カテゴリー別アーカイブ: 犬の事

犬のいたずら

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


犬のいたずら動画とか面白いですよね。
人間に見つかったら自覚しているようで
反省の表情を見せます。
有名な動画

最近我が家の愛犬
ボーダーコリーのブー♀が
テーブルにお菓子を置きっぱなしにしたら
留守中に食べてしまうことがあり、
その時、動画のデンバーのように目を合わせなくなります。

普通ならドアを開けたら嬉しいそうに
尻尾を振って迎えに来るのに、
来ない時がある。
とても怪しい。一発でわかる反応です。
本当なら、会いたくてたまらないのに
こちらの表情をうかがってなかなか出てこない。
ボロボロになったビニール袋など
物証を確認すると
ベッドの下に隠れようとします。

本人も自覚あるんですね。
数分反省してもらって、
「もういいよ」の合図で元どおり。
わかってても止められない食欲、、
人間もテーブルの上に食べ物おき忘れないようにしないとな。

作家が犬を飼うべき3つの理由

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


作家は犬を飼うべきです
うちには5才になるボーダーコリーがいますその名も「ぶー」(♀)
飼い始めたきっかけは、
東京でシェアハウスをしていた幼馴染の友人と家の更新を機に別々になり
僕は埼玉へ。
埼玉では一軒家だったから、飼ってみたかったボーダーコリーをお迎えすることに。

最初の頃は家のものを色々かじられて大変でした。
中でも驚いたのが、
メガネを破壊されたこと。
そして製作中の酒器を食われたこと。
今となってはいい思い出です。

さて、本題の作家が飼うべき3つの理由をお伝えします。

●その1
定期的に運動ができる
特にフリーランスしていると、生活リズムが崩れたり、
極度の運動不足になったりします。
一日トイレに行くぐらいしか運動しない。なんてことも起こります。
明らかに不健康ですよね。

解決策は、そう。
犬を飼うのです。犬がいれば、定期的に散歩に連れて行ってくれます。
朝と夕方一緒に歩けば、生活リズムも整うし、健康です。

●その2
話し相手ができる
フリーランスあるあるだと思いますが、
1日中誰とも話さないことが割と普通になります。
下手したら1週間くらい家にこもって作業することなんてのもあり、
その間、食事のオーダーくらいしか口を開かないこともあります。
たまに外に出て誰かと話すと、口の周りの筋肉がゴワゴワして上手く話せないこともある。

解決策は、そう。
犬に話すことです。
犬と暮らしていたら、やたらと犬に話しかけます。
「いい子だねー」とか「上手だね!」とかとにかくプラスの言葉が多くなるので
精神的にも良い効果があります。

●その3
怪しさが半減する
僕は埼玉の線路脇の一軒家に住んでいましたが、
普通に考えると、ずっと家にいる30代の男性って得体のしれない「よくわからない人」になってしまいます。
だけど、

そう、犬がいたら話しかけやすい近所の男性になります。
犬を連れて散歩していると、小さい子供や犬好きの人が話しかけてくれます。
「犬を連れたお兄ちゃん」みたいにある種の市民権を得られます。
犬は犬好きの人にすぐ気づくので、自分から近づいてくれるし、
お互い犬を撫でてたら、会話が詰まって気まずいこともありません。

犬は人間関係の潤滑油にもなります。


このように、我が家の「ぶー」は僕の作家人生を豊かにしてくれました。
ずっと家にいて、隣で寝ているだけでも、安心感があります。
寒い夜は一緒に寝れば暖かい。
良いことしかないので、作家は犬を飼うべきなのです。ドン!

おねしょ

個展が始まってから帰宅時間が不規則で
したがって、愛犬ぶーちゃんのご飯の時間と散歩の時間も不規則になっています。
いつも散歩までトイレを待っているのですが、ケージの中のトイレで済ませて待ってくれている健気なぶーちゃん

夜は少し冷えるからまだ一緒に寝ていますが
夜中にふと目覚めると、
ぶーがいない。

「あれ?暑くなったから出て言ったのかな。」
「ん!?」どこからか、ぶーのおしっこの匂い
「トイレでしたのか。明日の朝取り替えよう」と思って寝返りをうつと
枕元がぐっしょり。。18157091_1311454032275095_1154137890813169433_n

ぶーちゃんおねしょしてしまったようです。
夜な夜な変えの布団を用意して、シーツを洗濯機に。
不規則な生活に付き合わせてごめんよ。

ぶーがいない朝

所用のため犬のぶーを実家に預けています。
ぶーは生まれたときから家の中で生活していましたが
実家での生活は外です!
初の外犬となって4日目!最初は寂しくて夜鳴きしていたけど、(ぶーがね!)
今ではずいぶんと慣れて、外犬らしくなっているとのことです。

父の漆掻きに付いて、毎日漆の山に入って散策している姿を思い浮かべると嬉しい。
ボーダーコリーは野山が似合いますからね。

さて、僕は埼玉に帰ってきて、1人で毎日過ごしています。
朝起きると「ああ、ぶーがいないんだった」と、少し物足りなくもあります。
犬との生活は、生活パターンの一部だったので、やけにゆったりしてしまいます。

朝晩の散歩が無いのと
毛が抜けないので、掃除の頻度が二日に一回くらいで良いような気もします。

ゆったりしてるのに、物足りない。

やっぱりぶーがいると楽しいんですよね。

祝!誕生日

本日9月3日でぶーが3歳になりました。
早いもので、すっかり成犬ですが、落ち着きはイマイチ。

ぶーがうちにきたのは、埼玉に引っ越してすぐだったので、埼玉生活も三年という事になります。
犬を飼っているおかげで、いつも家にいる変な男というイメージも少なく
ご近所付き合いができています。(たぶん)

ありがとう!そしてこれからもよろしく。

ところで、ぶーは明日から2週間ほど実家に預けられます。
外犬にされてしまうのか!?

14222146_1076925465727954_5013610807954441829_n

擬人化しないで犬と暮らす

僕はあまり犬を擬人化していないような気がします。
どちらかというと、犬は犬で人間は人間という感じです。
いや、どちらかというと僕の方が犬になっているような気がします。

ぶーを叩いた事は一度もありませんが、
悪い事をしたら噛みます
それに遊びの中でよく甘噛みをします。
ぶーが噛んでくる事はほとんどありませんが、僕がぶーを噛みます。
先日スタッフちゃんが証拠写真を撮りました。

14139134_1065909113485056_1062722145_o

超真顔で迷惑そうにされていますね。
ごめん。

最近少し涼しくなってきたので、ぶーが夜中布団に入ってくるようになりました。
夜中、枕元を鼻先でつついてくるので、布団を少し開けてやると入ってきます。
かわいい。
それにあたたかい。

冬はこうやって暖めあって暮らします。

夏に捕まるとすごく迷惑そうな顔をされます。
ごめん。

14138972_1065909220151712_7350548_o

「ヘソ天」とは何か

わが家の客寄せパンダ、ボーダコリーのぶーのこと。

犬って一日のほとんど寝ています。
だいたい14時間くらい寝るみたいなんですが、僕としては「もっと寝てるんじゃない?」と思うくらい。
ずっと寝てます!

ほとんどが浅い眠りで、少しの物音で起きてしまいます。
犬にもレム睡眠とノンレム睡眠があるのでしょう。
普通に寝てるだけなら良いのですが、深い眠りになると(もしくは浅い眠りのとき?)すごいんです。
どうなるかと言うと、、
痙攣をおこしたみたいになります。

体がぴくぴくして、白目で(寝てる時はだいたい白目です。)
「フガッフガっ」という変な声を出します。

こういうのよくあるみたいなんです。眠りの状態でこういうぴくぴくなることが。
前知識があったから良かったんですが、知らなかったらかなり心配したと思います。

あと、寝相で特徴的なのが
「ヘソ天」
これはボーダーコリーによくある寝相らしくて。
へそを天井に向けて寝る略して「ヘソ天」
夏場の暑い時はこの寝方になります。

野生感ゼロの寝相をご覧ください。

13427765_1020793471341154_3572486041441896276_n

犬を変な名前で呼ぶ

わが家の客寄せパンダ、ボーダーコリーの「ぶーちゃん」
ぶーちゃんと言う名前なのですが、適当にいろいろなあだ名をつけてよんでいます。

13310633_1009241189163049_3874114447883138792_n

ぶー
ブーイ
ブーチキ
チキ
チキちゃん
ピーちゃん
いいこ
雌犬
悪いー
黒犬
白犬
犬ちゃん
毛長

頻度はばらばらですが、適当な飼い主にいろいろな呼ばれ方をしています。

13330914_1009241192496382_930914911985539689_n

実は、ぶーには本名があるのですよ。
変な模様ですが、いちおうボーダーコリーという犬種で血統書がついてきました。
ちょっと、すぐ見つからなかったので写真無しですが、ぶーの驚きの本名を紹介します。

その名も。。。

「アンジェリコ オブ ワン ワン アパート ミキ ジェーピー」
です(笑)

すごい名前です。
試しに、「アンジェリコ」とか「ジェーピー」とか呼んでも、首をかしげるばかりでした。

13335566_1009241095829725_8862971333690872389_n
「アンジェリコ オブ ワン ワン アパート ミキ ジェーピー」です。

抜け毛がすごい

うちは毎日掃除機をかけます。
なので、床のホコリは少ないはずなんですが、朝起きると大変な事になっている。
抜け毛がすごくて。。

画像はこちら。↓

13239186_1000266000060568_5289470820200883580_n

ぶーの毛です。
夏に向けて毛が抜け替わる時期なのでしょう。
この季節を何度か通り過ぎているはずなのに、毎回驚いてしまう。
白いフローリングに黒い毛がたくさん落ちているから目立つし
黒い服を着ていたら白い毛がたくさんつきます。

観察していると、毛には2種類あって
艶やか長い毛と、その下にふんわりした柔らかい短毛が生えています。
抜けているのはふんわり短毛のようです。
面白い事に、抜ける毛は少し茶色がかっていて、「もう抜けますよー」とアピールしているようです。
散歩を終えて、おもむろにブラシをあててやると
ぬけるぬけるこの茶色くなった毛たち。

13255961_1000266003393901_4331796808097133441_n

ごっそりと。


実は一番困るのって
faxを送る時なんですよね。
なぜかと言うと、ぶーの毛って黒くてウェーブしてるんです。
細いから人毛とは明らかに違うんですが、スキャナに挟まってると
やたらと太く印刷されて、陰毛に見えるんです。。。
「ちがいますからね!!」
って書き添えたいくらい、恥ずかしい。
毎回気にしてるんですが、挟まってた事もあったでしょう。
ブーと暮らしている間は、この抜け毛問題は無くならないでしょう。
なれますけどね。

ぶーから学ぶこと

犬を飼っていると、学びがあります。
ぶーって切り替えが早いです。
とにかくなんにでも切り替え早いので、そんなのと一緒にいると人間らしくうじうじしているのがばからしくなります。

さて、どれくらい早いかと言うと

怒られても数秒後には笑顔です。
部屋の中で遊んでいて柱に頭ぶつけて「おい、大丈夫か?」となっても、数秒後には笑顔です。
どんなにハードな運動をしたあとや、病院帰りでも家に帰ったらすぐ寝ます。家ならどこでも寝れます。
寝起きが良い。さっきまでイビキかいていても、起きた瞬間全力疾走できます。

いざ書き出してみようと思うとこんな物でした。

とにかく、プラスに切り替える思考力というのはものすごいものがあって
とうてい人間が敵うものではないと痛感します。

「なんでこんなに人間が好きなんだよ」とあきれるほどに
人間が大好きで、お客さんがきたら全力で喜んでいます。

犬の寿命は10年と少しくらいだと思いますが、いつもこうやって笑っていたら
さぞ幸せなのだろうと思うのです。
人への愛情を全力で表現できる部分と、
小さいことをいちいち悩まない、スカッとはれた青空みたいな性格は
いっしょにいて憧れます。