ほしお さなえ 著「金継ぎの家 あたたかなしずくたち」を予約したよ。

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


Twitterでたまたま情報が入った小説
「金継ぎの家 あたたかなしずくたち」と言うタイトルに、目が止まりました。
「金継ぎ?って漆の?」
さらに見てゆくと、著者ご本人のツイートから
漆が関係する小説なのが確認できました。

漆を題材にした小説は、過去に無いと思うので、今から楽しみです。


漆の世界って、実はドラマチックだと思います。
これだけ不器用な天然素材はないし、一度人の心に入り込むと、
離れがたく、愛さずにはいられない素材なんですよね。
そして、何より、その魅力には感染力がある。

この小説はどのように僕らの心の中に入って来てくれるのでしょうか。


最近は小説をめっきり読まなくなったけど、
久しぶりに楽しみが増えました。

10月9日発売のこの小説。
まだカバーデザインも発表されてないけど、
とにかくアマゾンで予約しました。

秋の夜長にこの本はいかがですか。
「金継ぎの家 あたたかなしずくたち」
ほしお さなえ 著
(幻冬舎文庫)


他の記事はこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください