作業しているわけだし、
誰にも起こされないし、寝坊しても怒られないとなると、
時間がずれて行きますよね。

僕も20代の時はやたらと眠かったです。

そこで起きるためのアプリを使いました。
sleep cycle
(リンクはAppleストアなので、アンドロイドの人はググってください。)
このアプリは睡眠中のレム睡眠と、ノンレム睡眠を記録して、
あらかじめ設定しておいた時間の周辺の目覚めやすいタイミングを見つけて起こしてくれます。

睡眠データを記録してくれるので、
自分の睡眠の状況も把握できていいアプリです。
無料のアプリもあるのかもしれないけど、精度が高いので、sleepcycleの有料版は課金の価値があると思います。
ちなみに最近は朝になると自然に起きられるようになったので、目覚ましなしで生活してます。


もう1つのルーティンは作業スイッチの設定です。
作業スイッチとは、自動的にこの行動をとると、作業モードになるスイッチを自分の中で作ることです。
僕の場合は歯磨きです。
朝仕事に出る前と、昼ご飯の後に歯磨きをします。
すると仕事モードになるようなルーティンになってます。
他にも、決まった音楽でスタートさせる。
ラジオ体操をする。
など、なんでもいいと思います。

この行動をとると作業モードになるスイッチを作れると、
モチベーションを一定に保てます。


以上が僕の作業時間を最大化させる方法でした。

フィリピンに到着!

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


ついに到着しましたフィリピン
関西国際空港からおよそ4時間でマニラ空港です。
空港から出て外気に触れると湿度のためメガネが曇る。
「ああ、海外に来たなー」という感じです。

お迎えの車に乗って
マニラから車で1時間半ほどの場所にある
タガイタイという場所へ向かいます。
タガイタイは標高が高いため、
マニラより涼しいです。
いや、日本より涼しい。
20度代の日が多く、湿度は高いけど
最近の日本の夏よりはしのぎやすいですよ。

今日は学校説明と買い出しに行ってきて
ここでも「海外に来たなー」ということの連続でした。

タガイタイなんと、信号が1つもないらしい。
かと言って車が少ないわけでも、スピード出さないわけでもないから
道を横断するだけでも慣れが必要なほどです。

これから3ヶ月どうなるでしょう。

英語留学にフィリピンを選んだ理由

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


昨日はフィリピン留学に行くと書いたので(過去記事はこちら
今日はなぜフィリピンに決めたのか理由を書きます。

なぜフィリピンなのか。
・学費が安い
・時差が少ない
・日本との距離が近い

大まかに上記の3つの理由で選びました。

1、フィリピンの英語留学は格安。
10代の頃ニュージーランド留学は、諸々含めて1ヶ月で50万円ほどかかったと思います。
ホームステイやネイティブの授業など、得難いものもあったけど、
グループレッスンが合わなかったこと、学校嫌いも合間って、あまり良い結果とはなりませんでした。

フィリピン留学の場合、1ヶ月の留学費用はおよそ20万円です。
授業もマンツーマンなので、前回の留学よりは有意義なものになるのでは?
と思っています。

2、時差が少ない
実は時差が少ないのも魅力的です。
今回僕は単身でフィリピンに行くけど、
工房は動き続けます。なので、時差があると
工房とのやりとりが難しくなります。
フィリピンとの時差はたったの1時間
スマートフォンを駆使して細やかに工房と連絡を取って、
制作面でのロスを最小限にしようと思います。

3、距離が近い
飛行機で4時間ほどのフィリピン
その気になればいつでも帰る事ができます。
10月には出品締め切りの作品があるので、一度帰国予定です。
ヨーロッパやアメリカなど10時間以上のフライトが必要になる場合、
数日間の帰国が難しいので、
フットワーク良く動けるというのも決め手でした。


以上の理由から選んだフィリピン留学
わからない事ばかりだから、
不安も多いけど、とにかく行ってみようと思います。

フィリピンに旅立つ

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


最近自分が停滞しているような気がしていました。
制作は大好きで毎日続けてきたのだけど、
「このまま走っていて、一体どれだけ蒔絵で結果を出せるのだろうか」という思いに囚われていました。
さらに活動を加速させるために必要だと思ったのが英語です。

実は何度もチャレンジしてきました。
例えば19歳の時にニュージーランドへ1ヶ月間語学留学したことがあります。
1ヶ月の留学結果はイマイチで、
その後も色々教材を買いました。
僕の本棚にはたくさんの英語の本があります。(読んではいない。)
スピードラーニングも持ってます!(あんまり聞いてない。)

結果的に、効果はなくて、
長い間、極貧で時間もなかったから英語とは距離ができていました。


しかし、ここに来て英語が必要になる事が増えてきました。
メールで問い合わせをいただくこともあるし、
アメリカやフランスの海外ギャラリーオーナーが工房まできてくれる機会もあります。

だけど、イマイチ距離が近くならないのです。
通訳を連れてきてくれることもあるし、こちらがお願いすることもあるんだけど、
それでは信頼関係が作りにくいんですよね。


海外で活動しているアーティストや向こうのギャラリストを見ていると
日本と同じように、信頼関係が大切なんですよ。
作品のクオリティの高さは大前提として、
大切な部分は「この人と一緒に仕事がしたい」と感じられるかどうか。

少なくとも、蒔絵の市場は無いに等しいので、
関係性を作るところから始めなければならない、というのが今の実感です。
つまり、積み上げられてゆく信頼関係が必要なんだけど、
物理的な距離もそうなんだけど、気持ちの距離を近づけるには
会って話すのが一番なのだと感じます。

なので、まとまった時間を作って英語を少しでも上達させたいと思います。
舞台はフィリピン!
9/8日曜日に出発します。

当ブログはしばらく
「漆に生きる日々 ーフィリピン編ー」となります。