前例が無くなってからが本番

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


実は僕、いろいろビビってて、何をするにも前例にしがみついていました。
それが20代の頃です。

ブログで発信したり、ツイッターしたり「有名人でもない僕の発信になんの価値があるんだ?」
「いつか有名になってから発信した方がいいはずだ!」と、いろいろなことを先延ばしにしていたんです。
そして、多くお先人たちの略歴を研究していました。
なぜかというと
「明治生まれの〇〇先生はこの年に〇〇をしたのか」とか
「先生の先生は僕と同じ歳のときに〇〇を作ったのね」みたいに、
あたかも前例を勝手に仮定して、そこを追いかけるような活動を、
心の拠り所にしていたところがあります。
そして、それは楽なのです。
憧れている人のキャリアを目指して追いかけるのだから
充実感もあって、達成した時の喜びも大きい。

でも、仮に前例を100年前に生まれた人に設定してみても、
今と全然状況が違うし、彼らのやって来たことは、新たな道を1から開拓したようなものなのです。
後から見てみると、それがきちんとした道になっているから、いとも悠然と活動しているように見えて、
その瞬間、瞬間は壮絶だったはずです。

それに、キャリアをコピーすることはできません。
最初は過去とか、周辺を観察しながら恐る恐る歩んでいても、
気がつけば、すぐに前例の無い状態になります。

僕はそれに気づくのが遅くて、29歳のときにやっと、
前例がない状態に自分があると焦りました(正確に言えば、どのような活動においても前例なんてないです。)
それに気がついてから、前を向いて走り始めたのです。


実のところ大人になるということは
前例の無い道に足を踏み入れることのように思えます。
学生時代までは、あらかじめ問題と答えが用意されているけど、
社会に出たら、突然、自分の生きている周囲の問題を見つけることを要求されます。


そう言えば、以前、恩師から
「俺の先生が俺に言ってくれた言葉がある」と話してもらったことがあります。
「まず立て、後ろに壁を作れ、左右に壁を作れ、そして一歩踏み出せって」


その時はあまり意味がわからなかったけど、
頭の中でイメージするとすごく勇気がもらえる言葉だったように思います。
前例がない真っ暗な道に差し掛かった時、そこからが勝負なのです。

「まず立て、後ろに壁を作れ、左右に壁を作れ、そして一歩踏み出せ」


他の記事はこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください