一緒に仕事をしたいと思える人・したくない人

僕は自由業みたいなものなので、 会社勤めの人より、人付き合いについても自由な部分が多いと思います。 なので、はっきり言って、好きな人としか仕事しないし、嫌だと思えば断ることも多いです。 同時に、お客さんやギャラリーとの関 … 続きを読む 一緒に仕事をしたいと思える人・したくない人

活動に一貫性を与えるためには、大量の行動が必要になる

人間は一貫性のある人を信じやすい特徴があります。 例えば、僕が漆芸家だけでなく他に色々な分野に手を出していたら コレクションしにくい作家になってしまいます。 スポーツもそうですが、間違いなくプロのスポーツ選手は運動神経が … 続きを読む 活動に一貫性を与えるためには、大量の行動が必要になる

漆芸の二つの基軸

漆の仕事で商品の幅を持たせようとする場合、完全に物の性質を変えたほうがいいと思う。例えば、作品という高級ラインがあるなら、安価な雑貨を作らずに、普及品としてカタログを作るとか。同じ会場に違う性質の商品を展示するのは、ベン … 続きを読む 漆芸の二つの基軸

新作コラボ作品の出品情報「しゅきや」

出品情報 根付作家の万征さんとのコラボ酒器作品を出品しております。 作品を展示している「しゅきや」はチケット無しで入れるので、お酒が苦手な方でも気軽にお立ち寄りいただけると思います。 お時間がございましたらよろしくお願い … 続きを読む 新作コラボ作品の出品情報「しゅきや」

エネルギア美術賞受賞しました!

中国地方在住または出身の若手芸術家を顕彰する エネルギア文化・スポーツ財団の「エネルギア美術賞」を受賞しました。 この賞は、作品単位ではなく活動全体を顕彰する賞で、 今までの漆芸に関わる活動全体を評価していただくことがで … 続きを読む エネルギア美術賞受賞しました!

明治の超絶技巧はなぜ消えていったのか。で、これからは?

ここ7年くらいでしょうか、 「超絶技巧」と位置付けられた明治工芸、特に技巧がこらさらたものは完全に市民系を得て、 インスパイアされた若手作家も同時多発的に現れています。 ひとえに三年坂美術館館長村田氏の情熱からなる蒐集の … 続きを読む 明治の超絶技巧はなぜ消えていったのか。で、これからは?

「サピエンス全史」これは、、本当にオススメな本です。

書店に行くと〇〇がオススメしてる!!みたいな帯の本をよく見かけますが、 「サピエンス全史」という上下巻の本は、ビルゲイツが絶賛しているみたいです。 ちょっと難しそうなイメージの本で、しかも上下巻という分厚さ、とっつきにく … 続きを読む 「サピエンス全史」これは、、本当にオススメな本です。