カテゴリー別アーカイブ: 漆に生きる日々ー英語チャレンジ

コロナ自粛を自己投資につなげてみようと思ったのでシェア

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
最近は工房も教室も「自粛、自粛」なので一人で仕事してます。
それが初心に帰る感じで新鮮な日々を過ごしています。


さて、多くの人がテレワークとか自宅待機って感じで
家での時間が増えてきたと思います。
この時間の使い方に戸惑っている人も多いのではないでしょうか。
僕の実感としては
「自由」を与えられた時ほど迷いが生まれると思うんですよね。


そこで、時間とお金がある人は英語の勉強したらいいんじゃないかと思います。
最近時間を作ってインスタライブ配信している時があります。
ツイッター以外のSNSは外国人のフォロワーが多いから英語を喋ることがあります。
実はすごく初歩的な英語での会話だけど
数十人が視聴している配信で英語を喋るのは少しプレッシャーを感じるんですね。
だけどそれができるのは去年語学留学していたおかげだと思っています。


フィリピン留学に関する過去記事はこちら
フィリピン留学のメリットは個別授業です。
一日6時間くらいマンツーマンで英語を話していたら
聞き取る力が上がるし「間違っても話す」マインドが身につきます。
結果的に会話力がそこそこでも人間的に繋がれればOKなことは多いことに気がつきます。
(もちろん英語力は高ければ高い方がいいですよ)

さて、今日の本題ですが、
コロナウイルスのために世界中が困難な状況を強いられています。
僕にとっても大打撃です。


F2Fクラウドファンディング↓
https://camp-fire.jp/projects/view/257785


そして当然、語学学校も大打撃を受けています。
昨年お世話になったフィリピンの語学学校は、
タガイタイという夢のような高級別荘地にあったんだけど、
観光地としてのメインスポット「タールボルケーノ」を望む美しい湖の中心にある火山が突如として爆発して
一面火山灰に包まれました。

さらにコロナウイルスにより早い段階で「ロックダウン」都市封鎖を行って
観光地としても留学先としても人の行き来が完全にストップしてしまいました。


今回の事態を受けて
僕が通っていたF2F(フェイストゥーフェイスイングリッシュスクール)はクラウドファンディングを始めました。
このクラウドファンディングは学校を助ける意味もありますが
参加することで自分の成長に繋がるきっかけになると思います。

僕のブログをずっと読んでくれている人は
僕の性格「プロ意識のない人を徹底的に嫌う」性質に気づいていると思うんだけど、
ここの学校は終始絶賛しているんです。
というのも先生たちのレベルが高くて本当に英語教育を愛している人が多い。
なので、クラウドファンディングに協力して
オンライン授業を体験して欲しいんです
合う合わないあるので少ない授業数から始めて
楽しかったら「コロナが落ち着いたら留学してみよう」と
今の暗い状況の中に楽しい未来を思い描くのもいいのではないでしょうか。


とにかく今の状況は僕たちの気持ちや生き方に関する問いだと思います。
この時間を「新しい自分に使う」というのもありかと思います。
F2Fのクラウドファンディングは下をクリックしてください。
とりあえず僕も「日常が戻ったら留学に行きます」という予約の意味合いで
クラウドファンディングに協力しようと思います。

近いうちに下手な英語でお酒を飲もうっていう気持ちです。

英語のオンライン授業
留学に興味のある人は
F2Fのクラウドファンディングをチェックしてみてください。
↓↓

https://camp-fire.jp/projects/view/257785

英語チャレンジの1週間

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


先日インド人の女の子から「あなたに英語を教えます!」という心強い協力をいただき
ここ1週間くらいチャットで英語を教えてもらっています。
インドで英語?と思うかもしれないけど、
アジア圏でも色々な民族がいて、国内で言語が多様な場合
英語を公用語にしている場合が多く、
昨年出張で行ったマレーシアなんかも、皆さん英語を話していました。

実は僕、19歳の時に一ヶ月間夏休みを使ってニュージーランドへ語学留学した経験があります。
英語を学ぶことに関して、その重要性を感じていたんだけど、
英語の勉強が楽しくなくて、放置気味でした。

ここに来て海外への仕事や問い合わせもあり
「それなら頑張りたい」と思っていた矢先
協力してくれる人が現れたわけです。

さて、何度も挫折してきた英語だけど、今回は様子が違います。
なんだか楽しいのです。

なぜそう思えるのか考えてみると
○僕のことを知っている人と
○特化した授業を行ってくれる
以上のことが理由です。

まず、知り合ったきっかけがフェイスブックのアーティストページだったので
彼女が僕のことを知ってくれています。
そして、作品に対して高い評価をしてくれており、
協力をしてくれています。
その前提があるだけでもとてもありがたいのです。
普通英語の授業ってパーソナリティ関係なく授業が進むので
楽しくないんですよ。

お互い作品で出会えた縁だから
僕も「こう伝えたい」という思いも強いです。
だから今まで勉強してきたことをできるだけ使って伝えたいと思うし
相手を知りたいとも思います。

「漆に生きる日々ー英語チャレンジ」も定期的にアップしてゆきます。