香港へ

浅井康宏自己紹介はこちら
作品紹介はこちら


先日香港へ行ってきました。
香港といえば、最近大きなデモが続いていたので
「行って大丈夫なの?」
「交通網麻痺してない?」という心配がありましたが
きっかけとなった法案が撤回されたため、普通に渡航することができました。

香港に行った理由は展覧会を見るためです。
香港のアートセンター・大館「MURAKAMI vs MURAKAMI」
諏訪敦さんの SOLARIS • SOLO EXHIBITION OF ATSUSHI SUWA
諏訪さんの個展は6/29日終了予定の展覧会だったのですが、
7月まで延長されたので見ることができました。

「MURAKAMI vs MURAKAMI」ですが、
色々情報を見ていたら、会場設営から力の入れようが違う感じがして、
「見に行かなきゃ」と思い、足を運びました。
村上隆さんの展覧会は
パリのペロタン
森美術館でも見ていたのですが、
会場を作るという意識が強くて、
いつもかっこいいんですよ。
作品も好きだし、見せ方の勉強になります。

https://bijutsutecho.com/magazine/news/exhibition/19797
(美術手帳リンク)

香港はとにかく雨が多くて暑かったです。
湿度が高いため、気温以上に体力を奪われる感じです。
滞在中に嫌な思いをすることは少なくて、
一度だけ不機嫌なタクシー運転手に当たってしまい、
最後に料金つり上げられたくらいで(100円くらい)
他は親切な国だと思いました。

いつも思うんだけど、
行きたいと思う展覧会には行こうと思います。
それは自分が憧れていて、到達したい場所には
出来るだけ近づこうとしたいからです。

「自分が見たことがある」
「自分が知っている」という状態の方が
目標を達成しやすくて
不思議と情報も、機会も増えてゆきます。
だからパスポートとスマートフォンがあるならば、
ちょっとした思いつきでさっさと飛行機に乗ってしまおうと思います。
(国内海外共に毎回もう少し下調べした方が有意義なだと思うけど。。)

「行けたら行く」
「行きたいけど、行けない」より
「行きたいから行く」人生を歩んでゆきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA