嫉妬してしまうとき

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


嫉妬してしまうことってありますか?
ビジネス書を読んでると
「感謝しましょう」とか「基準は自分の中にある」というフレーズがよく出てきます。

だけど、僕は嫉妬心や悔しい気持ち、たくさん持ってます。
そのことは否定する必要がないと思っていて、
要するにそれをパワーにして行けるか、
ただただダークサイドに落ちてゆくかで人生が大きく変わってきます。
例えば、ある事象について深い嫉妬心を抱いたとして
「自分も負けないようにしよう」と思うのと
「あいつめ!失敗しやがれ!」と思うのって
自分が取れる行動が180度変わってしまいますよね。

一方は努力を積み重ね
そして一方はネットで悪口を書く。とか


考えてみると、嫉妬心って
全く手が届かない人には抱きません。
例えば僕が
「北斎め!」
「ビルゲイツめ!」とかなりません。
同じ時代に生きている、自分と近いか、手が届く境遇の人に
抱く感情です。
美術だけに限らず、恋のライバルにも
「あのとき、うまく会話しやがって!」とかですよね。
で、自分もその場にいて、うまく会話するチャンスを掴めなかったことをもどかしく思ってる。
つまり、嫉妬してる相手は
自分が欲しいものを得ていて、その方法を知っていることになります。
だから「なるほど、このような考え方でこう動けば良いのか」と考えを取り入れた方がいいです。

ネットで、うまくいってる人を叩いても、
実生活が豊かになることはあり得ない。
勝手にダークサイドに落ちていくだけです。

嫉妬心をなくすのは難しいけど、
それを力にすることはできます。
むしろ、悔しい思いをバネにして努力を重ねることが自然だと思います。
挑戦していると、必ず辛いことにぶつかり
そんなときに、うまくいっている人をみると羨ましく思います。

成功している人は必ず
見えない努力をしているし
問題にもたくさんぶつかっています。
「羨ましい」と思ったときは
その要素をもらうチャンスだと思って
自分の人生を豊かにしようと考える。

多くのものを得たら、少しは人に優しくなれるはず。
その先に「誰にも嫉妬しない自分」がいるのかもしれないけど、
たぶん新しいステージの誰かに「あの人はすごいな。悔しーーー」と思う自分がいる方がリアルだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA