カテゴリー別アーカイブ: 漆に生きる日々 京都編

感情をデザインする

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
今日は漆芸のデザインで心がけていることを書きます。
先日のYouTubeLiveで質問に答えましたが、少し補足してゆこうと思います。

Youtubeではデザインを生み出す方法について
前提として
「アイデアとは既存のアイデアの新しい組み合わせ」であるという前提のもと。

○インプットを増やす
○アウトプットを増やす
○駄作を愛する

という三つのプロセスを紹介しました。

12:40あたりからデザインについて話していますので興味のある人はご覧ください。

もう一歩踏み込んだデザイン

最初の頃は、表面的な美しさこそがデザインの本質と思っていました。
いや、それ以上のものの発想が難しかったし、そんなことがあることにも気づいていませんでした。
だけど何年も図案を考えているうちに
その先にあるものにうっすら気が付き始めました。
それが「感情のデザイン」です。
この問いは「綺麗なものはたくさんあるけど、それと売れているものと売れていないのは別だよな」
ということから発して、その秘密に近づくために考えてゆきました。

「売れるもの」と「売れないもの」の間には
「感情」があって、その感情をデザインできていないと売れません。

つまり人は用途を買っているわけではなくその先にある
自分自身の心の動きに反応しているのです。
考えてみてください。
僕たちは用途以上のものの価値観に動かされて身の回りの物を買い揃えていませんか?
例えば、食器を買うとき
食事をとるための容器だったら紙皿でいいんだけど
料亭で気の利いた器に季節の食材がのせられているとテンションが上がります。

このように本質的な価値以上に僕たちは感情で動いています。



実際に感情をデザインに落とし込むにはどうすればいいのか

方法論を乱暴に書いてしまうと
人間は本能的に反応せざるを得ない視覚効果がいくつかあります。
例えば

○僕たちは本能的に生まれたての生物に弱い
○僕たちは本能的に輝くものに惹かれる
○僕たちは本能的に性のシンボルに反応してしまう

乱暴に誰かの感情を動かそうとするなら
画面に性器を描けば、一定時間誰かの目をクギつけにすることができます。

これに美的な体験を紐づけることができれば
良い悪いは別として感情をデザインしたと言えます。

このように視覚から共有したい感情を考えることによって僕の作品は構成されていたりします。
そして僕の作品のメッセージの根幹には「信念の具現化」というものがあって
それを形にして共有したいと思っています。
表現方法・形態を変えても「浅井作品ぽさ」が共通してあるのは
この「感情のデザイン」があるからだと思います。

ブランディングしない

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
今日はブランディングについて思うことを書こうと思います。

プロローグ
本屋に行くと「ブランディング」に関する本がたくさん売っています。
それほどブランディングに興味がある人は多いということです。

そもそもブランディングとはどのような意味なのでしょうか。
ブランドに対する共感や信頼などを通じて顧客にとっての価値を高めていく、企業と組織のマーケティング戦略の1つ。

(wikipediaより引用)

何冊も本が出ていて研究が進められている分野だから
まとめにくいけど、価値を広め顧客価値を最大化させる方法という解釈で理解しています。


実は僕、ブランディングというのがあまりいいことだと思っていません。
特に工芸においてのブランディングがどうも苦手なのです。
「伝統工芸もブランディングして認知を広めよう」というのはよく聞くのだけど
「ストーリーと表面を繕って売れやすくしよう」という言葉を知的に耳障りよくしているだけに思えるからです。


ブランディングの最終目的は
「そのブランドの価値が認知され信頼を得られた状態を作る」ことだと思うんだけど、
おそらくブランディングの本は
「10年間製品クオリティを上げ続けて信頼を築き上げよう」ということよりは
メールを使って認知を上げることや、社会貢献によりブランドイメージを定着させよう
といった表面的な方法論が中心なのではないでしょうか。




そもそも最も優れた製品にはブランディングは必要ないのか?

ブランディングの本質とは
方法論ではなく、外に向かう表面的なメッセージではなく
最高品質に向かう内側への向上心ではないでしょうか。

伝統的なブランドに
品質はそこそこで表面的な戦略で勝ち残った例はあるでしょうか。
大量生産の方向性に走ってコマーシャル的な活動に重点を置く場合はあるかもしれないけど、
最初のコンセプトには精神性が宿っているはずです。

そこにはストーリーがあって
品質が持つ信頼性が新たな顧客との関係を育んできたはずです。

つまり、ブランディングとは
信念と時間をかけたクリエイティブがなせることのように思います。


最近ネットとかSNSの発信が誰にでもできるので
しばらくは発信力がある人が知名度を上げる流れがより顕著になると思います
だけど一周回って発信力が織りこまれた実力社会が訪れるように思います。

表面的なブランディングではない
精神性の宿った圧倒的な作品を作ること
表現者として自分の言葉を発し続けること
それが結果的にブランドみたいなものになると思っています。

SNS発信は裸に近づくことなのかもしれない

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
今日はSNSの発信について思ってることを書きます。

SNSが定着して随分と僕たちの生活は変わりました。
このメディアは
情報発信ツール
情報収集ツール
検索ツールなど

今までテレビや紙媒体、手紙みたいな機能を一手に担ってくれて
おまけに個人的なラジオ局やテレビ局になってきました。

本当に、個人がメディア化している時代で、
そこからはたくさんのビジネスが生まれています。
ユーチューバーとかSNS発のインフルエンサーというのは
スマホ以前にはなかった職業なので、世の中は加速し続けていると感じます。


どんな職業の人でも楽しい範囲でSNSは活用したほうがいいと思っていますが、
情報発信をするとき必要になってきたのは
「いかにハダカに近づけるか」ということなのかと思います。
本当に裸になるというのではなくて
生身の自分であり続けることができるかということです。

インターネットとは匿名の場というイメージがあるかもしれませんが
ネットリテラシーが上がるほど、情報の出所が重要になってきます。


僕は表現者として発信する必要があると思っていて
作ることと同様に発言もしています。

そのときに生身の自分であり続けるかというのが難しいけど、重要なのだと思います。
「そうは言っても、これは言ってはいけないでしょう」というのをなくして
考えていることをどんどん発言した方がいいのかなと。



企業のアカウントや組織のアカウントが面白くないのは
内部で気を使いあって発言に人間味が現れないからです。
「こんなこと言ったら誰かに嫌われるかもしれない」
「炎上するかもしれない」と怖がっていたら
本当に言いたいことがだんだんと言えなくなります。

お金のことや
業界のこと、多面的な活動など
誰かに「下品な作家」と思われるかもしれないけど、

日々考えていることを発言し続けることが
現代を生きる僕のリアルなのです。
その全てが浅井康宏だし
SNSで美術への愛情を叫び続けることが僕にとっての正義なのです。

コロナ自粛を自己投資につなげてみようと思ったのでシェア

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
最近は工房も教室も「自粛、自粛」なので一人で仕事してます。
それが初心に帰る感じで新鮮な日々を過ごしています。


さて、多くの人がテレワークとか自宅待機って感じで
家での時間が増えてきたと思います。
この時間の使い方に戸惑っている人も多いのではないでしょうか。
僕の実感としては
「自由」を与えられた時ほど迷いが生まれると思うんですよね。


そこで、時間とお金がある人は英語の勉強したらいいんじゃないかと思います。
最近時間を作ってインスタライブ配信している時があります。
ツイッター以外のSNSは外国人のフォロワーが多いから英語を喋ることがあります。
実はすごく初歩的な英語での会話だけど
数十人が視聴している配信で英語を喋るのは少しプレッシャーを感じるんですね。
だけどそれができるのは去年語学留学していたおかげだと思っています。


フィリピン留学に関する過去記事はこちら
フィリピン留学のメリットは個別授業です。
一日6時間くらいマンツーマンで英語を話していたら
聞き取る力が上がるし「間違っても話す」マインドが身につきます。
結果的に会話力がそこそこでも人間的に繋がれればOKなことは多いことに気がつきます。
(もちろん英語力は高ければ高い方がいいですよ)

さて、今日の本題ですが、
コロナウイルスのために世界中が困難な状況を強いられています。
僕にとっても大打撃です。


F2Fクラウドファンディング↓
https://camp-fire.jp/projects/view/257785


そして当然、語学学校も大打撃を受けています。
昨年お世話になったフィリピンの語学学校は、
タガイタイという夢のような高級別荘地にあったんだけど、
観光地としてのメインスポット「タールボルケーノ」を望む美しい湖の中心にある火山が突如として爆発して
一面火山灰に包まれました。

さらにコロナウイルスにより早い段階で「ロックダウン」都市封鎖を行って
観光地としても留学先としても人の行き来が完全にストップしてしまいました。


今回の事態を受けて
僕が通っていたF2F(フェイストゥーフェイスイングリッシュスクール)はクラウドファンディングを始めました。
このクラウドファンディングは学校を助ける意味もありますが
参加することで自分の成長に繋がるきっかけになると思います。

僕のブログをずっと読んでくれている人は
僕の性格「プロ意識のない人を徹底的に嫌う」性質に気づいていると思うんだけど、
ここの学校は終始絶賛しているんです。
というのも先生たちのレベルが高くて本当に英語教育を愛している人が多い。
なので、クラウドファンディングに協力して
オンライン授業を体験して欲しいんです
合う合わないあるので少ない授業数から始めて
楽しかったら「コロナが落ち着いたら留学してみよう」と
今の暗い状況の中に楽しい未来を思い描くのもいいのではないでしょうか。


とにかく今の状況は僕たちの気持ちや生き方に関する問いだと思います。
この時間を「新しい自分に使う」というのもありかと思います。
F2Fのクラウドファンディングは下をクリックしてください。
とりあえず僕も「日常が戻ったら留学に行きます」という予約の意味合いで
クラウドファンディングに協力しようと思います。

近いうちに下手な英語でお酒を飲もうっていう気持ちです。

英語のオンライン授業
留学に興味のある人は
F2Fのクラウドファンディングをチェックしてみてください。
↓↓

https://camp-fire.jp/projects/view/257785

漆の裾野を広げなければならない理由

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
先日「漆の裾野を広げるより、すでに知っている人に集中すべきだ」と書いたばかりですが、
発言を一転させます。
先日の記事はこちら 「漆の裾野は広げないほうがいいと思う理由」

今日の記事は「裾野を広げなければならない理由」について書きます。
先述した通り、国内で裾野を広げる活動は漆の未来にとってもあまり良くないと思っているから今後も行いません。
ただ、海外に目をやると「漆を知っている人」はほぼいません。
なので裾野云々言っている場合ではなく
「知ってもらう活動」から始めなければなりません。

この辺りの考え方については
過去記事に書いた通り、一筋縄ではいかない挑戦が続いています。(過去記事はこちら「説明しにくい様式美」



現状では
僕の制作は「馴染みのない素材で作ってある、綺麗な箱」という位置付けだから
その武器でどこかに居場所を作って行くしかないかな。と考えています。

そのためには、やはり地道な活動しかなくて
まずギャラリーに見つけてもらう、そのための活動をしっかり行う。
というのを数年単位で続けてゆくしかないかと思います。

多分この世界は例外なく、地道な活動が成功につながっていて
作品のクオリティを上げ続けながら活動範囲を広げてゆくことが
唯一、美術史を作ってゆく道だと思います。


華やかな世界に見えて
全ての作品を懸命に作り
それぞれの展覧会を最高のものにし、
毎日作業場に向かう泥臭い日常の繰り返しです。

というわけで明日も夢に向かって工房に向かおうと思います。

漆の裾野は広げないほうがいいと思う理由

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/


漆芸作家の浅井康宏です。
工芸分野はなんとなく衰退産業のようなイメージがあるかもしれません
僕は年々二極化が進んでいるように思います。

どの業界にも言えることだと思いますが、
勝ち始めると資源を投下してより良いモノづくりができる。
結果的にお客様が増えて、さらに勝つ。

逆のパターンではどんどん使える資源と時間がなくなってゆきます。


この負のパターンにはまる第一段階とは何か
それが今回のテーマである「裾野の広げすぎ」だと思っています。

ツイッターでアンケートを取ってみた結果
2020年4月15日現在

1018票のアンケート回答をいただいて
96パーセントの人が
「漆」のことを知っていた
「蒔絵」「螺鈿」を知っていたという結果でした。
僕のことをフォローしてくれている人が中心だからこのような結果になったとも言えますが、
あらかじめ「漆」の知識を持ってくれた上でフォローしてくれているということです。

僕のツイートがきっかけで「漆」のことを知ってくれたのはたったの2パーセントの人。




この結果を現実に落とし込んで「新しく漆を知ってもらう」活動をするということは
96パーセントの興味を持ってくれている人を見ずに新しいお客を探すようなものです。

普通に考えたらすでに知識のある人に向けて
より高いレベルの提案をしたほうがいい場面で
初歩的な提案ばかりしていて、大多数の知っている人への提案がすっぽり抜ける結果になり兼ねません。


新規開拓というのは響きがいいかもしれないけど
けっきょく買い手のレベルを低く見積もっているだけです。

漆の未来を作る方法は
閉じられた扉を開けるのではなく
開いたドアに向かって新しい未来を提案することだと思います。
そう思う結果でした。

アンケートにご協力いただきありがとうございました。

「日本はダメだ」という前に

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
最近ツイッターではコロナウイルス関連のツイートで溢れています。
いつかこの記事を読み返したとき「ああ、あの頃はコロナで世界中が大変だったな」
と思い返せる日が1日でも早く来て欲しいと思います。

さて、いまの状況を見て
「人間的な感情が短い文書の中に溢れ出しているな」と感じています。
具体的には
いつも怒っている人はいつもより怒っているし
いつも批判的な人はさらに批判的になっている気がします。
美術界でも
日本の美術振興は終わっているという発言をたくさん目にするようになりました。
発端となった記事はこちらだと思います。
https://jazztokyo.org/news/post-50875/
コロナウィルス ー ドイツ文化大臣、文化施設と芸術家に支援を約束
「自己責任のない困窮や困難に対応する」というタイトルで
2020年3月11日に発表されたものの抜粋記事がアップされました。
内容は
コロナウイルスによるイベントや展示などの中止によって
アーティストが大きな経済的打撃を受けている現状に対して

「芸術家と文化施設の方々は、安心していただきたい。私は、文化・クリエィティブ・メディア業界の方々の生活状況や創作環境を十分に顧慮し、皆さんを見殺しにするようなことはいたしません! われわれは皆さんのご不安をしっかり見ておりますし、文化産業とクリエイティブ領域において、財政支援や債務猶予に関する問題が起こるようであれば、個々の必要に対して対応してまいります。」(引用)

具体的な支援としては
記事内で粂川麻里生氏
慶應義塾大学文学部教授、同大学アート・センター副所長の解説で

「数十億ユーロの救済プログラムが芸術・文化・メディアのフリーランス事業者のために立てられる。当面投入される具体的な金額は、今月中には発表する予定だ。」(引用)

と説明されていることから、具体策が3月中にまとめられるのでしょう。

上記の内容がツイッターで話題になった直後に宮田文化庁長官がコロナウィルスによるイベント自粛に伴う芸術家へのメッセージを発表しました。
「文化芸術に関わる全ての皆様へ」と題し

(出典 https://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/sonota_oshirase/20032701.html
上記のメッセージが文化庁公式HPで発表されました。

このメッセージには具体的な施策がふくまれていないため、ツイッターのタイムラインは
ドイツ・日本の文化対策の対比が鮮明に現れたことでさらなる炎上を見せる構図となりました。

僕が感じたのはドイツ文化大臣発表の文中

グリュッタース文化相は「文化事業の経済的な重要性」にも言及し、「文化産業は2018年には1055億ユーロ(約12兆6000億円)を生産しており、化学産業、エネルギー産業、金融業よりも大きな業界である」(引用)

という部分です。

つまりドイツでは明確に文化を産業と捉えており、その産業が脅かされる状況を打開するための措置を具体的に行うということ。

あらかじめ言っておくと、僕は何らかの支援を国から受けているわけではないので
「国はもっと美術を奨励しろ!」と怒ってもいいのかもしれないけど、
あまり思いません。

それは
政府に守られながら美術の世界で生きてゆくというのが前提にないからです。
僕たちに今必要な行動とは、文化産業を日本の重要な資産として成り立たせるべく
果敢に作品を流通させ、国内需要を最大化させ外貨を稼ぐことだと思います。

つまり「好きなモノづくり」という範疇から飛び出して
文化産業の担い手としてのプロ意識かなと。
もちろんそこには強烈な美術への愛があります。
僕は伝統工芸の最前線で未来を好転させるための舵を切りたい
だから「日本はダメだ」という前に走り出していたいと思うのです。

漆芸作家の活動範囲

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
僕は職業として作家活動をしておりますが、
正直、仕事と私生活の境界線が曖昧です。
というのも、このブログは工房での仕事を終え家で書いているのですが、
内容は漆のことが多くて、趣味というより、一般的に仕事寄りの活動だと思われるでしょう。

SNSの発信も80パーセント以上が漆に関わることなので
見ようによっては仕事になります。

読書も展覧会を見に行くこともお寺めぐりも
美味しいものを食べるのも。
仕事と切り離し難いです。

犬と遊ぶときは、趣味かもしれないけど、
散歩は健康維持です。

この100パーセント仕事人生ですが、
辛いかと言われると「ぜんぜん辛くありません」
むしろ仕事がない方が辛いような気がします。



さて、仕事が僕の人生をどんどん侵食しているのですが、
僕は作家という職業の範囲を作品を作ることと同時に
伝えることと考えているからだと思います。

だからどんどん仕事が増えるのは自然なことです。
でも今の活動範囲に満足してなくて
やりたいことはまだたくさんあります。

最高の作品を作るのは当たり前で、
それをしっかり伝えることが作家の活動の範囲だと思っています。

金継(きんつぎ)解説動画を作り始めました。

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/


先日Twitterでご協力いただいた
「金継ぎ動画作成」がゆったり動き始めました。

この企画は「金継ぎって気になるけど、本格的な漆の作業にしり込みしてしまう」という人向けに製作してゆきます。
出来るだけ入手しやすい道具と分かりやすい動画で
本格的な金継ぎの参考になればと思っています。

動画内で紹介した道具類を少し紹介します。



漆は40g入りのものからスタートしてもらえればいいと思います。
amozonで取り扱いのある播与漆行さんは僕もよくお世話になっている東京の漆屋さんです。
品質は確かなのでオススメです。

日本産の漆で金継ぎしたいという方は浄法寺漆産業の生漆を試してみてください。
10gチューブは金継にぴったりの分量だと思います。

※注意※
今回の動画では天然の漆のみを使用してゆきます。
漆を扱うとかぶれという肌が痒くなる症状が現れます。徐々に免疫がつきます、その点ご注意ください。

アマゾンなどで「新漆」というかぶれない塗料などもみられるかと思います。
こちらの正確にいうと漆ではない場合があります。本格的な漆による金継をご希望の場合、お気を付けください。




ヘラ

ヘラはホームセンターなどで販売しているものを使ってもらえればと思います。
30mmくらいのものが2本あれば十分作業ができます。


定盤

定盤は漆を練ったり、筆を洗ったりする板です。
動画ではガラス定盤を使っておりますが、紙パレットで代用ができます。


無水エタノール

こちら現在コロナウイルスのせいで価格が高騰しております。
通常は1000円代で購入できるものなので3000円以上の価格で購入することはオススメしません。
灯油でも代用できるので灯油を使ってください。


今後数回に分けて完成まで動画に収めてゆこうと思います。
チャンネル登録していただき、作業の進行を追っていただけると嬉しいです。

未来を予想する力より、未来を作れる信念を

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら
外部サイトギャラリージャパンでも作品がご覧になれます https://galleryjapan.com/locale/ja_JP/artist/9325/


こんにちは漆芸作家の浅井康宏です。
今日はこれからの日本に必要な力とは何か、という僕なりの考えを書こうと思います。

ズバリ、タイトルに書いた通り、
「未来を予想する力より、未来を作れる信念」が大切だと思っていて

頭のいい人が「将来こうなるよ」というのは説得力がありますが、
例えば「レジ打ちの仕事は機械に代替されるのでやばい」
「テレビは終わって、ネットフリックスやYoutubeのような場所や時間を選ばないメディアが台頭する」
とか「ああ、なるほど」と思うんだけど、
それは最新のテクノロジーとか社会の動きを見ていればある程度誰にでもでも予想できると思うんです。

情報の量と質が格段に上昇した現代において
答えを出す力は意味を失ってきています。
どのような知識も個人で持てる量は知れていて
残念ながらGoogleには足元にも及びません。

より大切なのは未来を作ることのできる力だと思っています。

予想する力との相違点は
一方は外からの情報の解析に対して
未来を作るというのは、内側から芽生えるもの
自分の奥底から発生する欲望みたいなもの。

僕の場合「漆を中心とした経済圏の創造」です。
今そんなことを言うと「一作家のたわごと」と笑われると思いますが、
少なくとも僕は作家として歩んできて、小さな経済圏を築きつつあります。
その器を世界中に広げることは可能だと思っています。



この未来を作る信念は社会情勢や外部的な要因に影響を受けません。
例えば、日本の経済が沈み込んでいたとしても
新たなアイデアや行動で開拓できる要素が無限だと思えるからです。

そこを冷静に答えを出そうとすると
「工芸分野という停滞した業界では現在の日本の状態で発展は難しい」となってしまいます。
しかし実はそうではありませんでした。
僕が漆芸作家として活動を開始した時、
「若手漆芸作家の市場」は皆無でした
あの時の僕には今が見えていたのです。
それは単純に「自分がこれほど愛せる芸術分野で共感がないなんてありえない」という内側の声に従ったからです。

今起こっている事象を前提に未来を見通したところで
そのような未来しか起こりません。

自分の心の声を信じて歩んで行けば世界を変えられます。
少なくとも自分の見る景色を変えることは可能です。