「月刊美術」に作品掲載

月刊美術の12月号に作品一点紹介していただきました。
今回の特集は、今年一年を振り返る特集です。
6月号の工芸特集で紹介していただいた流れで掲載していただきました。

作品は酒器です。
「定番の」という風にご紹介していただいていますが、今回は貝の色を変えた新作です。
木地自体は僕の定番の形でしたが、今回作った2点で木地がなくなったので、最後の作品となります。
写真ではシンプルな色合いですが、実物は赤い貝の部分が、角度によって赤から緑に変化するので
写真の印象より派手です。

2点作ったうちの最後の1点は年末、西武池袋の「うるし・うつわ・お椀展」で発表しようと思います。
ご希望がございましたら、予約受け付けますので、ご連絡ください。
メールアドレス yasu69689@hotmail.com

この酒器、制作に加飾だけで3週間みっちりかかります。
だから、作家の利益はありません。
今まで、知り合いに優先的に紹介していました。

小物制作も、実は展覧会制作と同じ工程で作っているので、
今後、作るのが難しくなってゆきます。
変な話ですが、クオリティ追求しすぎて売れても赤字になってきました。
値段を上げないのは、工芸家としての「使えるもの」としての有りように対するこだわりみたいなものです。
実用的な酒器に20万円以上はつけたくないからです。
使ってこそ美しさの真価を発揮する酒器を作りました。


数年前から少しずつ雑誌に作品を掲載していただけるようになりました。
伝統工芸の漆芸という分野は少し前だと、何かに取り上げてもらえる機会は多くなかった。
少しずつだけど、漆芸の今が伝わり始めているような実感があります。
もちろん僕のブログも伝える気持ちから書いています。
いつも本当にありがとうございます。

よかったら「月刊美術」買ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA