大人になるとどんどん自由になる

子供の頃、大人になるってどういう感じだと思っていましたか?
僕は大人っていうのは自由なものだと思っていました。
周りに自由な大人がいたというわけではなく、ただ漠然と。

結果的に僕は自由な大人になりました。
ある意味で自由業とも言えるような「作家」という職業であるから、極端に言えば自分の好きな時に好きなだけ働けます。
ただ、僕の場合仕事開始時間が固定されているので、会社勤めをしている人と変わらないワークスタイルです。
ではなぜここまで自由を感じていられるのか。
それは、単純に好きなことを仕事にしているからだと思っています。
極端に言えば、好きなことしかしていません。

大人になるというイメージが自由であるか、そうでないかというので青春時代の過ごし方が変わるような気がしていて
よくいう「社会人になると遊べないから今しっかり遊ぶ」という大学生。
はっきり言って「大人になった方が遊べるから、今はしっかり学べ」と言いたいです。
大人になって自分でお金を稼げるようになる方が、遊べるのは当然です。
時間も働き方によっては、自由にもできるでしょう。

僕の場合、利益率の極端に低い仕事をしているので、現段階でそんなに自由なお金は持っていないけど
それでも学生時代よりはマシになりました。
そして、最も大切なことですが好きなことを仕事にしていると、
仕事が趣味のようなものなのです。
ライフワークバランスの大切さが謳われる昨今ですが、
時間を忘れて没頭できることに毎日たずさわれているから、苦しさはありません。

何より朝起きた時に「さあ、今日も仕事するぞ!!」と心から思えるし、
毎日ワクワクできます。
そして自由を感じます。
締め切りだらけだけし、ストレスも多い仕事だけど
生きている実感があります。

自由には色々な形があると思うけど
朝から働いて夢を形にしてゆくことにも自由さを見出せます。
明日はもっと自由だし、10年後にはもっともっと自由な自分がいると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA