「明日は今日よりいい日になる」

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


「明日は今日よりいい日になる」予感を持っていますか。
考えてみたら
僕は学校が嫌いで行ってない時期が長いけど、
就学期間って、いつか終わりがあって。
学校が辛くても、
どこかで「この時期は終わる」とわかっていたし、
その先には「もっといい未来」があることに胸躍らせていた自分がいます。

でも、
大人になると、そういう希望が希薄になってしまうのかも。
毎日同じ今日を生きなければならない。そんな日々を生きていませんか。

今の日本社会全体で「明日は今日よりいい」と思える部分はどれだけあるでしょうか。
先行きは不透明だし、
ネガティブなニュースのオンパレードで、
正直、誰にも、何も期待できない気持ちでいっぱいです。
そもそも、社会に何かを求めるべきではなかったのかもしれない。


そう思った時に、今自分が行なっている仕事にどれだけ情熱を傾けられるかが、
人生を自分の元に手繰り寄せる鍵だと思いました。

だって、自分の時間の大半を使う仕事に、意義を持てたら最高ですよね。
仕事に限らず、自分の成長や身近な人の成長を感じられない環境にいたら
それこそ息が詰まってしまいます。


制作をしている限り、時間はかかっても
前進しているわけで、完成はする。
今回の作品に課題があっても、次の作品で解決するかもしれない。
僕にとって物作りは
「明日はもっといい日になる」毎日の鍵になってくれています。


他の記事はこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください