展覧会のご案内 金沢市立安江金箔工芸館「現代工芸の展開 2019」

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


出品展覧会情報です。

金沢市立安江金箔工芸館
「現代工芸の展開 2019」

令和元年10月5日(土)~令和元年11月24日(日)

上記の展覧会に作品を作品を4作出品いたします。
(新作はありません。申し訳ございません。)

以下
金沢市立安江金箔工芸館HPより

 日本の工芸は、時代とともに大きく変化してきました。近代以降の美術工芸の表現方法の変化にともない、伝統工芸の分野でも、あたらしい素材や技術を探求し、斬新で挑戦的な作品が数多く生み出されています。
今回は「金工」、「漆芸」、「截金」の3つのジャンルを取り上げます。
いずれも、古くから日本に伝わる高度な伝統技術が必要とされるもので、複雑な工程のくりかえしと熟練した高度な技術が求められます。
この展覧会は、19人の先端的な作家が送り出している力作を展示し、今後の日本の工芸の発展を見据えようとするものです。

お時間がございましたらよろしくお願いします。

https://www.kanazawa-museum.jp/kinpaku/exhibit/index.htm


他の記事はこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください